【配信】『重戦機エルガイム』 第25話~第27話

ダバ「楽な優しさは人を殺す。それはわかって欲しいな」(キリッ


<第25話 ラブ・アゲイン>

アムは街での買い物中に、正規軍に追われる。助けてくれた軍の士官が、かつての恋人チェック! 同じ劇団にいた彼はよりを戻そうとするが、三年の時を埋められずアムは飛び出す。しかしチェックは、その経歴を買われてネイ・モーハンに徴用されていて、アムのホバーには発信機がつけられていたのだった

アムの前に元彼チェックが登場
彼はアムと同じ劇団にいたが、三年前に彼女が退団したあとは離れ離れになっていた。すけこましかと思いきや、実は純粋にアムを追いかけている男で、正規軍にもアムが反乱軍に組したことに巻き込まれただけのようだ
ターナに帰ったアムは、元彼にあったことを囃し立てられ、「もう戦争ごっこはたくさん」ダバも「アムを止める権利なんて」と優柔不断で、リリスにビンタを食らう始末
「これではダバもチェックと同じじゃない!」と外へ飛び出す
アムにとって、反乱軍にいる動機はほとんど成り行きにすぎない。結局、チェックを死んだことにして、その未練を断ち切ることになる
そんなアムにかけた言葉が、上述の台詞なんだけど、クワサンの件があるとはいえ、超然とし過ぎじゃないですかねえ


<第26話 サーチⅡ>

ギャブレーの艦スレンダースカラは、古いHM工場に突っ込んだ。新型HM「スタッグ」を受領したが、ギャブレーはいまいち仕様が掴めない。一方、ダバは整備中に熱病で倒れてしまう。街へ出てホモゥな医者に診てもらうが、彼は賞金目当てにダバたちをギャブレーに売るのだった

後期OPが始まった。冒頭にクワサンがドアップになり、「風のリプライ」が流れる。話の軸が彼女を中心に回り始めることを印象づける構図だ
キャオのナレーションも「ひとつの記憶は、人の中で絶えず増幅を続け、色とりどりの意味を与えていく。それに支配されるのが、人の哀しい性なのだろうか・・・。そんな思いを、マシーンは一瞬たりとも忘れさせてくれる」と、気障に磨きがかかっている

次期主役機「エルガイムmk-2が登場した割りに、ちょいと雑な回だったかな
キャオを救いに行ったアムが捕まり、ダバも熱病を押してエルガイムに出撃してダウンと、芋づる式に捕縛されていくのに、脱出するきっかけが一重にギャブレーの甘さという。そもそも味方が捕まる展開が多すぎて、ネタが尽きた感が(苦笑)
女性を人質にとるのにヒケ目を感じる、ギャブレーくんの騎士道精神だけが目立っていた
とはいえ、後のエルガイムmk-2となる「スタッグ」を、可変機構を理解していないゆえに使い切れないというズッコケ気味で、逆ギレされた開発者は、キャオに勧誘されて反乱軍入りするしと、軍法会議ものの失態ではないのか


<第27話 ミステイク・ラブ>


男勝りにターナを指揮するレッシイに、同じクルーのアロン「女性なのに、こんな生活を続けていいのかな」とおせっかい発言。キレたレッシイは、ヌーベルディザードで出撃し、ギャブレーと交戦してしまう。ギャブレーを追い詰めたレッシイだが、「戦士同士の仁義」として彼を見逃すのだった。再度の襲撃にダバもピンチに陥るが、レッシイは男たちへの当てつけにオムレツを作り続ける

珍しくギャブレーくんがシリアスな回である
「死んでいいプライドなどない」というレッシイに、「男にはある。それが男と女の違いだ」と言い放つ。彼女の勇ましさには「似てるな、ネイ・モーハンに」と指摘し、「あんたは戦士にだけなろうとしている」と指摘する。これをきっかけにレッシイは料理に走る
アロンの発言はジェンダー論的には80年代風の捉え方で、女の戦士がいたっていいわけだけど、軍とか会社とか既存の組織は今だって男性ありきでできているので、どこまで女性の部分を犠牲にするかという問題は現代的である

丸腰の敵を「撃てるもん」というアムに対し、ダバはこうフォローする
「オレは追われていることを光栄に思っている。ギャブレーは、飯のことがなければ味方になってくれたかもしれない人なんだ」ギャブレーを同じ美意識を持つ者として評価していて、ポセイダル軍に染まっていないと見ているのだ
ギャブレーは傷を治してくれた借りを返すために、レッシイに生身の一騎打ちを申し込む
そして、彼は勝った上で、「私は女を殺さない」「君が女を超えたら、勝負をつける」と男前の台詞を残して去るのだった
ダバとギャブレーの差はなんなのか。レッシイには、「好きでポセイダル軍にいるわけではなく、生きるために組織に属している」「一人で生きて行けると思っているのが嫌」と言っていて、主義というより生き方の違いなのだ


次回 【配信】『重戦機エルガイム』 第28話~第30話
前回 【配信】『重戦機エルガイム』 第22話~第24話

EMOTION the Best 重戦機エルガイム DVD-BOX1
バンダイビジュアル (2011-06-24)
売り上げランキング: 3,026
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。