『泣き虫』 金子達仁

コールマン戦には触れてません

泣き虫泣き虫
(2003/11)
金子 達仁

商品詳細を見る


高田延彦はどのような思いで戦ってきたのか。新日本プロレス、UWF、UWFインター、そしてPRIDE、インタビューから書き起こされた半生の記録
本書は2002年、総合格闘を引退することを契機に、サッカーなど雑誌連載で知られる金子達仁インタビューなどを元に書き下ろしたもの
門外漢ともいえるライターに委ねたのは、今さらではあるものの、プロレスはやる前から結末が決まっていること、UWFインターですら一部を除いてそうであったことを大っぴらに明かしているからだ。まとめた著者も部外者なら角が立たないからだろうと、口をこぼしている
そのときの立場でPRIDEのガチさを称える内容ではあるものの、ハッスルをやったようにプロレスが嫌いなわけはない
新日本の新弟子時代、UWFでの葛藤、団体経営のしんどさ、疲労困憊のなかでの参院選立候補、敗北から目覚めたリアルファイトへの情熱、その時流した汗と涙が語られている

武藤との世紀の一戦を見れば分かるように、高田延彦はプロレスラーとして一流のセンスを持っていた。その彼が新日本プロレスを出たのはなぜか
本書では見も蓋もない光景が出てくる。新日で師匠的存在だった藤原喜明が、割り箸の倒れる方向で新日本に残留かユニバーサル(UWF)への移籍かを決めていたのだ(苦笑)
タイガーマスクの後継者として「青春のエスペランザ」と言われた高田も、大先輩の藤原を断れる立場になかった。ただし、前田日明、藤原への尊敬の念新日本プロレスが最強の格闘技を語るわりに実態はブックありきだったことへのジレンマから、裏事情を知らない高田は猪木に後ろめたさを感じつつも前向きに考えた
夜逃げ同然に新日本の道場から抜け出し、そのときにはデビュー前の橋本真也に荷物の積み込みを手伝わせている。事と次第によっては橋本がUWFにいる可能性もあった
UWFはフジテレビを媒体に猪木が来る予定で作られた団体であり、目論みが崩れた後に現れたスポンサーが悪名高き豊田商事!
社長の刺殺事件でUWFはブームを起こしつつも、新日本への出戻りを余儀なくされる

第二次UWFが崩壊し、UWFインターで高田が目指したのは「U」を背負いつつも“プロレスだった
UWFは他のプロレス団体を敵に回していたが、プロレス業界の中でプロレスの強さを発信する方向に転換した。それでも、プロレスをガチンコを信じるファンの存在が高田には辛かった
UWFインターは「一億円トーナメント」など奇抜な企画を立てつつも、地方の興行が振るわず赤字を増やしていく。起死回生のヒクソン戦を模索したが、グレイシーの道場を訪ねた安生が失神する事件が発生する
団体の人気に傷がついたところ、高田自身も社長業との兼ね合いから悩み、迷走を始める。安生と鈴木健に参院選への出馬を勧められ、トヨタのCMを降りる形で立候補し落選
新日本プロレスとの対抗戦を組まざるえなくなり、第一戦の武藤戦に敗れたことで団体の名声は地に落ちた

UWFインター解散後はヒクソン戦の実現を目指すが、途中、タイソンとの対戦ももちあがってきた。タイソンはホリーフィールドの耳を噛み千切り、ボクシングの試合ができない状態となり、収入を維持するためなりふり構わない時期があった
高田の気持ちは揺れタイソン戦へ傾くが、ヒクソン戦のための白紙委任状を興行主に渡していたため、急遽ヒクソン戦へ向かうことに。モチベーションを削がれた高田は、ヒクソンの幻想を膨らませ、克服できないまま試合に臨み敗れる
二回目のヒクソン戦を負けはしたものの、相手に幻想を抱かず等身大の敵として戦えたとして、総合格闘技へ情熱を燃やし始める。一般人からはプロレスラーと格闘王としての地位を失墜させたように観えても、本人はリアルファイトの夢を実現させていたのだ
タイトルの「泣き虫」は言い過ぎだが、高田は決して強い人間、怪物ではない。普通に生きていれば経験するべくもない、プロレスラー、あるいは団体の長として業界の修羅場を味わった辛さは、胸に迫るものがあった
著者は書き下ろしが初めてらしいけれど、高田に寄り添い続ける文章がいい。読ませる


関連記事 『最強のプロレス団体UWFインターの真実 夢と一億円』
     【DVD】『PRIDE.1998』 PRIDE.3-PRIDE.4
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。