【配信】『Gのレコンギスタ』 第8話 「父と母とマスクと」

マスクはルイン・リー……(今さら)


<第8話 父と母とマスクと>

マスク部隊との戦いは続く。新型のバックパック装着のため、島に降りたベルリは、アイーダの父グシオン・スルガンと出会った。マスクと互角以上に交戦するベルリに刺激され、未確認機に“突貫”したアイーダだったが、アルケインの性能に振り回された挙げ句、非武装のグライダーを撃ちそうになる始末。そして、そのグライダーの中には、ベルリの母が乗っていたのだった

みんな、やろうとすることが上手く行かないという、クネクネした回だった
アイーダのみなず、ベルリもダサい新型バックパック(大気圏用のバリアシステム?)の性能にバランスが取れず、相手のマスクも「格闘戦に持ち込むには高度を取らないと…」とマニュアル的に連呼し、ダミーの戦艦にパニック(笑)を起こしてしまう
マスクはこの作戦でクンタラ部隊の半数を失ってしまったようだ
キャピタル・アーミーの戦艦には、恋人マニィが補充兵として乗り込んできて、マスクの正体を見抜く。彼女はマスクとして復仇を果たしたいというルインを応援するつもりのようだが、どういう立場になるのだろう。ベタにいけば親友のノレドと敵味方である

少し飛躍した展開だったが、アメリア軍総官のグシオンと、タワーの運行長官ウィルミットが顔を合わせ、背景が鮮明になってきた
海賊の持つ戦艦メガ・ファウナは、スコード教に違反して取り壊されたはずの宇宙戦艦ニック・ベースを転用したもので、アメリア軍はタブー破りを隠すために海賊部隊を創設したのだ
アメリア側の言い分としては、月でフォトン・バッテリーを運ぶ“カシイバ・ミコシ”(?)以外に謎の勢力が動き出していて、その脅威に備える必要があったとする
そして、キャピタル・アーミーの戦艦もまた、アメリアの敵国ゴンドワンから手に入れたものといい、タブー破りは世界でとっくに顕在化しているという事実が突きつけられた
ウィルミットはこの事態に嘆くのだが、このあたりはスコード教にどれぐらい強制力があるのかが分からないので、観ている側に実感が湧かない
スコード教については、早めに説明が欲しいかな


次回 【配信】『Gのレコンギスタ』 第9話 「メガ・ファウナ、南へ」
前回 【配信】『Gのレコンギスタ』 第7話 「マスク部隊の強襲」

ガンダム Gのレコンギスタ  3(特装限定版) [Blu-ray]ガンダム Gのレコンギスタ 3(特装限定版) [Blu-ray]
(2015/02/20)
石井マーク、嶋村侑 他

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。