『関ヶ原』 中巻 司馬遼太郎

三成は主人公というか、ピエロというか

関ヶ原〈中〉 (新潮文庫)関ヶ原〈中〉 (新潮文庫)
(1974/06/27)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


前田利家は死に、石田三成も奉行の職を解かれた今、家康は豊臣家の大老として君臨していた。太閤の遺訓を無視し、伏見城から大坂城へ移って政事を壟断する。島左近は勝つには家康の暗殺しかないとするが、三成は堂々たる合戦で破るとして盟友・直江兼続の上杉家と連携をはかる。しかし、家康はその策を逆用し、天下取りの大兵を集めようとするのだった

徳川家康と石田三成の暗闘は続く
宇喜多家の内紛では、西軍の大将格である秀家を守ろうと家康の股肱・榊原康政を巻き込んだ調停に入るが、これが裏目。家康主導の調停が成り、宇喜多家の不満分子を家康が吸収することに
三成は吏僚であって本質的に策士ではないので、頭は回るけど計略では後手を踏んでしまう
上杉家を蜂起させ家康が大坂を留守にしている間に挙兵する策も、親友の大谷吉継に「負けるぞ」と決めつけられる始末で、結果は分かって読んでいるとはいえ先行きが暗すぎる(苦笑)

家康の上杉討伐に続き、三成が挙兵したことで他の大名もどちらにつくかを迫られる。その悲喜こもごものドラマが面白い
真田家に関しては、昌幸が西軍についたことを不思議に思っていたが、本作で納得した。まず次男・信繁(いわゆる幸村)が、大谷吉継の娘を嫁にもらい、秀吉から豊臣姓をもらう恩顧の武将であったこと
信繁は大坂の人質時代に秀吉に可愛がられ、朝鮮出兵では馬廻り衆の一人となっていた
徳川家とは旧武田領を巡る遺恨もあり、秀吉からは家康に対する楔として真田家は期待されていたのだろう
とはいえ、一番納得したのは、昌幸がその才能のわりにわずか六万石の所領しか持ってなかったことだ。勝てば信濃・甲斐がもらえる話を鵜呑みにしたとは思わないが、家中全体に大勢力に抑え込まれ続けた鬱憤が溜まっていたのかもしれない

家康に従うつもりが、遅れたために西軍につくはめになった大名も多い
その代表が島津家で、家康からもしものときは伏見城を守って欲しいとの話がまであった
しかし、いざ島津義弘が伏見城に入ろうとすると、守将の鳥居元忠から入城を断られ鉄砲で追い払われる始末。家康の話はあくまで喩え話だったのだろう(笑)
ともあれ、九州最南端に位置し、方言も独特なことから諸大名との交友が少なかったせいで、情報戦で後れを取ってしまったのだ
こうした経緯があったせいか、単に敵に回したくなかったのか、戦後はなぜか本領安堵となった。島津家はこれを戦訓として明治にいたるまで上方・江戸の情報収集を重んじるようになったらしい
そのほか、東海道の中小大名、堀尾忠氏と山内一豊のコントのような逸話など、こぼれ話が微笑ましい。黒田官兵衛の話は講談そのままだったりと、イコール史実とはいえないが人間くさい小噺はさもありなんと納得させられる


次巻 『関ヶ原』 下巻
前巻 『関ヶ原』 上巻

関ヶ原関ヶ原
()
アートディンク

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。