『ビッグ・ノーウェア』 ジェイムズ・エルロイ

警察が腐敗しずぎの50年代


ビッグ・ノーウェア〈上〉 (文春文庫)
ジェイムズ エルロイ
文藝春秋
売り上げランキング: 256,733

ビッグ・ノーウェア〈下〉 (文春文庫)
ジェイムズ エルロイ
文藝春秋
売り上げランキング: 273,569


1950年、1月のロス。若き保安官補アップショーは、遺体が獣に引き裂かれるという異常殺人に出会い、その解決に情熱を注ぐ。その死体解体現場を発見するものの、市警の管轄を不法に入るというミスを犯してしまう。一方、離婚危機を抱える警部補コンシディーンは、義理の息子の親権と名声を手に入れるため、赤狩り作戦に乗りだす。暗黒街の始末屋バズ・ミークスは、金のためにその作戦に組し、アップショーもまた異常殺人の捜査協力を条件に、左翼組織への内偵を試みるが……

『ブラック・ダリア』に続く、LA暗黒街シリーズの二作目である
ときは冷戦が始まって間もない1950年。ハリウッドでは赤狩りの波が何度も押し寄せ、作中ではエキストラと裏方の組合UAESが待遇改善のデモを起こしている。それを潰したい大実業家ハワード・ヒューズ暗黒街の帝王ミッキー・コーエンは傘下のティームスター(全米トラック運転手組合)に対抗のデモを打たせている情勢だ
この赤狩りを潰すためにUAESの弱みを握ろうと、アップショー、コンシディーン、バズ・ミークスがそれぞれ違う動機で誘い込まれる
前半はこの赤狩り作戦とアップショーの追う連続異常殺人が別枠として始まるが、下巻に入ると一気に交わりだし、次々に秘密が噴出して主人公たちを七転八倒させる
そのピンチのなかで、アップショーの正義感が無頼漢バズ・ミークスに乗り移り、冷淡なコンシディーンをも動かすという漢気の連鎖がたまらない
あまりに筋が複雑過ぎて、最後に作中で解説せざる得ないのは、ミステリー小説として不手際(笑)かもしれないが、いろんな意味で濃い名作である

前作がブラックダリア事件を題材としたように、本作でも実在の人物、事件が重要な位置を占める。そこに作品オリジナルのキャラクター、事象が乱入するので、どこまでが事実なのか、素人には判別できない(苦笑)
日本版WIKIにも確認できないスリーピーラグーン事件は、1942年にメキシコ系青年が殺されたことに対して、警察が無関係のメキシコ系移民を多数逮捕した冤罪事件である。背景にはアングロサクソン系白人のメキシコ系移民=バチューコに対する偏見があり、太平洋戦争の開戦で日系移民が収容所に入れられたことにより、よりメキシコ系に差別の対象が移行したという
主人公たちの視点ですら強烈な差別表現が次々に登場し読者を鼻白ませるが、これも50年代の苛烈な時代を再現するため。メキシコ系移民、黒人、同性愛者といったマイノリティがどういう扱いを受けていたか、掛け値なしに映し出されている
役人の出世のために行われる赤狩りに対しては、コンシディーンに「とてつもなく無駄であり、とてつもなく恥ずかしいことだよ」と言わせる。題名である「ビッグ・ノーウェア」=大いなる無とは、この無駄な労力、無駄な犠牲のことを指しているのだろう


次作 『LAコンフィデンシャル』
前作 『ブラック・ダリア』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『徳川家康』 下巻 山本七平

最近、本の記事がめっきり少なくなった。分厚い本を読んではいるにしても……


徳川家康(下) (ちくま文庫)
山本 七平
筑摩書房
売り上げランキング: 691,460


山本七平による徳川家康の評伝。下巻は関ヶ原の敗戦処理から、大坂の陣まで
下巻でも上巻に引き続いて、講談のイメージに引きずられないゼロベースの考察が徹底されている
司馬遼太郎などが描いてきた関ヶ原以後に天下を意識して、いわゆる腹黒、「古狸」に豹変した説を一蹴。それまでの「律義者」「海道一の弓取り」という堂々たる武人としてのキャラクターを保ったまま、天下取りに望み成功したとする
政治家が成功するにはまず権力を握らねばならず、権力を握るために権力欲を持つのは必然。「古狸」イメージは、あくまで西国大名や上方の人間による偏向したものというのだ
もっとも、あまりに常識人過ぎて面白みに欠け、頼られる人間であっても親しまれる人間ではなかったのも確かで、この点において大河ドラマの扱われ方は正しいといわざる得ない
巻末には息子さんが山本七平の遺稿をまとめた経緯、樺太出身の作家・綱淵謙錠との刺激的な対談が盛り込まれ、いろいろ濃厚な一冊である

下巻では家康の外交能力が高く評価されている
著者はクリスチャンながら、家康とキリスト教の関係を客観的に扱っていて、幕府が禁教にしたのもスペインやポルトガルの姿勢を問題視する。すでに布教活動が植民地化の道具に使われていることを知りながらも、家康はキリスト教自身には寛容であり、貿易にも積極的だった
しかし家康は布教を許す見返りに、帆船による航海技術や鉱山開発のための技師派遣を求めたときに、スペイン側は拒否する。国力の源泉である先端技術を渡すことに抵抗があったのもさることながら、大半が非キリスト教徒の日本を格下扱いしたのだ
オランダのクルーとして日本に漂着したウィリアム・アダムスは、家康のために帆船を建造して見せ、その信認を得る。彼を通じて国際情勢をつかんだ家康は、キリスト教の伝道にこだわらない新教国オランダの方が、貿易の利を追いかけられると外交方針を転換していく
秀吉の朝鮮出兵で冷え込んだ対アジア関係では、第三次の出兵を偽装しながら朝鮮側から通信使を一方的に派遣させることで双方の顔を立てつつ、対明貿易の再開を探っている。島津に琉球へ侵攻させたのも、対明貿易のためだった
すでに明が滅亡間近でこうした動きは功を奏さなかったものの、諸外国に対する家康の細やかな対応は、日本史のなかでも抜きん出ている

大坂の陣に関しては、著者は淀君戦犯説を唱える。もうボロンチョである(苦笑)
家康が目指した国家は源頼朝を範にした公武を峻別した武家中心の社会であり、関ヶ原以後は豊臣家を一大名として傘下に収めようとしていた
信長に従い、次には信長の配下だった秀吉に従った家康にとって、その時代の強者に弱者が従うのは「常識」であり、なんら不思議な構想ではなかった。豊臣家の滅亡ありきで策謀を巡らせたというのは、家康嫌いの偏見だというのだ
家康にとって大坂の陣は望んだことではなかったが、大坂城の包囲をいわば「諸大名の忠誠試験」に用いた。冬の陣後も豊臣家を幕藩体制に組させようと、関東への移封を条件に出している
なぜ、大阪方は豊臣家が存続する条件を拒否したか。著者は大阪方に総大将がつとまる人材がおらず、集めた牢人たちの「世論」に支配されたとする。彼らは講和が成立してしまうと、行き場所がなくなってしまう。『真田丸』を思い出すと、苦笑せざる得ない皮肉な結論である
ここらへんは、軍部にかきたてられた「世論」によって対米戦に突入し、あわや本土決戦までやりかねなかった、かつての日本を意識していると思われる
もし、淀君が前田利家の妻・芳春院のように江戸へ人質へ出ていれば、著者の言うように豊臣家の滅亡は回避できただろうか。家康が存命中は守られただろうが、秀忠以降になるとけっこうな大名が潰されているので、丁半博打な気もする


前巻 『徳川家康』 上巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【配信】『機甲騎兵ボトムズ』 第1話・第2話

『装甲騎兵ボトムズ』は、1983年から1984年にかけて放送され、リアルロボット物の頂点とも言われる作品である
ガンダムのようにテレビシリーズの続編はないものの、空白の年代を埋めるようにOVAが製作され続けて、今なお根強い人気を誇っている
作品の世界では、銀河を二分するギルガメスバララントが100年もの宇宙戦争を続けており、物語はちょうどその大戦が終結した日から始まる。世界大戦の熱戦から、冷戦に転じる現実世界をだぶらせているのだろうか
なにぶんシリーズを観るのは初めてなので、下手に先読みせずに感想に入ろう


<第1話 終戦>

主人公のキリコ・キュービィーはある特殊任務につこうとしていた。いわくつきの部隊からの転属だからか、作戦内容は知らされなかったが、味方と色違いの機体が撃ちあう異様な戦場に立ち尽くす
一人だけ事情を知らずに放置されていたものの、交戦しているうちに意味ありげなカプセルを発見。中には全裸で禿頭の美女が眠っていたのであった
乳首に驚いたわけではないだろうが、キリコは異常な汗をかいて震えてしまう。ここだけ切り取ると変態に見えるほど(笑)。この美女は、人間の精神へ働きかける謎の力を持っているようだ

美女のカプセルは同僚たちに回収されるも、キリコは小惑星基地の爆破に巻き込まれて漂流。本来は味方のはずのギルガメスの戦艦に拾われる
しかしそこでは、基地に隠された極秘の存在「素体の行方を吐けと、ロッチナ大尉の拷問を受ける。どうも、あの美女が「素体」で、友軍を裏切った連中がもっていってしまったらしい
キリコの母星メルキアに着いても拷問の連続だったが、一瞬の隙をついて脱獄!
特殊部隊顔負けの戦闘力で、追っ手を振り切ってしまう。この主人公は生身の身体でも戦闘力がかなり高い。最初から歴戦の戦士なのである
次回予告では、ロッチナ大尉の声優・銀河万丈の声で、「来週もキリコと地獄につきあってもらう」。単なるロボット物というより、かなりハードボイルドな雰囲気だ


<第2話 ウド>

キリコの故郷であるメルキアは、長い戦争によって変わり果てていた。戦後の闇市を思わせるウドの街は、暴走族が暴れまわる無法地帯であり、キリコも彼らにさらわれて採石場へ連れて行かれる
戦争によって破壊されたコンピュータ工場の跡地には、部品に使われたチジリウムが採れるというのだ。この時代にレアメタルの話題が盛り込まれているのは意外な発見である

戦争中は暴走族と癒着していた治安当局だったが、終戦をきっかけに署長は暴走族との関係を清算しようとする。なぜ、一人で乗り込んで行ったかは謎だが(笑)、ちょうど人夫たちの脱走と重なって大混乱に
そのどさくさにキリコと仲の良かった男が、暴走族と署長の会合を襲撃して命を失うのであった
キリコは暴走族に追われて街(?)に逃げ込むも、体内のビーコンがギルガメス軍に察知されてしまう。ともあれ、転がり込んだゴミ捨て場に懐かしい量産機「スコープドッグが廃棄されていて、そのコクピットの中で「母親の腕に抱かれる」ように眠るのであった。
しかし最後の追っ手を殺したのは、誰だろう。単なる流れ弾だろうか?
次回予告は「キリコがウドで飲むコーヒーは苦い」。さすがに毎回、「地獄につきあってもらう」ではないようだ


今のところ、主役機が人並みはずれた活躍をするというロボット物のお約束からは大きく外れている。なにせ、出てきた人型兵器「AT(アーマードトルーパー)」はまだ一種類であり、最初の話が同じ機種での同士討ちから始まるのだ
ロボット物の殻をかぶったハードボイルドSFであり、アメリカのテレビドラマ『逃亡者』とか『プリズンブレイク』とかを思わせる展開。第2話も販促の都合で最後にロボットを出したかのようで、好きなドラマを作るためにロボット物を装うことを徹底した作風なのだ
OP,EDが渋く決まっていて、早くもファンになってしまった


次回 【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第3話~第5話

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI
バンダイビジュアル (2010-02-23)
売り上げランキング: 36,987
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『新黒沢 最強伝説』 第6巻・第7巻

力技のオヤジギャグは健在


新黒沢 最強伝説 6 (ビッグコミックス)
福本 伸行
小学館 (2015-10-30)
売り上げランキング: 40,637

新黒沢 最強伝説 7 (ビッグコミックス)
福本 伸行
小学館 (2016-03-30)
売り上げランキング: 18,250


第6巻では、ネットカフェ難民の瀬戸くんがホームレスたちを頼ってくる。瀬戸くんが売りたいという「株と鞭」を、いかに売りさばこうかと悩む黒沢たちだったが、実はカブトムシ」の間違いだったという壮絶なオチが待っていた(笑)
営業力だけがない瀬戸くんに代わり、歌舞伎町の酔漢に売るとこれが大繁盛。数十万の売り上げとなり、その半分で黒沢たちはキャバクラへ乗り出す
歌舞伎町で勝手に商売して、その筋の人たちがとがめないのが不思議である

キャバクラでは異相を理由に黒沢とコジエモンが覆面(!)を余儀なくされるも、途中で素顔をさらしたから店から追い出される。しかし翌日、キャバ嬢が美大生黒沢とコジエモンの異相に前衛を感じて、絵のモデルを頼んでくる
そのご褒美に、プールへデートに出かける。正直、いくら女性の気がよくてもありえない展開である(苦笑)。おっさんの妄想に現実の鉄槌を浴びせるのが、クロサワの良さだったのだが


第7巻は、黒沢が熱中症にかかった修行僧を助け、ひょんなことからなりすましてしまう。ほぼ詐欺同然にお寺で飲み食いしてしまうのだが、その修行僧・天念がやろうとしていたのは、7日間を樽の中で生き埋めとなる「土健の行」。黒沢は土建業と間違えて、引き受けてしまったのであった(爆
この「土健の行」は誰かが引き受けないと若い僧に押し付けられる儀式であり、黒沢が大騒ぎしたことで、「こんなお行は止めよう」と丸く収まる

後半ではホームレスたちの河川で、大学生たちが謎の水修行を始める。聞けば水球部の学生で、顧問の先生がプロポーズするためにサプライズな方法を訓練していたのであった
このエピソードはすんなり終わるが、次には再び天念たちが黒沢の前に姿を現す
メリカの石油王ミスター・ガソ、シェールガスの開発王ミスター・ガスの接待をするために、いっしょに来て欲しいというのだ
このミスターたちはかなりステレオタイプな勘違い外国人として描かれ、河川敷で大バーベキュー大会を開くとか、カオスな設定となっている
この外国人観は圧倒的に昭和の年代物であり、ユーモアにしても笑えない。実際にトランプみたいな大統領が出てきてしまったけど、それはまた別の話なのだ
黒沢シリーズの伝統、人生のしみじみが薄れてきたのが気がかりである


前巻 『新黒沢 最強伝説』 第4巻・第5巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『進撃の巨人』 第3巻・第4巻 諫山創

リヴァイ隊長がちらりと登場


進撃の巨人(3) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 (2010-12-09)
売り上げランキング: 48,967

進撃の巨人(4) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 (2011-04-08)
売り上げランキング: 34,181



第3巻では、エレンが巨人化したことで彼が「人間か巨人か」を問われることとなる
巨人を化け物とみなしていることから、軍法会議もないままに榴弾砲を向けられての尋問を受ける。ただ人間が巨人化するという異常事態に対して、現場指揮官の一存で処分を決めようとするのは、やや疑問だろう
自らを役立たずだと思っていたアルミンが、勇気を奮い立たせて指揮官を雄弁を振るい、知恵者としてのキャラ付けがなされた

アルミンの説得は、南部を仕切る司令ドット・ピクシスに認められ、エレンの巨人化を利用した作戦が立てられる。二番目の壁の南にある都市トロント地区を奪還すべく、巨人となったエレンに穴を塞がせようというのだ
が、エレンが巨人となった自分をコントロールできなくなったことで作戦は迷走してしまうのであった
エレンを巡る訓練兵たちの逡巡は、スポーツ物のような文脈で収拾してしまい、簡単に命を投げ出していく。いかにも日本人の発想だ


第4巻では、アルミンによる捨て身の救出劇で、エレンは自我を取り戻し。見事、巨岩を壁の穴に運んでみせた。人類による初めての巨人への「進撃」である
エレンと同じ大きさの巨人が逆側から押せば、簡単に岩が外れるわけであり、根本的な解決策でない気はする(苦笑)
何気に驚いたのが、榴弾砲の攻撃で壁に張り付く巨人たちを死滅できたことである
刀による首への斬撃というスペシャルな手段でなくても倒せるのであるならば、何も立体戦闘というリスクのある手法を用いなくても、違う手段があるのではないのか
たとえば、石弓などの飛び道具を用いれば、接近する危険を冒す必要はないのだ
二割の損害は現代戦では事実上の壊滅とされる数字であり、それで秩序が保たれてしまうのも、なんか旧日本軍なのだ

その後はいきなり、兵士としての訓練時代に遡る
1巻・2巻で他の訓練兵をうまく紹介できなかったからだろうか、群像劇にするための仕切り直しである(苦笑)
エレン、ミカサ、アルミンの他に、エレンのけんか相手でリーダー向きのライナー・ブラウン、謎の格闘術に長けるアニ・レオンハート、優等生のベルトルド・フーバー、芋女サシャ・ブラウスジャン・キルシュタン、コニー・スプリンガーが紹介された
この辺は覚えておこう


立体機動戦闘というかなり高度な技術を持つ若者たちが、次々に死んでいくのが納得いかなかった
やられる時には巨人にあっさり食べられているので、敗因が分かりにくい
そもそも巨人視点で考えると、小さい生き物を捕まえにくいものである。見た目のおっとりさに比べて、意外に俊敏な「動けるデブ」ということだろうが、それをコマのなかで表現してもらいたい
巨人という特殊な相手に対して、リアルを振りかざした突っ込みは無粋なものの、作品世界の中でバランスが取れていないのは、さすがに気になってしまう
と、ここまで突っ込んでおいて、なぜか次が読みたくなってしまう作品なのである。おいおい、設定も整理・考証がなされていくのかな


次巻 『進撃の巨人』 第5巻・第6巻
前巻 『進撃の巨人』 第1巻・第2巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『勝つべくして勝つ 競馬三点突破論』 今川秀樹

競馬はやはり穴ありき


勝つべくして勝つ!  競馬3点突破論 (競馬ベスト新書)
今川 秀樹
ベストセラーズ
売り上げランキング: 13,660


競馬を勝つべくして勝つ秘訣とは? リアルカイジが語る競馬で勝ちきる法
著者は東スポ、月刊誌『競馬最強の法則』で連載を持つ予想家で、管理人が参考にしている一人である
三点突破論の「三点」とは、「予想法」「買い方」「メンタル」
「予想法」自体は素朴なラップ分析であり、勝負に絡みうる逃げ馬を見つけることが競馬で勝利する早道とする。ここまでならよくある定跡かもしれない(アマゾンのレビューで吠えてた人もそう吠えてた人もいた)が、著者はそこをさらに逃げ馬のタイプを加速の仕方で数パターンに分け、レースの性質によって取捨していく
ラップ分析を重視するものの、単に上がり三ハロンの速い馬を見つけるのでは、人とは差がつかない
競馬を「競走馬とそれを見抜く人間のゲーム」と見ず、競馬を買う人間同士のゲーム」と考えているのが鋭い指摘で、オッズの裏を掻くことは多数派の裏を掻くのと同じということ。競馬はまごうことなき「対人ゲーム」なのだ

ある程度、予想法を持つ到ったファンにとって、悩んでしまうのが馬券の「買い方」。ついおかしい馬券の買い方をして、いろんな後悔をするものだ
著者の「買い方」は、競馬は勝ち馬を当てるものという原則から単勝を基本とし、馬連、ワイド、三連複、三連単に広げるやり方
回収率については、的中率を20%として一撃で5倍の配当を目指す。この前読んだ境和樹氏とは、この点では共通するものの、著者の場合は複勝を重視しない
複勝では、5倍の配当に達するケースが少ないからだ
5倍の配当を目指すゆえに、オッズでも「5」の数字が明確な基準となる。単勝でもワイドでも5倍を切れば、買うに値しない
細かいと思うのは、合成オッズへのこだわりだ。競馬データベースソフト「TARGET」を使用して、なるべく同じ配当になるように細かく調整していくのだ
著者いわく、オッズを把握するためにも、競馬場より自宅のほうが予想に向いている

「メンタル」については、カイジらしからぬ(?)精神論に突入する
まず第一に、競馬には潤沢な資金が必要と、10万円の現金を用意しろというのだ。家庭を持つサラリーマンでも、一年頑張ればこれぐらい貯まる、貯められないなら止めてしまえの突き放しは、この手の本を買う読者に通用するだろうか
管理人もパチンコで勝負するときは、10万ぐらい資金が貯まるのを待ちはしたが…競馬は100円から買えるからこそ、予想が甘くなるという指摘は耳が痛い
第二に、馬券に使う最低金額を1万円に設定すること。理由は賭け金が少ないと、やはり予想が甘くなるから。まあ、これは著者個人の場合で、個人個人で引き下がれない最低金額を設定して、甘く賭けちゃうぐらいなら「見」にするべきということだろう
負けがこんだからと賭け金を引き下げると、かえって予想に対する自信がなくなっていくというのは、管理人も今週から半額にするつもりだったので、まさに図星だった(苦笑)
正直、ここまでストイックだともはや「カイジ」とはいえまい。見た目からして競馬寺の若和尚である。ともあれ、これからもこの人のコラムを読んで、競馬道に精進していくつもりだ


関連記事 『単複論』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。