カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


【京都人による京都観光】平安神宮・琵琶湖疎水

さて、平安神宮でござる


1.平安神宮

平安神宮の鳥居

金地院を観ている間に腹が減ってしまったので、南禅寺はまたの機会へ。京都市美術館の前にまで露店が並んでいて、中津からあげ、フランクフルト、チョコクレープを胃袋に入れる

京都市美術館

京都市美術館は開いていないが、これはこれで建物自身がひとつの展示品である

平安神宮入り口

平安神宮は、京都では新しい部類の官製大社。東京へ遷都後に、それを穴埋めするかのように明治28年(1895年)に建立される
平安遷都1100年記念の内国勧業博覧会の目玉として、平安京の大内裏の一部を復元するように計画されたが、土地の買収に失敗して桓武天皇を祀る大社としてスタートする。皇紀2600年(1940年)には、孝明天皇も祭神に加わった
そんな歴史を持つためか、1976年には新左翼の活動家に放火されてしまう
今現在の平安神宮は、ライブやイベント会場にも使われて、市民には親しみやすい場所である

平安神宮境内

境内のなかは、さすがの人だかり

本殿と行列

屋根から下ろされた飾りが綺麗ですじゃ


2.琵琶湖疎水

帰りは疎水を眺めながら、実家へと戻った

疎水

疎水とカモ

疎水の噴水
動物園前の噴水はいつみても豪快なことよ

疎水の線路 (2)
疎水の線路

疎水に向かって線路が延びている。これは何かというと、

30石船とけ上げインクライン

疎水を利用して蹴上インクラインの名残である
琵琶湖疏水は禁門の変によって焼け落ち、遷都によって衰退した京都を再生するために、1885年に着工1890年に第一疎水が完成した。市民の飲み水のみならず、農業用水水力発電、そして水運に利用するものだった
疎水で運んできた船を段差の大きい場所では、図のように台座に載せて運ぶ。鉄道が網羅されるまでは、水運がその役割を担ったのである
……なんか、小学校でそういうこと習った気がするわ

正直、後でブログに載せるなんて考えてもいないから、かなり適当な画像と記事になってしまった
もうちっと、テーマ性ができる記事が作れるように精進しようと思う管理人なのであった


前回 【京都人による京都観光】下鴨神社・南禅寺金地院
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【京都人による京都観光】下鴨神社・南禅寺金地院

実家には大晦日に帰って、今日帰還
母方の祖父母んちにも寄ったけど、けっこう暇だったのでスマフォ片手にあちこち回ってみた


1.下鴨神社

河合橋

出町柳から河合橋を渡って、下鴨神社(正式名:賀茂御祖神社)へ。酉年にちなんで初詣はここだ

糺すの森

人ごみを避けて、少し違うルートで本殿を目指す。電柱があるものの、森々とした神域の雰囲気が落ち着く

下鴨神社入り口

鳥居の前には、本殿に入るための行列ができていた。神社の関係者が「列を乱すと、運がみすみす落ちていくよ」と諭していたが、あまりに長すぎるので、どこから始まっているのか分からず混乱していた
脇の入り口からは、簡単に入れて行列も境内で一時解消。本殿の前で再び、行列が生まれていたのであった

舞殿

舞殿にある超どでか絵駒。本殿本体はご利益もあるので、割愛させてもらおう

スマフォのカメラ、安物のデジカメよりも遙に高性能なのは嬉しいけど、性能が良すぎてサイズがでかく、ブログに上げにくいのが難点か。わざと、画質下げればいいのだろうが、まだ理解しきれていない


2.南禅寺金地院

二日は本当にまるまる空いたので、実家から徒歩で平安神宮を目指した。その途上に、南禅寺の近くにある金地院

金地院正門

大坂の陣のきっかけとなった鐘銘事件を仕掛けたと言われる、「黒衣の宰相」金地院崇伝の寺である
「黒衣」とは仏僧の正装、袈裟を指し、「黒衣の宰相」とは僧職の身で政治の枢密に携わったことへの異名である。金地院自身は室町の四代将軍足利義持によって創建された禅寺だが、崇伝によって南禅寺へ移築された

明智門

明智光秀が母親の供養のために大徳寺方丈に建てた明智門
本来は当然、大徳寺にあるはずだが、ここにあった国宝の唐門豊国神社へ移されたので、スライドでここに運ばれた。明治19年だそうだから、廃仏毀釈の流れだろう
ちなみに国宝の唐門は、二条城→大徳寺→豊国神社と移っている。国宝の所在は権力の所在なのであ~る

金地院の東照宮

金地院内にある東照宮。京都所司代の管理を受け、開闢当初は日光東照宮と比されたという
表の建物が地味で、裏につながっている建物がカラフルなのは、日光も同じだったっけ

金地院の順路

順路の景色も風情があるぜ

鶴亀の枯れ山水鶴亀の枯山水
方丈から見る鶴亀の庭園

方丈には、狩野派の襖があって国宝ザクザクだけど、フラッシュで傷つちゃいけないので撮影不可。そりゃそうだ

南禅寺そのものには、ちょうど空腹なので後日にした(苦笑)
さて、平安神宮は次回の記事で


次回 【京都人による京都観光】平安神宮・琵琶湖疏水
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

京都の鉄道博物館に行ってみた

先週の土曜日のことが、次の週の金曜日に記事になるとか。もういろいろ、立て込んでおるんですよ

土曜日に家族といっしょに行ったのは、京都の梅小路公園。京都人の管理人にとって、地元も地元である(苦笑)
最近できた水族館もあるけれど、

京都鉄道博物館

今回は京都鉄道博物館がメインだ
エントランスを抜けて、まず目に入るのは

c62型26形

C62型蒸気機関車。SLというと、イメージするのはコレだ
戦後に作られたタイプなのだが、実は戦時輸送に使われていた機関車が大量に余ってしまい、逆に平時に必要な旅客用が不足。そこでGHQの提案により、輸送用を旅客用に「改造」したものらしい
1949年から運行が始まり、60年代に電化工事の進展とディーゼル機関車の導入で激減。1976年の函館本線を最後に除籍された

クハ86形

その隣にあるのは、緑とオレンジが懐かしいクハ86型。管理人にとって、<これがstrong>国鉄のイメージですわ

新幹線 0型21系1号

奥にあるのは、初代新幹線0型。親はこれの食堂車に憧れたそうだ
12月につき、クリスマス仕様の雪だるまがあちこちに置かれていたのだが、ちょっと邪魔だなあ(苦笑)

クハ489 雷鳥
キハ81形3号車

ここらへんも、懐かしいですなあ

500系521型
500系521形1号車 俯瞰

古いものもあれば、最近のものも。新幹線500系は2010年に、700系に置き換えられた

230形233号
最初の国産蒸気機関車230型。なんか、機関車トーマスを連想する

博物館の中心では、ワットの蒸気機関から、蒸気機関車と日本の鉄道の歴史が紹介されている
官営の鉄道と私営の鉄道が整理されていく過程が地図つきで説明されたり、歴代の国鉄の制服が飾られたりしていた。鉄道で使われるバネの役目や強さを実証する装置とか、子供向けの啓蒙目的のものが大人にも参考になったりする
なんであれ、トワイライトエクスプレスなど、懐かしい電車が飾られているので、飽きないですわ

スカイテラスからの展望

二階には大規模のジオラマがあるが、三階のスカイテラスから見た実際の路線のほうが壮観!

壮観な機関車車庫

個人的に鉄道博物館最大の目玉は、この蒸気機関車車庫。10台以上の機関車が並んでいる光景に圧倒される

スチーム号

煙を吹くスチーム号には、時間帯の都合で乗れなかった
さすがに石炭で焚いた煙は出していないようで、雲のように綺麗

旧二条駅を模した出口

出口は木造時代の二条駅を再現したもの。京都らしいレトロ感あふれる博物館に、ふさわしいエントランスである
地理的には、山陰線の丹波口駅が近いが、京都駅からバスも出ている。管理人たちは京都駅から徒歩で歩いて、二十数分かかった
入場料は1200円したけど、一度は電車にはまった人間にはぜいたくな施設だった
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

銀英伝ファンのカクテルバー『海鷲』へ行ってみた

職場にモーレツな銀河英雄伝説ファンがいる。その人と会うと、いつも銀英伝の話になったりするのだが、ある日飛び出したのがこのバーのことだ
ファンの間では有名で、職場の同僚も「いつか行きたい」と言い続けていて、盆休みに行ったら無念のお休みだったらしい。日本なのだから当たり前といえば、当たり前なのだが、その言い訳が「帝国で内戦が始まった」というのだから振るっている
こっちは小説を完走、ゲームをだいたい、アニメはあまり見ていない程度のライトなファンなのだが、話の弾みで先行偵察に出かけることとなった

一人で酒を飲むのは寂しいので、競馬ファンの友人二人を連れて道頓堀ウインズで集まり、馬券勝負を楽しんだ勢いで乗り込むことにした。ちなみに競馬の結果はお察しのとおり。ちくしょうめ~

『海鷲 Seeadler(シーアドラー)』があるのは、地下鉄堺筋線日本橋駅から千日前通りを西へ歩いたところにあるゴールデンフタバビル8階。ビルそのものは派手だが、細いし通りから少し入ったところにあるので、グーグルマップで確認すべし
なんば駅から歩いても、距離的にはそれほど変わらない

海鷲の玄関

このフタバビル、小さいバーが集まっていて、みんな入り口は殺風景である。この銀河帝国の紋章が目印
開店は午後6時で、真面目そうな店長が招きいれてくれた。店内はテーブル席二組に、カウンター数席とこじんまりとした広さながら、大型テレビにて『銀河英雄伝説』のOVAがマーラーの音楽ともに流される。テーブル席にもアニメの音声が聞こえるように、スピーカーが備えられていて、自然と引き込まれてしまう

くたばれカイザー

とりあえず、頼んだのは、「ビバデモクラシー、クタバレカイザー/イワン・コーネフ」。派手な色がヤン・イレギュラーズらしい
カクテルにはそれほど強い酒が入ってないので気軽に頼める。ノン・アルコールのカクテルも充実しているので、たとえ酒が弱くてもメニューには困らない
もっとも、ブランデーやウィスキーが入った場合は、それなりに覚悟すべし

ビッテンフェルトの非常食

名前から想像しづらいのが、ビッテンフェルトの非常食。あの猪武者のイメージと相違して、サイコロチョコと乾しブドウを飾ったデザートなのである
途中で女性の店員も加わったが、個人でやっている店なので、温かいメニューを頼むとどうしても時間がかかる
とりあえず、「双璧のおつまみセット」あたりを頼んで、提督たちをイメージしたカクテルをちびちび頂くのがこの店の楽しみ方なのだ

*個人的には「オフレッサーのフリカッセ」があって欲しいけど、この規模の店では望めないわな

海鷲のコースター

飲み物、食べ物ともにかなり良心的なお値段で、三人でしばらく過ごしても一万円行かなかった
記念にこのコースターテーブルに敷かれた名言集まで頂いてしまった。ブランクのあるファンには恐縮のサービスだ
銀英伝関係者にも有名な店らしく、キルヒアイス役の広中雅志さんの台本など貴重なグッズも拝見できて、店員の許可をとって店内を撮影する人もいた。お客さんも管理人より少し上の40代の方々が多く、普通に落ち着いて飲める場所だった
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

一万円札に謎の印があった件

給料日につき、銀行のATMへ下ろしへ行った。先月は頑張ったので、念願のPS4を明日にも買うつもりなのである
やよい軒で高めの定食を食い(そんなぜいたくしか思いつかない)、家に帰って現金を数えてみると、一枚に変な印が!

お札に謎のはんこ

謎のはんこアップ

謎の印「D.A.T
この一万円、まともなものなのか?
変な事件に巻き込まれないかと気になって、ググってみると使用に問題はないようだ

参考記事 【謎】変な一万円札 スタンプ Raymin SAM-1 Rollie

誰かがイタズラでしたのではなく、海外の金融機関で担当者印として押されるケースがあるようなのだ
下ろした銀行が京都のど真ん中にある。年がら年中、外国人観光客がつめかける状況なので、管理人の財布にもこんなお札が巡ってきたわけだ
それだけ京都の町がにぎわっているということですな
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2016初詣は日吉大社

2016年は申年ということで、家族で日吉大社へ行くこととなった
アパートにデジカメを忘れるという痛恨のミスを犯してしまったが、現場で撮りまくってしまったので記事にすることにした

日吉大社の鳥居

日吉大社およそ2100年前(紀元前かよ!)、崇神天皇七年に創祀されたと言われ、全国3800余の霊舎(日吉、日枝、山王神社)の総本宮である
最澄比叡山に延暦寺を建立すると、日吉大社は叡山の守護神として崇敬され、中国の天台宗の本山である天台山国清寺で祀られていた山王元弼真君にならって山王権現と呼ばれるようになった
信長の叡山焼き討ちによって灰燼に帰したものの、豊臣秀吉幼名が「日吉丸」であることから、特別なはからいをもって再興した。現在の西本宮は1586年に、東本宮は1595年に再建されている

神猿
神社で飼われている猿。神猿と書いて「まさる。「魔」が「去る」と掛けている。言霊は駄洒落から生まれる!

西宮
西本宮に祭られているのは、大己貴神。大国主神と同一視され、古事記における「日枝の山=比叡の山」そのものの神である
本宮そのものは、みんなが拝んでいるところを撮るのは罰当たりに思えたので自重。御神体そのものでなければよし、という考え方もあるそうですが

西宮の立て札
西本宮の立て札。秀吉?

東宮
東本宮には、大山咋神が祭られている。天智天皇が近江京を建てた際に奈良の大神神社から、守護神として呼び寄せた猿の神様である


金大巖」(こがねのおおいわ)は、東本宮の隣にある階段を登り、山道の果てにある
急斜面のわりに整備されておらず、小石がごろごろしているので、ちゃんとした運動靴を履かないと危ない山道

三宮・牛尾宮

最後の階段を登っていくと、二つの社が見えてきた。この牛尾宮三宮宮、そして「金大巖」が、本来の日吉神社の始まりと言われている。巨岩は御神体なので、写真では割愛させてもらおう(撮ってない)
社の前方にある木々は綺麗に刈られていて、坂本の町からも二つの社を見ることができる。逆もしかりで、ここからは琵琶湖が見下ろせる

上から見た琵琶湖
下のお寺も一望
近江富士も見えて、絶景である。デジカメを持ってこなかったのが残念無念


古風な建物もさることながら、神域を思わせる木々に清らかな小川、透明な空気がいい
他の有名な神社より人気が少ないし、申年でなくともて初詣に相応しい大社である
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ぶらりと二条城へ

思いのほか、仕事納めが早かったので、歳末の一日を観光と映画にあてることにした
二条城なら職場に近いので、交通費ゼロで行ける!


南東の城郭

二条城というと、織田信長が上洛した際に足利義昭を保護するために築いた城が有名だけど、これは現存する二条城とは違うらしい
現在の二条城は、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康がその宿所のために築かせたのが最初で、征夷大将軍の宣旨をうけに伏見→二条→御所へと向かい、二条城で公卿たちと宴を催したという
大阪の陣の直前には、豊臣秀頼との会見が行われたのも二条城。その後も、江戸幕府が安泰となるまでは、様々な政治の舞台となった
幕末に一橋慶喜が征夷大将軍の宣旨を受け、江戸に帰らず二条城を居城とする。1867年に大政奉還が決定され、将軍職の返上と辞官納地がここで伝達された。徳川の時代が始まり、終焉した場所なのである
ちなみに2015年3月14日には、将棋棋士とソフトが対決する電王戦FINAL第一戦の舞台となっている

入り口の東大手門は、無念の工事中入場料は普段は600円だが、今は庭のみの拝観ということで400円となっていた

唐門
二の丸への入り口にある唐門。徳川の権力を誇示するような、豪華な紋様があしらわれている

唐門の紋様
鶴は御家の長寿を表しているのか。それぞれになんらかの意味があるのだろう。とにかく豪奢で綺麗である

二の丸御殿
二の丸御殿。大政奉還のときには、ここに諸大名の当主と側近が詰めたのだろう
庭園は地味だが、そこに広がる空間は広大である

本丸庭園
本丸庭園2
本丸庭園は、見惚れるような美しく整地された空間が。人間の手が入るけど、緑と見事に調和し幻想的ですらある

ソテツの越冬
ソテツが冬の装い。鹿児島あたりが北限なので、こも巻きにして越冬する。なんか、ペットのわんこにマフラーを巻くみたい

庭園を抜けると、本丸の南東に天守閣跡がある

天守閣跡からの景色
天守閣跡からの景色2
天守閣跡から観た堀と本丸御殿。二条城の天守閣は、1750年に落雷で消失して以来、再建されなかった。泰平の時代に威圧的なシンボルは必要なかったのだろう
天守閣跡の土台も写真に収めたかったけど、冬なので北から撮ると当然暗い。南から撮ろうとすると、木々が邪魔
ネットに綺麗に撮られた写真があるけど、これはおそらく立ち入り禁止のところから撮ったのだろう。許されるなら入りたい場所はたくさんありますわ

米倉
天守閣跡から堀越しの西にある米倉。東大手門の反対側に配置されているが、戦時には米俵を本丸へ移すつもりだったかも

城は遠慮なく、写真が撮れるのでよろしい。多数の人間が活動していた場所だから、建造物のスケールもでかいし歩いているだけで気持ちいい
冬場は草木が淋しいけど、暖かくなるごとにいろんな花が咲くようだし、季節を変えていきたくなる場所だった
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

デジカメを買ってみた

いつか、俺もデジカメを買うんだと思ってから十云年。ようやく今日、手にしたのでありました
というのも、ようは安いのを見つけたというわけでして



ジョーシンでも一万以下で入手できた
今まで写真を上げたときは、ガラケー2万画素の世界だったが、今日から1610万画素の世界になる
ちょっと比較してみると

自宅・携帯
ガラケー

自宅・デジカメ2
デジカメ

部屋で撮ると一番違いが分かりやすかった。フラッシュの量が違うのだ
ガラケーで暗いところを撮るともやがかってしまうのだが、デジカメならこの通りにくっきりと視覚に近い映像を残すことができる
分室のほうで、ゲーム画像を直撮りしていてもやを取るのに苦労していたけども、これからは鮮やかな画像を上げられそうだ

猫たち・携帯
ガラケー

猫たち・デジカメ2
デジカメ

買い物帰りの猫。曇り空の下で、鮮明さに大きな違いが出る

宇治川・携帯
ガラケー

宇治川・デジカメ2
デジカメ

宇治川沿いの光景。デジカメのおかげで、出かける機会も増えそうだ

鳥のアップ

ただ安いカメラゆえの限界は感じた。鳥のアップを撮りたかったけど、ここまでしか寄れないのだ
こだわる人は、カメラにお金を注ぎ込むわけでありますな
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【競馬】京都競馬場でi-Seatを利用してきた

数年前まで競馬ブログをしていたように、管理人は学生時代から競馬が好き
経済的都合で人生何度か目の引退をしていたのだけど、それも数ヶ月経つと「もうたまらん」という心境にもなる
ある日、友人から「京都競馬場でi-seatを使ってみない」とメールが届いたので、二つ返事で行くことにした。友人もこっちの状況を知っていて、ダメ元でかけたから、この即答にはワロタらしい(苦笑)

淀遠征2015夏 001

i-seatとは、個人ごとに用意された端末で馬券の購入ができる指定席。現金の代わりに一日限定のICカードを利用するので、購入のために並ぶ必要がなく、その分予想に時間を割くことができる
端末では馬券の購入とともに、全競馬場のレース、パドックがチェックでき、JRA-VANによる情報検索も行える。レースとパドックがかぶった場合は、ホタンひとつで切り替えることも可能だ。今日は「小倉」「新潟」「札幌」の三場開催だったが、それぞれ「関西」「関東」「その他」の項目で見ることができた
こうした機能のおかげで、それぞれのパドックをチェックしながら、10分刻みで始めるレースの馬券を買うことができた。もっとも買うレースを増やすのが負ける元でもあるのだが(苦笑)

淀遠征2015夏 004

もう一つの醍醐味が、来賓席と同じ7階にあるので、レースを俯瞰で眺められること
下で見ると、馬に近づける代わりに、かえってその位置関係が分かりづらいが、7階から見るとレースの全体を把握できる。今回は非開催なので、実際のレースを観ることができなかったが、本来ならゴールへ迫る馬の群れが大迫力で観られたはずだ
自分の推している馬を見守る気分は、まさに馬主そのもの
ただし、この指定席、「i-seat」に座るには、開催中だと「2800円かかり、ネットで予約を取らねばならない。席は270席ぐらいしかないので、早めに動くべきだろう
非開催時なら、席料は「1000円」で当日でも買える。そのおかげで、今回はぜいたくをさせてもらえたわけだ

*この「i-seat」、大き目のWINSにも設置されているそうだ

淀遠征2015夏 005

さて、実際の競馬はというと、端末で自由に買えるのをいいことに、各競馬の未勝利戦・新馬戦に手を出して午前中のうちに資金半減
札幌メインのUHB賞にてレッドオーヴァルの複勝で連敗を止め、全資金を投じた小倉記念ワイド三点的中を果たし、いくらか損害をリカバーしたのだった
ん? いつものように、メインだけ買ってれば大勝利だったのではないか(苦笑)
そんな機械に振り回される結果となったが、久しぶりに会った友人と旧交を温められたのでよしとするか
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「HD streaming movies」を無料であげるとか言われた件

ちょいと調べもので、海外のサイトを開けてみたら、急にアンケートされてしまった
「ブラウザ:ユーザー調査」と謳っているので、FIREFOXのかと思い、真面目に答えてみるとこの画面に

新手の詐欺

そもそも「HD streaming movies」ってなんだ?
検索してみると、CROMEやExplorerにも同じようなアンケートが届いていたらしい。次に進むと、登録のためにメールアドレスを入力しないといけないようで、それは怪し過ぎる
おそらく、海外サイトを入ったときに、違うサイトへ転送されたようなので、悪質なプログラムが仕掛けてあったのだろう
わりあい単純なアドウェアのようだけど、相手に情報を与えないように注意するべきですな
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。