『軍鶏』 第9巻・第10巻 たなか亜希夫

王道対邪道

軍鶏 (9) (Action comics)軍鶏 (9) (Action comics)
(2000/08)
橋本 以蔵、たなか 亜希夫 他

商品詳細を見る

軍鶏 (10) (Action comics)軍鶏 (10) (Action comics)
(2000/11)
橋本 以蔵

商品詳細を見る


ついに成嶋亮菅原直人が激突!
第9巻では、脚本家の岡原が成嶋亮の過去を探り始め、異様な絵を残しながらもバイオリンが上手かったことを知る。小学校の担任・梶原は、「罪と罰」というキャッチコピーから亮をソーニャのいないラスコーリニコフに喩えた
一方で、死期の迫る黒川は打倒番竜空手のため、亮に武道の真髄を施すのだった
連載が長く続くと考えてはいなかったのか、この戦いがクライマックスというぐらい、作画が神がかってきている

第10巻は、最初のラウンドで亮の奇襲を凌いだ菅原が、満を持して逆襲。肉体的にも精神的にも亮を追い詰めていく。亮から空手家としての全てを奪うことが菅原の復讐であり、望月の黒川に対する回答なのだ
わざとテンカウント数えさせない菅原の意図を頼りに、亮は生き延びるが、はたして逆転の目はあるのだろうか?
この舞台を整えた岡原は、亮が処刑場に送り込んだことを悟る。彼のイメージする首つられた亮と、彼が小学校のときに書いた絵が重なるのだが、あの絵は自殺願望を表していた!?

菅原との対決が『明日のジョー』でいう力石戦のようだ。このテンションは後の長期連載が信じられないほど高い
何気にヤクザの山崎が致命傷を負い、片腕を失った藤吉といい、キャラの幕引きも整えられて、ここ数巻で終わらせるつもりで書かれているかのようだった


次巻 『軍鶏』 第11巻・第12巻
前巻 『軍鶏』 第7巻・第8巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。