『賭博覇王伝 零』 第3巻・第4巻・第5巻 福本伸行

殺さないんの39!39!


賭博覇王伝 零 3 (highstone comic)
フクモトプロ/highstone, Inc. (2013-07-25)

賭博覇王伝 零 4 (highstone comic)
フクモトプロ/highstone, Inc. (2013-07-25)

賭博覇王伝 零 5 (highstone comic)
フクモトプロ/highstone, Inc. (2013-07-25)


第3巻は、「迷宮のトライアングル」の解答と、もう一人の天才・標との一騎打ち「クォータージャンプ」に突入する
零が制限時間ぎりぎりで解いた「迷宮のトライアングル」を、標はわずか7、8分で正解!
これを受けて在全は、王の資格者として二人の対決を企画する
その舞台がクォータージャンプ高所で目隠し状態となり、四方向のうちにただ一つあるセーフゾーンに時間内に飛び込めばクリア。はずれの方向には壁が立ちはだかり、飛べば落下で死亡確定!
それぞれの方向には、自分の方向に飛ばせればリング一枚もらえると約束された参加者がいて、この参加者との駆け引きが見所となる
零は参加者の言動を聞き流し、冷静に相手の死角をついて外れの方向をひとつずつ潰して行く。彼は運に頼らない秀才なのだ

第4巻は、「クォータージャンプ」の決着と、新たなアトラクション「魔女の館」
理詰めでたどり着いた零に対し、標はそれを上回る策で開始わずか45秒でクリア。勝負に勝った標に零のリングが渡ってしまう
標は零があくせくした出した解決法を、さらに飛躍して解決する天才。主人公が秀才型で、ライバルが天才型というのは、なかなか珍しい構図だ
全てにおいて偏差値の高い零というキャラクターが、標という上位者が出てきたおかげで、身近な存在感じられる
魔女の館は、21人の人間が同時に参加するアトラクション。制限時間内に正解にたどりつけなければ、全員が抹殺される
後藤利根雄が言うとおり、最大の敵は無能な味方理詰めにたどりつける結論に、命の危険に震えてオカルトに走ってしまう

第5巻で「魔女の館」の解決編
零はフェイクの数字に目もくれず、魔女の口から出た設問のみからやるべきことを導き出す。とはいえ、最初の設問は鏡文字を仕込んであるとか、かなり凶悪な引っ掛け問題である(苦笑)
二問目、三問目は、計算問題から一転、言葉の謎かけに。言葉の取りようで分からないわけで、実戦的には運ゲーである(苦笑)
この鬼畜な展開で21人全員助かるのは、少年誌のお約束かな?
それでも、読んでいる側は不意を突かれ続けるので、最後まで緊迫感が落ちなかった


次回 『賭博覇王伝 零』 第6巻・第7巻・第8巻
前回 『賭博覇王伝 零』 第1巻・第2巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
SF (23)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。