『捨て童子・松平忠輝』 隆慶一郎

秀忠さん涙目


捨て童子・松平忠輝(上) (講談社文庫)捨て童子・松平忠輝(上) (講談社文庫)
(1992/11/04)
隆 慶一郎

商品詳細を見る

捨て童子・松平忠輝(中) (講談社文庫)捨て童子・松平忠輝(中) (講談社文庫)
(1992/12/07)
隆 慶一郎

商品詳細を見る

捨て童子・松平忠輝(下) (講談社文庫)捨て童子・松平忠輝(下) (講談社文庫)
(1993/01/07)
隆 慶一郎

商品詳細を見る


家康の六男・松平忠輝は、容貌怪異なことから捨て子同然の扱いを受けた。幼年から異常な身体能力と武芸の才から“鬼っ子”と畏怖されつつ、その純粋さから傀儡子など流浪の民の信望を一身に集めていく。やがて父・家康とのわだかまりも解け、越後福嶋75万石の大大名となるが、その出来すぎが次期将軍・秀忠の嫉妬と恐怖を招き、大久保長安の擁立計画など様々な思惑に巻き込まれていく

実に痛快な小説だった
なにせ主人公・忠輝(辰千代)は、七歳にして一流の忍者と互角以上に渡り合ってしまうのである(爆
それを封じられるのは、師匠である奥山休賀斎ぐらいで、長年腕を磨いた武芸者たちをバッタバッタとのしていく。もう、前田慶次もびっくりですよ
しかし、物語の大筋は荒唐無稽ではなく、史実の忠輝を踏み外さずに歩んでいく
忠輝を超人設定にした理由は、単に活劇を見せたいだけでなく、表の歴史との整合性を崩さずに動き回らせるためなのだ
そうした圧倒的虚構を据えたおかげで、大陸からの渡来人で鉱山にも詳しい鋳物師、山の狩猟民“山窩”を祖とする傀儡子といった“道々の者”や、穏和なフランシスコ会のキリシタンと、江戸の体制に圧殺され歴史から消えた者たちの生き生きとした姿を見ることができる
その割りを食って、秀忠と柳生宗矩がケチョンケチョンにやっつけられてしまうが、ここまで勧善懲悪も徹底すれば清々しいというものだ

“道々の者”もさることながら、フランシスコ会の活動も目を見張るものがある
秀吉政権下でキリシタン弾圧が進む中で来日した彼らだったが、1603年ルイス・ソテーロが家康に謁見したことでその活動が認められる
彼は伊達政宗の知遇を得て、東北地方での布教に専念し、政宗の長女・五郎ハ姫も洗礼を受けていた。五郎八姫はその後、松平忠輝の正室となったため、彼女を中心とするキリシタンとの交際が忠輝改易の原因になったとも言われる
作中では慶長遺欧使節団の動機について、見事に傾いているが(苦笑)、家康はさかんに朱印船貿易を進めており、九州の大名が東南アジアに船を出すように、政宗がメキシコに期待するのも自然なことだろう
ただし、家康は新教国イギリスのウィリアム・アダムスから警告を受けて、カソリックの布教に慎重になったのに加え、スペイン側も北大西洋の航海技術を国家機密として譲らなかったことからご破算となった
しかし、宣教師から鉱山技術を習得したとおぼしき大久保長安、その後ろ盾を受ける忠輝、舅である伊達政宗が信徒のネットワークでも結びつき、大坂の陣に明石全登のようなキリシタン武将がいたとなれば、その潜在的実力は相当なものだったはずだ

解説にもある通り、忠輝から見た家康を描いた小説でもある
秀忠に将軍職を譲った家康は、駿府に腰を据えて院政を始める。ただし、秀忠と江戸の側近たちも徐々に自立していき、側近同士の暗闘へと発展した
秀忠側は武将としての実力と人望を兼ね備える大久保忠隣と、彼が引き立てた大久保長安で、家康側が本多正信・正純父子が代表格。収賄事件をきっかけに大久保派が優位に立つが、長安が死去して生前の金満ぶりから罪に問われると、寄親の忠隣も巻き添えで改易された。作中でもオリジナルキャラの活躍でアレンジされてはいるものの、この二頭体制下の軋轢が詳しく描かれている
忠輝の改易も小説では秀忠の嫉妬と柳生宗矩の暗躍が目立つが、本多父子の難癖がきっかけのようだ(因果は巡るもので、恩人でもある忠隣を粛清に追い込まれた秀忠は、本多正純宇都宮釣り天井事件で改易してしまう)
本書は作者が最後に完成した長編だったが(シリーズ未完が多い)、実は続編の構想があったらしい。忠輝は92歳(!)まで生きていたわけで、作者の死が惜しまれる


【シングルカード】【戦国大戦】1590) 五郎八姫(狂射の采配) 伊達家 R 戦国大戦 [おもちゃ&ホビー]【シングルカード】【戦国大戦】1590) 五郎八姫(狂射の采配) 伊達家 R 戦国大戦 [おもちゃ&ホビー]
()
戦国大戦

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。