『宣戦布告』 麻生幾

今でも当たらずとも、遠からず?


加筆完全版 宣戦布告 上 (講談社文庫)
麻生 幾
講談社
売り上げランキング: 162,756

加筆完全版 宣戦布告 下 (講談社文庫)
麻生 幾
講談社
売り上げランキング: 167,479


原子力発電所が並ぶ敦賀半島に、北朝鮮の潜水艦が漂着した。潜水艦内に残された資料から、特殊部隊による原発占拠作戦が裏づけられるが、有事を想定しない法律と国内事情からまず警察が出動する。しかしロケットランチャーによる攻撃で、SATの精鋭一名が死亡、重軽傷多数で、警察は第一線から退く。代わって前線に出る自衛隊だったが、厳重な交戦規則と高度な政治判断に縛られて……

ガチ過ぎるシミュレーション小説だった
冒頭が精密な写真の照合に始まり、次の章では帝国ホテルに来るフランス大統領夫妻とそれを守る要人警護の体制がリアルに描かれる。作者は元週刊文春の事件記者で、神戸の震災を題材にした『情報、官邸に達せず』麻生幾。本作は初めての長編小説であり、あまり後先考えずに豊富な取材経験が放り込まれていて、圧倒されてしまった
防衛庁高官から半島へ情報を流す画廊の営業マンと美人局、凄腕工作員を追う警察外事課、潜水艦の漂着に右往左往する福井県警、法律と政情に縛られて身動きが取れない官邸、直接撃たれるまで反撃させてもらえない前線の兵士たち……
あまりに登場人物が多く筋が錯綜して、回収されない筋もあるなどエンタメ的に優しいとはいえないものの、硬派に徹した筋書きに唸らされる。帝国ホテルの厳重さと日本の安全保障が、悪い意味で対照的なのだ

作品の初出は1997年の文藝春秋テポドンが日本列島を横断したのは1998年、北朝鮮が拉致事件を謝罪したのは2002年、とまさに時代を先取りしている
2001年の9・11も受けて、有事法制が整備されたものの、小説のような事態にならないかはなんともいえない
有事法制以前から「防衛出動」という概念はあって、冷戦時代もソ連が北海道に軍事侵攻することは、いちおう想定されていた
小説では、特殊部隊が少人数で侵入したために、国内の騒擾を対象にした「治安出動」という概念で出動することとなり、どこまでが「正当防衛」か「過剰防衛」かで警察も自衛隊もてんやわんやし、前線の人間が発砲するしないに官邸の政治判断が必要になってしまう
まるで『パトレイバー2』のような状況も、現場の「正当防衛」を政治家が認めれば、回避可能な気はする。今なら強硬的な措置も、国民の理解を得られるのではなかろうか
逆にいえば、いくら法整備が進んでも、時の政治家次第で大きく対応が変わってしまうことだろう
作者は必ずしも武力編重のタカ派を推奨しているわけでもなく、オチで情報戦略の大切さをアピールしている


関連記事 『情報、官邸に達せず』

宣戦布告 [DVD]
宣戦布告 [DVD]
posted with amazlet at 16.03.03
アネック (2013-07-26)
売り上げランキング: 20,529
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『情報、官邸に達せず』 麻生幾

日本の“ダイス”はあるのか

情報、官邸に達せず (新潮文庫)情報、官邸に達せず (新潮文庫)
(2001/07)
麻生 幾

商品詳細を見る


湾岸戦争に始まって阪神・淡路大震災金正男密入国事件JCO放射線事故までの大事件で政府はいかなる対応がなされたかをまとめ、危機管理体制の実態を告発したドキュメント
それぞれの件で見えてくるのは、現場から官邸に伝わる情報スピードの遅さ。阪神大震災では、主要閣僚がテレビで震災の様子を確認するという状況・・・
さすがに震災に関しては改善されているのだろうが、冒頭の金正男の件などを読むと官邸と行政機関の意思疎通が正されたかはなはだ疑問だ

まず著者が指摘するのは、災害に対して「危機管理」という言葉が先行する一方で、「被害管理」が省みられていないこと。危機の“予防”することに力をかける割に、実際に危機が起こった時の被害者に対する処置がおざなりにされているというのだ
JCOの事故の時には、パニック防止のために屋内避難が下された。が、実際には屋内にいては中性子被爆は防げない。行政側の都合、慣習で誤った方針が出され、場合によっては多くの犠牲者が生まれたかもしれなかった
日本の危機管理体制というのは、欧米に比べ周回遅れ状態のようだ(「また欧米か」という問題で済まされない!)

こうした鈍重な体制をもたらず原因として、浮かび上がってくるのが「縦割り行政」だ
阪神大震災の箇所を読むと、末端の職員たちはよく頑張っている。郵便局員たちが被災地に自転車やバイクで駆けずり回って情報を集めたなんて初めて聞いた。現地の自衛隊や警察も地震直後には動いている
が、こうして集めた情報も官庁同市の横の連絡がないばかりにお蔵入りしたものが少なくないという。もし、これが精査して官邸に上げられ、適切な指示がなされていたら、震災の犠牲は少なくて済んだのだ・・・
「縦割り行政」で顕著な例が外務省。自衛隊の海外派兵する際に、「対外情報の一元化」という大義名分のもと防衛省(現防衛省)に話を通さず内容を決める!
結果、派兵先は憲法のスレスレ(というか違反)の状況でかつ、現地の情勢とかけ離れた装備と権限で臨むという最悪の話になる
ルワンダのPKOでは欧米の軍隊が撤退したところ、自衛隊がその後をカバーする任務につくはめとなった。このルワンダの件は、驚くほどイラク派兵の件と酷似している
外務省としては安全保障理事国入りという悲願があるそうだが、そんな非現実的な目標のために自衛隊員を生け贄に差し出すとは度し難い。まさに害務省だ!

一応、防衛省と警察、公安調査庁に関しては案外まともに海外の情報を収集している様子だった。正直、ダイスより使えるのではないか思えるほどだ(笑)
もちろん、それを国家戦略に生かすにも「縦割り」の壁はあるのだが・・・
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。