【BD】『バイオハザード』

これが5作も作られるなんて


バイオハザード [Blu-ray]バイオハザード [Blu-ray]
(2012/08/22)
ミラ・ジョヴォヴィッチ

商品詳細を見る


世界的な製薬会社アンブレラは、ラクーンシティの地下施設で生物兵器を開発していた。しかし施設内での事故により、T‐ウイルスが流出してしまう。屋敷のシャワールームで目覚めたアリス(=ミラ・ジョヴォヴィッチ)は記憶を失っており、突然謎の男マット(=エリック・メビウス)に抱きすくめられる。しかし、そこへ特殊部隊が突入。彼らは事故を収拾しようと、アリスとマットを連れ地下施設「ハイブ」へ下りて行く

いわずと知れた有名ゲームの映画化である
冒頭のナレーションでアンブレラが生物兵器を開発したとあっけなくオチを晒してどうなるかと思いきや、早々に施設が壊滅して、アリスの登場シーンに。それがいきなり、ミラ・ジョヴォヴィッチオールヌードと来た!
この映画は彼女が全てなのだ
古式ゆかしくぶらぶら歩くゾンビたちを、近接攻撃で次々と撲殺。ワンコには拳銃で百発百中と、まさに無双である。ほとんどスタンドなしでこなしたというが、彼女の動きはゲーム的、あるいはマンガ的で、リアルさより爽快感が重視されていた
体を張ってゲームを超えた動きをするというのも、不思議な話だ

いちおう『鏡の国のアリス』を絡ませるなどストーリー上の工夫はあるものの、洋館、その下の地下施設、製薬会社の生物兵器と原作ゲームの要素を散りばめつつ、クライマックスの列車の脱出ように一気呵成に押し進めて行く
ミラ・ジョヴォヴィッチを除くとB級要素しかないので、このジェットコースターがむしろ合っている
原作とは違ったレーザー攻撃(逆にゲームへ影響)などのSF的要素があると思えば、定番ともいえるゾンビたちの人海戦術も体感できる。ホラー要素が脅かしびっくりとグロしかないものの、なかなか香ばしいB級アクション映画だった


バイオハザード HDリマスターバイオハザード HDリマスター
(2014/11/27)
PlayStation 3

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。