カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


『モナリザ・オーヴァードライブ』 ウィリアム・ギブスン

読み返さざる得ない入り組みよう


モナリザ・オーヴァドライヴ (ハヤカワ文庫SF)
ウィリアム・ギブスン
早川書房
売り上げランキング: 307,404


抗争の激化から大物‟ヤクザ”の娘・久美子は、ロンドンへと向かう。しかし、匿ってくれるはずのスウェインが、電脳世界の一件に噛んでしまったことで、危険な街へ飛び出す羽目に。一方で、タリィ・アイシャムに変わってネット・アイドルの頂点に登り詰めたアンジィ・ミッチェルは、自身をすり替える陰謀を察知してこちらも逃亡。意識不明の‟伯爵”ボビィ女殺し屋モリィまで絡んで、マトリックスの秘密へと迫る

『ニューロマンサー』『カウント・ゼロ』に続く三部作最終巻
前作は三つのプロットが絡み合ったが、本作は‟ヤクザ”の娘・久美子、電脳空間のアイドルになったアンジィ、それに少し似てるという16歳の少女モナ、ロボットを作るジャンク屋のスリックと、四人の視点で物語が同時並行していく
さすがに四つの筋でローテーションを組まれると、読者には把握しづらいし、どうしても展開が遅く感じてしまう。前作では挨拶代わりの派手なオープニングが用意されていたものだが、本作はどれも普通に盛り上がっていくので、背表紙に書かれたような疾走感は感じられなかった
読者の性格にもよるのだろうけど、同時並行するプロットは三本が限界かなと思える
ただ展開が中盤まで渋くとも、四つのプロットが収斂する山場は熱いロボットの活躍も日本人好みだ(笑)
前作とは違い、シリーズの最終巻という性質が強く、ぼんぼん説明もなく固有名詞が飛び出すので前々作、前作の既読が望ましい。ただ解説によると、本場のファンすら引用された日本語のせいでチンプンカンプンだったというから、本作から入り謎を追って遡る読み方もありだろう

本作のタイトル、『モナリザ・オーヴァードライヴ』とは何を意味するのだろう
視点となる三人の女性、久美子、アンジィ、モナはどれも騒動に対して巻き込まれていく。自己防衛のために戦ったり、自身や世界の謎を挑んだりするものの、「オーヴァードライヴ=暴走」するわけではない
暴走する女性といえばネタバレになるが(苦笑)、騒動を起こす「黒幕」3ジェイン・アシュプールしかない
3ジェインは、電脳世界=マトリックスを作ったティスエ・アシュプール社の一族。創業者夫妻の多数いるクローンの一人であったが、前々作の事件で財閥を潰したもののマトリックスの中で生きる‟半神”となっている
電脳世界が発達した本作の時代には、擬験(スティム)」と呼ばれる素人でも簡単にスターに成りきり体験ができる娯楽が流行していて、十数年君臨したタリィ・アイシャムに代わって、前作のヒロインであったアンジィ・ミッチェルが新しいアイドルとして頂点にいる。3ジェインがその彼女に嫉妬して、抹殺しようとしたのが今回の騒動の出発点なのだ
彼女の恋人である‟伯爵(カウント)”ボビィは、アンジィを守るために身を挺して3ジェインが籠る電脳空間の箱「アレフ」を確保し、キッド・アフリカ(容貌はプリンスがモデル?)に頼んで、ジャンク屋のスリックの元にジャックインしたまま運び込まれたようだ
3ジェインの暴走は、久美子が自殺した母の秘密に迫るきっかけを与えていて、騒動の外側にいる彼女の問題を上手く解決させている

物語のオチについては、リアルより「電脳世界」が上位である世界観に忠実なものだった
第一作『ニューロマンサー』において、高度に発達したAIがマトリックスの世界では「半ば神」、人間同然の存在となったが、本作ではリアルで死んだ3ジェインが力を示したように、人間もまた電脳世界に身を投じ切ることで同じく「半神」となる
身体すら人為的に作れてしまうサイバーパンク的未来において、人間が人間たる所以は精神的なもの、「意識」しか残らないという思想がリアリティを持ってくる。本作では攻殻機動隊ほどの逡巡もなく、主要人物が電脳世界だけの存在に身を投じてしまう
ギブスンはアップルコンピュータの広告から未来をイメージしたといわれ、当時はまだ見ぬネット社会に対してかなり楽観的な時代だったのだ。それにしても、身体を捨てるのに抵抗がなさ過ぎるぞ(苦笑)
作品内で言及されているように、ネットの中の「神」といっても、電気のない場所では存在すら許されない。インターネットが現実化しいろんな歴史を持ってしまった今となっては、出来過ぎに見えてしまうだろう


前巻 『カウント・ゼロ』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『カウント・ゼロ』 ウィリアム・ギブスン

キャラの立っていた人たちが、あっけなく瞬殺されるのだけがアレ(苦笑)


カウント・ゼロ (ハヤカワ文庫SF)
ウィリアム・ギブスン
早川書房
売り上げランキング: 318,223


ハッカー志望の少年ボビイは、電脳空間へ初めてのジャックインした。経験不足から防御ソフト=アイスに捕らわれてしまうが、不思議な少女の声を聞くや離脱することができた。その一方、ニューデリーで身体を破壊された傭兵ターナーは、大企業マーズの施設から研究者を連れ出す仕事を請け負わされる。そして、失敗したばかりの画商マルディは、大富豪ヨゼフ・ウィレクから謎めいた「箱」の作り手を探すことを依頼されて……

『ニューロマンサー』と世界観が共通する続編的作品である
初心者ハッカーのボビイと、失意の画商マルディ、全身を破壊された状態から再生したガチムチ傭兵ターナーの三人が主人公で、それぞれの物語が並列して展開される
普通こうした構成だと、半ばも過ぎれば収斂されるものだが、これが中々交わらない!
中盤でもボビイが電脳世界で聞いた少女の声と、ターナーが救った謎の少女が淡い共通項として浮上するのみで、マルディは二人の話から全編を通して独立していて、ウィレクの口からターナーが連れ出そうとする研究員の会社マーズの生体チップが話題に出るのみだ
というわけで、いつ交わるのかと期待を胸に読み進まざるえず、最終盤でようやくカタルシスを味わえるのだ
洗練された文体に、読者を釣りに釣る構成、さらには前作『ニューロマンサー』の後日談もあって、エンターテイメントとして至高の出来栄えなのである

前作と同様に、全世界を覆う電脳世界脳みその一部から全体を再生する医療技術クローン技術で生み出されるニンジャ、そうした進み過ぎた技術や頽廃した社会については特に批評性はない
あくまでそうした世界に生きる主人公に寄り添っていて、SFというよりSF的世界で展開されるファンタジーである
ただし本作に限っては、アンジイという特別な脳を持った少女がヒロインたることで、それを使って生命維持装置から抜け出し不老不死を保とうという老人の野望は悪と見なされる。なんでもありの世界でも、老人が先行きのある少年少女の邪魔をしてはならないのだ
もっとも不老不死的な存在は電脳世界に漂っていて、半ば神として現れて主人公たちに訓示を与えていく。彼らの正体こそ、『ニューロマンサー』の結果として生まれた、AIがマトリックスに融合した‟半神”とおぼしい
オリジナルとコピーの境目どころか、創造者と被造物の境目すら氷解してしまうという、なんとも奇怪な世界が描かれているのである


次作 『モナリザ・オーヴァードライブ』
前作 『ニューロマンサー』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ニューロマンサー』 ウィリアム・ギブスン

頭に電極以外の部分は、かなり実現しているかも


ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

早川書房
売り上げランキング: 14,483


ケイスは、電脳世界にジャックインする元‟カウボーイ”。闇の技術と混沌が支配する千葉シティーで身をやつしていた彼だったが、殺し屋の女モリイに誘われ、謎めいた依頼人アーミテイジと出会う。カウボーイとしての能力を復活させることと引き換えに、大企業の電脳世界へ突入し、そのAIと接触するが……

頭部に専用の電極を差し込むことで、現実とコンピュータの電脳世界を行き来するサイバーパンクの金字塔である
初出が1984年と、個人が使用するコンピュータ〝パソコン”が大衆へ普及し始めた時代であり、肉体に情報端末を埋め込むプログラマーがフリーの傭兵として活躍する
その〝カウボーイ”の戦場は単なる三次元のプログラム世界ではない。地球全体、というか宇宙植民地含めた人類社会全体が、コンピュータによって視覚化されたデータに描かれる「電脳世界」に覆われており、現実世界と並列し密接に関連している。例えば、主人公ケイスは電脳世界へジャックインすることで、ヒロイン格のモリイの視覚に張り付いて、情報と知覚を共有できたりする
世界が情報ネットワークの中に取り込まれ、身体のサイボーグ化など肉体が技術に圧迫された環境こそが、サイバーパンクの特徴を為すものなのだ
複雑な世界観ながらその文体は説明が最低限で、視点となるケイスの心境に殉じてときに無骨、ときに詩的と独特のリズムを刻む。淡々とした描写に油断していると、パラグラフの末尾にドロンと情感があふれ出す。SF要素を散りばめた、立派なハードボイルドなのである

作者は『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作をしたはずの映画『ブレードランナー』を観て、映画館を飛び出したという。映画の未来都市があまりに、自分の作品のイメージに近かったからだ(映画の製作より、ギヴスンの作品が先)
進みすぎた技術に倫理が追い付かず、欲望のままサイボーグ化した人間が溢れる未来都市像は、同時代以降の作品にあまりに大きな影響を与えた。千葉シティは妻が教える日本人を見て想像をたくましくしたそうだが、タルコフスキーの『惑星ソラリス』にもあったように、日本の東京都心は80年代まで近未来のイメージを発散していたものだ
管理人の世代でサイバーパンクというと、攻殻機動隊あたりになるのだが、技術に対するスタンスがかなり違う。攻殻だと頭部に情報端末を埋め込む自体に「そうやる前にもっと考えるべきだった」と、無秩序に導入される技術への警句がちりばめられている
しかし本作には全体化したネットワーク社会に対する反骨心はあるものの、人間のサイボーグ化には違和を表明しない。身体への浸食にきわめて楽観的なのだ
技術の進歩に対する説教がないところが、良くも悪くもイケイケの80年代を感じたる次第である


次作 『カウント・ゼロ』

関連記事 【DVD】『惑星ソラリス』


シャドウラン 4th Edition 上級ルールブック ランナーズ・コンパニオン (Role&Roll RPG)
アーロン パヴァオ
新紀元社
売り上げランキング: 292,252


RPGでサイバーパンクというと、コレ
元ネタのはずの『ニューロマンサー』からして、TRPGのような役割分担があったりもして
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『武器製造業者』 A・E・ヴァン・ヴォークト

謎すぎる作者のバランス感覚


武器製造業者【新版】 (創元SF文庫)
A・E・ヴァン・ヴォークト
東京創元社
売り上げランキング: 323,792


“不死人”ヘドロックは、太陽系を統べる「イシャー帝国」とそれに対抗する「武器製造者ギルド(武器店)」の間が深刻化するのを防ぐべく、一人の帝国軍人として潜入していた。双方から裏切りを疑われた彼は姿を消しつつも、恒星間移動できる宇宙船が製造されたことを察知。その宇宙船を乗っ取って、小型宇宙船で外宇宙へ追っ手を逃れたが……

『イシャーの武器店』の時系列的には作品的続編。ただし、製作時期はこちらのほうが早い
『イシャーの武器店』にもでてきた“不死人”ヘドロックが主人公であり、ヒロインは女帝イネルダ。二人との関わりから、イシャー朝と武器店の誕生の秘密が明かされる
展開はこれも前作同様、短編集をまとめた“fixed-up”という手法ではないかと思うほど、ごったがえしている。女帝に死刑を宣告されそうになった直後に、武器店にも同じように処分を受けて逃走。その途中でとある武器店支部に訪れたギル・ニーランに出会って、その弟の行方不明を知ったことから恒星間移動できる宇宙船にたどりつくという忙しさである
そうした活劇を可能にするために、主人公には長い歴史を生き抜いた“不死人”という設定があり、不死身ではないものの過去に開発した秘密兵器を駆使して、ピンチを潜り抜けていく
というふうに、いろいろとぶっとんだ設定と展開が繰り広げられつつ、なんだかんだロマンスに落ちてまとまってしまうという、力技の作品である

これ以上書くといつものようにネタバレになってしまうのだが、書いてしまおう(苦笑)
ヘドロックはとんでもない長命であり、彼はイシャー朝と武器店の創設そのものに関わっている
現存の支配体制を作った、まさにの存在であり、“不死人”であることを隠しながらも、各時代のイシャー朝の女帝たちと関係をもってその血統を維持してきた
彼のデザインした武器店の役割は、国民ひとりひとりが武装する銃社会と、法律を盾に不合理と戦う訴訟社会を目指すもので、そのままアメリカ社会の理想でもある
もっとも、作品内でも理想どおりには進まない。武器店はヘドロックの秘密を明かそうと帝国の支配体制を崩すところにまで突き進んでしまい、ヘドロックはその“神の手”ともいえる科学技術を駆使して、是正せざるを得ない。まさか、巨人を進撃させるとか、たまげたなあ(笑)
冷静に考えると、一人の隠れた神=独裁者によって成り立つ体制であり、エルガイムのアマンダラ・カマンダラを思い出してしまった
ヘドロックのやりたい放題に思えるが、さらに恐るべき能力を持った“蜘蛛族”が彼の首根っこを押さえつけていて、かろうじて作品の均衡が保たれている
“蜘蛛族”はまさに機械仕掛けの神=デウス・エクス・マキナ神の上にさらに神がいて、その神も思い通りにはならないという、外が見えない入れ子構造であり、ぶっとんだ設定をさらなるぶっとんだ設定で帳尻を合わせるという、ほんとうに妙な作品だった


前作 『イシャーの武器店』

関連記事 『重戦機エルガイム』 第1話~第3話
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ループ』 鈴木光司

安原顕の解説はスルーしよう


ループ (角川ホラー文庫)
鈴木 光司
角川書店
売り上げランキング: 108,908


科学者の父を持つ二見馨は、10歳のときに重力分布図と長寿村の関係を読み解き、アメリカへの旅を約束した。しかし、その後に父の幸彦が悪性のガンにかかり、約束は果たされないままだった。10年後、馨が医学生になったとき、世界には幸彦がかかったウィルス性のガンが蔓延し、それは樹木や動物にまで冒されていた。気に病む彼は父と同じ病院に息子を入院させている礼子と関係を持つが……

リングシリーズの完結編としては、やや外してしまっただろうか
『リング』『らせん』は、『らせん』内に小説『リング』が登場するように、入れ子構造になっていた。本作と『らせん』も同じように入れ子構造となっている
『らせん』によって『リング』の意味が変わったように、『ループ』によって『らせん』の意味が変わってしまうが、変わり方がどうもよろしくない。あまりにぶっ飛び過ぎて、『リング』の続編である必要がないのだ。関連付けはなされても、前作・前々作を矮小化してしまっている
前々作のホラーから前作はサイエンス・ホラーに化けたが、今回は完全なSF。ガンとの絶望的な戦い、患者とその家族の辛さは執拗に描かれているし、アメリカの砂漠の描写は迫真であるが、シリーズとして意識したときに貞子が出てこないのが寂しい

勢いよくネタバレしてしまおう。『らせん』の世界は、本作の世界にあるスーパーコンピューターに作られた仮想空間『ループ』である!
前作までの話を読んでいると、ガンのウィルスがリング・ウィルスであることはすぐ分かるし、仮想空間で人工生命の研究がなされていたこととつなげると、わりあい連想しやすい
小説としても、これほど巨大なプロジェクトで予算が割かれて、かつ関係者が不審な死を遂げているのに、日米の国家機関がまったく為す術がないというのが不思議で、エリオットが行った非人道的な実験をどこにも漏れていないというのも解せない
作者が書きたいこと以外を簡略化し過ぎていて、終盤に近づくごとにリアリティが落ちていくのは残念だった
主人公の自己犠牲的なラストも、「正攻法だと時間が足りないから」というも切ない。殺す気まんまんじゃないすか

と、ネチネチ書いてしまったが、読後感は悪くない。作者の文章力が力強く、すがすがしい気分にさせられるのである。すごい腕力だ


前作 『らせん』




ドリームキャストで発売された『リング』というゲーム
一見、クソゲーだが、じつは『ループ』の設定が生かされたシリーズを総括する内容でもあったらしい
まあ、やりたいかというと……
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『イシャーの武器店』 A・E・ヴァン・ヴォークト

銀河黙示録ケイル


イシャーの武器店 (創元SF文庫)
A.E.ヴァン・ヴォークト
東京創元社
売り上げランキング: 707,843


7000年の未来、地球は女帝イネルダを戴くイシャー王朝に支配されていた。その圧政に対抗すべく、数千年に渡って戦い続けてきたのが武器製造者ギルド。様々な特殊武器と科学装置によって、帝政の腐敗を是正してきた。だが、帝国側がギルドが予期せぬエネルギー兵器を使用したことで、時空に歪みが生じてしまい1951年から新聞記者が未来に流れ着いてしまう。ギルドは彼に蓄積した膨大な時間エネルギーを利用しようとするが……

なにかのSFの解説に名前が出ていたので、読んでみた
作者のA・E・ヴァン・ヴォークトは、SF小説における「ワイドスクリーン・バロック」という手法を確立した作家いわれる。wikiの定義を見ても良く分からないのだが(苦笑)、SFの条件を満たしながら社会風刺ともに冒険小説であり、政治小説にも純文学的でもあるという、ひとつの作品に様々な輝きを放つことの喩えのようだ
代表例として挙げられる、アルフレッド・ベスターの『虎よ! 虎よ!』には数冊分のプロットが一冊に放り込まれたような濃度を感じたものだが、本作も同様の濃さがある
もっともこの作品は、同じ世界観で書かれた短編を一冊の長編小説としてリライトする、作者いわく“fixed-up”という手法を用いていて、本当に元は複数の物語だったのだ

そんなわけで、1951年の新聞記者マカリスターが、7000年代の武器製造者ギルドに迷い込んだかと思いきや、次の章ではケイル・クラークの物語が始まってしまう
ケイルは田舎町に住んでいて、「オラ、こんな街いやだ」と店を継がずイシャー朝の都へと旅立つ。軍人さんに渡りをつけて、ここから銀英伝でも始まるかと思えば、急転直下の展開で地下王国へ送られるカイジのような状態に陥ってしまう(笑)。福本ファンなら、イシャー朝=帝愛と連想してしまう
武器製造者ギルドの面白いところは、帝国の圧政と戦いながらも、帝国そのものを倒さないこと。あくまでその腐敗を正すのみで、政治体制の変更は求めない。市民オンブズマンのようなNGOなのだ
そのイデオロギーは、人間は自分でその身を守らねばならぬと自衛専用の武器を販売し、不正に関しても市民自らがそれを正そうとする自覚を求める。どんな政体であろうと、そうした市民の意思がなければ腐敗はなくならないというのだ
解説いわく、アメリカのリバタリアン=自由主義の精神なのである
武器を所持するところは合衆国の伝統そのものであり、イシャーの若き女帝は大英帝国の歴代女王を彷彿とさせる。舞台は超未来でも、きわめて新大陸の歴史を感じる作品である


次作 『武器製造業者』

関連記事 『虎よ! 虎よ!』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『宇宙のランデヴー』 アーサー・C・クラーク

なるほど、これぞSFという傑作


宇宙のランデヴー
宇宙のランデヴー
posted with amazlet at 16.08.11
早川書房 (2013-04-26)
売り上げランキング: 66,575


2130年、太陽系に突如、謎の天体が現われた。ラーマと名づけられた天体は、自転する円筒型であり、人工の建造物としては驚異的な大きさを誇っていた。太陽系の人類を代表する「惑星連合」に選ばれたノートン中佐は、探査チームの隊長として宇宙船エンデヴァー号へ乗り込む。ラーマで彼らを待っていたのは、巨大な海と謎の機械文明だった

素朴で力強い冒険物語だった
22世紀の未来でも、小惑星クラスの人工天体は超科学。特に敵対する存在がでてこずとも、その未知の空間を手探りで歩くだけで立派な冒険となる
ラーマという巨大構造物、太陽に近づいて激変する気候、役割を持った機械生物……そのひとつひとつと出会い分析することから、異星の高度文明の姿が明らかになっていく過程が巨大なミステリーなのである
解説では、アーサー・C・クラークの作品の特徴として、異星人が理性的で話せそうな相手あること、未来に楽観的であると孫引きで指摘されているが、果たしてそれはどうか
人間を歯牙にもかけず通り抜ける本作の宇宙人は、理性的と同時に怜悧であり、宇宙に人間の及びもつかないものがいるという、背筋の寒くなる世界観である

ラーマは自転する円筒型であり、遠心力によって擬似重力を作り、内部に地面を生み出す
そう、この形態はガンダムのコロニーに似ているのだ
シリンダー型のスペースコロニーの先駆者は、素粒子研究者ジェラード・K・オニール。地球と月の引力で安定する地点「ラグランジュポイント」に設置し、地球上と同じ環境を再現させる構想は、ガンダムにそのまま引き継がれている
ラーマではさらに飛躍した科学が備わっていて(あっ、完全なネタバレになる……)、そこでは全ての根源となる水が海として存在していて、必要に応じて機械生物を組み立てて動員し、役割を終えれば解体して水に戻す
そして、それら秩序だったプログラムを生み出した超然としたラーマ人が存在するのだ
「ラーマ人は何ごとも、三つ一組にしないと気がすまない」。そんな謎めいた言葉で締めくくられる本書だが、その後、ジェントリー・リーとの共作という形でシリーズ化されているそうだ。そこでラーマ文明の謎が説き明かされるのかもしれない


宇宙のランデヴー2〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)
アーサー・C. クラーク ジェントリー リー
早川書房
売り上げランキング: 736,497
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ノヴァ』 サミュエル・R・ディレイニー

いっぱい聞けていっぱいしゃべれる……ではなくて


ノヴァ (ハヤカワ文庫SF)
サミュエル・R. ディレイニー
早川書房
売り上げランキング: 612,579


32世紀。人類文明そのものといえる超大国ドレイコに対して、プレアデス連邦は独立し両者の軋轢は頂点に達していた。希少資源イリュリオンを握るドレイコに対して、プレアデスの実力者ローク・フォン・レイは、恒星の爆発からイリュリオンを大量採取しようとクルーを募っていた。そこへジプシーのマウス作家志望のカティンらが乗り込み出航するが、その後をロークの宿敵プリンスルビー・レッドが追っていた

ちょいと、読みにくかった
読みにくい原因は、プレアデス連邦の方言が片言として表現されているためで、そのプレアデス弁の会話が多いせいで、なかなか頭に入ってくれないのだ
訳者のあとがきによると、それは原文の持ち味を損なわないための工夫であり、「作者も途中で煩雑なのに気づいていた」らしい(苦笑)。逐語訳の大事さは分かるものの、タロー(タロットカード)の解釈など、大事な部分が片言で語られるのは、読んでてしんどかった
物語の大筋は、遠い超未来に爆発する恒星の中心に向かってレアメタルを採取するというシンプルな冒険物ながら、作者の分身ともいえる感性のマウスと理屈のカティンの哲学談義に、物語の裏には聖杯伝説が隠されているという。こうした重層的な構造と進化する文明に対する人間への信頼から、作者の最高傑作の呼び声が高いらしいが、管理人的には上手く整理できてなくて無駄に難解になっている気がする

32世紀の超未来では、機械文明の進歩による管理する人間の無責任さ、無気力を解消するために、23世紀の哲学・心理学者アシュトン・クラークの提唱によって、人間にソケットが植え込まれて機械と直につながる神経プラグが開発された
これにより、人間はつながった機械を自らの手足のように使えて、機械文明のなかでの人間性の問題、精神病の大部分が解決したという
地球に住むジプシーたちはそれを拒否し続ける存在ながら、主要人物のマウスはソケットをつけてサイボーグ化(!)しつつも、アナクロの感性を持ち続けるハイブリッドな新人類として好意的に描かれる
『攻殻機動隊』などと比べると、ずいぶんテクノロジーに対して楽観的である
聖杯伝説の関連では、ローク・フォン・レイの怨敵にして最愛の女性であるルビー・レッドを豪快にやっつけてしまったことに違和感が残った。一説によっては、手に入れる聖杯は女性を表すともいう
プレアデスが沈むかドレイコが沈むかという冷戦構造のような二項対立を、一方の勝利によって肩をつけるのは、聖杯伝説にそぐわない。プレアデスはドレイコ=グレートブリテンから独立するアメリカのような存在なので、資源の独占を打ち砕くレボリューションこそが大正義なのかもしれないが
と、引っかかる部分はあるものの、マウスが映像楽器“シリンクス”を駆使して披露するファンタジー、クライマックスの畳み掛け方は爽快だ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『砂漠の惑星』 スタニスワフ・レム

ル・グウィンが「レムの小説は女性性を欠いている」と言っていたが


砂漠の惑星 (ハヤカワ文庫 SF1566)
スタニスワフ レム
早川書房
売り上げランキング: 43,192


宇宙船「無敵号」は、琴座星系のレギス第三惑星に着陸した。消息を断った同型艦「コンドル号」を捜索するためだ。地球に近い環境を持つこの星は、なぜか海にしか生命が存在しなかった。探検隊の隊長として謎の黒い金属の柱群に向かっていたロハンは、発見されたコンドル号にも立ち寄る。ほぼ以前の姿を留めた同船では、船員たちが謎の餓死を遂げていた。いったい、彼らに何が襲ったのか

完成され過ぎた作品だった
遭難した宇宙船を捜索し、謎の金属の“森”に出くわして、探していた船員たちは謎の怪死体となっている。映画『エイリアン』を思わせるような、コズミック・ホラーの王道を行く展開である
「無敵号」にも最初の犠牲者が出て、事件の真相が明らかになっていく。専門家の討論で犯人の正体が推定されていくが、彼らの犠牲によって証明されるのがなんともシュールだ
中盤まで盛り上がっていくドンパチも人間側にとって不毛の結果に終わる。絶望の色が濃くなるも、ラストに発想を転換することでようやく夜明けがやってくる構成は完璧だ
ただし、専門家たちが都合よく、ストライクな仮説を立てるとか、大量破壊兵器を使った隊長ホルパフがロハンの辿りついた結論に先回りしているとか、わざわざドラマ性を薄くしているのが謎。完成度が高過ぎて、読者の想像力が働かせにくい作品なのである

激しくネタバレになってしまうが、「コンドル号」に襲いかかったのは、蝿にも喩えられる極小の機械生命体である
“やつら”は大群であるだけでなく、相手によって対応手段を変えて脅威を排除しようとする。専門家の分析によれば、最初に陸地の生物との戦い、次に自動化された機械同士の戦いに勝利した存在なのだ
「無敵号」は最強の自動戦車キュクロペスを送り出すが、群れを四散することで反物質砲の威力を逃れつつ、戦車の人工知能を狂わせるほどの磁気を浴びせて狂わせてしまう
コンドル号の乗員に対しても脳に型破りの磁気を浴びせることで、幼児退行させたのだった
レギス第三惑星の砂漠は、機械が究極まで進化したゆえにもたらされた不毛であり、そこにはその本来の使用者だった人間すら生存できない蝿の群れから降る黒い雨は原爆を連想させ、ここが核実験場といわんばかりだ
その一方で砂漠を作る原因は、理解できない存在を敵と見なし排除しようとする人間側にもあり、終盤のロハンたちが取ったような機械同士の不毛な戦いに踏み込まない戦略もとりうるのだ
機械文明の未来を悲観しつつ、人間の柔軟性に希望を託すSFの王道を行く作品といえよう
……と、らしいことを書いているが、上遠野浩平の対話式解説の、半ば受け入りである(苦笑)。感じたことをだいたい形にして書かれてしまっていて参ったがな
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『虎よ、虎よ!』 アルフレッド・ベスター

今年こそ、優勝


虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)
アルフレッド・ベスター
早川書房
売り上げランキング: 14,621


25世紀の未来。人々はジョウントと呼ばれる瞬間移動の能力を身につけ、世界は大きく変貌した。瞬間移動の超能力は距離の概念を変え、社会は搾取と犯罪に満ちて、地球を中心とした内惑星連合と、土星・木星の衛星を中心とした外衛星連合との惑星間戦争をも生み出した。この情勢のなか、輸送艦「ノーマッド」船員ガリー・フォイルは、通りかかった船に見捨てられ、奇怪な惑星の住人に虎の刺青を彫られてしまう。男の世界への復讐が始まった

なんともいえない、カオスな小説だった
冒頭はロビンソン・クルーソーのような漂流する男の物語である。近づいてきた宇宙船に見捨てられたために、とある惑星の原住民(!)不思議な刺青を彫られてしまう。顔を奪われた主人公は、見捨てた輸送船とその船員へ復讐するために地球へと向かうのだ
基調は復讐譚なのだが、“部”が変わるごとに主人公の人格が変貌していく
第一部では、船そのものに復讐しようとする狂人であり、地下牢でジスベラという女性に会うことでようやく知恵を身につけ始める。それまで、まるで因果関係を考えない復讐鬼なのである
第二部では復讐の対象を船の関係者となり、大変な努力をはらってサーカスの団長に扮して探索していく。身体をサイボーグ化することで、超絶な戦闘力を身につけ、まるで映画『マトリックス』のような戦いぶりを見せる。このあたり、作者がアメコミのストーリーを担当していた経験がうかがえる
しかし、星間戦争の激しさと宇宙船「ヴォーグ」が自分を見捨てた理由を知ったことで、復讐の空しさを覚えて、自分が取ってきた悪漢ぶりに罪悪感を覚えるのだ
正直、数冊分の小説のプロットを放り込んだ濃縮ぶりに、読者は消化できないのだが(苦笑)、そのジェットコースターの展開、あっと驚く伏線、主人公の辿りつく境地には圧倒される。おそらくシリーズ物にするのが、最善手だったのではなかろうか

瞬間移動の能力“ジョイント”は何を表しているのだろう?
本作のテレポテーションは科学技術ではなく、人間に隠された精神の力とされていて、作者が直接何かに喩えているとは思えないが、それによって起こされる社会変化は現代的である
ジョイントにより、社会がより個人の意志に引きずられることとなり、そのスピード感に人間たち自身が振り回されていく
個人差はあれど、誰もが思い描く場所に向かう能力は、誰もが世界に言葉を発せられるネット社会に通じるし、犯罪者天国であるジョイント社会の刹那ぶりは、匿名を楯に暴れまわるネット犯罪に似ている
人は新しい力を手に入れた時に、どう振るうのか。SFの基本的命題が貫かれているのだ
ただし、主人公は禁忌ともいえる「新しい力」を民衆へ分け与え、独占しようとする特権階級の人々の選民主義を批判している。大衆を圧倒的に信用してしまうのだ
今のネット社会は、その「新しい力」を無秩序に振りまいた結果ともいえて、小説ほど世界は上手く回らないのである
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。