【配信】『Gのレコンギスタ』 第23話 「ニュータイプの音」

名前で勝てたり、生き残れたりします!?


<第23話 ニュータイプの音>

三つ巴の戦場に、ジット団のフルムーンシップが飛び込んだことで、それを巡る争奪戦が始まった。メガ・ファウナは養父であるスルガン総監にアメリア軍に合流するように命じられるが、アイーダは拒否し独自行動をとることに。ベルリたちはフルムーンシップとの接触を目指すが、慣れないビーナス・グロゥブのパイロットが戦場に吸い寄せられてしまって……

クライマックスへのカウントダウンが始まった
とにかく情勢が複雑なので、冒頭に説明台詞があっても分かりづらい。各勢力の戦艦名を事前に予習しておいたほうがいい(マスク部隊=ブルゾン、ドレッド艦隊=クノッソス、天才=サラマンドラ)
前回、ベルリがウィルミットと会ったように、今回はアイーダがグシオン・スルガンへ別れの挨拶を送る。以後、メガ・ファウナは独自行動をとるわけで、本来はアメリア人のクルーたちが議論する場面があってもいい
またクンタラのマスク部隊とジット団がともに世界の棄民であるとして結びつくのも、視聴者を納得させるためにワンクッション欲しい。2クールの罪である

G-セルフの実力から、なるべく不殺を心がけるベルリだったが、味方を守れなかったことを引き金にロックパイを撃破してしまう
客観的にみると、G-セルフの性能はロックパイのガイトラッシュを上回っていたわけで、彼のタガが外れてしまったようにも思えた
確信的に人を殺したためか、ベルリは全身に寒気を感じてしまう。ニュータイプの音とは、人の命が消える音……
宇宙世紀のニュータイプが早々に体験することを、ベルリはG-セルフという圧倒的な機体のおかげで(デレンセンという機会はあったとはいえ)回避してきた。そのため、高い立場から不殺の志を守ることができた
しかし、戦争の長期化からMSの性能がG-セルフに迫ったために、ついに対等に近い立場で命のやり取りをすることとなった。もはや少年の純粋な世界観は失われ、不安と混沌の世界と直に接するのだ
その上でベルリは今までのように歩めるのだろうか
救いを感じたのは、ロックパイの恋人であるマシュナーが憎悪に狂うのではなしに、悔恨としてその死を捉えたこと。負の連鎖を止めるきっかけとなるのかもしれない


次回 【配信】『Gのレコンギスタ』 第24話 「宇宙のカレイドスコープ」
前回 【配信】『Gのレコンギスタ』 第22話 「地球圏再会」

ガンダム Gのレコンギスタ  8(特装限定版) [Blu-ray]ガンダム Gのレコンギスタ 8(特装限定版) [Blu-ray]
(2015/07/24)
石井マーク、嶋村侑 他

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。