『井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル』 野口武彦

純粋過ぎて門弟もびびってたらしい。松陰先生は


井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)
(2008/02)
野口 武彦

商品詳細を見る


ついに黒船来る。日米通商条約から、大地震、安政の大獄に桜田門外の変。内憂外患に苦しむ安政年間を振り返る
『幕末バトル・ロワイヤル』週刊新潮に連載されたコラムで、本書は2006年8月3日号から2007年6月14日号にまとめたものだ
それこそ週刊誌のように、上は政治上層部の暗闘から、地震、台風、物価高といった災難、庶民を慰めた風俗までを扱っていて、時代を様々角度で眺めることができる
週刊連載のために一項目ごとにネタがまとめられて読みやすく、かつ著者の史観がブレないため一冊の本としても完成していた
通商条約の調印を決めた政治の力関係から、井伊直弼の出自と人柄、安政の大獄の原因、為替を巡る日米の暗闘と、開国の経緯とその影響を、微に入り細にわたって描いているので、『花燃ゆ』の補完本としてもお薦めだ

本書の主人公は、タイトルにもある通り、井伊直弼だろう
井伊直弼は側室の子として生まれた。ほとんどの男子が養子に出されたのに、引き取り手がおらず部屋住みの身か、寺の坊主で一生を終えるはずだった
しかし、兄の嫡子が死んだことで、初めて陽の目を見る。他の兄弟が他家の養子となってしまったので、跡継ぎが直弼だけになってしまったのだ
当主の兄は突如、自身の養子となった直弼を邪険に扱い、この側室の子という境遇が安政の大獄を起こすダークサイドを生んだと著者は推測する
その兄の死で藩主となった直弼は出世主義者であり、政権内部の地位を高めようと運動していく。水戸藩の徳川斉昭の子で一橋慶喜を次期将軍につける動きに対抗して、御三家の紀州藩を味方につけることに成功
阿部正弘の後を受けた筆頭老中・堀田備中守正篤が通商条約についての朝廷への工作を失敗したことを機に、将軍の信任を受けて大老職に就いた
直弼はその傲岸不遜と独裁的な人事から、早くも各方面に反発を招いてしまう
開国に際しては、外患より内輪の折り合いを重視したが、アロー事件の流れからアメリカ総領事ハリスの圧力がかかり、開国派の海防掛・岩瀬忠震と井上清直の説得で通商条約調印に傾いた
井伊直弼はあくまで内向きの政治家であって、先見の明があったわけではなかったのだ

吉田松陰については、孟子と孫子に対する注釈からその思想が分析されている
『講孟余話』は、密航に失敗し野山獄にいたときの講義がもとになった孟子の注釈書で、現実の政治批判にもなっている

梁の恵王は孟子に会うといきなり、「遠路はるばるよく来て下さった。わが国に何か利益をもたらしてくれるか」と問いかける。これに答えた孟子の言葉は有名だ。「王、何ぞ必ずしも利をいわん。また仁義あるのみ」(p148)


この「梁恵王編」を使って松陰は、名利を追いかける昨今の武士を批判し、アメリカに屈する幕府や長州を指弾する。上から下まで己の利益を追求するは国家の危機であるというのだ
『孟子』は徳のない君主を放伐する革命思想から、日本では危険思想とされたが、松陰は日本において、儒学の「天命による革命」を否定する。ただし、徳川幕府は「天朝」が命じた将軍に過ぎないので、職務怠慢があればそれを廃することができるとした
著者は松陰が孟子を読み破ることによって、尊王と攘夷を思想的に結合させたとする
孫子の注釈では、死地を大きく取り上げていて、戦わねば死ぬ絶体絶命の立場に日本や長州を追い込めば、変革は可能だと考えていた
松陰は半ば藩を潰すつもりで、間部詮勝の暗殺をぶちあげたのかもしれない


前巻 『幕末バトル・ロワイヤル』

花の生涯〈上〉 (祥伝社文庫)花の生涯〈上〉 (祥伝社文庫)
(2007/04)
舟橋 聖一

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。