『幻の漂白民・サンカ』 沖浦和光

京都のサッカーチームではなくて


幻の漂泊民・サンカ (文春文庫)
沖浦 和光
文藝春秋
売り上げランキング: 45,289


フィクションの世界でジプシーのように、神秘と猥雑な存在として語られる「サンカ」。その姿はどこまで本当なのか。民俗学者がその実態を追う
タイトルで誤解しやすいが、「サンカ」が幻というわけではなく、「サンカ」の幻を振り払おうというのが本書のスタンス
箕作りや川漁と生業として山野を転々とする「サンカの人々は中国地方を起源にするとされ、藩や明治政府から非定住民で当局が捉えきれない存在として差別的に扱われてきた
民俗学の第一人者・柳田國男は彼らを「山人」=日本人の源流として取り上げ、中世の「穢多」近世の「非人」といった従来の賎民と同一視する研究者もいた
そして昭和初期には、三角寛の山窩小説から猥雑なイメージが流布し、戦後まで差別問題として尾を引くこととなる。三角の小説の影響は、五木寛之の『風の王国』等の神秘的なイメージとして残った。管理人の読んだ『赤朽葉家の伝説』にも(名指しされないが)その痕跡が見られる
「サンカ」の人々は高度成長期の日本のなか、その生活スタイルを維持できなくなり、民衆の中に姿を消した。本書はかろうじて記憶をつなぐ古老たちを取材し、農村周辺の職人として生きた真の姿をとどめるとするものである

「サンカ」はどこで生まれたのだろうか
著者は他の非定住民のように由緒書を持たないことから、貴人の価値観で僻地に追われた中世の「穢多」(皮革業者・河原者)や米作をしない(できない土地に住んでいるだが)近世の「非人」とは違うとする。例えば海に船を浮かべて住居とする「家船」(えぶね)は、村上水軍の末裔などを称していた
「サンカ」たちはそんな由緒書を持たず、最大でも数家族でしか固まらない生活スタイルだったので、集団としての歴史を持つ必要がなかった。柳田國男や山窩小説が語る固有の民族のような形態はとらなかったのだ
著者は「サンカ」の呼称が元々中国地方に使われたことから、江戸時代の末、天保の大飢饉によって飢餓に見舞われた同地の農民が逃散して「サンカ」になったとする
彼らは農地を離れても、脱穀に必要な「」や貴重な蛋白源である川魚を採るなど農村に必要な役割を果たした。藩からは無宿非人と見なされて、普通の農民から冷たい目で見られたりしたが、一定の地位を築いたのだ

江戸時代でも門別帳に載らない「無宿非人」とされた「サンカ」だが、明治を迎えるとさらに厳しい境遇に陥る
近代国家として徴税・徴兵の元となる戸籍を完成させたい政府は、転居を繰り返す「サンカ」の生活を不健全と見なしたのだ
なんとか管理したい政府は警察をして、江戸時代には「サンカ」に「山家」の字が当てられたものを、山賊に等しい「山窩」の字を当てたのだ
昭和初期にはエロ・グロ・ナンセンス」の風潮のなかで三角寛の山窩小説が大当たりし、ヨーロッパにおけるジプシーのような猟奇的存在として語られるようになった。戦後、三角寛は『サンカ社会の研究』という博士論文を持って再登場し、今における「サンカ」の誤ったイメージを決定づけることとなる
「サンカ」たちは近代化で顕在化した部落差別に遭いながら、1960年代まで自らの生活を保った。春から秋までは川魚漁の季節であり、「サンカ」の子供たちは親戚に預けられない場合、親とともに半年間の旅に出て学校には通えなかった。そして冬は箕作りと棕櫚の箒作りに勤しむ。棕櫚の箒は名人が作ると15年以上も保ったという
農業の機械化で箕作りの必要がなくなり、農村の生活も豊かになると、「サンカ」もうっすらと消えていった。著者は「得意場」(お得意様)としていた被差別部落に溶け込むか、都市に出て「世間師」(寅さんのようなバナナの叩き売り)になっていったと推測している


関連記事 『赤朽葉家の伝説』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。