カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


『論文のレトリック』 澤田昭夫

原理原則から見直そう

論文のレトリック (講談社学術文庫)論文のレトリック (講談社学術文庫)
(1983/06)
沢田 昭夫

商品詳細を見る


論文を書くにあたって、重要なのは戦略性である!
本書は1983年の初版以来、論文の教科書としてロングセラーを続けている名著で、枝葉の文章論ではなく、全体を俯瞰し構造を重視した論文の理想形を説く
どこから読んでもいいオムニバスとなっているので、第一章から第五章まではいかにダメな論文、試験問題が出回っているかという、論文の書き方を知りたい読者からは迂遠な問題が論じられているが(苦笑)、中盤以降はエンジン全開
軽視されがちな文段(パラグラフ)の意味、全体を整理するアウトラインの作り方、バランスのとれた構成(添削例もあり!)、論文を書くための本の読み方、研究カードの使用法など、基礎論から具体的な作法まで、実践的なノウハウが詰まっている
読み終わると、今まで書いてきた記事がいかに考えなしだったかを気づかされる、ブロガーも必読の一書である

著者によると、論文の基本は問答にある
「問いを疑問文の形で切り出すこと」が、論文を書く最初の段階で、全体を貫く主題を決めることが論文の首尾一貫、信頼を保証する大前提となる
その次に、「構成、材料の配置」。小説的な「起・承・転・結」ではなく、序・本・結」が大原則であることを肝に銘じなければならない。序の問いと結の答えを結びつけるのが、論文というものなのだ
そうした構成を整えるために必須なのが、アウトラインだ。とりあえず書き出す、頭のなかでなんとなく書き出すではダメで、どう書いていくかあらかじめ予定を立てておかねばならない
具体的に「アウトライン」とは何かというと、いわば“目次の卵のようなもので、主題とアイデアを書き連ねただけの“落書き型”から、配置する順番を決める“見出し型”など、論文の容量と段階から様々な種類がある
ブログの記事からすると“落書き”でいいから、書き出す内容と順番を一度書いて把握するべきなのだろう

当ブログにぴったりの章もあった。「第十八章 ブック・リポートと書評論文」
ブック・リポートとは、不特定多数を想定した紹介論文で、「本の種類」「主な問い(主題)」「意図」「構成」「主要概念」「引用した資料」「結論」などの問いに答える。いわば読書の結果をまとめたものだ
これに対し書評は、本(論文)に対する評価が問われる。単にその本だけでなく、それに関連したものなかの位置づけを書かねば成らない。歴史小説でいえば、その作家の主要な作品を読むのはもちろん、似た主題の作品、どういう時代・状況で書かれたかも押さえなければならない
また、書評は批評なのだから、単なる賞賛、批判を越えて、「公正(フェア)」であらねばならない。この場合の「公正」とは、「著者の意図しなかったことを期待しない」「著者が置かれた不可避の制約条件を考慮にいれる」「マイナス面だけでなくプラス面も勘考する」こと
当方のブログにできるのは、頑張って「ブック・リポート」なのだが、「公正」を旨にして書評に近づけたいと思う
本書は学生に対して書かれているので、例文がかなり専門的な内容だったりと、読みにくいところはある。しかし、そのキモの部分はどんな文章にも通用する原理原則なので、お薦めであります


論文の書き方 (講談社学術文庫)論文の書き方 (講談社学術文庫)
(1977/06/08)
澤田 昭夫

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『自家製文章読本』 井上ひさし

巻末の解説も鋭い


(この画像はアフィリエイトリンクです)

いい文章を書くにはどうすればいいのか。井上ひさしが文豪や研究者の理論を参照しつつ、独自の感性で説く文章読本
今回は文法ではなく、表現の上から日本語の文章を分析していく。文法についても触れるが、より実践的にどう使うかが重視されている
著者のいうところ、作家たちの文章読本にはそれぞれの美学がこめられていて、偏りが激しい
例えば三島読本は、擬音表現であるオノマトペを卑しいとし、森鴎外の文章を称揚したが、実際の森鴎外はオノマトペをふんだんに使うこともあり、宮沢賢治を認めないことになる
谷崎読本の場合は、「簡」にして「要」を得る文章を勧めながら、本人の小説は「簡にして要を得ない部分に魅力がある」という鋭い突っ込みが入る(笑)
言文一致運動から転じた「話すように書け」といった文章の常道にも真っ向勝負を挑み、それを見事に押し切っていく著者の博識、洞察には唸らされた

名文と聞いて、どの文章読本でも取り上げられるのが志賀直哉
著者ももちろん志賀の文章を認めるが、名文=透明性の高い文章」という意見にはがっぷり四つで反論する
そもそも「名文=透明性の高い文章」論が広まった発端は、アランの『芸術論集』にあった
志賀も愛読したこの本には、詩は聞かれるものだから韻が大事になるが、散文は眼で読まれるものだから余計なものを剥ぎ取らねばならないとしていた。詩のようにライブで聞くものではないから、下手な強調は邪魔になるというのだ
これに対し著者は時枝誠記の文章論を引く

言語表現あるいは言語芸術というものは、これは時間的に展開していくものである。言葉をかえて申しますと、一目で全体を見渡すということはできないものなんで、つまり時間の一刻、一刻にそれが展開していく、そういう性質を持っており、これと類似したものは音楽である。音楽は時間の上に変化していく、時間の上に流れていく芸術である。言語も同じように時間の上に流れていく。私がいまこうやってお話している私の思想を、私の話を一目でずっと捉えるということは、これは不可能なのであります。(p27-28 時枝誠記「国語研究」『文章論の一課題』の孫引き)

つまり、散文と詩は対立するものではなく、文章は楽譜のような存在なのだ
極めつけは、『城崎にて』の評価だ。数々の文豪が透明性が高いと褒め称える名文を、むしろ技巧の極致とし、文章意識の高く修辞が尽くされているとする
なぜ、文豪たちは透明性の高い文章と評したのか。おそらく、彼らの文章が個性的すぎたからではないか
素人は文章読本のことを真に受けずに、どうやったら受けるか、人目を惹くかという次元から文章を練るべきというわけだ

いい文章を書きたきゃ、名文を読むべしということで、文章の引用が非常に多い
ものによっては数ページに渡ることもあるので、唖然させられるが(苦笑)、それぞれ意味のある例示なので抽象論に終始するより理解は深まるだろう
そうしておいて「文章の燃料」の章では、『よい文章をいくら読んでも、われわれは「解釈」を手に入れるだけではないか』(p205)と突きつけられる
いい文章を書くには見よう見真似だけではダメで、なんのために、なにを、どのように、書こうとしているのか。それを必死に考えることがとりあえず文章の燃料になる」(p220)
いい文章を書く秘訣は、技巧ではなく動機にあったのだ


関連記事 『私家版日本語文法』
     『井上ひさしと141人の作文教室』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『私家版 日本語文法』 井上ひさし

ピンク広告から哲学者まで

私家版 日本語文法 (新潮文庫)私家版 日本語文法 (新潮文庫)
(1984/09/27)
井上 ひさし

商品詳細を見る


日本語の作法とはなんなのか。教科書的文法と作家の意地を戦わせながら探求する、井上ひさしの文法論
『作文教室』初心者用の入門書としてすれば、本書は中級者以上向けで、より深く文法の意味、源泉、変遷を追求している
たとえば「は」と「が」の使い分けでは、『作文教室』で掲げていた大野晋の説に対し、三浦つとむ川本茂雄の説を引き出し批判を加えている。三浦は「既知=は」「未知=が」の大野説に、「吾輩は猫である」などいくらでも「未知=は」の例はあると反証し、「が=部分」「は=より全体」を掲げた
川本説は「が」を使うことによって、それ以外の部分の優先順位を下げる効果があるとして、その文の中心を「が」が担うとしている
著者はというと、「が=強く」「は=穏やか」と曖昧な結論に落ち着いてしまうものの(苦笑)、これが実は真意で、「言葉とは文法で仕分けできるほど簡単なものではない」「下手に仕切ると表現の幅が狭くなる」という哲学がある

形容詞、接続詞、接続助詞、副詞、時制と様々な観点から文法を点検して、浮かび上がってくるのは、日本語が古代から海外の影響を受けつつ、移り変わっていったということだ
かな文字がなく漢字で表現している時代も、訓読みをあてはめ新しい漢字を作り出し、当初から中国での使われ方とかけ離れていた
近代に入ってからの変化は強烈で、近代日本語は欧米語の体系なしには説明できない
海外の事物を日本人に伝達するため、それに合わせて日本語を変える言文一致」の運動が連綿と続けられた
たとえば二葉亭四迷は、顔の容貌を詳細に描く、会話体の多用、抽象名詞の主格などの欧文体を輸入したし、「○○ので」などの従属副詞句「○○られて」などの受身形も欧文の産物だという
歌謡曲の売り上げベストテン(1980年!)を見た友達のオーストラリア人から「外来語」が多すぎると抗議を受けたことから、近代日本語の章は始まっているが、著者に言わせると日本人は絶えず海外のものを咀嚼し右往左往してきたわけで、長い目で見れば収まるところに収まっていると観る

最後から二つ目の章、“「のだ文」なのだ”が面白い
なぜ最近の雑誌(80年代)に「のだ」が多用されるかについての考察なのだが、その発端は深夜ラジオのディスクジョッキーにあるとする
他の特徴に、「だ止め」の乱発「体言止め」の跳梁呼びかけ調の連発(「○○してみないか」)、語尾の多様化(「○○ですな」)等があげられている
そう、この傾向は、ライトノベルやブログなどネットで散見されるものでもあるのだ
氏によると、「のだ文」は夏目漱石から森鴎外、永井荷風らが巧みに使っていたそうだが、さすがに現代ほど多用はされていない
では「のだ」の効用とはなんだろうか

・・・「だ」はつまり言葉を節約するはたらきがある。「だ止めの乱発」は、だから読む者にスピード感を与える。また小さく区切られた欄の中の文章に「だ止め文」が多いと、いかにも情報を圧縮してあるような錯覚に捉えられる。カタログ雑誌の編集者たちの狙いも、そのへんにあるのではないか(p268)

「だれがガラスを割ったのですか」
 ガラスが割れているとは、すでに旧情報に属する。その旧情報を基に新情報を得ようとするには「……のですか」という「のだ文」を使わねばならない。(p269)

例に挙げられた雑誌の特徴はみなスポンサーのついたカタログ誌であることで、この「のだ文」は若者へのセールスとして生まれたのだ

本書は堅苦しい議論を展開する反面、様々なジャンルから例文を取り寄せて読者を飽きさせない
歴史的な文学、古典から、宙吊り広告、ソープ嬢の対談、スワッピング夫婦の告知板、事件関係者の遺書、と著者の趣味で下世話なものが多く使われている(笑)
無機質な文法用語で理解したものと、物語作品で読んで感じたものとのギャップを埋めてくれるので、言葉を使うにも読むにも本書の効用は大きい
今、自分の使っている言葉を確かめよう(この呼びかけがセールストークなんだな)


関連記事 『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』
     『自家製文章読本』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』 井上ひさし

ちょうど、『いねむり先生』も並行して読んでいたから、つながりに驚いた

井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 (新潮文庫)井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 (新潮文庫)
(2001/12/26)
井上 ひさし

商品詳細を見る


本書は井上ひさしが岩手県一関市で1996年で三日ほど開いた「作文教室」での講義を元にしている
阿佐田哲也こと色川武大が一関市で亡くなり、その膨大なコレクションを文学館に保存する「文学の蔵」を設立する構想があって、自身も疎開中に世話になった土地でもあることから「作文教室」を開くことになったそうだ
「文章教室」ではなく「作文教室」である理由は、文の集まりの文章からではなく、文そのものを作ることから問い直すという意味があり、当たり前のように使っているひとつひとつの言葉からその成り立ち、隠された意味を明らかにしていく
なんとなく感覚で使用している言葉でも、使い方ひとつで文章を生かし殺しもすることが例示されていて、後半の添削なども参考になる
主義主張には相容れない部分もあるものの、文章の基本をこの方の著作から学んだ
今まで書いた文章にどれだけ反映できたかは、忸怩たる気持ちはあるものの、基本から見直していきたいので、他のもおいおい上げていきます

読み進むたびに、自分がいかに言葉を軽んじてきたかわかる

「ので」とか「から」とか「――なので」「――だから」と書いたとたんに、文章が難しくなってしまうのです。理由」を、次に言わねばならないからです
(略)
 文章をキチッと、スリムに簡潔にわかりやすく書くために、絶対に使ってはならない言葉があるんですね。
――が、なんていうのも、そうです。(p25-26)

うわあ、自分が読みづらそうな、テンポの悪い文章になる理由はこれだ(泣

 題名をつけるということで三分の一以上は書いた、ということになります。(p29)

ブログと普通の文章は若干異なるといっても、読者の気を惹くという点では同じ。僕の記事は最初の勝負に負けているのかも

 いちばん大事なことは、自分にしか書けないことを誰にでもわかる文章で書く(p31)

すべての表現の基本的な姿勢で、不特定多数の目にさらされるブログではなおのことだ
この読み手のことを考えるのが、氏の文章論の基本で、そのために誤読されないように句読点を打つ、段落・改行をする、間違った言葉遣いをしないことが大事になる

「分かりやすい文章」とはなにか
氏は人間の記憶をうまく利用した文章だとする。記憶には「短期記憶」「長期記憶」の二つがあって、文章を書くときには「短期記憶」に入る容量にとどめ、その積み重ねで「長期記憶」に影響を及ぼさなければならない
「短期記憶」の容量はだいたい十個、時間にして20秒足らずらしく、文章でいうと必要な情報が一つの文に1~2個あれば充分で、それを超えると「分かりくい文章」となる
名文家ほどこの短期記憶のリズムを感覚的に知っていて、なるべく千切って一文にしている
余分なことをいかに書かないかというのがキモで、日本語の特徴を生かして主語を省く接続助詞を使いすぎない、等の工夫が必要になる
本書は「は」と「が」の使い分けなど、基本的なことから掘り下げられて、その深い洞察には恐れ入った


関連記事 『私家版 日本語文法』
     『自家製文章読本』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『思考の整理学』 外山滋比古

マエケンが代わってラッキーだと思ったら、サファテ球が速い・・・

思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る


情報化時代では他人の考えで動くグライダー人間ではなく、自分で考える飛行機人間が必要となる。この見地から、考えるとはどういうことか、どうすれば考えをまとめ次に生かすことができるかを提案する思考読本
タイトルからギリシャ哲学とか抽象的な話になりそうだが、さにあらず。考える時間はいつにしたらいいか、読書の内容を記録するにはメモかノートか、など極めて具体的なノウハウが紹介されている
特徴は、考えない時間」を大事にすること
夜考え詰めずに、朝一番に考えをまとめる。考えが袋小路に入ったら、慌てずにしばらく放っておく。時には忘れる努力すらして、記憶の中から余分なことをそぎ落としていく
コンピューターという記憶巧者がいる世界では、余計なものを頭から追い出すことが重要となる

本書では調べ物の記録法が、幾つか紹介されていて、カード式、ノート式、次に出てくるのがつんどく法
「つんどく=積み読」とは、本来読まない本が積まれた状態を指すものだが(管理人の常態!)、著者の「つんどく法」とは集めた参考文献を片っ端から読んでいき、途中での記録をメモに留め次の本へ向うもの

 すべては頭の中へ記録する。もちろん、忘れる。ただ、ノートにとったり、カードをつくったりするときのように、きれいさっぱりとは忘れない。不思議である。
 どうやら、記録したと思う安心が忘却を促進するらしい。
昔、ある大学者が、訪ねてきた同郷の後輩の大学生に、一字一句教授のことばをノートにとるのは愚だ訓えた。(p92)

もうひとつは関心がものを言う。メモやノートをとらなくても、興味のあることはそんなに簡単に忘れるものではない。忘れるのは、関心のないなによりの証拠である。知りたいという気持が強ければ、頭の中のノートへ書き込めば、なかなか消えない。もっと頭を信用してやらなくては、頭がかわいそうだ。当たってくだけろ派はそういう風に考えるのである(p93)

同じテーマの本ならば、1冊目は時間を食うものの、2冊目以降は内容が重複するものが増えていくから、理解のスピードが上がっていく。これが「つんどく法」の強みだ
この手法、細かくメモをとるのが面倒な人間には理想的に思える。もちろん、このやり方でも最後はまとめのノートを録らなければならない
管理人自身も似たようなことをしていたつもりだが、問題はジャンルがバラバラなことだ(苦笑)。全く違った知識があらぬところで結びつく「らんどく法」なるものを編み出せればいいんだが

本書の思考法、整理法が即役立つかというと、けっこう人を選ぶと思う
学者さんが考えた整理法なので、基本はインテリ、学生向け学生にしてもバイト中心の人間だと、試験の論文対策とか有効性は限られるだろう
なにしろ、「分からなくなったら放っておく」手法など、忙しい人間には取りようがなく、ビジネスマンには悠長すぎる。本書に語られた手法の天敵は、〆切りなのだ(笑)
時間を幾らかけても追いかけるとなると、一部の専門職を覗けば趣味、道楽の世界。実は、ブログに傾注している人間に一番向いているのかもしれない
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。