【配信】『重戦機エルガイム』 第31話~第33話

リリス「ここで小競り合いに巻き込まれたら、ミズンに行けなくなるわ」
ダバ「レッシイみたいなことは言わない」


<第31話 キャッチ・ウォー>

ギワザに呼び出されたギャブレーは、ネイの応援をしなかった怠慢を責められ、次の作戦の先鋒を命じられる。しかし、ネイがクワサンの名を口走るスパイを発見したことから、真偽を確かめるべく先鋒を引き受け、ギャブレーは再び静観する。スパイから大気圏突入を知ったダバは、動かせる戦力を集めてギワザの艦隊を襲った。ギワザは反乱軍の強さを認めざる得なかった

前回で違うギアが入ったのか、張り詰めた空気が流れ始めた
ダバがモラトリアムを捨て去って、リーダーとして集団全体を見回した行動をとる。その生真面目さにはアムならぬとも不安を覚えるが、キャオのナレーションが言うように「人の命を預かる身」なのだ
スパイを死地に潜入させることを「生け贄」と嫌う甘さがあるものの、スパイの死で味方に檄を飛ばし、スパイの弟イッカを戦闘へと駆り立ててしまう。リーダーとは怖い仕事である
新型HMグルーンで出撃したネイは、mk-2のバスターランチャーを浴び重傷。ダバとの力関係が完全に逆転した。しかし、最後にはネイの逆襲が予告されるのだった(知らせる意味あったかな?)


<第32話 フラッシング・ネイ>

反乱軍は軍の兵器を横流しするなど、戦力拡充に励んでいた。セムージュアマン商会から宇宙戦艦四隻を貰い受ける話を独断で進める。それを聞いたダバはあまりに怪しい話にセムージュを追うが、そこにギャブレーの、ついでネイの追撃を受ける

ギワザは正規軍の弱体化を自覚し、13人衆を招集する。反乱軍対策もさることながら、後のクーデターに向けての布石である
負傷中のネイは、アマン商会と反乱軍の接触を受けて追撃を決意。前回、ギャブレーに「人を好きになったことがあるのか。貴様にはその一途さが足りない」と言っていたが、恐ろしいばかりのギワザへの献身ぶりだ。彼女は、反乱軍が受領する戦艦一隻を鹵獲し、ポセイダルの首都ガスト・ガルへ向かった。果たしてその意図は?
ラストのカットに、ポセイダルが怖い顔をして「She's not work」って(苦笑)。これ、何が言いたいの?
正直、31話と32話は作画の崩れも酷くて(昔のアニメの醍醐味と言ってられないレベル)、脚本も微妙だった。中盤の中だるみはありがちなこととはいえ、ここまで若手育成に使いきるとそりゃ怒られるわな


<第33話 マイ・アース>

ダバはトライディトアル星から正規軍の目を離すべく、故郷ミズン星へ向かう。ミズン星では13人衆の一人、老将ワズンが指揮を取り、ダバの突入を防ごうと待ち構えていた。そのダバにアマンダラがボロボロの船で接触し、ヤーマン族復興を志す彼に貴重なデータを提供した。そこへギワザが差し向けたスレンダー・スカラが迫る!

ギャブレーはギワザに呼び出され、13人衆に命じられる
レッシイの欠員を埋めるためとはいえ、ネイとさんざんに張り合いギワザ派とは到底いえないギャブレーの抜擢は唐突だ
その意図は、ギャブレーの出世欲を利用しつつ、反ギワザ派のワザンともにダバ一党との共倒れに狙っている。そして、その隙に自派の13人衆を集め、事を起こすつもりなのだ
ギャブレーも利用されているとわかっていて、ワザンといっしょにダバを討たざる得ない
ダバには「死の商人」で通したアマンダラは、ギワザの意図を看破して、グラサンの下の目がキラリ。反乱軍のスパイがクワサン・オリビーの手の者と称したこと、セムージュを半ば手駒としているところなど、節々に不気味な印象を残す

ダバはヤーマン王朝の再興を決意し、ペンタゴナの現状に対して仲間に訴える
各惑星が一緒になってまとまるはずがないのに、ポセイダルの専制が続く理由は何か。ポセイダルのおかげで、ペンタゴナの人々は本気で生きることを考えない人々になっていたとダバは弾劾する!!
怒るセムージュや「ダバの子を産みたい」というアムに対して、「それだけしか考えないことがポセイダルに利用されているんだ」。人はパンにのみに生きるにあらず、というが、大衆のメンタリティに政治の責任を帰するとは手厳しい。まるで民主国家の愚民論である
ポセイダルに対しては、「女性のメンタリティを持ち込むことで世の中を支配している。そのためにクローンを作ったんだ。女性は子供を生むから、未来を作る力があると思われている」。クローンうんぬんはアマンダラから聞いた情報に入っていたのだろうか。指導者に女性のイメージを利用するのは、Vガンのマリア、∀のディアナ・ソレルを連想させる
それに対抗するためには、土着の力を用いるしかない。ダバは目的のためには手段を選んでられないと、ついにカモン王朝の血筋を明らかにし、ヤーマン再興を旗印とした
偽りの母性に立ち向かうために、大地からやり直せとは、Vガンのようなメッセージである
作品の性質から富野監督の介入というより、日芸の後輩・富田祐弘の脚本によるところが多そうだが、後年の作品に取り上げられたテーマに重なっていたのは意外な発見だった


次回 【配信】『重戦機エルガイム』 第34話~第36話
前回 【配信】『重戦機エルガイム』 第28話~第30話

EMOTION the Best 重戦機エルガイム DVD-BOX2<最終巻>
バンダイビジュアル (2011-07-22)
売り上げランキング: 8,783
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。