【配信】『Gのレコンギスタ』 第5話 「敵はキャピタル・アーミー」

守りだけでは勝てないからー!


<第5話 敵はキャピタル・アーミー>

ベルリ救出を口実にクンパ大佐は、キャピタル・アーミーの行動を活発化。新型MSまで動員して海賊部隊を追う。その一員には、謎のマスクを被るパイロットがいた。海賊部隊にも、ミック・ジャックが新型MSを持ち込み、続々と戦力が増強された。ベルリは、クリム・ニックの露骨な勧誘を受け流しつつ、ノレドたちと脱出の機会をうかがうのだが…

冒頭にベルリの母ウィルミットが、アーミーの伸張を見て海賊以上にスコード教のタヴーを破るものと憂える
そのアーミーは宇宙からの脅威に対応するために結成されたと言われ、その対象がトワサンガではないかとされる。ベルリの語る一般常識では、トワサンガはフォトン・バッテリーの源ともいえる宙域(?)で、スコード教の聖地だとされているが、海賊たちはそれを信じていない
しかし一方で、G-セルフはトワサンガで作られた可能性が濃厚で、乗っていたラライアがその真相を知っているはずなのだ
その彼女はクリムになついたらしく、髪の毛を引っ張ったりして遊んでいるが(笑)

クリムのモンテーロマスクのエルフ・ブルックの対決では、大いに笑わせてもらった
自称天才と仮面先輩(あっ、言っちゃった)は、両者とも優秀なパイロットであると同時に、ネタの宝庫なのだ
エルフ・ブルックに合掌させての指ビーム攻撃で、先輩は「海賊、死ねよや~」と叫んだように聞こえたが、どうだろう
第5話はクリムにとって最大の厄日。モンテーロの頭をもがれ、違う場面ではベルリに腕関節をとられるなど醜態をさらしてしまった
完全にみんなのおもちゃ状態となっているが、復権の時は来るのだろうか

ベルリはベルリなりに、アイーダと向き合おうとするが進展なし
アイーダは艦長に促され、“お姫様の義務”として艦を救ったお礼を言うものの、後ではカーヒル大尉を殺した相手に頼らなくてならないと涙、涙
恋人を殺したという溝が余りに大きすぎるし、カーヒル大尉との関係をベルリはまるで知らないのだ。ベルリくんの穴のない出自、能力もこの事実の前には役に立たない


前回 【配信】『Gのレコンギスタ』 第4話 「カットシー乱舞」

ガンダム Gのレコンギスタ  2(特装限定版) [Blu-ray]ガンダム Gのレコンギスタ 2(特装限定版) [Blu-ray]
(2015/01/28)
石井マーク、嶋村侑 他

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。