『太平洋戦争と十人の提督』 上巻 奥宮正武

航空隊から見た太平洋戦争

太平洋戦争と十人の提督〈上〉 (学研M文庫)太平洋戦争と十人の提督〈上〉 (学研M文庫)
(2001/09)
奥宮 正武

商品詳細を見る


帝国海軍は太平洋戦争をいかに戦ったか。元航空隊の参謀が分析する各海戦
著者は第四航空隊参謀として、ミッドウェイ、アリューシャン、ガナルカナルなどに関わり、大本営の海軍参謀として終戦を迎えた奥宮正武。戦後はその経験を買われ、航空自衛隊の要職を歴任した第一人者だ
本書は開戦そのもの是非をさておいて、なぜ戦争がああいう経過を辿ったのか、太平洋戦争の推移を“空軍”の立場から明らかにしていく
空母の航空隊から這い上がった人なので、「機動部隊」への思いが強い。その反面、陸軍には厳しく、陸軍の航空機が大陸の戦争しか想定しておらず、海の上では使い物にならないと事あるごとにこき下ろす(苦笑)
そのため完全な海軍の戦史となっているものの、戦争の命運を握ったのが航空機であるとするならば、正しい視点と言わざる得ない

ミッドウェイ海戦を「まったくツイていなかった」で片付けてしまうが(むしろ、珊瑚礁海戦を重く見る)、それ以降の戦いにおいては手厳しい
注目すべきは、機動艦隊最後の勝利となった南太平洋海戦
ガナルカナル作戦を支援するため、連合艦隊は米軍の空母艦隊との決戦を仕掛ける
ミッドウェイの敗将である南雲中将はその戦訓を生かし、戦艦を前衛に置いて空母へ向かう敵航空機を索敵、かつ半ば囮してその目標を分散させた
この作戦は功を奏し、敵空母一隻を撃沈、一隻を大破させる。これにより、ガナルカナルに展開する米軍の空母はいなくなった
しかし、戦況は好転しなかった。多くのベテランパイロットを失ったことで日本の機動艦隊の戦闘力も大きく低下し、その後それが回復することはなかった
米軍の練度も上がり、たとえ勝っても被害が大きい消耗戦の段階に移行していたのだ
著者もガナルカナルにおいて国力の違いをひしひしと感じる
アメリカは卓越した土木技術で損傷した飛行場を素早く復旧するし、LST,LCIといった揚陸艇を配備し、物資や兵器を迅速に運び込んだ
対する日本軍は優れた商船隊を持っていても、軍事的には港のある場所にしか活用できず、占領した島に揚塔施設を作る能力を持っていなかった。ガナルカナル島の悲劇は、単に作戦指導の問題だけでなく、技術水準の差がもたらしたものでもあったのだ
これはたとえミッドウェイで大勝したとしても、埋められるものではない
そもそも日本の陸軍は大陸の戦場しか想定しておらず、南方の島に上陸する準備など一切考えられていなかった。まったくもって戦争準備が足りていない
「南太平洋海戦」以降、機動部隊が輝きを取り戻すことはなかった。艦上のパイロット達は基地航空隊に移され、その地域の防衛に忙殺されたからだ

そもそも航空機が艦艇を沈めるには、物量がいるらしい
真珠湾、マレー沖の海戦でも、戦艦を沈めるのに過剰とも思える数の攻撃機が投入され、ようやく戦果を上げた。たとえベテランパイロットでも、急降下爆撃、雷撃で命中させるのは容易ではないのだ
熟練兵が払底した「南太平洋海戦」以降、パイロットの報告と実際の戦果に驚くべき差が生まれていく。補充された新兵が艦艇に対する知識がなく、経験不足から海上で燃える飛行機を船と見間違ったためだが、その落差には乾いた笑いを浮かべてしまう。もし報告どおりなら、米海軍は壊滅している
戦果を評価する側も、航空隊の実際を知らないから、期待半分で信じてしまう
指導部のそういった認識は、“最後の艦隊決戦”「マリアナ沖海戦へもつながっていく
この海戦では、世界的にも長距離飛行が可能な艦上攻撃機「彗星」をもって、いち早く索敵し、米艦載機が届かない距離からのアウトレンジ戦法が採用された
しかしアウトレンジ戦法には、重大な欠陥があった。まず索敵機の報告する敵艦隊の位置にかなり誤差が生じる可能性、そして、行き帰りする間に敵艦隊の移動すること、さらに長距離飛行により、搭乗員が疲労しきってしまうこと
実際には攻撃隊発進直後に、空母「翔鶴」「大鳳」が米潜水艦の攻撃で撃沈し、戦果の確認すらできない状態に陥ったのだった
この敗戦で事実上、連合艦隊は壊滅した。現場を知らない机上の空論が招いた悲劇だった
下巻では、「マリアナ沖海戦」以降の戦いと各司令官の人物評があるようだが、連合艦隊の興廃は上巻で描ききられたと思う。これ以上、いったい何が語られるかというと……


次巻 『太平洋戦争と十人の提督』 下巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。