【DVD】『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』 第3話・第4話

やったね、父ちゃん。ルクレツィアの持参金ができるよ!


<第3話 異教徒 The Moor>

教皇となったロドリーゴの宿敵であるデッラ・ローヴェレ枢機卿は、ナポリに亡命していた。ナポリ国王フィラメンテは耳が聞こえず、軽率なアルフォンソ王子がしきっていた。味方につけたいローヴェレに対し、チェーザレミケロットを刺客に送り込む。一方、ロドリーゴは教会の財政難から亡命ユダヤ人を受け入れ、オスマントルコの王子ジェムを養う。トルコ側から舞い込む大金が目当てだったが……

当時ナポリ王国は、フランスとスペインが継承権を主張し、ローヴェレはその独立と引き換えに反ボルジアに引き入れようとする。しかし、先王が殺した政敵のミイラにはドン引き。今回のグロスポットである
タイトルの異教徒とは、オスマントルコの王子ジェムのことで、スルタンとなった兄バヤジィットの政敵となったため、ローマ教会が引き取ることになったのだ
ジェムはローマの表の部分しか見ない“いい奴”で、ボルジアの兄弟とも親しく付き合う。しかし、ルクレツィアの婚礼の持参金をたたき出すため、悲しい運命をたどるのだ
できる兄に対し、ホアンの愚鈍さが引き立たせる回で、チェーザレは弟に落とし前をつけさせる

*史実のジェム・スルタン第一次イタリア戦争時に、ローマ教会からフランスに引き取られ、ナポリ遠征中に客死する。一説には、ボルジア家による暗殺と言われている


<第4話 政略結婚 Lucrezia's Wedding>

暗殺未遂でナポリを終われたローヴェレ枢機卿は、メディチ家のフィレンツェに滞在する。フランスを引き込みボルジア家を倒す策略に対し、メディチ家へ中立を要求する。一方、反メディチ家のジローラモ・サヴォナローラ(=スティーヴン・ヴァーコフ)にも会い、不気味な予言を受けるのだった。ボルジア家ではルクレツィアの婚姻がスフォルツァ家の一門ジョバンニ(ミラノのジョバンニの親戚)に決まり、母ヴァノッツア・カターネイの出席でもめることとなる

フィレンツェでマキャヴェリが登場!
ローヴェレは打倒ボルジアのためにフランス軍を招き、フィレンツェには軍隊通過と中立を要求する
その一方で、彼はサヴォナローラにイタリアが焦土となることに良心の呵責を感じるのだった。名も知れぬ者に罪の告解をするなど、キリスト教における贖罪意識がよく表現されている
しかし、その直後に諜者と見抜いて始末するなど、清貧なローヴェレも亡命生活で鍛えられたようだ。手際よすぎだろ(笑)

ボルジア家もフランスを引き入れる構想に気づいていて、そのためにミラノのスフォルツァ家ルクレツィアを嫁がせる
さらにスペインの助力を得るために、新大陸の布教ナポリ王国の継承を認める。しかしこれ、ナポリの現王家にはその独立を認めているので、ボルジア家お得意の二重外交なのである
次はいよいよ第一次イタリア戦争、勃発か
「あいつのおっぱいよりうめえや!」。下ネタ街道をひた走るホアンと対照的に、元娼婦の母親を二次会に出席させるチェーザレがイケメンすぐる回だった


次回 借りたDVDが再生できなかった…orz
次々回 【DVD】『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』 第7話・第8話・第9話
前回 【DVD】『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』 第1話・第2話

ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 ファースト・シーズン【4枚組】  [DVD]ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 ファースト・シーズン【4枚組】 [DVD]
(2013/08/23)
ジェレミー・アイアンズ、フランソワ・アルノー 他

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』 第1話・第2話

15世紀末に教皇となったロドリーゴ・ボルジアとその一族を巡る歴史ドラマ
ボルジア家というと、日本では小説や漫画でチェーザレ・ボルジアが有名だけど、本シリーズでも半ば主人公格として陰に陽に活躍する。タイトルどおり、ボルジア家は悪の一族として描かれるものの、相手も腐敗しているので相対的に悪く見えない
悪に対してよりラディカルに付き合うチェザーレは、申し分ないダークヒーローなのである
2011年にシーズン1が海外で放送されて、シーズン4で完結の予定だったが、財政上の都合でシーズン3での打ち切りとなってしまった。題材の割りに、四期は悠長すぎた?
最終回に予定されたテレビ映画の脚本を元に、小説が書かれたらしいけど、日本語訳は……ないんだろうなあ
そんじゃ、観ていきます


<第1話 教皇誕生 The Poisoned Chalice>

1492年のローマ教皇インノケンティウス8世が危篤状態に陥り、次の教皇を巡る暗闘が始まろうとしていた。枢機卿ロドリーゴ・ボルジア(=ジェレミー・アイアンズ)は、スペイン人である不利を跳ね除けるため、息子のチェーザレ(=フランソワ・アルノー)に枢機卿の買収を命じる。晴れて教皇アレクサンドロ6世となったロドリーゴは、有力な枢機卿スフォルツォ副尚書院長に命じ、「三重冠を金で買った」オルシーニ枢機卿に批判されるが……

一話目で教皇選挙。冒頭でインノケンティウス8世は、死の告解を受けながら、教会の腐敗ぶりを嘆き、ロドリーゴは白々しく教会の浄化を誓う。この時代のローマ教会は、関係者の賄賂、姦淫、横領が蔓延していて、この教皇自身も12人の子供を作ったと噂される
ロドリーゴは支配下の権益や財産を惜しげなく枢機卿に配りコンクラーベで過半数を得る。その余りの露骨さとスペイン人という出自から、後世の悪評を得てしまうのだ
チェーザレは野心というより、自らの家族を守るために動いている。漫画や小説の彼は後の事跡から逆算された理想像のようで、こちらのほうが地に足がついている感じだ


<第2話 暗殺者 The Assassin>

オルシーニ枢機卿の陰謀がその死によって覆された後も、反ボルジアの動きは絶えない。次期教皇候補として最有力だったジュリアーノ・テッラ・ローヴェレ(=コルム・フィオール)は、ロドリーゴの廃位を狙い儀典長に前例を探させる。教皇となり一度は禁欲を誓ったロドリーゴだったが、ジュリア・ファルネーゼ(=ロッテ・ファービーク)と出会い、あっさり一線を越えてしまい……

暗殺者とはオルシーニの一件で知り合ったミケロット(=ショーン・ハリス)のこと
元々オルシーニに雇われていた彼はチェーザレに個人的に仕え、敵陣営に投じてスパイとなる
ジュリア・ファルネーゼとロドリーゴのチョメチョメが廃位に要件に関わり、火消し役をチェーザレに命じられるのだが、証人となる使用人と急にギシアンを始める(笑)
いちおう、ローヴェレ枢機卿に姦淫の罪を押し付ける流れ(本人は同性愛者くさい)ではあるけれど、海外のドラマならではの無理矢理な濡れ場である。いいぞ、もっとやれ!
反教皇派が過半数に達する事態に、ロドリーゴは枢機卿の定員を増やすことで乗り切る。物理的に増やすというのは、カエサルの元老院対策みたい。そりゃ、悪名を残すわ


ロドリーゴは二人の息子に、それぞれ聖職者と軍人とし、一族の盾とする構想を持っている
父の生き方に反発するチェーザレは軍人志望だが、ロドリーゴは教皇を継がせたいのか、枢機卿の地位につけようとする
この親子の葛藤がファーストシーズンのテーマのようだ
弟ホアンが脳筋くさい分、ロドリーゴの構想も分からんでもない(笑)


次回 【DVD】『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』 第3話・第4話

ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 ファースト・シーズン【4枚組】  [DVD]ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 ファースト・シーズン【4枚組】 [DVD]
(2013/08/23)
ジェレミー・アイアンズ、フランソワ・アルノー 他

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【BD】『バイオハザード』

これが5作も作られるなんて


バイオハザード [Blu-ray]バイオハザード [Blu-ray]
(2012/08/22)
ミラ・ジョヴォヴィッチ

商品詳細を見る


世界的な製薬会社アンブレラは、ラクーンシティの地下施設で生物兵器を開発していた。しかし施設内での事故により、T‐ウイルスが流出してしまう。屋敷のシャワールームで目覚めたアリス(=ミラ・ジョヴォヴィッチ)は記憶を失っており、突然謎の男マット(=エリック・メビウス)に抱きすくめられる。しかし、そこへ特殊部隊が突入。彼らは事故を収拾しようと、アリスとマットを連れ地下施設「ハイブ」へ下りて行く

いわずと知れた有名ゲームの映画化である
冒頭のナレーションでアンブレラが生物兵器を開発したとあっけなくオチを晒してどうなるかと思いきや、早々に施設が壊滅して、アリスの登場シーンに。それがいきなり、ミラ・ジョヴォヴィッチオールヌードと来た!
この映画は彼女が全てなのだ
古式ゆかしくぶらぶら歩くゾンビたちを、近接攻撃で次々と撲殺。ワンコには拳銃で百発百中と、まさに無双である。ほとんどスタンドなしでこなしたというが、彼女の動きはゲーム的、あるいはマンガ的で、リアルさより爽快感が重視されていた
体を張ってゲームを超えた動きをするというのも、不思議な話だ

いちおう『鏡の国のアリス』を絡ませるなどストーリー上の工夫はあるものの、洋館、その下の地下施設、製薬会社の生物兵器と原作ゲームの要素を散りばめつつ、クライマックスの列車の脱出ように一気呵成に押し進めて行く
ミラ・ジョヴォヴィッチを除くとB級要素しかないので、このジェットコースターがむしろ合っている
原作とは違ったレーザー攻撃(逆にゲームへ影響)などのSF的要素があると思えば、定番ともいえるゾンビたちの人海戦術も体感できる。ホラー要素が脅かしびっくりとグロしかないものの、なかなか香ばしいB級アクション映画だった


バイオハザード HDリマスターバイオハザード HDリマスター
(2014/11/27)
PlayStation 3

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『世に棲む日日』 第1巻 司馬遼太郎

文はまだ出てこない


世に棲む日日(一) (文春文庫)
文藝春秋 (2014-12-12)
売り上げランキング: 6,778


吉田寅之助は長州藩士・杉百合之助の次男として生まれた。叔父の山鹿流師範・吉田大介の養子となるが、ほどなく養父を亡くし五歳にして吉田家当主となる。叔父の玉木文之進のスパルタ教育を受け、11歳にして藩主・毛利慶親で御前講義を行う天才ぶりを示す。藩の手形を受けずに東北旅行に出るなど、その純粋さから周囲を騒がせつつ学問修行に励んでいた寅之助だったが、黒船の目の当たりにして……

吉田松陰高杉晋作を主役に幕末維新の動乱を描く歴史小説
第1巻は、吉田松陰の出自から黒船に乗り込むまで。杉家の“いたわり深い”家風、“教育魔”玉木文之進の事情、長州藩の派閥と藩風、と分かりやすく足元を固める内容なので、大河ドラマのいい補完ができた
小説の吉田松陰は学問の天才であると同時に、世の中を甘く見るお坊ちゃまで、軽々しく人を信じ、無謀な計画を立ててしまう。その度の過ぎた人の好さと楽観ぶりが、人を惹きつける魅力にもなっている
山鹿流兵学を我流で唱える山鹿素水、半裸で詩を吟じる森田節斎、と幕末には松陰に負けない変人・奇人がいて、最終的に松陰が師事する万能人・佐久間象山もその一員。書物から未来を探る思想家の時代なのだ

吉田松陰は五歳で養父を失ったことから、長州の山鹿流兵学を絶やさないために、藩命での教育を受けた。そのため養父・大介の弟子たちから個人授業を受け、教育はすべて“公”のための時間だった
司馬はこうして育てられた松陰を純粋培養の人間と評する
しかし、なぜ“公”の意識を叩き込まれた松陰が、既存の秩序を破る行動に出たのか?
ほとんど全ての時間で“公”を意識せざる得なかったゆえに、自分の考えたこと、すべてを“公”のためと肯定できたのではないのだろうか
“私”の時間が少なかったために、自らの行動をすべて“公”と接続して意味づけてしまい、他人からどう見えるか、他人が一個人の保身に走ることも理解できない
学問の世界で成人してしまったがゆえに、思想と行動を合一してしまって、そのズレを計算しえない
そういった性格を形作るのに、長州藩の甘い気風も一因で、松陰の無断旅行に関しても抜け道を作って、罪を有名無実にしてしまう。表向きには士籍を失ったものの、親戚の預かりでかつ来原良蔵の「ハグクミ」(育み、哺)の地位を与え、かろうじて長州藩士でいられたのだ
のちの伊藤博文である利助も百姓出だったが、「ハグクミ」の扱いで長州藩士として活動できたという


次巻 『世に棲む日日』 第2巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『零戦燃ゆ 』

早見優の方言がかわいい


零戦燃ゆ [東宝DVD名作セレクション]零戦燃ゆ [東宝DVD名作セレクション]
(2015/05/20)
加山雄三、堤大二郎 他

商品詳細を見る


1941年12月8日、浜田正一(=堤大二郎)は、ゼロ戦のパイロットとしてフィリピン沖で初陣を飾った。浜田は友人の水島(=橋爪淳)とともに海兵団を脱走しようとした過去があった。そこをテストパイロットの下川大尉(=加山雄三)にゼロ戦を見せられ、その機体に惹かれていく。浜田はパイロットとして、体質の弱い水島は整備士として、戦争を迎える

堀越二郎(=北大路欣也)が出るので期待していたら、一場面だけだった(苦笑)
浜田と水島、飛行機工場の近くで働く静子(=早見優)との青春ドラマを絡ませながら、開戦から終戦までのゼロ戦の興亡を追っていく
冒頭はほのぼのとしてBGMが流れる謎演出(笑)で違和感を禁じえなかったが、中盤から戦況が苦しくなるにつれ、シリアスにまとまっていく
山本五十六(=丹波哲朗)の護衛に失敗するというフィクションも、海軍の性質を描くきっかけとして使われていて構成は上手い。俳優の芝居に一昔の邦画らしい癖が残るけれども、戦闘機の造形が素晴らしく、特撮にも力が入って見所が多い

原作が柳田邦男(國男じゃないぞ)のノンフィクションだからか、ゼロ戦の革新性と欠点を具体的に説明していて、敵の戦闘機も紹介されていく
ゼロ戦の紙装甲は「人間を使い捨てにする設計思想」として批判している。会議の場面では海軍の将官が「攻撃が最大の防御」と発言していて、陸海軍に共通する攻撃主義が強調されていた
ゼロ戦最初の強敵はB‐17フォートレスで、20mm機銃でもその装甲は貫通できなかった
さらにF4Uコルセアなど、ゼロ戦の限界を超えた高高度で戦える機体の登場で、得意の格闘戦に持ち込めなくなり劣勢を強いられていく
紫電改など次期戦闘機の構想そのものはアメリカよりそれほど遅れてなかったが、工業力の違いから配備に決定的な差が出たようだ


零式戦闘機 (文春文庫)零式戦闘機 (文春文庫)
(1980/04)
柳田 邦男

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【BD】『機動戦士ガンダムUC 7 虹の彼方に』

見事に原作を超越する出来。えらい!!


機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 7 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 7 [Blu-ray]
(2014/06/06)
内山昂輝、藤村歩 他

商品詳細を見る


ラプラスの箱があるメガラニカへ、ネェル・アーガマネオ・ジオンの競争が始まった。バンシーに乗ったリディバナージへの嫉妬にかられ、ユニコーンとの一騎討ちを挑んでしまう。マリーダは万全でない状態で、クシャトリアを出動させてリディを引きとめ、そのビームを受けてしまう。マリーダの声は全宇宙の人々に届き、リディをも目覚めさせたのだった

いや、良かった。原作をきわめて良く補完してくれた
原作者がスタッフとして参加したのが不安だったが、脚本はほかの人が担当したおかげでワンクッション入り、小説の富野成分を上手く中和したのだろう
フル・フロンタルとの対決では、唐突な宇宙旅行から逆シャア、一年戦争の名シーンに遡行し、ララァとシャア、そしてアムロの声が戦いの幕引きを告げる。富野ガンダムを観つづけた人間として感涙である
原作では空虚な強化人間だった彼が、かりそめのシャアとしての存在感を固持していて、その役目を終えて自壊していく様は、ガンダム・サーガの終止符として相応しいものだった

アクション面でも『るろうに剣心』の監督だからか、近距離の格闘戦が充実していてMSが動く動く。上下に分裂するバウ、ファンネルを使うヤクト・ドーガガザ・シリーズネオ・ジオン系が大暴れしていて、まるでGジェネのような組み合わせのMS戦が見られた
「発効には本来、批准を必要とする憲章がなぜ知られていないのか(秘密にされた憲章に正当性があるのか)」「憲章を明かす人間がミネバでいいのか(アルベルトかリディの役割では)」「コロニーレーザーをサイコフィールドで止めるのはやり過ぎじゃないのか」といった、原作の穴を引きずらざる得なかったが、アニメとしては最高の形で締められたのではないだろうか
ファーストから始まるガンダム・サーガを踏まえた上でないと分かりにくい内容ではあるのもの、美男美女だけでない「昔風のロボットアニメ」が若い層にも通用したことは大きな収穫だ
あとはシャアが安心して昇天できるように、宇宙世紀の呪縛から離れた作品が作られることを期待しよう


前巻 【BD】『ガンダムUC 6 宇宙と惑星と』

関連記事 小説『ガンダムUC』とはなんだったか
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『いねむり先生 』 第3巻・第4巻 能條純一

NHKで伊集院静と井上陽水の番組、観たことあるわ


いねむり先生 3 (ヤングジャンプコミックス)いねむり先生 3 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/08/19)
能條 純一

商品詳細を見る

いねむり先生 4 (ヤングジャンプコミックス)いねむり先生 4 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/02/19)
能條 純一

商品詳細を見る


第3巻でサブローと「先生」は松山へギャンブル旅行に出かける競輪、馴染みのヤーさんとの麻雀、古い町並みの観察に興じる
半ば親代わりの「先生」といるだけで、サブローは慰安を感じるが、最愛の妻(夏目雅子)を失った傷が癒されるわけではない。古い映画館で妻のポスターを眺めたこをきっかけに、妻の姿だけではなく違う悪夢も出てきてしまう
「人は病気や事故で死ぬんじゃない。人は寿命で死ぬんです」。「先生」の言葉の意味はまだサブローには分からない
「先生」の存在は圧倒的で、触れる人間すべてに感動を与えていく、小さな神様である

第4巻では「先生」の仕事が忙しくなり、一人で競輪を見に行ったり、井之本のコンサートに見に行ったりと孤独な時間を過ごす
「先生」の身近にいすぎて「自分には才能がない」というサブローに、「本当に必要なのは、クソ力や腕力じゃないのか」という井之本の返しが印象深い
ようやく遊ぶ時間のできた「先生」に、サブローは初めて悪夢のことを明かす
馬車に追われるというサブローに、「先生」は自分は機関車に追われていると告白する。そして、それに対する対処は「知らんぷり
悪夢を見たくないと抵抗するのでもなく、風にそよぐ柳のように通り過ぎさせる。サブローがポカンとするように、意味することは明瞭ではないが、過去を意識しすぎるのではなく、認めた上でやり過ごす先人の知恵
ラストに死んだ「先生」と出会い涙するのは、人は人の記憶の中に生きつづけるということだろうか。「先生」は多くの謎を残していて、あくまで読者に考えさせる物語だった


前巻 『いねむり先生』 第1巻・第2巻

狂人日記 (講談社文芸文庫)狂人日記 (講談社文芸文庫)
(2004/09/11)
色川 武大

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『パール・ハーバー』

こんな山本五十六は嫌だ


パール・ハーバー 特別版 [DVD]パール・ハーバー 特別版 [DVD]
(2006/01/25)
ベン・アフレック、ジョシュ・ハートネット 他

商品詳細を見る


テネシー州で育ったレイフ(=ベン・アフレック)は、友人のダニー(=ジョシュ・ハートネット)とその父親の飛行機で遊ぶ少年時代を過ごした。戦闘機のパイロットを目指し、共に陸軍航空隊へ進む。第二次大戦の始まりとともに、レイフはイギリス空軍への編入に志願し、兵役検査で知り合った看護婦イヴリン(=ケイト・ベッキンセイル)と恋に落ちる。しかし、バトル・オブ・ブリテンでレイフが戦死したと知らされたイヴリンは、ダニーと付き合うこととなって……

今風でカジュアル(笑)な戦争映画だった
2時間30分以上、DVD二枚組みという尺ながら、レイフ-ダニー‐イヴリンの三角関係も絡み合って構成は飽きさせない
ただし考証においては、アメリカと日本で落差がありすぎる。なんと真珠湾攻撃を行う会議が、南国のような場所で青空教室のように行われているのだ(爆
貧相な山本五十六(=マコ岩松)が日米戦やる気満々とか、はっきり言って日本側のパートはなしでいい内容だ。おそらく、後付け的に撮影が決まって、予算をなるべく使いたくなかったのだろう
それだけに、製作者の戦争に対する理解の甘さが透けて見えてしまって、非常に残念だった
アメリカのパートはゼロ戦がやけに落ちるとか、70年代に就航するスプルーアンス級駆逐艦がいるとか、見過ごせないミスも多いが、観られる内容ではある
マイケル・ベイ名物の爆発が目白押しで、ここまで米軍が一方的にやられる場面は他の題材でありえないだろう

印象に残るのは、ダニーとイヴリンが勤務するハワイの平和さである。レイフが派遣される悲惨なイギリスとは対照的だ
日本の攻撃を心配する上層部を除いて、もっとも戦争に遠い場所としてされているのだ
駐留する彼らにとって、真珠湾攻撃はまさに青天の霹靂。まともに対応できず、ガーフィールド銃でゼロ戦を撃つ兵士たちが痛々しい(撃墜させる奴もいるけど!)
戦艦に閉じ込められた水兵たち、病院を目指す戦傷者の群れ、血まみれの病棟がこれでもかと描かれていて、戦争における快挙の裏には、必ず違う側の人々の流血と犠牲があることを教えてくれる。これだけでも見る価値はあるだろうか

本作ではやられてばっかりでは客が入らないと思ったのか、日本に対する反撃としてドゥーリトル空襲がクライマックスに入る
ドゥーリトル中佐(=アレック・ボールドウィン)の指揮で、レイフとダニーは作戦に志願する。空母から大型爆撃機を発進し、東京を空襲したあとそのまま中国大陸に着陸するという決死の作戦だ
燃料の消耗を減らすために爆撃機の重量を減らそうと、機銃を外しほうきの柄を黒く染めて取り替えるなど、史実に照らした描写が描かれる
その反面、実際の爆撃に関しては工場に「兵器工場」という看板がわざわざ掲げられ、小学校を誤爆したことは割愛されていた。主人公たちに汚名を背負わせられないからであろうが、自らのクリーンさをアピールするプロパガンダにしか思えない
どこの国でも戦争体験がジャンク化してしまうのだろうか


トラ・トラ・トラ! (完全版) [Blu-ray]トラ・トラ・トラ! (完全版) [Blu-ray]
(2011/04/22)
マーチン・バルサム、ジョセフ・コットン 他

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『高い城の男』 フィリップ・K・ディック

『ブレードランナー』の原作が一番有名?


高い城の男高い城の男
(2012/11/30)
フィリップ・K・ディック

商品詳細を見る


第二次世界大戦をドイツと日本が勝利した戦後。合衆国は戦勝国に分割統治され、アメリカ人は傀儡政府に支配され、枢軸国の人間に平身低頭する生活を送っていた。西海岸に住む故買商のロバート・チルデンは、日本人相手に戦前のアメリカ製品を骨董品として売ることで生計を立てていて……。様々な立場の男女が変貌した世界をサバイヴする!

「天才」と言われたSF作家フィリップ・K・ディックの代表作
ユダヤ人の職人フランク・フリンク(フィンク)、フランクの妻ジュリアナ、故買商ロバート・チルデン、日本の通商代表部田上信輔といった、架空の東海岸に住む人々が巻き起こす悲喜劇を描いている
現実の歴史と逆の結末をたどった戦後を描くことで、アメリカにおける日本人の印象、人種差別を赤裸々に暴いてみせているが、それは枝葉にすぎない
本物と偽物を対置させ、よく出来た偽物=模造品が本物を超えてしまうというテーマを中心にすえ、最後には近代的個人の自由意志、作家性まで否定するに到る
そうした高尚なテーマを抱えながらも、過酷な世界を生きる人々の情感も丁寧に掬い上げていて、なるほどSF史に残る傑作なわけだ

本作品の世界は、枢軸国が勝利した戦後
支配階層である日本人は、アメリカの骨董品を嬉々として買い集めバブル時代のロックフェラービル買収などを思い起こさせる。作品が出版された60年代では、まだ日本製品が安かろう悪かろうの時代のはずだが、西ドイツとともに旧枢軸国の復興が将来の脅威になりつつあったのだろう
故買商のロバート・チルデンはフランクの作った装具品が、日本人の容赦ないエコノミック・アニマルぶりに舌打ちし、模倣ばかりが得意と罵る
しかしフランクの装具品はその歴史性の無さから、田上の胸を打つ。今度はアメリカ人がより優れた模造品を作ることで、敗戦から立ち直るのだ。これも戦後日本の似姿のようだ
物語の世界は、ドイツと日本の核戦争を匂わせて終わる。冷戦の時代では、核戦争の世紀末はSFで散見されるもので、偽の世界の結末もそれにもれないわけだ

本作を重層的にしているのは、枢軸国が勝利する世界の中で、ソ連を除く連合国が勝利した架空戦記『イナゴ身重く横たわる』の存在である
その小説ではアメリカとイギリスが勝利し、両国の最終決戦でユニオン・ジャックが勝つ。本作の世界観に対応するような斜め上の結末である。しかし占領下の人々には、枢軸国勝利の現実より小説の虚構が勇気を与える
ネタバレをすると、タイトルの“高い城の男”とはこの小説の作者アベンゼンであり、彼は要所で『易経』を用いてプロットを決定していた。『易経』とは、古代中国から伝わる細い竹数十本を使う占い、占筮のバイブルであり、八卦と八卦の組み合わせより六十四卦のパターンから将来を占う
職人フランクや日本人田上も困ったときには『易経』で占っており、アベンゼンも例外ではなかった。この世界で読みつがれる名作(?)は、実は作家性を放棄したところで作られていたのだ
ここにおいて、近代小説におけるオリジナル=作家性の神話は否定される。まったくの模造品が、世界に流通し人の心を救ってしまう
驚愕すべきは、解説で明かされる真実である。この『高い城の男』は、本当に『易経』を用いて作られていた!!
登場人物たちが占筮するところでは、ディック本人が占筮して展開が決まったという。その発想がオリジナルである
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【読書メモ】司馬遼太郎の軍隊論

『街道を行く』第6巻に気になる文章があったので、メモ代わりに書いておく
司馬の戦車隊が本土決戦に備えて関東に移ったとき、避難民が北上して道路に充満した場合どう対応するか、大本営の参謀に聞いたという話

 そういう私の質問に対し、大本営からきた人はちょっと戸惑ったようだったが、やがて、押し殺したような小さな声で――かれは温厚な表情の人で、決してサディストではなかったように思う――轢っ殺してゆけ、といった。このときの私の驚きとおびえと絶望感とそれに何もかもやめたくなるようなばからしさが、その後の自分自身の日常性まで変えてしまった。軍隊は住民を守るためにあるのではないか。(『街道をゆく 6』 p36)


司馬のエッセイで何度も書いた有名なエピソードで、作家としての出発点と紹介されることもある
ただし、保守系の論客が元軍人たちにあたったところ、そういう作戦や指導の存在は確認できなかったそうだ
それはともかくとして、このエグい話から、単に軍隊否定に終わらず、軍隊の本質にまで切り込んでいく。長くなるが、引用する
 

しかし、その後、自分の考えが誤まりであることに気づいた。軍隊というものは本来、つまり本質としても機能としても、自国の住民を守るものではない、ということである。軍隊は軍隊そのものを守る。この軍隊の本質と摂理というものは、古今東西の軍隊を通じ、ほとんど稀有の例外をのぞいてはすべての軍隊に通じるように思える。
 軍隊が守ろうとするのは抽象的な国家もしくはキリスト教のためといったより崇高なものであって、具体的な国民ではない。たとえ国民のためという名目を使用してもそれは抽象化された国民で、崇高目的が抽象的でなければ軍隊は成立しないのではないか。
 さらに軍隊行動(作戦行動)の相手は単一である。敵の軍隊でしかない。従ってその組織と行動の目的も単一で、敵軍隊に勝とうという以外にない。それ以外に軍隊の機能性もなく、さらにはそれ以外の思考法もあるべきはずがない。(p37)


これが軍隊の本性だろう
対テロ戦争でハイテク化した兵器を持つにも関わらず、民間人に多くの犠牲者が出てしまうのは、つまりこういうことなのだ。近代の軍隊は相手の軍を潰すために協力な火力を持つのであって、具体的な住民を守るようにはできていない
まして他国の住民を守るために、自軍の兵士の犠牲を強要する作戦はとれないのであって、選択肢として住民を犠牲にするように傾くのだ
安全保障の論議でも、軍隊を動かすとはいったいどういうことなのか、その原理原則をわきまえないと悲劇が繰り返されることだろう


関連記事 『街道をゆく 6 沖縄・先島への道』

街道をゆく 6 沖縄・先島への道 (朝日文庫)街道をゆく 6 沖縄・先島への道 (朝日文庫)
(2008/09/05)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。