『魔太郎が来る』 第1巻 藤子不二雄A

うらみはらせでおくべきか




1972年から1975年まで『週刊少年チャンピオン』に連載された藤子不二雄A作品
転校先でいじめられる浦見魔太郎が、いじめる相手に陰惨な復讐をしていくホラー漫画だ
魔太郎は色白で体質も悪く、性格も暗い。新装版のカバーには、作者の安孫子さんの写真とコメントが載っていて、「魔太郎は僕の分身」と宣言されていた。本当にそっくりなのである(笑)
魔太郎のいじめは、乱暴者とそのお付きの人間になぶられるというタイプで、今風に集団からはずされるといったものではない。魔太郎が憧れる由紀子というヒロインが、救いとして残されている
恨みの晴らし方も黒マントを着て相手と対峙することが多いし、一方的になぶるというよりも一種の決闘に近い。泥人形で物理で相手を潰すパターンもあるものの、新装版に載っているエピソードは皮肉をこめた報復が多く、一話完結でスカッと終わってくれる
それでいて、ノートにやられたことを書き記すとか、神秘的な存在に拝む(神戸の事件を連想してまう)とか、時代を超えた10代の暗黒面(イタさ)を思い起こさせてくれる

魔太郎は現物と「うらみ念法」を使い分けて報復するのだが、初出の際はもっと過激だったらしい
新装版では削られたエピソードも多く、収録されている話のなかでも結末が書き換えられたものもある
例えば、二話「鉄のキバが引き裂いた夜」は、新装版だと工事現場に呼び出されたいじめっ子がシャベルカーを怪物と誤認して、逃げ回るだけで終わる
しかし旧版だと、いじめっ子をシャベルで引き裂いて、死体をコンクリートで埋める」という凶行に及んだようだ(爆
序盤は特に、過激な復讐が多かったせいか、旧版の3~10話、12・13話が割愛されていた。wikiによると、作品全集を刊行する際にも、少年事件の凶悪化もあって欠番や結末の修正があったそうだ
それでも、女の子の顔を潰しちゃうとか、充分酷いんだけどね(苦笑)


第二十一期竜王決定七番勝負 激闘譜―渡辺明vs.羽生善治

読売新聞東京本社
売り上げランキング: 491,317
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。