【配信】『Gのレコンギスタ』 第3話「モンテーロの圧力」

G-セルフというものは、奪われつつあります


<第3話 モンテーロの圧力>

G-セルフアイーダ、ラライア・マンディは、クンパ・ルシータ大佐によって調査部に引き取られた。アイーダに会いたくて仕方ないベルリは、運行長官である母親を介して大佐のもとを訪れる。一方、カーヒル大尉の死に衝撃を受ける海賊部隊に、謎の青年クリム・ニックが到着、青いMSモンテーロでアイーダ奪還へと向かうのだった

少々、説明台詞の多さが気にかかる回だった
いつもベルリに引っついて回るノレドは、距離は近いが恋人未満。というか、ベルリから女性として見られていないようで、食い下がっても「黙れええ」で済まされる
ベルリの弾き方も決然としているから、いわゆる草食男子ではない。外柔内剛で、けっこう印象が変わった
襲撃騒ぎの中、ベルリたちとアイーダ、ラライアの合流の仕方、G-セルフの乗っ取り方が強引ながら、大佐がわざと逃がしたフリがあれば、まあ整合性は取れている。捕虜を連れ出して陣営をまたぐには、多少の飛躍、偶然が必要だ
しかし説明台詞の多さは、状況の複雑さだけで納得できない。視聴者の感覚を読み間違えたのではないだろうか。コンテの出来がいいから各場面が見た目で把握でき、説明台詞がいらなかったという、なんとも皮肉な話である

モンテーロのパイロット、クリム・ニックは、ベルリ同様の天才くんで、ナルシズムはそれ以上!
「落ちろ、蚊トンボ!」発言の直後にデレンセン大尉にいっぱい食わせられるあたり、偽天才の疑いもなくもないが(苦笑)、アメリア大統領の息子という経歴から、Gレコの世界を大いに振り回してくれそうだ
今回で、国籍不明の海賊部隊が事実上、アメリア国の独立部隊ではないか、と発覚し、クリムの「タワーはアメリアの拠点になる」という台詞から、キャピタルとアメリアの戦争になりそうな見通しが立ってしまった
となると、問題はアイーダが「誰にとっての姫」かということ。さすがにこのまま、アメリアの傀儡でしたということもないだろう
そのほか、デレンセン大尉が、有名な志願兵ポスターのパロディ「I WANT YOU」を引き裂いて出撃するなど、歴史から引用されたネタもあり。こういうのは好物です


次回 【配信】『Gのレコンギスタ』 第4話「カットシー乱舞」
前回 【配信】『Gのレコンギスタ』 第1話「謎のモビルスーツ」 第2話「G-セルフ起動」

【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ  1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]
(2014/12/25)
石井マーク、嶋村侑 他

商品詳細を見る

HG 1/144 ガンダム G-セルフ (大気圏用パック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)HG 1/144 ガンダム G-セルフ (大気圏用パック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)
(2014/09/20)
バンダイ

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。