【配信】『Gのレコンギスタ』 第20話 「フレームのある宇宙」

僕は月を飛び出してきたんだぞ…! 何だよ、これ!?


<第20話 フレームのある宇宙>

フラミニアに注射を打たれ、G-セルフを強奪された。ジット団はクレセント・シップを制圧し、ビーナス・グロゥブの首都ロザリオ・テンへ向かう。地球帰還作戦「レコンギスタ」を迫るためだ。油断する彼らに対し、メガ・ファウナはG-セルフの奪還とジット・ラボへの強襲をはかる

前回のラストで薬物注射で気絶させられたベルリは、そのままメガ・ファウナに置き去りにされていた
エースパイロットの身柄を押さえないのは、重大な手落ちなんだけど、そもそもG-セルフの確保がフラミニアの目的。連れ去る余裕もなければ、ジット団自体も巨大な輸送船を制圧するのが精一杯なので、ご都合というよりあんがい妥当な線なのだ
親の形見を奪われたベルリはフラミニアたちに怒りを爆発。MSの指で宇宙に放り出すという、Vガンのネネカ隊を彷彿とさせる凶行に及んだ(笑)。ふつうに考えれば、宇宙服の中は血だるまですよ
G-セルフとジット団の戦いは、お互いタブーは破らないことを期待しつつ、自分だけ破って優位に立とうしてエスカレートしていく
次回は地球では見られなかった水中戦か。たまげたなあ

今回でジット団の正体がだいたい掴めた
彼らは金星圏にいる過激派で、地球帰還作戦「レコンギスタ」をビーナス・グロゥブ政府に迫るのを政治目的とする。地球人を「クンタラ」するという、スペースノイド中心の選民主義者なのだ
メガ・ファウナに潜入したフラミニアはそこまで強硬派でもないようだが、隊長のキアは、地球人を「虫」にすら喩えるレイシストで、クレッセント・シップの艦長を「人間爆弾」にするなどテロも辞さない
しかし、そんな彼らもただの人間に過ぎないことが早々に暴露される
クン・スーンが無防備な人を撃てないと悔しがり、キアはコロニーから“海”が漏れたことを「あってはならないこと」と呻く。特にキアの場面は、アクシズを止めようとするネオ・ジオンのパイロットを思い出した
ビーナス・グロゥブの人々も宇宙に住める技術を持ちながら、地球を模した場所を作ってしまったわけで、Gレコでは人間の根底にある欲望は、どこにいてもどんな立場でもさほど変らないことが強調されている


前回 【配信】『Gのレコンギスタ』 第19話 「ビーナス・グロゥブからの一団」

ガンダム Gのレコンギスタ  8(特装限定版) [Blu-ray]ガンダム Gのレコンギスタ 8(特装限定版) [Blu-ray]
(2015/07/24)
石井マーク、嶋村侑 他

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。