『嘘つき中国共産党』 辣椒

中国でのペンネームは「変態辣椒」!
中国語の「変態」には、“特別”とか“スーパー”という意味があるらしい


マンガで読む嘘つき中国共産党
辣椒
新潮社
売り上げランキング: 456


習近平政権を批判して、亡命を余儀なくされた中国人漫画家が描く中国共産党の実態
本作は月刊誌『新潮45』に連載された作品をまとめたものだ
作者は自由選挙を呼びかけたり(実は中国の憲法に違反しない)、習近平で風刺したために当局から拘束、監視され、日本へ観光に出た際にスパイの嫌疑をかけられ帰国できなくなってしまった。もともと体制の崩壊まで望んでいなかったようだが、この仕打ちに表現の自由を認めない中国共産党を諸悪の根源として、徹底批判する立場に到ったようだ
そうした事情がありながら、批判の在り方はけっして度を越していない。あくまで事実を踏まえながら、是々非々で描いている
軍事技術などに関して、そのまま鵜呑みにできるかはなんともいえないものの、作者が直に触れた秘密警察による弾圧、一党独裁下での情報統制・印象操作は、中共の本質が全体主義国家であることを如実に示している

作者は習近平を全否定しているわけではない。肉マンの顔にしたのは、国家主席に就任したときに、有名店で庶民の食べ物である肉マンを注文するパフォーマンスをしたからだ
革命の元勲を父に持つ「太子党」であるものの、文革で父は失脚。そんな逆境から党内の激烈な競争を勝ち抜き、地方政府では抜きん出た業績を叩きだした実力を認めている
作者が警戒するのは、習政権で強化された情報統制と個人崇拝である
鄧小平は後継者の江沢民へ、その次の指導者に胡錦濤を指名しており、胡政権までは集団指導体制が取られていた。任期後にやりこめられてはたまらないから、その政治手法にも予定調和があった
しかし、習近平は大胆に汚職撲滅を打ち出して、報復を恐れずに大幹部の逮捕に踏み切っている。辞めたあとのことを気にしない手法から、作者は都合のいい後継者が見出せないなら、任期を延ばすあるいは終身制の「皇帝」になる気ではと読んでいる
そのひとつの根拠となるのが、中国版紅白歌合戦「春晩」での演出である。過去の指導者を映像で紹介する際に、習近平だけやけにカットが多かったという。「春晩」の構成には、国民的歌手で同番組の常連だった妻・彭麗媛の妹がプロデューサーとして関わっており、露骨に習近平を称える演出が増えて、中国の視聴者にも不評だったようだ
もっとも、「春晩」の視聴率は北部(黄河流域~旧満州)で70%越える一方、南部(長江以南)ではひと桁台と地域で大きく開いている。大陸を統合する役割を果たしているとはいえないようだが

人民解放軍への批判も鋭い。いわく、人民解放軍は党を防衛する存在であって、人民は防衛しない。その仮想敵は中国人民そのものだというのだ
北京で行われた軍事演習は、天安門広場の制圧訓練だったらしく、露骨も露骨である
それでも軍事費を拡大して空母を作ったりするのは、大国としての面子のため。しかし軍事力を誇示するわりに、あまり基地を公開しないのは、宣伝どおりの性能でないのがバレてしまうからだ
ステルス戦闘機を作ったといっても、エンジンの独自開発に失敗してロシアのお下がりだから、性能に限界あり。歩兵の装備はアメリカ製の台湾軍よりも、大きく劣るという
しかも人民解放軍そのものの腐敗が凄まじい。党の直属であるからこそ、政府の掣肘と監視を受けず、なんと階級の売官まで横行しているという
また、改革解放路線から予算を削られたことをきっかけに、従来の権益を生かした企業化に成功。民間を圧迫する財閥と化すまでに到っている
作者が強調するのは、人民解放軍が党の軍隊であり、中国人民の利益を第一に行動しないこと。党の利益を守るために、人民を犠牲にする選択をとるケースもありうるのだ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
SF (23)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。