『聯合艦隊司令長官 山本五十六』 半藤一利

映画原作のための本だったの!?

聯合艦隊司令長官 山本五十六聯合艦隊司令長官 山本五十六
(2011/11/08)
半藤 一利

商品詳細を見る


誰よりも開戦に反対した男がいた
本書は、2011年公開の映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実』のために書き下ろされたもの。あとがきによると半藤一利の談話を土台にライター兼編集者が書き起こしたそうだ
そのためか、真珠湾攻撃にいたるまでに半分以上が費やされ、そこからミッドウェー、ガナルカナル、最後の飛行とやや飛び飛びの構成となっている。ちょうど映画の作りと同じなので、意図的なものかもしれない
映画ではやや聖人君子に寄っていた山本が、本書ではカジノを出入り禁止になるほどの博打好きで、若い頃は喧嘩に鳴らすなど、明るくバンカラな側面が取り上げられている
あくまで立志伝であり、著者が想いのまま書いているので史料性は微妙だが、山本五十六の実像を知るには充分だろう

本書でクローズアップされているのは、真珠湾以前の山本五十六の活動
陸軍に押し付けられがちな戦争責任に、海軍の条約派=開戦反対派はいったいどういう努力をしていたか、疑念が出てしまうが、それに堂々と答えてくれる
山本五十六は1936年末に、米内光政・海軍大臣を支えるべく海軍次官に就任。気さくな山本の人気は高く、次官の会見を取材するために海軍省記者クラブ「黒潮会」を志願するものが後を絶たなかったという
山本は前職の航空本部長を天職と考えていたものの、ドイツとの同盟に走る世論に対し海軍次官の立場からメッセージを発していく
1938年から出る日独伊防共協定を軍事同盟に格上げする動きに対しては、米内大臣、井上成美・軍務局長とともに、明確に反対の政治姿勢を取り、アメリカとの全面戦争を招きかねない「自動参戦」の条項を論外とした
ドイツがソ連と不可侵条約を結んだことから、軍事同盟問題は一時棚上げされるが、日中戦争の泥沼から新聞・言論界すら同盟強化の声が強まる。映画でも強調されたマスコミの戦争協力は、言論が完全に統制される前から始まっていて、著者も「戦争反対がいえなかったのは、自分で太鼓を叩いていたからだ」と手厳しい
山本の努力は開戦間際まで続いた
従来の太平洋での迎撃作戦を主張する海軍中央に対し、長期戦の不可能を説き、資源地帯への南方作戦に対しては真珠湾攻撃なくしてありえないとした。これは投機的な真珠湾攻撃をチラつかせることによって、開戦の無茶を匂わせたかったのだという
また第二次近衛内閣の海軍大臣・及川古志郎に、米内光政、井上成美の再登板を要請し、著者は暗に自らを海軍大臣にしろと求めていたとも
しかし軍令部総長・伏見宮を中心に、海軍省の優位を崩して軍令部の権限を強める運動が功を奏し、陸軍ばりの課長クラスの下克上が始まって、南印進駐から戦争への道に転げ落ちてしまうのだった

立志伝なのでミッドウェー以降について、山本への直接の批判は少ない
山本は早期の和平を目指して、敵艦隊への決戦を絶えず意識しており、ミッドウェーの敗戦はその夢を打ち砕いた。空母四隻撃沈は伏せられ(一隻撃沈、一隻大破と報じられた)、国民に対する嘘の戦果、悪名高い大本営発表が始まる
ミッドウェーの敗戦後、米豪遮断のためのガナルカナル島を巡る戦いが始まると、山本もここが日本の命運を決めると督励し、判断の遅い大本営より尻目にトラック島へと進出。出発する駆逐艦や戦闘機を見送った
トラック島(日本の委任統治領)を守るためにラバウルの航空隊基地が必要で、ラバウルを確保するためにガナルカナルを押さえる必要があったのだ
結局、矢折れ力尽きてガ島を放棄することになるが、山本は駆逐艦全艦を動員し、1万6千人の将兵を救出した
その後、山本は大本営の作戦とは別に、独自の戦線縮小案を掲げて、米軍の進撃を止める「い号作戦」を計画した。この作戦は、ソロモン諸島に展開する兵士を捨石にするものであり、山本の前線視察は激励ではなく、いわばお詫びに近いものだったという。半ば死すら覚悟したものかもしれない
1943年4月18日、山本はブーゲンヒル島上空で、P-38ライトニング16機の襲撃を受けて撃墜、戦死。享年59歳


関連記事 【DVD】『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実』

山本五十六山本五十六
(2007/11/23)
半藤 一利

商品詳細を見る

↑半藤さんはもう一冊書いていた
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
SF (23)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。