【DVD】『バンド・オブ・ブラザース 1』 第1話・第2話

フレンズのお兄さんは1話で更迭

バンド・オブ・ブラザース Vol.1 [DVD]バンド・オブ・ブラザース Vol.1 [DVD]
(2003/04/25)
ダミアン・ルイス、ロン・リヴィングストン 他

商品詳細を見る


第二次世界大戦で実在した部隊、第101空挺師団第506連隊第2大隊E中隊の戦いぶりを描いたアメリカのテレビドラマ
『プライベート・ライアン』のコンビ、スティーヴン・スピルバーグトム・ハンクスが制作したことが話題で、監督は各話交代なものの(第5話はトム・ハンクス自身!)、映像の作り方は映画を彷彿とされる荘重なものだった
冒頭に入る隊員の証言がドキュメンタリー性を高めつつも、汚しの演出すらスタイリッシュに見せる手法は、戦争に動員された人々への敬意を感じるとともに、一種の神話化も果たしている


<第1話 翼のために Currahee>

空挺という新しい兵科を訓練するために編成されたE中隊は、D-DAYの二年前から厳しい訓練を受けていた。隊長であるハーバード・ソベル大尉(=デヴィッド・シュマイワー)は、リチャード・ウインターズ中尉(=ダミアン・ルイス)の協力で高い評価を受けるが、その反面、ウインターズの有能さに嫉妬して食事担当に回し、その間、彼の旗下の小隊に執拗なしごきを行った。その確執はイギリスの演習にも尾を引き、ついには隊員の造反を招いた

原題のカレヒーは、ジョージア州にある山の名で、連隊は山頂へのマラソンで空挺部隊に相応しい身体を作る
悪役であるソベル大尉は、細かい軍規違反で脅し、外出禁止、罰ゲームを用意するが、旧日本軍伝統のビンタなどの体罰は取らない。隊員同士も民族、宗教絡みの喧嘩は起こしても、それほどいがみ合わない
『フルメタル・ジャケット』とは違う爽やかな軍隊の光景が広がっていて、戦争に対するスタンスの違いを感じる


<第2話 ノルマンディー降下作戦 Day of Days>

L4輸送機に乗ったE中隊は、上陸作戦の支援のため、海岸後方への降下を行った。激しい対空砲火の中、中隊は散り散りになるものの、目的地に目指しながら合流。途中、A中隊からはぐれたホール二等兵を加え、上陸する味方を援護するため、88ミリ砲の破壊へ向かうのだった

いくら格好いい映像でも、戦争は怖い
L4輸送機は片翼のエンジンをやられると簡単に傾き、引火して内部がこんがりという悲劇も。操縦士が対空砲火でやられ、なし崩し的に降下する部隊もある
E中隊も降下先が予定通りいかず、装備品の過半を失ってしまう。農家に降下して木にぶらさがったまま殺された兵士なども存在し、降下作戦の過酷さを物語っている
味方の誤射や手榴弾の投擲ミスからの大慌てはCODであるあるな光景だが、現実の戦場では目も当てられない。錯綜する実戦では、敵に撃たれる以外で死ぬ可能性もけっこうあるのだ
驚いたのが、ドイツ兵捕虜の虐殺シーン
E中隊の隊員がオレゴン州出身のドイツ系アメリカ人と意気投合した後、銃声とその驚愕の表情で表現されているだけだが、それが意味することは明らかである
捕虜を管理するには人員もさることながら、その糧食もまかなわなければならず、作戦が成功するかしないかの瀬戸際でその負担を背負うことはできない
ノルマンディー上陸作戦では、作戦中に捕虜を取らない命令が出されていて、それに準じた処分なのだが、連合軍=捕虜に寛大というイメージを覆す演出だった


次回 【DVD】『バンド・オブ・ブラザーズ 2』 第3話・第4話

関連記事 【DVD】『フルメタル・ジャケット』

バンド・オブ・ブラザースバンド・オブ・ブラザース
(2002/05)
スティーヴン アンブローズ

商品詳細を見る


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。