【DVD】『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』 Final 第9話・第10話

あいつを見ると、自分自身が見える。そんな存在を愛せるか!


<第9話 父と子 The Gunpowder Plot>

ミケロットは“血の涙”を流して、恋人バルガスを殺しチェーザレの許を去った。腹心を失ったチェーザレは、信頼のおけないバリオーニ・オルシーニに家族の護衛を託さざる得ない。ルクレツィア“沼の魔女”の薬で城の人間を眠らせ、ナポリを脱出。無事を喜び合う兄妹に、旦那のアルフォンソ・ダラゴーナは嫉妬を隠せない

今まで非情な暗殺者として貢献してきたミケロットが去ってしまった
締まらないのが、血文字のメッセージが「GOODBYEになっているところで、ちゃんとイタリア語にして頂きたかった(苦笑)。吹き替えで観ていると、唐突の英語で台無しになってしまう
それはさておいて、今回のテーマは親子の相克とその決着である
教皇はユダヤ人に火薬の材料となる硫黄を買占めさせ、許可なく戦争できないようにする。政治上の主導権を握ることもさることながら、フランスと結んで勝手に動くチェーザレを牽制するためだ
結局、教皇父子の和解をユダヤ商人が諭すという皮肉な展開となるが、自分に似過ぎた息子が恐ろしく、同じ道を辿って欲しくなかったという告白はファイナルシーズンで白眉のシーンだろう
とはいえ、裏切り者を丸焼きにするとか、チェーザレの冷血ぶりは凄まじい


<第10話 君主 The Prince>

チェーザレはマキャベリからフィレンツェの通行許可を取り付け、いよいよカテリーナのフォルリへ進軍を開始。密かに上陸したフランス軍が不意をつき、フォルリは準備が整わないまま攻城戦に突入する。一方、ルクレツィアとの仲に嫉妬したアルフォンソは、出陣前のチェーザレに刃を向けてしまう。ナポリをフランスに献上する手前、チェーザレはある決意を固めるのだった

息子と和解した教皇は、驚異的な構想をぶち上げる。教皇の世襲である
元々、チェーザレを枢機卿にしたのは、教皇位を受け継がせるためで、教皇領そのものをボルジア家の王国にするつもりだったのだ
史実のチェーザレにしても、教皇軍を使って中部イタリアを制圧した後の構想というのが難しくて、教皇アレクサンドル6世の死後にどうやって領土の正統性を維持するかが問題
結局、デッラ・ローヴェレを教皇につけて裏切られてしまったわけで、教皇と君主制が同居しえないところにイタリア統一の難しさがあった
それをドラマの教皇はあっけなくぶち破ろうとするわけで、チェーザレもドン引きである(苦笑)

フォルリの攻略は、失踪したミケロットの協力で打開できた。ミケロットは助言を終えると再び姿を消すが、モデルとおぼしきドン・ミケロットは最後までチェーザレのために戦った人物なので、幻の第四シーズンにどういう役回りを演じたか、気にかかってしまう
カテリーナは自殺に失敗してチェーザレに生かされてしまう。塩野七生の小説のようにチョメチョメはなかったものの、金色の檻に捕らえられてローマでは晒し者にされる
息子を殺してといて、生け捕った彼女を徹底的に利用しつくす。おまけに彼女の刺客ルフィオをミケロットの穴埋めに雇うとか、目的のためなら手段を選ばない、マキャベリズムの極致、優雅なる冷酷というやつですな


で、チェーザレが将軍として一歩踏み出したところで、このドラマは終わる。まさに「俺たちの戦いはこれからだ」という打ち切り方である(苦笑)
本来、四部作になるはずが、最終部をぽしゃったからで、いちおうドラマのその後を書いた小説がネットで配信されているそうだ。管理人は英語が読めないので、とても手が出せないが
打ち切りの理由はお金の問題なのだろうけど、第二シーズン、第三シーズンの展開が遅かったとは思う。チェーザレの短い活躍期間を考えれば、もっとスピード感があってよかったし、カテリーナが女傑といってもラスボスで使うほどの存在かというと疑問だ
もう少しプロットを詰めれば、三部作で行けたはずだし、四部作の構想が遠大すぎたのだろう


前回 【DVD】『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』 Final 第7話・第8話

ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 ファイナル・シーズン(5枚組) [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014-10-08)
売り上げランキング: 39,157


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。