【BD】『機動戦士ガンダムUC 7 虹の彼方に』

見事に原作を超越する出来。えらい!!


機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 7 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 7 [Blu-ray]
(2014/06/06)
内山昂輝、藤村歩 他

商品詳細を見る


ラプラスの箱があるメガラニカへ、ネェル・アーガマネオ・ジオンの競争が始まった。バンシーに乗ったリディバナージへの嫉妬にかられ、ユニコーンとの一騎討ちを挑んでしまう。マリーダは万全でない状態で、クシャトリアを出動させてリディを引きとめ、そのビームを受けてしまう。マリーダの声は全宇宙の人々に届き、リディをも目覚めさせたのだった

いや、良かった。原作をきわめて良く補完してくれた
原作者がスタッフとして参加したのが不安だったが、脚本はほかの人が担当したおかげでワンクッション入り、小説の富野成分を上手く中和したのだろう
フル・フロンタルとの対決では、唐突な宇宙旅行から逆シャア、一年戦争の名シーンに遡行し、ララァとシャア、そしてアムロの声が戦いの幕引きを告げる。富野ガンダムを観つづけた人間として感涙である
原作では空虚な強化人間だった彼が、かりそめのシャアとしての存在感を固持していて、その役目を終えて自壊していく様は、ガンダム・サーガの終止符として相応しいものだった

アクション面でも『るろうに剣心』の監督だからか、近距離の格闘戦が充実していてMSが動く動く。上下に分裂するバウ、ファンネルを使うヤクト・ドーガガザ・シリーズネオ・ジオン系が大暴れしていて、まるでGジェネのような組み合わせのMS戦が見られた
「発効には本来、批准を必要とする憲章がなぜ知られていないのか(秘密にされた憲章に正当性があるのか)」「憲章を明かす人間がミネバでいいのか(アルベルトかリディの役割では)」「コロニーレーザーをサイコフィールドで止めるのはやり過ぎじゃないのか」といった、原作の穴を引きずらざる得なかったが、アニメとしては最高の形で締められたのではないだろうか
ファーストから始まるガンダム・サーガを踏まえた上でないと分かりにくい内容ではあるのもの、美男美女だけでない「昔風のロボットアニメ」が若い層にも通用したことは大きな収穫だ
あとはシャアが安心して昇天できるように、宇宙世紀の呪縛から離れた作品が作られることを期待しよう


前巻 【BD】『ガンダムUC 6 宇宙と惑星と』

関連記事 小説『ガンダムUC』とはなんだったか
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。