『世に棲む日日』 第4巻 司馬遼太郎

藩に逆らえても、親には逆らえない


世に棲む日日〈4〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 833


幕府に屈服した藩政府に対し、高杉はクーデターを決意した。しかし、山県狂助が掌握する奇兵隊は慎重で、わずかに力士隊遊撃隊が加わるのみ。それでも三田尻に停泊する軍艦三隻を奪い、下関を占領した。この成果に突き動かされるように奇兵隊も進撃を開始。ついに上士中心の選峰隊との戦闘が始まった。戦いには農民の志願兵も加わり、単なるクーデターから革命に変貌していく

ついに電光を発した
当初、クーデターのメンバーは、伊藤俊輔(のちの博文)と力士隊のみで、しばらくして他藩出身の遊撃隊を加えたのみ。奇兵隊の軍監である山県狂助(のちの有朋)は保身に走り、諸隊も高杉の計算についていけない
高杉の切り札は海軍だった。もともと正義派に同情的な三田尻の奉行を説得し、長州海軍の全てを入手してしまう。藩政府のある萩城は北を海に面しているから、軍艦の砲撃に怯えるしかない
山県たちも引きずられるように、藩政府の大軍を戦闘を強いられ、全てが高杉が想定したように転がって行く
圧倒的な政府に対し、相手を心理的に降りさせて状況を一変させるところ、まさに神算という他ない。『フンタ』という途上国を舞台にしたボードゲームがあるが、その理想的なクーデターを見るかのようだ
アニメでは超能力などでゲタを履いた主人公が革命を起こすが、生身で普通にやってのけた人がいたのである

正義派が復権したものの、長州の取り巻く状況が良くなったわけではない。第一次長州征伐の大軍がまで残っていて、幕府方は約束した降伏条件の履行を待っている状況だ
それに対して高杉は、長崎で武器商人グラバーと会い、イギリスとの関係で乗り切ろうとする。洋式化の資金を稼ごうと下関開港をはかるも、下関は長州の支藩たちの封土が入り組んでいた
しかも尊皇攘夷を是とする正義派からの転向とあって、藩中の憤激を招き、高杉と伊藤は亡命を余儀なくされた。高杉はほとぼりが醒めるまで、愛妾・おうのを連れて上方から四国に逃れる
その高杉を匿ったのが、讃岐榎井村の日柳燕石。博徒の親分ながら、教養があり侠気に満ちた人物で、なんの得にもならないのに快く受け入れる。高杉が長州に戻った後、彼は幕府に捕縛されて四年間入牢。のちに官軍の史官となって従軍するが、牢屋で得た病で亡くなってしまう
奇兵隊に出資した白石正一郎といい、捨て身で協力する庶民がいたことは、奇兵隊の出現と同様に江戸の身分社会が崩れ行く流れといえる

四境戦争では高杉は海軍を率い、大島の奪還から幕府総督の籠もる小倉口へと激闘を続ける
この時すでに労咳(肺結核)が発症していて、連日の出撃は命取りとなった。おもしろきこともなき世をおもしろく」の句を残し、この世を去る。松陰より一歳若い、享年28歳
大村益次郎とは接点がなく、小説では名前が一度出てくるのみ。大村は桂小五郎に引き立てられた人だし、高杉は松下村塾系以外の人間とあまり交際しなかったようだ

全巻を読んで総括すると、松陰も高杉も波乱万丈の人である。あまりに劇的な人生過ぎるので、小説に何かを盛る必要がない
特に高杉は各地を転々としながら、漢詩から御座敷芸の小唄まで達者で、妻子が下関に乗り込んできたときの詩は爆笑もの。これほど歴史小説の主役にふさわしい人間もいないだろう
前巻の記事に書いたように、この時期の長州の政治はそのまま明治政府を観ているかのようだ。庶民からなる奇兵隊は、階級を打破する他藩には見られない革命的存在であり、その中枢を握る山県狂助(有朋)が明治政府の徴兵制を整えていく
象徴天皇制の運用も伊藤と山県によって形付けられたことを考えると、長州藩の「そうせい侯」の在り方が念頭にあることは間違いない
明治維新とは、長州で成立した革命の成果を日本中へ輸出する事業だったともいえるのだ


前巻 『世に棲む日日』 第3巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。