『資本主義の終焉と歴史の危機 』 水野和夫

近代の延命策を非難しつつ、しばらくそれしかないとか


資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)
(2014/03/14)
水野 和夫

商品詳細を見る


歴史的低金利は資本主義の死を意味する!バブル多発の原因を究明する
本書は『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』などの認識を踏まえた上で、金融バブル崩壊に対する先進国の財政出動が無効であると指摘。近代の成長神話を脱しなければ、低金利でバブルが繰り返され、中間層が没落して民主主義を危うくするとする
21世紀の低金利を16世紀のイタリアで現れた「利子率革命」、新大陸発見による「空間革命」と結びつける持論は卓見で、資本主義の本質が需要の先食いである以上、“最後のフロンティア”アフリカが開発されることによって現状のグローバル資本主義が終わるのは確かだろう
ただ例によって、この著者は話が遠大すぎる(苦笑)
「シェール革命によってアメリカが近代主義をやれるのは、たかだか100年くらい(!)です」とか、孫の代までもつなら政治的には正解ではないのか
自身も「脱成長」のモデルを提示できず、それを見つけるまで資本主義の破綻を防ぐために延命しかないとするなら、現実の政策を批判しえないだろう

内容的には著者が過去に訴えてきたものと大きく重なるのだが、以前と違うのは新興国の経済と将来に対して悲観的で、EUの試みも金融危機から失敗と位置づけるところだ
中国が「世界の工場」となったように、欧米の覇権がBRICsを中心としたユーラシア大陸に戻るという視点はもてはやされてきたが、著者によればそこまで期待できないという
原因は欧米の金融政策であり、歴史的低金利から新興国に流れ込む資金は必要量のゆうに数倍以上に到っている。そのため中国では、入居者が見込めないマンションが建てられるなど、設備投資の過剰が歴然としている
経済低迷から先進国の消費が落ちるのも痛く、先進国向けの製品を作る新興国はそのはけ口を失って莫大な在庫を抱えることになる。そして、こうした製品を捌けるほど、新興国の国内市場は充実していない
そのため新興国は過剰投資の整理=リストラに追われざるえず、中国のバブルは必ず弾けると断言する
進みすぎた金融技術とグローバル化は、世界の需要を先食いし続け、その余りのスピードからフロンティアをあっという間に食い潰してしまうのだ

EUに関しては、英米の「海の帝国」に対する、仏独の「陸の帝国」とする
カール大帝以来、ヨーロッパ統一は政治的悲願であり、ときには経済的利害を乗り越えて加盟国を増やしてきた。その精神は国と民族の「蒐集」(=コレクター)であり、それはまた資本主義の精神にも通じるものがあるという
そもそもヨーロッパの起源はローマ帝国にゲルマン民族などが登場したことであり、彼らが贅沢をするにはローマ人に奴隷を供給しなければならなかった。つまり、絶えず戦争を続けて奴隷を集めなければいけなかった
著者は、豊かな生活のために「奴隷」を求めるのが、ヨーロッパの精神&資本主義の本質という。EU内では、それがギリシャとなり、アメリカではサブプライム層、日本では非正規社員がそれにあたるという
なぜ20世紀の資本主義が上手く行ったかというと、15%の先進国が85%の途上国から資源を安く買い上げ、製品を高く売れる環境にあったからで、新興国の先行きが微妙なのもこの15%枠が崩れるから。グローバリゼーションとは、世界が先進国ばりの生活ができることではなく、ウォーラーステインでいう<中央>と<周辺>を組み換えることに過ぎない
絶えず食い物にする人間を見つけないと、資本主義は成立しないというのだ

ただしこの議論、下流の一員である管理人からすると、ひとつ抜けている。テクノロジーの進歩だ。派遣を転々としていれば搾取はとうぜん感じるものの、同時に世の中が便利に暮らしやすくなったと思える瞬間もある
馴らされたと言われればそれまでだが、イギリス産業革命の労働者は賃金が伸びずとも、技術革新で生活のコストが下がったことで相対的に豊かになったのだ(→『大英帝国』長島伸一
あまり悲観的になりすぎるのも良くないだろう
ただし、資本の暴走が実物経済をかき回す事態はたしかに異常で、時代にあった雇用体系の見直しもしっかりやって頂きたい
本書では直接触れていないが、経済が行き詰ると戦争でむりくり需要を作るのが人類の歴史であり、不幸にもそれが効果的だった(朝鮮戦争とかさ)。戦争を必要悪と言い切る悪役とか富野作品にも出てくるけど、現実的にそれを退ける仕組みと知恵が必要なのだ


関連記事 『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』
     『大英帝国』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。