『ノドン強奪』 トム・クランシー スティーヴ・ピチェニック

オカンと姉貴に呼ばれて、夜の二条城へ花見へ。六時からライトアップしていたのだ
また、そのうち記事にします


ノドン強奪 (新潮文庫)
トム クランシー スティーヴ ピチェニック
新潮社
売り上げランキング: 844,106


大統領就任式に沸く韓国で、無差別爆弾テロが起こった。北朝鮮が疑われるも、地元の情報部のキム・ホアンは韓国内部の犯人を疑い、北朝鮮の女スパイと接触することで確信する。一方、情報機関としてスタートしたばかりのオプ・センターは、同時刻にサイバーテロをくらいコンピューターがダウン、アメリカの軍事衛星には事実と異なる画像が挿入された。誰かが第二次朝鮮戦争をもくろみ、ノドンミサイルを日本へ向けていた!

オプ・センター・シリーズの第一作
1995年初出で、この年の韓国は金泳三政権一年目二人の大統領経験者が逮捕される事態となり、北朝鮮では前年に金日成が亡くなり最高権力者の代替わりしたばかり。日本では地下鉄サリン事件が世情をにぎわせていて、北朝鮮による拉致事件に関しては一般人には疑惑の段階に留まっていた時代だ
本作は、半島の最高指導部が変わったばかりで権力基盤が安定していないと仮定して起こる、両国の過激派分子が手を組んでの騒乱をタネとしている
主役であるオプ・センターは、複数の情報機関を横断する、大統領が使いやすい組織として発足し、トップには文民である元ロサンゼルス市長ポール・フッドが座る。優秀ながら寄せ集めの集団であり、実力を信頼し合いつつの微妙なチームワークが特徴となっている。みんな、良かれと思って勝手に動き、読者をハラハラさせるのである
取って代わりたい野心的な副官マーサ・マッコール、ポールに惚れて不倫を夢見る広報官アン・ファリス、実戦部隊に同行してしまう猪少将マイク・ロジャーズ……ライアンシリーズがハリウッドなら、オプセンターはテレビドラマのような距離の近さがある
こうした個性的な連中が組織の上下関係ではなく、高い意識の連帯で危機を乗り越えていく

拉致事件を経て、日本人の北朝鮮への理解と関心が深くなった今となっては、本作には乗りづらいかもしれない
アメリカ人の両作者にはベトナム戦争へのトラウマから、冷戦後に悲劇的な衝突を避けることが第一にシナリオを組み立てている
北朝鮮のような全体主義体制は、党が軍を支配・コントロールしているのであって、軍先主義でも首領の支持ありき。ホン・グーのような前線の武官が自立的な判断と行動が簡単には取りきれない。本作の北朝鮮には、最高権力者の存在が希薄過ぎて、この点まったくリアルではない
アメリカ大使や特殊部隊と北朝鮮軍との連携も、何やら米軍とベトコンの仲直りのような牧歌的な光景だ。弾道ミサイルの飛距離を伸ばし続け、トランプ政権がそれを撃ち落とそうという今となっては、隔世の感がある


次作 『ソ連帝国再建』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ソ連帝国再建』 トム・クランシー スティーヴ・ピチェニック

盆休み、実家に持ち帰った本が切れて、なんとなく掴んだのがこの本


ソ連帝国再建 (新潮文庫)ソ連帝国再建 (新潮文庫)
(2000/07)
トム クランシースティーヴ ピチェニック

商品詳細を見る


新大統領が誕生したばかりのロシアで、選挙に敗れた内相がクーデターを起こそうとしていた。内相は欧米化を嫌う国家主義者やマフィアと手を組み、ソ連帝国の再興をもくろんだのだ。アメリカの極秘情報機関“オプ・センター”は、ロシア内の不穏な動きを察知して秘密裏に潜入阻止作戦を企むが・・・

トム・クランシーのシリーズらしく、全編ハリウッドなポリティカル・フィクション
オプ・センター”は国民に公表されていない諜報機関で、福井晴敏の“ダイス”と違い、国会議員への報告義務、作戦の事前承認が必要であり、CIAをコンパクトにしたような組織
序盤の展開は派手であり、舞台も広い
敵陣営の作戦は、アメリカ国内にロシア諜報機関による爆弾テロが起こし、それによってアメリカの表だった政府機関を釘付け。その隙にポーランドとウクライナで騒動を起こし、ロシア軍を軍事介入させると同時に、ロシア政府も乗っとるという壮大なもの
それを防ぐために“オプ・センター”は敵の資金源を押さえ込む作戦をとる。その資金は太平洋を越えてウラジオスットクから入ってくるので、ちょうど世界を横断するような規模なのだ
とまあ、その割にそれを阻止する作戦自体は、こじんまりとしている(敵が実行前に資金を確保していたら、どうしたんだろう?)。戦争を防ぐという大目的を小さい組織に当たらせるのだから、多少のご都合はやも得ないところか(笑)

“オプ・センター”の構成員は、みな任務に忠実な優等生たちだ。誰もが国家と国民に忠誠を誓い、自らの任務を疑うことはない。祖国を疑うこともない
“オプ・センター”もそのまま理想的なCIAと言ってよく、このシリーズ自体も諜報機関の理想小説なのだろう
余りにも大規模になってしまったCIAは、数々の失態を犯し機能的な組織とは言い難くなってしまった。そんな現実に対し、俺たちアメリカ国民の税金で養われている諜報機関はこうであって欲しいんだよ、というアメリカ人の願望が透けて見えるようだ
今回の作戦自体は、敵のテロに対し潜入作戦を展開するという、宣戦布告なき戦争という趣で、介入主義の度合いが濃い。小説の一節に、ソ連はバルバロッサ作戦の教訓として戦場を国外にする攻撃主義を身につけたというものがあるが、それはアメリカにも当てはまるように思われる

実際のCIAは?→『CIA秘録』

この手の小説は専門用語の解説が長いという先入観がもってしまうが、この本に関してはさにあらず
簡便して要を得た説明で、文章のリズムを崩していない。文章そのものもさすがベストセラー作家で、誠実すぎる登場人物、余りにベタなハリウッドな展開をやっていても、すっかり読まされてしまった
登場人物にウィットに富んだ会話をさせるのは、向こうの売れっ子作家の条件なのだろうか
ドライな描写と効果的な人情劇のバランスが絶妙にとれている。しかし、ポリティカル・フィクションとして優等生すぎて、少しアクがたりない
あくまで娯楽作品に徹して理想小説にとどまっている作品

この小説の原題は、“MIRROR IMAGE”つまり“鏡像
それは直接的には、“オプ・センター”と同様の秘密諜報機関がロシアにあり、“オプ・センター”の長官ポール・フッドのような愛国者がロシア側にもいたということを示している
しかし、もう一つ意味がある。それはソ連のような帝国は崩壊したように思われるが、混乱するロシアはソ連の“鏡像”のような恐ろしい帝国になるのでは、という不安を表明しているのだ
チェチェン問題を皮切りにした国内マスコミの統制、諜報機関の暗躍を見ると、当たらずとも遠からずか


前作 『ノドン強奪』続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。