【BD】『ブラッド・ダイヤモンド』

ジェニファー・コネリーがエロすぎる


(この画像はアマゾンアフィリエイトのリンクです)

1999年、シエラレオネでは政府軍とRUF(革命統一戦線)の内戦が続いていた。漁師であるソロモン・バンディ(=シャイモン・フンスー)は、RUFに囚われダイヤモンド掘りを強制される。RUFに武器を売るために現地に入った傭兵ダニー・アーチャー(=レオナルド・ディカプリオ)は、ダイヤの密輸がばれて収容所に入るが、そこでキャンプから連れられたソロモンと出会う。ソロモンが巨大なダイヤの原石を隠したことを知ったダニーは、彼と組んで一獲千金を狙うのだった

シエラレオネの内戦がテーマなだけに、凄まじい映画だった
ダイヤモンドを巡る紛争をRUF側が悪者にして描かれていて(実際には政府軍も少年兵を使っている)、冒頭の襲撃では女子供を虐殺し、年端のいかない子供を手を切り落とすシーンがある
本来なら映像化されることのない、とんでもなく不快なシーンが満載なので、それを覚悟して観るべきだろう
主役はディカプリオ演じる傭兵なのだが、出だしはかなりの悪である。紛争を利用して武器を売り、その代金のダイヤを業界大手に売りさばく、まさに諸悪の根源ともいうべき存在だ
そんな彼もアメリカ人記者マディー・ボウエン(=ジェニファー・コネリー)の正義感、息子を少年兵にされたソロモンの境遇、少年兵を更生させる村長と出会い、“TIA”(=This is Africa)という現実に挑戦しようと覚醒していく
とはいえ、ダニーの心は揺れ続けて、最後までどららに転がるのかハラハラさせられた
欲望にまみれ、ときに人間的弱さをさらすディカプリオの演技には関心したが、英雄的なラストとダニーのキャラクターにギャップが残った。アメリカ人に求められる“強い男”がディカプリオの本領ではなく、それがオスカーへのネックになっているようだ
この映画に関しては、ソロモン役の人に食われている印象も強い
シリアス過ぎる内容に2時間超の長尺ながら、アフリカの美しい光景と抑制の効いたアクションなどで、まったく飽きさせない。アクションシーンの格好良さが映画の主題をぼかしているところはあるものの、紛争地の悲惨さを描ききった名作といっていいだろう

主人公ダニー・アーチャーは、旧ローデシア出身(現・ジンバブエ)で幼く両親が虐殺され、傭兵として身を立てた
彼が所属していると思われるのは、南アフリカのPMC(民間軍事会社)、エグゼクティブ・アウトカムズで、アパルトヘイト後の軍縮で失業した軍人の就職先として始まり、アンゴラやシエラレオネの内戦に介入した
映画にもあるように、RUFの攻勢を挫折させたのもエグゼクティブ・アウトカムズの展開が大きく、和平交渉後にダイヤの密輸に手を染めていた
そうした前科から1998年に南アフリカ政府によって解散させられるが、その関係者は各国のPMCに関わり、ある者は赤道ギニアのクーデター計画に手を染めたという
“This is Africa”という連鎖から抜け出せない、ダブルオーのサーシェスみたいな連中は世界に実在しているのだ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。