『テンペスト』 第1巻・第2巻 池上永一

琉球版ベルばら


テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)
池上 永一
角川書店(角川グループパブリッシング) (2010-08-25)
売り上げランキング: 174,703

テンペスト 第二巻 夏雲 (角川文庫)
池上 永一
角川書店(角川グループパブリッシング) (2010-09-25)
売り上げランキング: 183,896



19世紀の琉球王国。士族の家系に生まれた真鶴は、失踪した兄・嗣勇に代わり、高級官僚の試験「科試」を受けた。首席で合格してしまった真鶴は、清国から来た宦官・孫寧温として王宮に入り、評定所の長官に抜擢される。尚育王の期待に応え財政再建に取り組むが、アンタッチャブルな王族神・聞得大君が立ちはだかるのだった

学問好きの少女が激動の王国を支えるべく、奮闘する物語
ヒロインの真鶴は好奇心旺盛で、試験に必要な儒教のみでなく、英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語と読み書き、会話もできてしまうスーパーガール
唯一の弱点が身分を偽り、宦官として役人になったことで、小説にとってもウィークポイントになっている。琉球王国がモデルとした中国の王朝でも、宦官が同じ職場で役人と肩を並べるなどありえないのだ。うるさい人だとここで一発レッドカードを出すかもしれない
ヒロインが宦官を演じるのは、役人の身で王の後宮に出入りさせたいからであり、ここでの縁が3巻以降に生きるし、身分を偽る弱みをライヴァルに突かれて利用されたりと、作品世界内のバランスは取れている(ヒロインがチョメチョメされるのはどうかと思うが、巫女的に)
胸を打つのは、当時の琉球を再現した重厚な世界観だ。薩摩藩の属国として公文書は「候文で記され、自らの心情を「琉歌」で表現し、独特なシャーマニズムが王宮から庶民までに浸透していて、和中のええとこ取りをしながら独自の文明を発達させた琉球は、一種のユートピアとして描かれる
その一方でドラマの筋がコミカルであり、「悪の枢軸」など現代用語をふんだんに使う噛み砕いた表現がなされて分かりやすい反面、重厚な部分との落差を感じた。史実を取り入れた「歴史マンガ」の手法を小説に持ち込んだようで、これには賛否があるだろう。個人的にはガチで突っ切ってくれたら、素直に神と褒められたのだが

『野生時代』に連載され、カバーをめくるとカラー挿絵があり、巻末にはヒロインが活躍する首里城や当時の風習などの解説がある。やはり、ジュブナイルで育ち、「歴史マンガ」を読む層を意識されているようだ

本作の琉球王国は、19世紀、それも清国はアヘン戦争で敗北し、日本は幕末を迎えつつ激動の時代にある
琉球は1429年尚巴志王によって三山統一がなされ、第一次尚氏王朝が始まる。1462年には重臣である金丸がクーデターで王位を継承し、これ以降を第二次尚氏王朝と呼ぶ
真鶴の父、孫嗣志は、自らを第一次尚氏王朝の後継者としていて、真鶴と嗣勇は第一次王朝の復活を託されることとなる
ともあれ、第二次王朝は石垣島などを征服し、明朝に朝貢インドシナまで交易船を送り、最盛期を迎える
1609年薩摩の島津家が琉球へ侵攻し、その属国となる。琉球は秀吉の朝鮮出兵にも動員されていて、幕府と外交問題で揉めたことから島津家の出兵を招いたようだ
以後の琉球王朝は薩摩に貢納を納めつつも、独立王国の体裁を保ち存続し続けた。王朝の滅亡は、明治政府による琉球処分があった1879年で、実は薩摩の属国だった時代のほうが長い
武装を禁じられた琉球は、大陸の教養と独自の文化を研ぎ澄まし、作中でも清国、薩摩、列強に真鶴は琉球の知を代表して渡り合って行く
もっとも明清交替が起こる前に、琉球は薩摩の侵攻を受けており、薩摩が間接支配するのも中国との交易を利用したいからで、変態宦官のように征服欲丸出しの清国人がいたかは怪しい。薩摩は実を、清朝は宗主国としての面子を求めての関係で、ある意味棲み分けができているのだ
アヘン密輸で大臣のほとんどが吹っ飛ぶとか、ポリティカルとしてのリアリティはあまりない(組織として暗黒すぎるわ!)。琉球の歴史風景を眺めながら、少女の活躍、葛藤を愛でる作品なのである


次回 『テンペスト』 第3巻・第4巻

テンペスト Blu-ray BOX
テンペスト Blu-ray BOX
posted with amazlet at 15.08.30
角川書店 (2012-04-27)
売り上げランキング: 29,514
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。