『機動戦士ガンダムUC 5 ラプラスの亡霊』 福井晴敏

5巻『ラプラスの亡霊』を、土日で一気読み。決して読みやすい文体ではないけど、文字が大きいのは助かる。コミックの棚においてあるだけに、余り本を読まない人にも配慮してあるようだ。文字が大きいと巻数も稼げるというのもあるのかな


機動戦士ガンダムUC (5)    ラプラスの亡霊 (角川コミックス・エース (KCA189-6))機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊 (角川コミックス・エース (KCA189-6))
(2008/07/26)
福井 晴敏

商品詳細を見る


前巻でリディはミネバを連れ、地球に下りることになる。リディは初代首相を輩出したマーセナス家の御曹司。彼女を自分の屋敷に匿うことにする
機体を勝手に動かして離脱するなど、軍法会議ものだけど、一族の政治力と軍部内の派閥争いからどうにかなりそう。それだけ、「ラプラスの箱」の価値は計り知れないということでもある。リディの親父ローナンは息子にその秘密を語ったようだが・・・
ミネバの方はリディの恋人として扱われている。正体はローナンと一部の軍人しか教えていないよう。後援者の婦人たちのパーティにも出ていく
彼女の気持ちもリディに寄っていくんだけど、なんとなく元の鞘に収まるのが分かってしまう感じ。余り、この作者に色恋を期待してはいけないか
しかし、ミネバはパーティで顔売っていいのだろうか(笑)。査問前のリディも人前に出てられる身分かい!

バナージの方は、ネェル・アーガマで鬱屈。マリーダを殺しかねなかったことで、ユニコーンに乗ることに恐怖を覚える。それをマリーダは励ます。彼女はいつのまにか、バナージの姉さんポジションについたようだ
この巻で親父ポジションについてしまうのが、ダグサ。戦いをためらいだしたバナージに、厳しい現実を教えつつ、その心情を大事にしたいと親心が芽生える。ただ、ダグサに犠牲的行動をとらせるには、その過程が弱く感じる
何か急に仲良くなって、不自然。イージスの仙石と行の場合には、「絵」という共通の趣味があったりして、丁寧に近寄っていく過程を描いていたけど、このケースに関しては違和感あり

衛生軌道上の戦いはさすがの迫力。特にフロンタルとバナージの一騎打ちは手に汗握る
その戦闘のBGMには、初代首相リカルドの演説が流れる。これはダカール演説のオマージュなんだな。こう来るか
フロンタルによるシャア台詞のオマージュもあるが、これはいらないなw
ユニコーンの暴れっぷりは凄い。シュナンジュは、サイコミュ兵器を使っていないから助かっているのか
そして離脱しそこねたバナージはそのまま、大気圏突入。ここらへんの描写は、よくできたアクション映画のようにハラハラさせる。心のどっかで「どうせ助かるだろ」と思ってしまうわけだけど、ここでは「誰が彼を助けるのか」というところもあって惹きつけられた。ここの、もって行き方はうまい
福井さんはよほどアクション映画が好きなんだな


次巻 『機動戦士ガンダムUC 6 重力の井戸の底で』
前巻 『機動戦士ガンダムUC』


バナージがユニコーンに乗るのを嫌がるのは、自然な感情だ。歴代主人公たちも戦闘で人を殺す葛藤に悩まされてきた
ただ、バナージと歴代主人公で違うは、危機意識の違いだ
ファーストでは「ガンダム」は作中、別格の強さを誇りながらもあくまで兵器だった。一つ手加減すれば、自分や味方がやられると乗り手は肌で感じて戦っていた。Ζも同様だ。だから、戦闘中に手加減するという発想は出てこない。生き残るために必死なのだ
一方、ユニコーンは圧倒的な性能の、スパロボ的な存在だ。NT-Dモードに入ってしまった時、敵う相手はいない。そこから「僕がうまくやれば、誰も殺さずに済む」と言える余裕が出てくる。そうできたらそれにこしたことはないけど、それは相手より高みから見下ろした視点でもある
ダグサとバナージの齟齬は、前者と後者のそれと解釈できなくもない。
こうしたガンダム、主人公の組み合わせはどちらかと言うと、UC世紀のガンダムより種ガンダムに近い。主要人物が偉いさんの御曹司、お嬢様なところも、主人公が技を磨くというより、精神的にキレたり吹っ切れることで強さを増すところも良く似ている
これはどうしたことだろう。ガンダム世代が自らガンダムを作ろうとする時、こうなってしまうものなのだろうか?

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。