『モナリザ・オーヴァードライブ』 ウィリアム・ギブスン

読み返さざる得ない入り組みよう


モナリザ・オーヴァドライヴ (ハヤカワ文庫SF)
ウィリアム・ギブスン
早川書房
売り上げランキング: 307,404


抗争の激化から大物‟ヤクザ”の娘・久美子は、ロンドンへと向かう。しかし、匿ってくれるはずのスウェインが、電脳世界の一件に噛んでしまったことで、危険な街へ飛び出す羽目に。一方で、タリィ・アイシャムに変わってネット・アイドルの頂点に登り詰めたアンジィ・ミッチェルは、自身をすり替える陰謀を察知してこちらも逃亡。意識不明の‟伯爵”ボビィ女殺し屋モリィまで絡んで、マトリックスの秘密へと迫る

『ニューロマンサー』『カウント・ゼロ』に続く三部作最終巻
前作は三つのプロットが絡み合ったが、本作は‟ヤクザ”の娘・久美子、電脳空間のアイドルになったアンジィ、それに少し似てるという16歳の少女モナ、ロボットを作るジャンク屋のスリックと、四人の視点で物語が同時並行していく
さすがに四つの筋でローテーションを組まれると、読者には把握しづらいし、どうしても展開が遅く感じてしまう。前作では挨拶代わりの派手なオープニングが用意されていたものだが、本作はどれも普通に盛り上がっていくので、背表紙に書かれたような疾走感は感じられなかった
読者の性格にもよるのだろうけど、同時並行するプロットは三本が限界かなと思える
ただ展開が中盤まで渋くとも、四つのプロットが収斂する山場は熱いロボットの活躍も日本人好みだ(笑)
前作とは違い、シリーズの最終巻という性質が強く、ぼんぼん説明もなく固有名詞が飛び出すので前々作、前作の既読が望ましい。ただ解説によると、本場のファンすら引用された日本語のせいでチンプンカンプンだったというから、本作から入り謎を追って遡る読み方もありだろう

本作のタイトル、『モナリザ・オーヴァードライヴ』とは何を意味するのだろう
視点となる三人の女性、久美子、アンジィ、モナはどれも騒動に対して巻き込まれていく。自己防衛のために戦ったり、自身や世界の謎を挑んだりするものの、「オーヴァードライヴ=暴走」するわけではない
暴走する女性といえばネタバレになるが(苦笑)、騒動を起こす「黒幕」3ジェイン・アシュプールしかない
3ジェインは、電脳世界=マトリックスを作ったティスエ・アシュプール社の一族。創業者夫妻の多数いるクローンの一人であったが、前々作の事件で財閥を潰したもののマトリックスの中で生きる‟半神”となっている
電脳世界が発達した本作の時代には、擬験(スティム)」と呼ばれる素人でも簡単にスターに成りきり体験ができる娯楽が流行していて、十数年君臨したタリィ・アイシャムに代わって、前作のヒロインであったアンジィ・ミッチェルが新しいアイドルとして頂点にいる。3ジェインがその彼女に嫉妬して、抹殺しようとしたのが今回の騒動の出発点なのだ
彼女の恋人である‟伯爵(カウント)”ボビィは、アンジィを守るために身を挺して3ジェインが籠る電脳空間の箱「アレフ」を確保し、キッド・アフリカ(容貌はプリンスがモデル?)に頼んで、ジャンク屋のスリックの元にジャックインしたまま運び込まれたようだ
3ジェインの暴走は、久美子が自殺した母の秘密に迫るきっかけを与えていて、騒動の外側にいる彼女の問題を上手く解決させている

物語のオチについては、リアルより「電脳世界」が上位である世界観に忠実なものだった
第一作『ニューロマンサー』において、高度に発達したAIがマトリックスの世界では「半ば神」、人間同然の存在となったが、本作ではリアルで死んだ3ジェインが力を示したように、人間もまた電脳世界に身を投じ切ることで同じく「半神」となる
身体すら人為的に作れてしまうサイバーパンク的未来において、人間が人間たる所以は精神的なもの、「意識」しか残らないという思想がリアリティを持ってくる。本作では攻殻機動隊ほどの逡巡もなく、主要人物が電脳世界だけの存在に身を投じてしまう
ギブスンはアップルコンピュータの広告から未来をイメージしたといわれ、当時はまだ見ぬネット社会に対してかなり楽観的な時代だったのだ。それにしても、身体を捨てるのに抵抗がなさ過ぎるぞ(苦笑)
作品内で言及されているように、ネットの中の「神」といっても、電気のない場所では存在すら許されない。インターネットが現実化しいろんな歴史を持ってしまった今となっては、出来過ぎに見えてしまうだろう


前巻 『カウント・ゼロ』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『観応の擾乱 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い』 亀田俊和

ベストセラー『応仁の乱』に続き、室町時代ブーム到来!?




北朝の優位が固まった後に、なぜ足利尊氏と直義の兄弟は争うこととなったのか。室町幕府の性質を定めた‟空白”の大乱を解明する
観応の擾乱とは、室町幕府を開いた足利尊氏実弟の直義足利家執事の高師直が政権内部の主導権を争った、1350年から1352年かけてのめまぐるしい内乱である
『太平記』のクライマックスともいえる出来事ながら、そのあまりに激しい展開から科学的な考証が進まず、講談的な解釈がまかり通ってきた
そこを作者は、幕府が武士たちの請願や恩賞をどのように解決してきたかを分析することで、内乱の裏にあった不満を明らかにしていく。政権の腰が定まらなかったのは、諸大名の要求に応えきれない組織の不備が原因であり、尊氏とその後継者・義詮は内乱に右往左往しながらも、それに対応した政治制度を整えていったのである

本書ではずいぶん整理して語られているのだが、そうしてなお、観応の擾乱はカオスである(苦笑)。尊氏から政務を任されていた直義が、執事を解任された高師直のクーデターを受けて出家するはめになるが、幕府が尊氏の実子ながら直義の養子となっていた直冬へ討伐の軍を発したところ、もぬけの京都から抜け出して挙兵して観応の擾乱は始まる
歴史ファンがとまどうのは、直義をはじめとして幕府の要人が簡単に南朝へ寝返ってしまうところだ
しかし、それは北朝=室町幕府という固定観念からあるからでもある。足利尊氏はそもそも後醍醐天皇の下での幕府を想定していて、その崩御に至るまでその気持ちは変わらなかった
最高指導者がこういう意識であるから、諸大名たちからしても転向のハードルは低く、北朝の既存の制度で救われない場合には南朝側に立って取り返すといったケースが多かったようだ
ただし、将軍の弟である直義が南朝に降りたのは、当時としても衝撃的であり、その前例は南北朝の乱を長引かせる要因ともなった
また高師直が将軍の住居を包囲した「御所巻は、大名が軍勢で御所を強訴する室町時代特有の政治現象の先例となる。江戸幕府の堅固さからは頼りなく思えてしまうものの、そうされてなおかつ傷がつかない「将軍=武家の棟梁」の特殊な権威・立場があってのことなのだろう

当初、政務を任されていた直義が高師直のクーデターを許した原因は、承久の乱以後に確立された鎌倉幕府の諸制度への固執にあった
鎌倉幕府では、争う当事者同士の意見を聞いての裁決、「理非糾明」が理想とされていた。しかし、この制度にはたとえ聞くまでもない事例にも時間をかけてしまう弊害があり、力の強い者が現状維持してしまうのが実態であった。たとえ、正しい裁決がなされても、訴えた者の「自力救済」が基本であったのだ。そして執事として直義と争った高師直も、政治思想的には同様であった
そこで、尊氏・義詮の父子は、見るに明らかな事例に対しては即決、判断のつかない事例には「理非糾明」と使い分け、裁決の結果を守護がなるべく救済する方向へと舵を切る。これにより、恩賞の空手形が少なくなり、幕府のもとに有力大名が集い政権を安定させたのである
乱以前、武家のシンボルとして「象徴化」していた尊氏の‟鮮やかな変身”が本書の山場であり、権威と権力を引き受ける理想的な将軍の姿が描かれる
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

やっとネットに戻れました

引っ越しから一か月、ようやく今日にネット接続工事が終わり、ブロードバンド環境に戻れた
要するに接続工事の手配を忘れるという手落ちゆえなのだが(苦笑)、引っ越し先の間取りの違いで部屋の半分がダンボールに埋め尽くされる状況が続いていたし、身内の法事やいろんな手続きで忙殺されていたことを考えると、結果論的にこれで良かったような気もする

プロバイダからはそのまま継続の状態だと工事代が1万5千円ほどかかると言われ、「元国営企業の新規キャンペーンで入り直して、ウチに戻したら工事代をキャッシュバックできますよ」とそそのかされたりとか、パソコンの環境を改善しようとSSDをアマゾンで買ったら、規格は同じでも特定のパソコン専用のメモリだったとか、排水溝のカバーの目が粗くてコンタクトレンズが流れたりとか、ポイントを貯めていたチェーン店が近くには全くないとか、新しい環境の厳しさを知る毎日である
それでも実家の近くで、職場にも通いやすくなり、トータルで考えるとお釣りはくるのだが、世の中そうそう上手くいかない

*今日、直近のミスはiphoneに保存していた楽曲を、PCのiTunesに戻そうとしたら(CopyTransというソフトがある)、先に同期してPCに合わせてiPhoneのほうが消去されてしまった。まあ、大事な曲はCDから入れ直すからいいですけど……

以前との一番大きな違いは、押入れがクローゼット型になり物をしまうスペースが少ないこと!
その分、生活空間は広がっているのだが、押入れにしまえていたものがその分、外に出るのだからまったく実感ができない(苦笑)
引っ越しが決まって以来、積読解消運動を進めてきたのだが、引っ越したのちも生活圏を確保すべく、読書に励み本の購入を手控える必要がありそうだ

といって、あんまり読みが進んだわけでもないですけど、休眠期間に読んでいた本の記事をぼちぼちあげていきます。これからもよしなに
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

回線工事につき本格復帰は、23日以降かも

うっかり、インターネットの接続工事の手配が遅れ、スマホからの更新になっています
継続で工事料金を払うより、新規キャンペーンを通した方がお得ということで、既存のメルアドを放棄するとか、なんかいろいろややこしいことになってます
もっとも部屋も片付かず、ろくに生活もできない状態では、記事を上げるどころでもないので、結果オーライになるのかも
とりあえず、本格再開の日に備えておきたいと思います。ではまた
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。