『軍鶏』 第3巻・第4巻 たなか亜希夫

総合ではなく打撃系専門?

軍鶏 (3) (Action comics)軍鶏 (3) (Action comics)
(1999/03)
橋本 以蔵、たなか 亜希夫 他

商品詳細を見る

軍鶏 (4) (Action comics)軍鶏 (4) (Action comics)
(1999/06)
橋本 以蔵、たなか 亜希夫 他

商品詳細を見る


少年院を出た成嶋亮は、男娼として身をやつしていた。しかし、打撃格闘技の世界一を決めるリーサルファイト(LF)で戦う、空手家を見て眠っていた闘志に火がつく
第3巻では、男娼を仕切るヤクザから力づくで抜け出し、ソープランドで妹と同じ“夏美”の源氏名ではたらくメグミと出会う
驚いたのは、メグミがあっけなく死んでしまうことだ
亮を使うヤクザ、山崎によると、薬で完全におかしくなっているというが、あまりに唐突すぎる。構想が固まってなかったのだろうか

その後、亮は山崎に丸め込まれ、藤吉公平という目付け役をつけられる
第4巻で戦いに飢え出した亮は、師匠格の黒川健児の流派である番竜会の強豪、大滝秀治と戦う
老練な大滝の前に敗れてしまうが、大滝は実は肺を患っていて、身の上話をしているうちに吐血し、死んでしまう(えっ
その後、大滝の骨壷を拝みに来た、番竜会館長にしてLFの創設者望月謙介と出会い、亮はやがてテレビ局と組んだLFの企画に巻き込まれていくことに

大滝の突然死にはびっくりだ(苦笑)。あとから聞けば納得はするが、まるで伏線がないのである
メグミといい、大滝といい、歌舞伎町の敗者がいかなる結末をたどるか、身を持って亮に教えたということなのだろうが、まさかここまで、劇的に果てるとは思わなかった
LFは館長・望月の造形といい、K-1そのままの大会である。日本人エース菅原の彼女として、藤原紀香似の芸能人も出てくる念のいれようだ
亮と菅原はジョーと力石並みにウェイトに差がありそうだが、果たしてどういう過程でぶつかるのだろうか
まるで展開が読めない


次巻 『軍鶏』 第5巻・第6巻
前巻 『軍鶏』 第1巻・第2巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。