カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


【ぶらり奈良観光】唐招提寺~奈良公園・東大寺二月堂

薬師寺に続いて、唐招提寺へ。薬師寺からは歩いて行ける


<唐招提寺>

唐招提寺

鑑真和上754年に唐から渡来した、南都六宗のひとつである律宗の開祖
聖武天皇の日本では、正式に僧侶へ位を授ける制度が整っておらず、私度僧(勝手に自称する僧侶)が多かったので、それを正すべく来日が求められたという。様々な困難から五回の渡日に失敗し、両目の失明までしてしまうが、ついに成功し日本において登壇授戒の制度を確立させた

唐招提寺 金堂
金堂。盧舎那仏、薬師如来ともに千手観音が祀られる。千手観音は修復の際に、953本の腕が外されたらしく、その様子も写真で展示されていた

唐招提寺 礼堂
礼堂

唐招提寺 宝蔵 経蔵
経蔵と宝蔵。正倉院と同じ校倉造で、日本最古の校倉だという

唐招提寺 御廟の門唐招提寺 御廟の森
御廟そのものはさすがに自重。苔むす森が美しい
この日はかなり冷えていたので、正午近くになっても日陰の池は表面が凍っていた


唐招提寺の次は、近鉄を乗り換えて奈良公園、東大寺


<東大寺二月堂>

奈良公園奈良公園 子供は大人しい

奈良公園では観光客に慣れた鹿たちが戯れる。雌鹿の群れの前で鹿せんべいの帯を解こうとしていると、集団で包囲される事案が発生!
とっさに姉に渡したら、その姉がどやどや小突かれて地面に落としてしまい、そのまま食べられてしまった。むぅ、凶暴な連中だ

東大寺の近くまで

時間も押していたので、東大寺そのものは側を通り過ぎるのみ

東大寺 和輪
和輪

二月堂 鐘楼
二月堂の鐘楼

東大寺 二月堂

二月堂。なぜ二月なのかというと、旧暦の二月に「お水取り(修二会)」が行われるから。「お水取り」とは、若狭井の井戸から観音様に備える「お香水」を組む儀式

二月堂から見た風景

二月堂から見下ろした奈良の光景。向こうに見える山は生駒山だろうか


奈良の史跡は、京都より広々としているように感じた。寺院にしても、建物と建物の間にポンと空間が広がっているのだ
単に観光客の数が違うだけかもしれないが、古代の奈良と京都では設計思想が違うというか。具体的に何が違うかというと、まったく説明できないわけであるが(笑)
また、奈良に行きたくなる日帰り旅行だった


前回 【ぶらり奈良観光】薬師寺

天平の甍 (新潮文庫)
天平の甍 (新潮文庫)
posted with amazlet at 18.01.28
井上 靖
新潮社
売り上げランキング: 48,029
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【ぶらり奈良観光】薬師寺

先々週に家族で奈良のお寺を回っていた
パソコンを買い替えてスマフォの映像をどう移すか、度忘れしていて記事にするのが遅れてしまったのだが、ICloudなんて使わなくても単純にUSB接続させれば良かったのだ。てへっ


<薬師寺>

薬師寺天武天皇のとき(680年)に発願され、持統天皇、文武天皇を経て完成した「法相宗」の大本山飛鳥の藤原京から、平城遷都の際に西ノ京へ移り現在に至る。1998年に世界遺産に登録された名刹である

薬師寺 北門

講堂より手前にある食堂は取り忘れた(汗
食堂はその名とおり、僧侶たちが一堂に会して食事をとっていた場所。今は田畑俊夫の巨大な日本画(壁画?)が掛けられていて、僧侶たちが唐へ船で旅立ちと帰還、古代の農村のうねび、吉野川の幻想的な光景、平城京の俯瞰図に寺院をPCのウィンドウのように浮かべた絵、に中央の巨大な本尊「阿弥陀三尊浄土図が圧巻だった(もちろん、カメラ撮影不可の場所である)

薬師寺 大講堂
大講堂。法相宗の唯識教義を説いた弥勒菩薩に釈迦十大弟子が祀られている

薬師寺 金堂
金堂。薬師三尊像が祀られている

法相宗自体の教義は、阿頼耶識(あらやしき)、末那識(まなしき)という深層心理が人間の精神にあるとし、我々が見ている世界はそれぞれが自分の感覚・認識に基づいて作り上げたものであって、10人の人間がいれば10の世界があるとする。同じ世界に住んでいると思うのは、実は錯覚であるという
そんな現代にも通用する思想が奈良時代に持ちこまれる一方、お願いすれば健康でいられるよ、という現世利益の仏像が置かれているのが、日本の仏教なのである

中門 力士像中門 力士像2
中門の仁王像

薬師寺 西塔
西塔。東塔は改修工事中だった


玄奘塔

本堂の北にあるのが、玄奘三蔵院伽藍。この玄奘塔には、もちろん玄奘三蔵像が祀られている
なぜ三蔵法師が祀られているかというと、法相宗の教義は、法師によって中国に持ち帰り翻訳した経典を究めたことから始まっていて、法相宗の開祖といえる存在だからだ
ここの眼玉は、伽藍北側にある、平山郁夫による大唐西域壁画図。玄奘が旅したであろう光景を実際に画伯が旅し、今も昔も変わらぬ(であろう)シルクロードの光景が描かれている


次回 【ぶらり奈良観光】唐招提寺~奈良公園・東大寺二月堂
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

積読が多すぎて何もできない件

とりあえず、実家の畑にいた猫の写真でも貼っておきます

IMG_0546 IMG_0548

今の職場への通勤時間が長すぎるので、今月中に引っ越しする予定に。それに身内の不幸が重なって引っ越し当日の前後に法事が絡むやら、かなり無茶苦茶なスケジュールになってしまった
もう、ガスや旧住所側の立ち合いとか、いつするんだという

それはそれとして、改めて思い知ったのが、膨大な積読の山!
1000冊はなかろうが、ダンボール十数個分はあって、その取捨に日々追われているのだ
一回読んでしまった本で、再読する可能性がないもの(or したくても、暇がないもの)は、某中古書店などに売ってしまうとして、読んでもいないものを選別するのは非常に難しい。まあ、〇ックオフを覗いたら、手に入りそうなものはいいとして、絶版した本などは持っておかざる得ないではないか
しょうもなそうな本でも、その香ばしい内容だけに捨てきれないなどということもあり、読むまではとこれまた捨てられない
まあ、引っ越しの見積もりを決めた段階で、多少減らしたところで値段は変わらないと分かったので、本気で減らす気もなくなってきたわけですが(苦笑)
それでも、〇ックオフ売却与点の本も、文章に引いてしまった鉛筆の線を消すとか、気になる箇所だけ何かに写しておこうとか、細かいことで忙しい。「お値段がつきません」という古本でも、平気で棚に並んでいたりするわけですが(苦笑)

そんなこんなで平常運転に戻るのは、来月あたりになりそう。引っ越してしまえば余暇時間が増えるはずなので、もう少しいろいろできそうです
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

鉄道むすめ 石山ともか

この前、忍者電車の記事で、京阪で少女キャラのラッピングを観たことがあると書いていたけど

20170527 京阪 001

駅員という設定で、この娘が大津線のイメージキャラクターになって久しいらしい。鉄道むすめ(株)トミーテック社のシリーズで、すでにいろんな私鉄に採用されており、関西の私鉄では京阪が初めてだそうだ
ちなみに大津線とは、石山坂本線と京津線(三条-大津間)の総称で、石山ともかは石山+坂本の逆読みから。京阪大津線は地下鉄東西線ができてから、めったに利用しなくなってたし、知らないうちにいろいろ変わってたまげたがな

もうここまで来たら、おけいはんも二次元にしたらどうだろうか? 初代以降、地味だし


関連記事 忍者電車、参上!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

忍者車両、参上!

実家に帰る途中、JR琵琶湖線で妙な電車に乗った

20170520 忍者車両 001

宙吊り広告に忍者!
振り返ると、すべての宙吊りに忍者がのれんから覗いているものだった。ぜんぜん、忍んでおらんな(笑)

20170520 忍者車両 002

外もこのとおり、自己主張が激しい

20170520 忍者車両 006

車両の前後には、忍の一文字が!
かつて通学に通っていた京阪石山坂本線に、少女キャラがあしらわれた痛車(?)が登場して面食らったし、EVAの新幹線が登場したりもするんだから、まだまっとうなラッピング車両だわな

ちなみにこの忍者車両、正式名称は「SHINOBI-TRAINであり、忍者の里である伊賀市柘植駅から草津駅間の草津線を中心に、近隣にも運行されているそうだ。日程がいまいち分からないところに、忍者らしさがあるのであろうか


京阪の萌えキャラ→ 鉄道むすめ 石山ともか
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【京都人による京都観光】二条城ライトアップ

先週の水曜日に、家族で二条城のライトアップを観にいった

二条城の正門 (1280x960)

ライトアップの“入城時間”は午後六時から午後九時まで(中には、九時半までいられる)。すでに六時前には行列ができていたようだが、七時ぐらいに行くと案外並びは少ない
二条城の城内が広いので、多少の人間が入っても混まないのと、ライトアップにつき長く立ち見しないように係員が声かけしていて、出ていくスピードも早いからだ

プロジェクションマッピング
プロジェクションマッピング (2)
プロジェクションマッピング5

二条城ライトアップで、最近のウリがこのプロジェクションマッピング。文化財の上に華やかな映像が踊って、春夏秋冬を現していく。実際に掘り込まれた植物や動物の紋様が生きているかのように動き、豪快に竜が流れ鶴が舞う映像美は一見以上の価値あり
ただし、家族によると一昨年に琳派400記念の際のほうが長くゴージャスであり、今年は省エネというか、パワーダウンしたとか。別にこれでよろしいやん

桜の庭5 いちおし (1280x960)

プロジェクトマッピングの次の庭には、桜の林が広がっていた。葉桜になっているものもあるが、桃源郷のような光景である

桜の庭 いちおし2 (1280x960)
桜の庭 いちおし3 (1280x960)
桜の庭4

これほど奥行きがある桜の林は、観ているだけで吸い込まれてしまいそうだ

本丸の門

本丸への門は、このとおりシンプルなライトアップ。一昨年には、ここでもプロジェクトマッピングをやってたらしい(家族いわく)
この次のところで、白拍子が影絵のように踊るプロジェクトマッピングが見られたが、行列で詰まっているわりには先ほどのようなインパクトはなく地味
食事処があるので、そこからのんびり庭を眺める場所なのだろう

桜並木 (1280x960)
桜並木2 (1280x960)

本丸への門が折り返しで、帰りには色つきでライトアップされた桜並木が鑑賞できる。葉桜も花が咲いているように色がつくので、綺麗だけど作り物感は否めない(苦笑)
これは人によって賛否両論だろう

しだれ桜 (1280x1037)

しだれ桜の下で、協賛企業である日産の電気自動車リーフが展示されていた。この電気自動車への供給システムを、ライトアップの電気に使われているらしい
最後に幻想的な光景が現実に打ち砕かれたが(笑)、供給システムの稼動音が小さくて、花見の邪魔にならないということだわな
ライトアップ自体は16日日曜日までだが、城内の桜はまだ満開でないものも多く、もう少し花見は楽しめるはずだ


関連記事 ぶらりと二条城へ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

二条公園の夜桜を観ながら、今年度の目標でも考えてみよう

桜が満開になったのに、土日はあいにくの雨。次降ったら、もう残っていないかもしれないので、仕事帰りで二条城近辺まで寄ってみた

20170410 夜桜 002

二条城のすぐ近くにある二条公園では、あちこちに桜が植えられている。夜桜を意識してライトアップされているわけでもないので、地味な照明ではあるが、幻想的な風情を感じなくもない。カメラの撮りよう次第で

20170410 夜桜 006

最近、読書の記事をあまり上げられていないが、本来はもっと読書に励んでいなくてはならなかった。今年中の引越しを考えていて、少しでも積読を減らして費用を浮かしたいのだ
それが去年からスマフォゲーのいわゆるダビスタこと、『ダービースタリオン マスターズ』、今年に入ってからは廃人ゲーム『Fallout4』に手を出してしまい、この有り様である。ダビスタは無課金で頑張っているけど、レースを真面目に観戦しているとあっという間に時間が経つし、『Fallout4』はプレイもさることながら攻略記事書くのに時間を使っちゃうんだなあ

20170410 夜桜 007

このまま、なんとなく月日が経ってしまってもアレなんで、今年というか、今年度の方針、目標を立てておこう

<小説> 『ホワイトジャズ』などのジェイムズ・エルロイ、『大聖堂』シリーズなどのケン・フォレットとか、他アメリカ文学
<新書・専門書> 『ザ・フィフィティーズ』のディヴィッド・ハルバースタム(できれば『ベスト&ブライテスト』も)

トランプ政権の成立で、激動のアメリカ。『Fallout4』にもリンクしているので、積読のなかでも優先的に消化したい

<マンガ> 『進撃の巨人』『軍靴のバルツァー』『ゴールデンカムイ』『中間管理録トネガワ』

『軍靴のバルツァー』は近場の本屋に置かなくなって、買いそびれていた。作者が病気で休載というパターンもたまにあるから
最近出たので、気になるのもちょくちょくと触りたい

<アニメ> 『装甲騎兵ボトムズ』『戦闘メカ ザブングル』『無敵鋼人ダイターン3』

ボトムズしかり、まだ未見の富野作品とか。イデオンも見返したい

20170410 夜桜 012

まあ、健康とゲームのし過ぎに気をつけながら、文化的生活を送っていく所存です
早く仕事場の近くに引っ越して、余暇を増やしたいなあ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【京都人による京都観光】平安神宮・琵琶湖疎水

さて、平安神宮でござる


1.平安神宮

平安神宮の鳥居

金地院を観ている間に腹が減ってしまったので、南禅寺はまたの機会へ。京都市美術館の前にまで露店が並んでいて、中津からあげ、フランクフルト、チョコクレープを胃袋に入れる

京都市美術館

京都市美術館は開いていないが、これはこれで建物自身がひとつの展示品である

平安神宮入り口

平安神宮は、京都では新しい部類の官製大社。東京へ遷都後に、それを穴埋めするかのように明治28年(1895年)に建立される
平安遷都1100年記念の内国勧業博覧会の目玉として、平安京の大内裏の一部を復元するように計画されたが、土地の買収に失敗して桓武天皇を祀る大社としてスタートする。皇紀2600年(1940年)には、孝明天皇も祭神に加わった
そんな歴史を持つためか、1976年には新左翼の活動家に放火されてしまう
今現在の平安神宮は、ライブやイベント会場にも使われて、市民には親しみやすい場所である

平安神宮境内

境内のなかは、さすがの人だかり

本殿と行列

屋根から下ろされた飾りが綺麗ですじゃ


2.琵琶湖疎水

帰りは疎水を眺めながら、実家へと戻った

疎水

疎水とカモ

疎水の噴水
動物園前の噴水はいつみても豪快なことよ

疎水の線路 (2)
疎水の線路

疎水に向かって線路が延びている。これは何かというと、

30石船とけ上げインクライン

疎水を利用して蹴上インクラインの名残である
琵琶湖疏水は禁門の変によって焼け落ち、遷都によって衰退した京都を再生するために、1885年に着工1890年に第一疎水が完成した。市民の飲み水のみならず、農業用水水力発電、そして水運に利用するものだった
疎水で運んできた船を段差の大きい場所では、図のように台座に載せて運ぶ。鉄道が網羅されるまでは、水運がその役割を担ったのである
……なんか、小学校でそういうこと習った気がするわ

正直、後でブログに載せるなんて考えてもいないから、かなり適当な画像と記事になってしまった
もうちっと、テーマ性ができる記事が作れるように精進しようと思う管理人なのであった


前回 【京都人による京都観光】下鴨神社・南禅寺金地院
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【京都人による京都観光】下鴨神社・南禅寺金地院

実家には大晦日に帰って、今日帰還
母方の祖父母んちにも寄ったけど、けっこう暇だったのでスマフォ片手にあちこち回ってみた


1.下鴨神社

河合橋

出町柳から河合橋を渡って、下鴨神社(正式名:賀茂御祖神社)へ。酉年にちなんで初詣はここだ

糺すの森

人ごみを避けて、少し違うルートで本殿を目指す。電柱があるものの、森々とした神域の雰囲気が落ち着く

下鴨神社入り口

鳥居の前には、本殿に入るための行列ができていた。神社の関係者が「列を乱すと、運がみすみす落ちていくよ」と諭していたが、あまりに長すぎるので、どこから始まっているのか分からず混乱していた
脇の入り口からは、簡単に入れて行列も境内で一時解消。本殿の前で再び、行列が生まれていたのであった

舞殿

舞殿にある超どでか絵駒。本殿本体はご利益もあるので、割愛させてもらおう

スマフォのカメラ、安物のデジカメよりも遙に高性能なのは嬉しいけど、性能が良すぎてサイズがでかく、ブログに上げにくいのが難点か。わざと、画質下げればいいのだろうが、まだ理解しきれていない


2.南禅寺金地院

二日は本当にまるまる空いたので、実家から徒歩で平安神宮を目指した。その途上に、南禅寺の近くにある金地院

金地院正門

大坂の陣のきっかけとなった鐘銘事件を仕掛けたと言われる、「黒衣の宰相」金地院崇伝の寺である
「黒衣」とは仏僧の正装、袈裟を指し、「黒衣の宰相」とは僧職の身で政治の枢密に携わったことへの異名である。金地院自身は室町の四代将軍足利義持によって創建された禅寺だが、崇伝によって南禅寺へ移築された

明智門

明智光秀が母親の供養のために大徳寺方丈に建てた明智門
本来は当然、大徳寺にあるはずだが、ここにあった国宝の唐門豊国神社へ移されたので、スライドでここに運ばれた。明治19年だそうだから、廃仏毀釈の流れだろう
ちなみに国宝の唐門は、二条城→大徳寺→豊国神社と移っている。国宝の所在は権力の所在なのであ~る

金地院の東照宮

金地院内にある東照宮。京都所司代の管理を受け、開闢当初は日光東照宮と比されたという
表の建物が地味で、裏につながっている建物がカラフルなのは、日光も同じだったっけ

金地院の順路

順路の景色も風情があるぜ

鶴亀の枯れ山水鶴亀の枯山水
方丈から見る鶴亀の庭園

方丈には、狩野派の襖があって国宝ザクザクだけど、フラッシュで傷つちゃいけないので撮影不可。そりゃそうだ

南禅寺そのものには、ちょうど空腹なので後日にした(苦笑)
さて、平安神宮は次回の記事で


次回 【京都人による京都観光】平安神宮・琵琶湖疏水
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

京都の鉄道博物館に行ってみた

先週の土曜日のことが、次の週の金曜日に記事になるとか。もういろいろ、立て込んでおるんですよ

土曜日に家族といっしょに行ったのは、京都の梅小路公園。京都人の管理人にとって、地元も地元である(苦笑)
最近できた水族館もあるけれど、

京都鉄道博物館

今回は京都鉄道博物館がメインだ
エントランスを抜けて、まず目に入るのは

c62型26形

C62型蒸気機関車。SLというと、イメージするのはコレだ
戦後に作られたタイプなのだが、実は戦時輸送に使われていた機関車が大量に余ってしまい、逆に平時に必要な旅客用が不足。そこでGHQの提案により、輸送用を旅客用に「改造」したものらしい
1949年から運行が始まり、60年代に電化工事の進展とディーゼル機関車の導入で激減。1976年の函館本線を最後に除籍された

クハ86形

その隣にあるのは、緑とオレンジが懐かしいクハ86型。管理人にとって、<これがstrong>国鉄のイメージですわ

新幹線 0型21系1号

奥にあるのは、初代新幹線0型。親はこれの食堂車に憧れたそうだ
12月につき、クリスマス仕様の雪だるまがあちこちに置かれていたのだが、ちょっと邪魔だなあ(苦笑)

クハ489 雷鳥
キハ81形3号車

ここらへんも、懐かしいですなあ

500系521型
500系521形1号車 俯瞰

古いものもあれば、最近のものも。新幹線500系は2010年に、700系に置き換えられた

230形233号
最初の国産蒸気機関車230型。なんか、機関車トーマスを連想する

博物館の中心では、ワットの蒸気機関から、蒸気機関車と日本の鉄道の歴史が紹介されている
官営の鉄道と私営の鉄道が整理されていく過程が地図つきで説明されたり、歴代の国鉄の制服が飾られたりしていた。鉄道で使われるバネの役目や強さを実証する装置とか、子供向けの啓蒙目的のものが大人にも参考になったりする
なんであれ、トワイライトエクスプレスなど、懐かしい電車が飾られているので、飽きないですわ

スカイテラスからの展望

二階には大規模のジオラマがあるが、三階のスカイテラスから見た実際の路線のほうが壮観!

壮観な機関車車庫

個人的に鉄道博物館最大の目玉は、この蒸気機関車車庫。10台以上の機関車が並んでいる光景に圧倒される

スチーム号

煙を吹くスチーム号には、時間帯の都合で乗れなかった
さすがに石炭で焚いた煙は出していないようで、雲のように綺麗

旧二条駅を模した出口

出口は木造時代の二条駅を再現したもの。京都らしいレトロ感あふれる博物館に、ふさわしいエントランスである
地理的には、山陰線の丹波口駅が近いが、京都駅からバスも出ている。管理人たちは京都駅から徒歩で歩いて、二十数分かかった
入場料は1200円したけど、一度は電車にはまった人間にはぜいたくな施設だった
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。