カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


【DVD】『ツイン・ピークス シーズン1』 EP5~EP7

山小屋の一夜が明らかになるも、謎も増殖して……


<エピソード5 Cooper's Dreams>

クーパーはホテルの客の喧騒で目覚める。ベンジャミンの弟ジュリーが引き連れて生きたアイスランド人がお祭り騒ぎをしていたのだ。オードリーは朝食を取りに来たクーパーを誘惑するが、すげなく袖にされる
ルノー・ジャックの部屋の捜査は進み、レオの血塗られたジージャンはローラの血でないことが明らかに。クーパーは夢に見た赤いカーテンから、雑誌に描かれた小屋を連想して山へ捜索へ
途中、会った丸太おばさんから妙な暗示を受け、赤いカーテンの小屋から事件を目撃した九官鳥「片目のジャック」のコインを見つけるのだった

オードリーはアイスランドから来た客への歓迎パーティーに、ベン目当てでやってきたキャサリンを目撃。隠し部屋から痴話げんかを立ち聞きして、製材所の放火計画を知る
さらに、ローラの秘密を知るべく、香水売り場で働こうとするのだった
ドナとジェームズマデリーンを巻き込んで、ローラ殺害の犯人捜しを始める。一方、ボビイ精神科医ジャコビーの診断を受けて、ローラが深い闇を抱えていて、「彼女に乗せられて薬の売人になってしまった」と涙ながらに告白するのだった
ベンジャミンがキャサリンを別れるや否や、パッカード夫人と会って密談するとか、いろいろな物事がひっくり返る回であった。ひゃあ


<エピソード6 Realization Time>

オードリーはクーパーの寝室に忍び込むが、彼の説得で‟親友”に留まる。捜査はさらに進展し、赤いカーテンの小屋の捜索から、ルビーの九官鳥を確保し小屋の客がロネット、ローラ、レオと判明した
手配されたレオは妻のシェリーから発砲されるも一命をとりとめ、ついに浮気相手がボビイであることを知る
一方、香水売り場に出たオードリーは、責任者のバティス「片目のジャック」に売り子を送り込んでいることを知り、その売り子から電話番号を知る

放火計画を前にキャサリンには、パッカード夫人を受け取りにした生命保険の話が舞い込む。不審に思った彼女は契約を明日へ伸ばし、ベンジャミン、ハンク、パッカード夫人の計画は空振りに
カナダ国境で管轄外の「片目のジャック」に対して、クーパーはブックハウス・ボーイズのエドを連れて潜入作戦を決行する。出発前に、証拠の九官鳥をレオに射殺されるアクシデントはあったものの、無事にカジノへ入り込む
しかし、その裏ではオードリーが経歴を偽って採用。はたして次回、クーパーと鉢合わせか!?
ジャコビーの診療所に潜入したいジェームズとドナは、マデリーンにローラの振りをさせて呼び出させるのだった


<エピソード7 The Last Evening>

ドナとジェームズは、ジャコビーの診療所を探索し、ヤシの実からハートのペンダントローラのテープを入手する。マデリーンと三人でテープを聞き、ローラが恐れる「赤いコルセットの男が浮上する。ローラの性癖を知ってしまったジェームズは、彼女への思いを振り切り、ジャコビーがシロだと確信するのだった
そのジャコビーは、呼び出された先で黒覆面の男に後ろから暴行されるのであった

「片目のジャック」に潜入したクーパーは、ディーラーのジャック・ルノーと接触。コカイン密輸の黒幕を装い、山小屋への一夜を語らせる。ローラやロネット、他の女性とともに乱交パーティーが行われ、割れたコインはローラが噛んだものだった
ジャックはその後、偽の待ち合わせ場所で逮捕されて負傷(あのアンディが銃撃!)。病院で尋問を受けるが、山小屋でレオに殴られて意識不明になっていた(血濡れのジージャンは彼の返り血だった)

後半はファーストシーズンのクライマックスだけあって、次へのヒキが目白押し!
製材所に浮気がばれたシェリーがレオに縛られて放置されるが、不正帳簿を探しにきたキャサリンに助けられ放火現場から逃亡。復縁(?)した旦那のピートが決死の救援に向かう
エドの嫁ネイディーンは薬物自殺を図り、ボビイがレオに殺されかけるが寸前にレオが銃撃され助かり、リーランドは病院でルノーを殺害、オードリーは新人の娼婦を食べに来た父ベンジャミンと出会う。最後には、オードリーのカードにレオが銃撃された一報を前にクーパーが謎の男に銃撃!!!
セカンドシーズンを観ずにはいられない締めなのであった


いったい、どうなるんだよお~
ゲオにはファーストシーズンしかないので、もうBDボックスを買っちゃいます
感想の記事(単なるあらすじではあるが)はしばしお待ちを

前回 【DVD】『ツイン・ピークス シーズン1』 EP2~EP4

ツイン・ピークス コンプリート・オリジナルシリーズ Blu-ray BOX
パラマウント (2017-05-24)
売り上げランキング: 12,930
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『ツイン・ピークス シーズン1』 EP2~EP4

田舎の村に溶け込んでいくエリート


<エピソード2 Zen, or the Skill to Catch a Killer>

街の名士であるホーン家に、ベンジャミンの弟ジョリーがパリから帰ってきた。夜遊びが好きな二人はカナダ国境付近の店『片目のジャック』へ行き、ベンジャミンは馴染みの女主人ブラッキーを差し置いて、若い新人に手を出すのだった。一方、ボビーと‟スネーク”はコカインを求めて受け渡し場所に赴くが、売人であるレオ・ジョンソンに約束の金がないと脅されてしまう。幸い、レオの妻シェリーの浮気相手がボビーであることには気づかれなかったが……

クーパーは昼間に珍妙な推論を披露する。チベットの歴史を説明し、心と体を一体化した演繹法を夢で見出したと言い出す。ローラの日記にある「J」を特定する、その手法とは、名前を口に出してから石を投げ、ビンに当たって割れるかというもの!!
まったく、科学的根拠がない手法(爆)だが、ハリーたちも真剣に付き合い、精神医ジャコビー運転手レオ・ジョンソンをピックアップする。何気に、地名だとして「片目のジャック」として試験から外してしまったのは失敗だろうか
オカルトモードはその夜の夢にも続き、クーパーは25年後に小男とともに死んだはずのローラと出会い暗示を受けるのだった
ちなみに、今年から放送されているサードシーズンの世界は、同じく25年後のツイン・ピークスが舞台となる。当然これは偶然ではなく最新のシリーズでも、25年前に残された伏線が生かされることだろう


<エピソード3 Rest in Pain>

保安官ハリーに「犯人が分かった」と電話をかけたクーパーは、ホーン家の娘オードリーと朝飯を食べる。オードリーの筆跡から一昨日あった「片目のジャック」を示唆する投書を彼女だと看破。彼女は「真実に気付いてほしいから」
彼女の父親のデパートにある香水売り場には、被害者であるローラとロネットの二人が務めていたのだった

ローラの葬式が近づいてきて、FBIから派遣された法医学者アルバート地元の医者ヘイワードが衝突。ツイン・ピークスが溶け込みだしたクーパーは彼の強引な手法を否定する。遺恨の残す展開だが、アルバートはプロとして短時間で分析し、ローラ・パーマーがコカイン常習者と診断。手を後ろ手に縛られていたとする。そして、胃袋の中からは「J」の文字のある何かが出てきた
葬式の現場では、ローラの恋人だったボビイが暴れだし、取り乱したリーランドは娘の棺に乗っかって墓穴で上下する醜態を見せる

ローラにそっくりの従妹マデリーン(シェリル・リーの二役)が登場したり、エドがツイン・ピークスの自警団「ブックハウス・ボーイズ」を率いてコカイン密売業者を追ったりと、今回は一話で見どころが多かった


<エピソード4 The One-Armed Man>

ローラの母セーラも、クーパーと同様に幻視を観ていた。クーパーはジャコビーを尋問しつつも煙に巻かれてしまったが、片腕の男を求めてハリーらと捜索を開始する。ベンとキャサリンが逢引するモーテルで、片腕の男ジェラードを取り押さえるも、彼自体は無実。ただ友人の獣医を見舞いに病院へ行っただけ
それでもクーパーは懲りずに、その獣医が営むライデッカー動物病院を調査。ローラーを襲った九官鳥を突き止めるのだった。その持ち主はコカイン密輸に関わるジャック・ルノー!

その一方で、ダブルRダイナーの二人の女性にも大きな動きが。オーナーのノーマは、収監されていた夫のハンクが釈放が近づき、離婚を切り出せずに悩む
シェリーはボビイから夫のレオと‟ジャック”の関係を聞いて、学校でコカインを売りさばいていると教えられ(ボビイは「おまいう」なのだが)、血染めのジージャンをボビイに託す。ボビイはクーパーらがジャックの部屋に突入する刹那、ジージャンを残して去っていくのだった
こうして捜査の眼が向けられるレオに、なんとベンジャミンが製材所の放火を依頼。しかも、それはハンクからの推薦だという。そして、ハンクはパッカード夫人に自分のトレードマーク‟三の目のダイス”を送り、恫喝するのだった
いやはや、なんという悪のネットワークであろう
直接ローラの事件をつながるものは少なそうだけど、いろんなことが同時進行する、これまた濃い回だった


次回 【DVD】『ツイン・ピークス シーズン1』 EP5~EP7
前回 【DVD】『ツイン・ピークス シーズン1』 序章・EP1

ツイン・ピークス コンプリート・オリジナルシリーズ Blu-ray BOX
パラマウント (2017-05-24)
売り上げランキング: 7,426
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『ツイン・ピークス シーズン1』 序章・EP1

『ツイン・ピークス』は、1990年から1991年にアメリカで放映されたテレビドラマ
湖に捨てられた女子高生の死体というショッキングな出だしから始まり、その解決のために派遣されたFBI捜査官を演じたのが当代の美男カイル・マクラクラン。話が進むごとに謎が謎を呼ぶミステリーが、世界的に話題になった作品なのである
二十云年ぶりにシーズン3が製作され、今年の七月からWOWOWで放送している。もともと、WOWOWが開局したころに放映されて、日本でカルト的人気が生まれたのだ
管理人は契約してないのだが、学生時代から気になっていた作品なので、これを機に視聴することにした。PS3のゲーム『レッドシーズ・プロファイル』の実況動画を観てからは、なおのこと観たかったのだ


<序章 Northwest Passage>

釣りに出た老人によって、湖畔でビニール袋に包まれた女性の死体が発見される。駆けつけた保安官ハリー・S・トルーマン医者兼検視官ウィル・ヘイワードが遺体をひっくり返したところ、‟学園の女王”と評判の女子高生ローラ・パーマーと判明した。ハリーは前夜、ローラといっしょにいたボビー・ブリッグスを容疑者として拘留するも、着任したFBI捜査官デイル・クーパーがシロ認定して釈放するのだった

スペシャル枠だったのだろうか、一話にして1時間30分ほどの尺である
このシリーズは1話=1日として扱うので、普通の映画やドラマとは詰め込み方が違う。街の住人がその時何をしていたか、見せておくために細かく場面を転換していくのだ
正直言って、初見の初回では誰が誰とどういう関係なのかは把握しがたい(苦笑)例えば、第一発見者の老人はビート・マーテルは製材所の現場を仕切るキャサリンの旦那。検死官ウィル・ヘイワードは、ローラの親友ドナの親父さんだとか、意外な人間が意外な人とキャッキャウフフしていたりして、狭い田舎町だけあって、皆なんらかの関係者として関わっている
といって、話の筋が分からなくなるほどではなく、再視聴への誘惑に自然と駆られるのである

凄腕の捜査官クーパーが次々に踏み込んでいくので、一日でかなり整理された気もする(笑)
ローラが残したビデオから、ボビーの他に恋人がいたことに気づき、ローラの鍵付き手帳からコカインと貸金庫の鍵を見つけて金庫からは一万ドルの札束が発見された
そして、同じく貸金庫にあったグラビア雑誌『フレッシュ・ワールド』(『肉体の世界』って直訳するなし)には、事件現場から逃走したロネット・ポラスキー(事件後、錯乱状態)が載っていて、そこにある写真からはボビーと付き合う人妻シェリー旦那レオのトラックが連想されて……


<エピソード1 Traces to Nowhere>

ジェームズ・ハーリードナ・ヘイワードが隠したペンダントが何者かによって掘り返された。ジェームズはクーパーにローラとの仲と、その晩のことを告白する
一方、ボビーが手を出した人妻シェリーは、旦那のレオ・ジョンソンが持って帰ってきた洗濯物のなかに血に染まった青シャツを発見。それを思わず隠してしまうが、不審に思ったレオに暴行されるのであった
ちなみにトラックの運転手レオはジェームズと‟スネーク”のコンビと使って、稼いだ金をローラの貸金庫に入れていたようである
そして、ラストシーンにはローラがかかっていたという精神科医ジャコビーが、診察での録音テープを聞く。あれはお前だったか

今回から45分ほどの尺で、向こうでもCM込みで一時間の枠に収まっているのだろう
様々な登場人物の夫婦や家庭が描かれ、ほとんどが何んらかの問題を抱えている。幸福なのは、ヘイワード医師の家庭ぐらいだろうか
村の産業の中心たる製材所では、保安官ハリー未亡人のパッカード夫人が逢瀬重ねるなか(クーパーは一発で看破!)、創業者の妹キャサリン地元の名士ベンジャミン・ホーン(イタズラ娘オードリー・ホーンの親父)と愛人関係
ガソリンスタンドを経営するエド・ハーリーは、眼帯の嫁・ネイディーンを後目に、食堂のオーナーであるノーマ・ジェニングスとダブル不倫ときた
いやはや、どこもかしこも大変である
しかし、娘の死に気が狂ったローラの母が観た白髪の男はなんだろう? このシリーズ、オカルト要素も多いそうなので気になる


次回 【DVD】『ツイン・ピークス シーズン1』 EP2~EP4

ツイン・ピークス ゴールド・ボックス アンコール [DVD]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-11-18)
売り上げランキング: 1,841


シーズン2はゲオにないので、ボックスを買ってしまおうか。声優さんが豪華やし



このゲーム、ツイン・ピークスの影響をモロ受けです
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【映画】『関ヶ原』

島津義弘「ワシの突貫はカット。訴訟」


1595年、朝鮮の役が終わらぬうちに豊臣政権に激震が走る。秀吉(=滝藤賢一)が甥の秀次を謀反の罪で粛清したのだ。石田三成(=岡田准一)は三条河原において、連座した親族の処刑を執行していたが、一族に仕えていた忍びの娘・初芽(=有村架純)が暴れて騒動になる。石田屋敷に連れ帰った三成へ初芽は、短刀を首にあてるが、三成の愚直な性格にほれ込み「犬」として仕えることとなる。戦乱の空気が高まるなか、自らの半分の知行で島左近(=平岳大)を召し抱えて備えるが……

司馬遼太郎の歴史小説『関ケ原』の映画化である
かつて7時間の正月大河ドラマとなったほどの濃い題材であり、それが映画では二時間半ほどとなっている。原作どおり石田三成を主人公としつつも、カットが細かく切られ過ぎて、特に序盤は忙しい内容となっていた
それゆえ関ケ原前後の史実を知らないと理解しにくいかもしれない。尺の都合でシーンがカットされているのではなく、限られた時間に情報を詰めるために役者が早台詞を強いられていて、その映像や演技の質を減殺しているのが少し残念だった
が、今のNHK大河ドラマでは失われた重厚な空気に、多くのエキストラが動員された大合戦シーンは映画でしか見られない迫力があり、得難いものである

原作も西軍側に立って、徳川家康(=役所広司)と江戸幕府の政治をボロカスと毀誉褒貶がはっきりしていたが、基調としては「政治の世界に正義などというはっきりしたものはない」という大人の良識があった
映画でも融通の利かない三成を島左近がたしなめる場面はなんどもあったが、視聴者に政治の現実を突きつけるところはなく、「これが義だ」といって三成は死んでいく
三成の「義」は、自分を引き立ててくれた豊臣秀吉の遺児を守り天下人の地位を継がせることであり、豊臣家に対する御家意識である。「大一大万大吉」の精神は、まともな為政者なら持っている特別なものではないだろう
小早川秀秋(=東出昌大)が泣いて謝る「義」が視聴者にピンとこず、三成の死を「太閤殿下への良き手向けとなった」と官兵衛が総括した原作には達していないのだ
ともあれ繰り返しになるが、時代劇ファンをくすぐる重厚なドラマ大規模な合戦シーンは秀逸で、金を払って損はない大作映画である


原作小説 『関ヶ原』 上巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第9話~第11話

徐々に、ペースを戻しますよ


<第9話 救出>

ファンタム・レディの手によって再び捕らえられたキリコは、治安警察に連行される。警察から大金をせしめたゴウトバニラは、ほくほく顔で帰途につくが、ココナに「本当の人でなし」とまで罵られて、救出作戦を立てるのであった

なんの見返りもなく、しかも命を賭けてまでキリコを救う理由とは何か?
今回もゴウトとバニラの二人が保身と人情の間に揺れるわけだが、キリコ本人に対する友情というより、暴走するココナを放っておけないからこそ動く。男ども同士は、お互いそこまで助ける義理はないだろうと、綺麗に割り切っている
救出ために最後は大金まで失った3人だが、キリコから「おかげで助かった」という言葉を得て、ようやく仲間意識が育ってきたようである。そこにここまで時間をかけるアニメも珍しい


<第10話 レッド・ショルダー>

キリコを逃がしてしまった治安警察は、もはや尋問を諦めて抹殺作戦を始める。スクラップ置き場へローラー、爆撃、火炎放射と物理的に生きられる空間を無くすという容赦ない攻撃に対して、キリコはバニラの顔を張ってまで脱出口を掘らせるのだった
治安警察との決着にこだわるキリコは、訝しる3人にファンタム・レディとの因縁を明かす

キリコは治安警察との一戦のために、いまは封鎖中の「バトリング」会場を襲撃、突貫でATの改造に励む。またもまたもココナに引きずられる形で、ゴウトとバニラも協力する
バニラがさりげなくATの肩を赤く染めたところ、泣く子も黙る特殊部隊「レッド・ショルダー」の一員であったことが判明するのだった


<第11話 逆襲>

ATに乗り込んだキリコの逆襲に、再び署長はファンタム・レディを駆り出そうとするが、レディは出撃を断ってしまう
司祭(?)ボローは、ファンタム・レディがキリコに微妙な感情にあることに気づき、彼女の精神を調査させる。数値化されたレディの記憶を探るうちに、パーフェクト・ソルジャー(PF)としての訓練を受ける前に、キリコとの出会いがあったことを確認するのだった
「欠陥兵器ではないか」と憤るイスクイ署長に、ボローは「まだ使いようがある」となだめる。署長のみならず、この親父もなかなかの策士だ

ボローとイスクイはレディに「キリコを殺さない」と約束して、PF専用機であるブルーティッシュ・ドッグに乗り込ませる
レディは再びキリコを追い詰めるが、ここで一策。自らへの殺意のないことを見抜いてか、機体を停止させてコクピットを確認しにきたところを捕らえてしまうのだった
「プロト・ワン」と名乗る彼女に、「それは人の名ではない」とキリコ。早くもただならぬ仲であり、キリコに「はじめて、もっと生きたいと思えたとさえナレーションで言わせてしまう
次回予告では、「いよいよキャスティング完了!」とアナウンス。いよいよ大舞台へ漕ぎ出すのか


キリコとレディの会話からは、『Zガンダム』のカミーユとフォウを連想してしまった
レディもフォウも機械的に付けられた名前しか持たず、戦いのために生み出された存在だ
とくにレディは、その発祥からして完全クローンの生体兵器らしく、キリコが絡まないとまったく人間味がない。まさに戦闘のための人形であり、戦争で青春を費やしたキリコと似た境遇でもある。果たして、彼女はどういう道を歩むのだろうか


前回 【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第6話~第8話

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI
バンダイビジュアル (2010-02-23)
売り上げランキング: 15,649
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第6話~第8話

毎回、次回予告のナレがかっこよすぎる


<第6話 素体>

バトリング、リアルバトルに姿を現す謎の貴婦人ファンタム・レディの秘密を探るべく、キリコイスクイ署長本人へアタックする
キリコから何も聞かされないゴウト、バニラ、ココナの三人は、独自にチヂリウムの保管庫への襲撃を図って、元軍の弾薬庫へ。そこには署長を人質にしたキリコが訪れる……というご都合が(笑)

キリコの目的は、ファンタム・レディ=「素体」と会うこと。彼女を奪取した作戦こそキリコが追われることになった原因なのだ
といっても、今回もみんなで裸を拝んだだけで、実体は掴めない。ただ、彼女はチヂリウムのシャワーを浴びていて、この惑星に「素体」がいるのはこのレアメタルを必要とするからのようだ
脱出はいくらヘリが銃弾を浴びても穴一つ開かない、と警備がポンコツ過ぎ。ヘリも4人乗りで定員オーバーとか、設定とアクションが大味な回であった


<第7話 襲撃>

こんな大騒ぎになっても、キリコは三人に「素体」のことは明かさない。警官を襲撃してチヂリウムの「運び出し」を聞き出すが、その日程はココナにも知られてしまう。ゴウトもバニラもチヂリウムの強奪に乗る気になるものの、キリコを追っていたココナが暴走族に拉致られて、「運び出し」の日程をバラしてしまう
酷い目にあったわりに(冷静に考えると、かなりぐへへな展開)、冷たい男性陣にココナは大泣き。同情はするわりに反省の色はなく(苦笑)、ほんと男の作品である

キリコは暴走族と警察がやりあってくれた方が、強奪に有利とクールな判断。暗黒街になれてしまって、ベテランのゴウトが形なしな頭のキレである
作戦的にはまんまと、キリコ様の言うとおりに。今回は本編よりも、「素体」に深く関わる神父(?)ボローイスクイ署長の、「素体」は絶対裏切らないというやり取り、メスキアのバッケンタイン将軍(珍しく、落ち着いた戸谷ボイス)にロッチナ大尉の久々の登場が見どころか


<第8話 取引>

チヂリウムを強奪したが、一夜にしてウドの街は治安警察に包囲されて、その売却が困難に。ゴウトは窮余の策として、イスクイ署長への売却をはかる。署長も上司に「素体」の投入を命じられるほど、追い込まれていた
イスクイはゴウトとの取引を反故にしようとする割りに、「黙って帰れば、命だけは」と許してしまうが(甘いよなあ)、そこへキリコがATへ乗りこんで来て大暴れを始める

署長に迫るキリコへ、色違いのATが姿を現す。それに乗っていたのは、例のファンタム・レディ!
キリコは善戦するものの、フルボッコにされてATを潰されてしまう
どうも「素体」はいわゆる超能力者ではなく(持っているかもしれないけど)、まずもってパイロットとして優れているのである。ガンダムの強化人間のように
さて、キリコはそのまま捕まってしまうのであろうか、あるいはすでにウドの街に降下したロッチナ大尉が介入するのであろうか。そろそろ派手にやらかしそうだが


キリコは何度もゴウト、バニラ、ココナと死線をくぐりながら、「仲間」とは認識しない。軍の追跡を意識して、巻き込むたくないのだろうか
ゴウト、バニラ、ココナの間にも、安易な「仲間」意識はなくて、最低限の義理人情はあるものの、いつ縁が切れても仕方がないというクールさがある。だから、ココナが酷いめにあっても、リアクションが薄い
キリコは自分の目的一直線だし、ゴウトもバニラも自分の利益と義理人情を秤にかけて揺れ動く。友情という言葉で言い表せない、独特な仲間関係なのである


次回 【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第9話~第11話
前回 【配信】装甲騎兵ボトムズ 第3話~第5話

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI
バンダイビジュアル (2010-02-23)
売り上げランキング: 11,773
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第3話~第5話

三ヶ月ぶりの視聴とか。冒頭で、一話からのあらすじをしゃべってくれるのは助かります


<第3話 出会い>

ボトムズのなかで眠るキリコは、ゴミ捨て場に住む親父ゴウトに助けられる。キリコの腕を見込んで、仕事で組みたいゴウトだったが、ボトムズを修理して街を出るという決意は固い。ゴウトの取引している売人バニラの手も借りて、なんとか動かせるように
しかし何でも屋(?)のココナの情報から、ブーン・ファミリーの脱走者狩りが知って……という流れ

量産機とはいえ、軍用のボトムズは暴走族を蹴散らしていくが、さすがに多勢に無勢。ロケット砲まで撃たれると、中のキリコはバーベーキューになってしまう
そこへ就任したばかりの新署長が、ブーン・ファミリーとの関係を終わらせようと、介入したことで戦況は一変。一個人の根性ではなく、諸勢力の駆け引きによって助かるというところにリアリティがある
ただし、キリコのATに消火液をかけた一団は治安警察ではないようで、第2話の最後の銃弾といい、謎めいた存在が主人公につきまとう。ロアッチの差し金とも思えないが……


<第4話 バトリング>

街から出られずゴウトに引き取られたキリコは、ウドの暗黒街で催されるボトムズ乗り同士の試合「バトリングを見学へ行く。戦場の殺気のなさに物足りなさを感じるキリコだったが、「バトリング」の先輩ファイターに目をつけられたことから早くも試合が組まれることとなる
しかしそこに、かつて隠密作戦を共にしたコニー少尉がいたところから、試合相手がすり替わり、実戦さながらのリアルバトルが組まれることに

治安が悪いとはいえ、戦争のない世界で人型兵器を動かすには口実がいる。毎回、市街戦を繰り広げては街がなくなってしまうので、「バトリング」は上手いアイデアだ
前話の最後に出てきた謎の美女“ファンタム・レディ”は、『明日のジョー』の白木葉子のようであり、ブーン・ファミリーの北斗ぶりといい、他作品の要素を存分に引用している
コニー少尉が連絡した先には、新署長ともに謎の神父、軍人もいて、謎は深まるばかりだ


<第5話 罠>

戦争のトラウマから動けないキリコを、治安警察は連れて行く。新署長はキリコの背後関係を知るべく、神父のマインド・コントロールと拷問を容赦なく仕掛ける
一方、“友情”が芽生えたバニラは、キリコを救出しようと看守まで買収。ゴウトココナを加えて、処刑ぎりぎりのところで奪取に成功する
ゴウトのアジトへ戻ったところに、「バトリング」の組織からリアルバトルのお誘いが……。あえてキリコは負傷を押して、出場する

罠と看破したとはいえ、2対1の戦いに負傷の身で完勝するとか、やっぱこの人は超人である(苦笑)
リアルバトルで戦ったオリヤ大尉もまた、「素体」を奪う作戦での上官であり、そんな彼がなぜウドの街に降り立っているのか。ウドの街と「素体」に深い関わりでもあるのだろうか
ラストにキリコの述懐や次回予告では、ファンタム・レディと素体のイメージが重なってくる
意味深なのが、神父の洗脳に対しての台詞「神は死んだ」。現実でいえばニーチェの名言だが、作品でいうと「戦場で信じられるもの(大義とか)がなくなった」という意味だろうか。作品のテーマにも関わってきそうだ


次回 『装甲騎兵ボトムズ』 第6話~第8話
前回 『装甲騎兵ボトムズ』 第1話・第2話

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI
バンダイビジュアル (2010-02-23)
売り上げランキング: 8,690
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『LAコンフィデンシャル』

今週から、週に一本ペースでDVD・BDを観ていくことにした
やっぱ、休日にゲームばっかりでは単調になりますよ。生活が


L.A.コンフィデンシャル 製作10周年記念 [DVD]
東北新社 (2008-06-13)
売り上げランキング: 42,093


50年代のロス。暗黒街を仕切っていた大悪党ミッキー・コーエンが脱税で逮捕されると、その麻薬利権を巡って熾烈な後継者争いが生じていた。殉職した刑事を父に持つエド・エクスリー(=ガイ・ピアース)は、警官殺しの容疑者を暴行した「血のクリスマス」事件の密告して、刑事部の警部補に出世。同僚を解雇されたバド・ホワイト(=ラッセル・クロウ)に酷く恨まれていた。刑事部で孤立するエドは、カフェ「ナイトアウル」で起きた虐殺事件を上司のダドリー・スミス(=ジェームス・クロムウェル)の元で担当するが……

ジェイムズ・エルロイのLA暗黒街シリーズ3作目の映画化である
濃厚過ぎた原作小説を2時間の尺に落としこむために、大胆に設定が変更されていた。原作で殉職したのはエドの兄だったし、エドの性格も小さい賄賂も拒否するなど、最初から潔癖さも持ち合わせている
小説では最初に華々しく散るバズ・ミークスが重要な役割を果たすように(といっても、本人の出番はほとんどないが)、小説二作目『ビッグ・ノーウェア』の設定が一部流用されているかのようだ
最後の華々しい活劇も、『ビッグ・ノーウェア』の終盤でバズが見せた大暴れを思い出せば、シリーズから行き過ぎたものともいえまい。原作からして生々しい史実、リアリティとノワール的フィクションが混合しており、本作は優れた映画化作品なのだ

実は20年前に、映画館でも観たことがある
正直、初見では情報量が多くて、なかなか細部の話までは理解できなかった。改めて見直してみても、まだとまどうところもあった。かといって、小説を読むほうが覚悟がいるので、映画→小説で違いを楽しむが吉なよう
ただし、リン・ブラッケン(=キム・ベイシンガー)を巻き込むエドとバドのライバル関係は、しっかりと演出されていて、映画で見たときもそこだけが記憶に残っていた。バドに殴られて、互いに顔を腫らしたエドとリンが心配しあうシーンは、なんともいえない
悪代官ダドリー・スミスは小説の無頼漢イメージ(管理人の勝手?)ではなく、知略でコーエンの利権を乗っ取るスマートなイメージであり、ラストの所作も序盤の伏線がしっかり決まっている。台詞にないから、視聴者側が忘れちゃう恐れもあるけれど…


原作小説 『LAコンフィデンシャル』

関連小説 『ビッグ・ノーウェア』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第1話・第2話

『装甲騎兵ボトムズ』は、1983年から1984年にかけて放送され、リアルロボット物の頂点とも言われる作品である
ガンダムのようにテレビシリーズの続編はないものの、空白の年代を埋めるようにOVAが製作され続けて、今なお根強い人気を誇っている
作品の世界では、銀河を二分するギルガメスバララントが100年もの宇宙戦争を続けており、物語はちょうどその大戦が終結した日から始まる。世界大戦の熱戦から、冷戦に転じる現実世界をだぶらせているのだろうか
なにぶんシリーズを観るのは初めてなので、下手に先読みせずに感想に入ろう


<第1話 終戦>

主人公のキリコ・キュービィーはある特殊任務につこうとしていた。いわくつきの部隊からの転属だからか、作戦内容は知らされなかったが、味方と色違いの機体が撃ちあう異様な戦場に立ち尽くす
一人だけ事情を知らずに放置されていたものの、交戦しているうちに意味ありげなカプセルを発見。中には全裸で禿頭の美女が眠っていたのであった
乳首に驚いたわけではないだろうが、キリコは異常な汗をかいて震えてしまう。ここだけ切り取ると変態に見えるほど(笑)。この美女は、人間の精神へ働きかける謎の力を持っているようだ

美女のカプセルは同僚たちに回収されるも、キリコは小惑星基地の爆破に巻き込まれて漂流。本来は味方のはずのギルガメスの戦艦に拾われる
しかしそこでは、基地に隠された極秘の存在「素体の行方を吐けと、ロッチナ大尉の拷問を受ける。どうも、あの美女が「素体」で、友軍を裏切った連中がもっていってしまったらしい
キリコの母星メルキアに着いても拷問の連続だったが、一瞬の隙をついて脱獄!
特殊部隊顔負けの戦闘力で、追っ手を振り切ってしまう。この主人公は生身の身体でも戦闘力がかなり高い。最初から歴戦の戦士なのである
次回予告では、ロッチナ大尉の声優・銀河万丈の声で、「来週もキリコと地獄につきあってもらう」。単なるロボット物というより、かなりハードボイルドな雰囲気だ


<第2話 ウド>

キリコの故郷であるメルキアは、長い戦争によって変わり果てていた。戦後の闇市を思わせるウドの街は、暴走族が暴れまわる無法地帯であり、キリコも彼らにさらわれて採石場へ連れて行かれる
戦争によって破壊されたコンピュータ工場の跡地には、部品に使われたチジリウムが採れるというのだ。この時代にレアメタルの話題が盛り込まれているのは意外な発見である

戦争中は暴走族と癒着していた治安当局だったが、終戦をきっかけに署長は暴走族との関係を清算しようとする。なぜ、一人で乗り込んで行ったかは謎だが(笑)、ちょうど人夫たちの脱走と重なって大混乱に
そのどさくさにキリコと仲の良かった男が、暴走族と署長の会合を襲撃して命を失うのであった
キリコは暴走族に追われて街(?)に逃げ込むも、体内のビーコンがギルガメス軍に察知されてしまう。ともあれ、転がり込んだゴミ捨て場に懐かしい量産機「スコープドッグが廃棄されていて、そのコクピットの中で「母親の腕に抱かれる」ように眠るのであった。
しかし最後の追っ手を殺したのは、誰だろう。単なる流れ弾だろうか?
次回予告は「キリコがウドで飲むコーヒーは苦い」。さすがに毎回、「地獄につきあってもらう」ではないようだ


今のところ、主役機が人並みはずれた活躍をするというロボット物のお約束からは大きく外れている。なにせ、出てきた人型兵器「AT(アーマードトルーパー)」はまだ一種類であり、最初の話が同じ機種での同士討ちから始まるのだ
ロボット物の殻をかぶったハードボイルドSFであり、アメリカのテレビドラマ『逃亡者』とか『プリズンブレイク』とかを思わせる展開。第2話も販促の都合で最後にロボットを出したかのようで、好きなドラマを作るためにロボット物を装うことを徹底した作風なのだ
OP,EDが渋く決まっていて、早くもファンになってしまった


次回 【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第3話~第5話

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI
バンダイビジュアル (2010-02-23)
売り上げランキング: 36,987
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『マスク』

なんという、ナメック星人


マスク [DVD]
マスク [DVD]
posted with amazlet at 17.01.28
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-12-21)
売り上げランキング: 1,723


スタンリー・イプキス(=ジム・キャリー)は、うだつの上がらない銀行員。どんくさい性格が祟って冴えない生活を送る毎日だったが、ある日、謎の緑のマスクを拾う。緑のマスクをつけるや、スタンリーは謎のマスクマンに変身! 超人的な力で銀行強盗を働いて念願の高級クラブへ潜入。憧れの美人歌手ティナ(=キャメロン・ディアス)のステージをジャックする。しかし、マスクの力は陽の上がらないしか続かないのだった

いわずとしれたジム・キャリーの出世作であり、キャメロン・ディアスのデビュー作
「真面目な男」というキャラ付けのスタンリーなのだが、いわゆる堅物ではない。美人が目の前を通ると、鼻の下を伸ばしてバタバタしてしまう
同僚のチャーリー(=リチャード・ジェニ)と同様の、ノリのいいだけの凡人であり、日本人の感覚からする「真面目」とは少々違うのだ
単純な喜劇に思えて、ストーリーはけっこう捻っている。お色気むんむんのティナとは対照的に、真面目そうな女記者ペギー(=エイミー・ヤスベック)が登場するものの、三四郎のようなオチにはならず、意外な展開が待ちうける。「普段のままのあなたでいい」というテーマに絡んだ決め台詞を言われたあとにまさか、ああなろうとは……
マスクマンとして暴れまわる前半と、マスクをかぶれなくなってしまう後半と違う味が楽しめる。物語が進むごとにマスクを被らないときでも、ちょっとずつスタンリーは変わっていく
ドタバタの末に美しい成長物語として成立していて、やっぱ何度観ても楽しめる名作である

マスクマンとしてのスタンリーの行動は、主人公とは思えない無軌道ぶりである(笑)
憧れの姉ちゃんと付き合いたいから、銀行強盗をしてクラブに殴りこむなど、のっけから犯罪者のゾーンなのだ!
マスクをつけなくなっても、看守から鍵のみならず、銃まで奪って脱獄するなどの傍若無人を誇る(苦笑)。アメリカ人にとってヒーローのイメージとは法の外=アウトローの存在なのだろうか。拳銃ひとつで敵の巣窟に突入するなど、ヤクザ映画でドスをさらしに巻いて決闘するのと同じノリなのだろう


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。