【配信】『Gのレコンギスタ』 第24話 「宇宙のカレイドスコープ」

艦隊の目的はレコンギスタである!


<第24話 宇宙のカレイドスコープ>

フルムーンシップのジット団と手を組んだキャピタル・アーミーに対し、アメリア艦隊ドレッド艦隊が共闘を図る。それに対してマスクは合流する宙域にミノフスキー粒子を撒き、とまどう両艦隊にジット・ラボから提供されたMA・ユグドラシルを迎撃させる。圧倒的火力を見せるユグドラシアに対し、ベルリたちは果敢に攻撃を仕掛けるが……

冒頭でアイーダ法王を送迎し、クリムミックに今までの独走を素直に謝る。全面戦争へ向かう各陣営に対し、彼女はあくまで政治」での解決を目指す
姉としても、傷ついているベルリに「カーヒルのことは忘れていいわ」と伝え、フォローを忘れない
対ユグドラシルでは、フルドレス装備を生かして珍しく活躍。今回はすべてにおいて輝いていたが、結末には過酷な運命が……

「ベルリと友達になれないか」と聞くマニィに、マスクはとうとう本音を吐いた
支配階級のベルリに対し、マスクはクンタラである劣等感から憎悪をたぎらせる。被差別階級の彼からすれば、階級上昇の手段は軍隊しかなく、それを梃子にして革命を狙っている。こうした憎悪は傍から見れば手前勝手で、観念的だったりするが、集団となれば体制を転覆する力となる
ちょうど実家で昔の文藝春秋を広げていたら、小林秀雄の評論ヒトラーを扱っていた。『マイン・カンプ』を「個人の憎悪しかない」とし、「本当の悪魔に裏の顔はなく、仮面しか持たない」と評していたが、マスクは本当にマスクだけになってしまうのだろうか
マシュナーがロックパイの復讐を言い出したり、クンパ大佐が好戦的なアーミーを嘆いたりと負の連鎖が回り始めた。本当にどうなってしまうことやら


次回 【配信】『Gのレコンギスタ』 第25話 「死線を越えて」
前回 【配信】『Gのレコンギスタ』 第23話 「ニュータイプの音」

ガンダム Gのレコンギスタ  9(特装限定版) [Blu-ray]ガンダム Gのレコンギスタ 9(特装限定版) [Blu-ray]
(2015/08/26)
石井マーク、嶋村侑 他

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
SF (23)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。