『夢のまた夢』 第1巻 津本陽

『軍師官兵衛』では、山崎の戦いも賤ヶ岳の戦いも数分で終わりましたが


(この画像はアマゾンアフィリエイトリンクです)

『下天は夢か』の続編とも言うべき、豊臣秀吉の天下を追った歴史小説
第1巻は信長の横死を知っての中国大返しに始まり、山崎の戦い、清洲会議、賤ヶ岳の戦いまでで、秀吉の巧みな多数派工作、外交、調略に、蜂須賀小六、前野長康、黒田官兵衛、加藤清正ら股肱の働きを細密に描いている
やや盛り上がりに欠けるのは、明智光秀や柴田勝家に対し数的優位で押し切ってしまうところで、史実だから致し方ないのだが、信長配下時代に比べ作者ののめり込み方が薄く、むしろ配下や敵武将の散り様に力が入っている
秀吉も山崎の戦い後には早くも、天下人としての野望を露わにしていて、金と知行にものを言わせた勧誘で次々と織田家家臣を崩し、自分の力へ変えていく。田中角栄は今太閤の異名を取ったが、確かに重なるものもあって、秀吉は日本の政治文化の先駆者に思える

主役の秀吉はすでに武将として成熟し過ぎて、半ば悪役である。謀略で勝てる相手がいないので、敵を次々に窮地に追い込まれて可哀想に思えてしまう
作者も同様なのか、合戦におけるマイナー武将の逸話や死に様のほうに熱が篭る
『へうげもの』にも登場した中川清秀は、賤ヶ岳の戦いでいかにも戦国武者らしい行動を取る
山崎の戦いで功があったのに、信長の近臣・堀秀政のほうが重用され、賤ヶ岳の戦いでも千人足らずの兵で激戦区に投入された。佐久間盛政の大軍に取り囲まれた時、味方の陣地へ引くこともできたのに、秀吉への意地からか激しい抵抗の末に討ち死にしてしまう
清秀は天下人面する秀吉が気に入らず、平素から呼び捨てにしていたという。信長の野望シリーズでは中途半端な能力で裏切る武将というイメージだが、誇り高き武辺者であったのだ
その清秀を討った佐久間盛政もいい逸話が載っている
盛政は賤ヶ岳の戦いの後、落ち武者狩りの農民たちに囚われたが、召抱えたいと思っていた秀吉は、農民たちは武士の真似をする無礼者として処断する。驚く盛政に秀吉は口説くが、今さら仕える気になれないと断った上で、自分を京都市中に引き回して晒し者にすれば、秀吉の威徳は四海に伝わるだろうと返したという
本当かどうかは分からないが、盛政の意地に、股肱の臣を増やしたい秀吉の事情、武士と農民の階級分化させる政策を踏まえた、いいエピソードだ


次回 『夢のまた夢』 第2巻

関連記事 『下天は夢か』 第1巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。