固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


【BD】『007 スペクター』

スペクターより強かった「権利のデーモン」




ジェームス・ボンド(=ダニエル・クレイグ)は、メキシコシティで殺し屋マルコを葬りテロを未然に防いだ。しかしビルが倒壊する大騒動となり、上司である新M(=レイフ・ファインズ)にも事情を説明しなかったために、無期限の停職処分を食らってしまう。それでもボンドは、研究者Q(=ベン・ウィショー)の元からプロトタイプのアストンマーティンを乗り去り、マルコの妻ルチア(=モニカ・ベルッチ)が住むローマへと向かう。マルコの一件は、亡きM(=ジュディ・デンチ)に託されたことだったのだ

ダニエル・クレイグ主演のシリーズ第4作目
本来なら完結編にするつもりだったのだろうか、『カジノ・ロワイヤル』のル・シャフル、『スカイフォール』のシルヴァ、といった歴代の敵役が所属した国際犯罪組織「スペクターが今回は立ちはだかる
「スペクター」というと、原作の小説、この前見始めたショーン・コネリーのシリーズでも登場する闇の組織なのだが、『サンダーボール作戦』製作の際に原作者のイアン・フレミングの他、共同執筆者のケヴィン・マクローリージャック・ウィッティンガムが絡んでいたために、著作権をめぐって揉め、以後使えなくなるという経緯があった
それが50年の時を経て権利関係が解決し、使用できるようになったのだ
そんなわけで、世界の犯罪組織の頂点にある「スペクター」に、ボンドの過去も絡まって、最大の戦いが始まる……はずだったが

冒頭にビルを倒壊させる場面から、飛行するヘリでの格闘と掴みはばっちりなのだが、「スペクター」の会合を目撃するあたりからスケールダウンしていく
『慰めの報酬』で登場したミスター・ホワイト(=イェスパー・クリステンセン)が‟ペイル・キング(青白い王)”の呼称で再登場。スペクターの幹部だったが、組織から放射性物質タリウムを盛られたせいで余命いくばくもない
娘のマドレーヌ(=レア・セドゥ)を助ける代わりに、「スペクター」の手がかりを残す
ここまではいいのだが、マドレーヌとの逃避行で出くわす、殺し屋マルコとの後任ミスター・ヒンクス(=デヴィッド・バウティスタ)との戦いから微妙。走行する電車内で派手にやり合うのだが、乗客はほかにおらず、厨房に入ってもコックすらいないのだ
そして、ヒンクスを電車(汽車?)から叩きだしてのちにチョメチョメにいたるのだが、さすがにあれだけ騒げば乗員が確認に来るのでは、という話だ(笑)

そして、北アフリカのクレーターにある「スペクター」の拠点へ行き、黒幕であるブロフェルド(=クリストフ・ヴァルツ)にご対面。ブロフェルドはボンドの養父オーベルハウザーの息子であり、ボンドへの嫉妬から父親を殺した過去があった
この因縁がボンドをわざわざ本拠地に引き入れる理由となるのだが、ブロフェルドの小物さが「スペクター」のスケール感と比例せず、がっかり。自分で拷問して喜んでいる程度の器の人間に、大組織を統率できるというのだろうか?
『スカイフォール』もそうだったけど、敵役の魅力のなさはシリーズの集大成として勿体ない。さらにお笑いだったのが、ごくあっさりとスペクターの本拠地が爆発炎上してしまうところ(ちゃんと火薬を使ったらしい)。尺の都合とはいえ、B級映画感が漂ってしまった(笑)
興行収入のわりに本場の批評が厳しいのは、こうしたところだろう
ラストは「殺しのライセンス」のなかの「殺さない権利」を行使して、ボンドは任務よりマドレーヌを選ぶ。ついに謀略の世界から引退と思いきや、現場復帰の次回作が作られてしまうのであった(公開は来年?)


前作 【BD】『007 スカイフォール』

関連記事 【DVD】『007 慰めの報酬』
     【DVD】『007 サンダーボール作戦』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『処刑遊戯』

村川透監督のテレビシリーズはほぼ見てた。どれも有名なのだ




鳴海(=松田優作)は謎の組織に捕まり、地下に閉じ込められた。部屋から脱出するも、結局は捕まるもこれは鳴海の腕を試すためのテスト。組織のボスである藤田(=山本麟一)から、邪魔になった殺し屋・岡島(=青木義朗)の始末を命じられる。藤田は鳴海と同行していた歌手・直子(=りりィ)を捕らえて、人質にしていたのだが……

遊戯シリーズの最終作。シリアス(笑)だった『サンダーボール作戦』とは違い、本当にネタなしのシリアスである
今回は前作の1年後から始まり、藤田は「大量殺戮」の見出しのついた新聞を示す
作風としては、前作のようにアクションを交えつつのクールなラブロマンスアラン・ドロン主演の『サムライ』を目指したらしく、とにかく渋い(また見なきゃならない映画が増えたがな)
アクションに関しては、これが最後だからか敵がやけに多かった。例によって扉越しの攻防が続き、鳴海に撃たれた相手がガバッと出続けるので、何やらお化け屋敷みたいである(笑)
ともあれ全編に渡って、白い壁に血がしたたる、暗闇のなかで赤い照明など、コントラストがきいた構図が多く、カッコよさに痺れた

前半はとくに鳴海、直子、岡島の三角関係が中心
岡島は鳴海が次の殺し屋であり、自分がターゲットであると悟る。鳴海は岡島の借りた部屋に囚われの身のはずの直子が入ってくることに驚く
直子は組織の人間であり、鳴海を引き込んだように岡島を組織に引き入れていたのだ。直子なりに岡島を惜しんで情交をかわしつつも、組織の命令に従って照明をつけて鳴海の狙撃を助ける
直子はそのまま一緒に殺して欲しいと窓越しにせがむが、鳴海は男の意地か無視して立ち去る。そして、鳴海の部屋にやってきて迫る直子に、「あんたと俺はただの行きずりじゃなかったのか!」
話は続くが、そのあと二人は男女という関係にはならない。組織の局長(=佐藤慶)まで葬った鳴海は、撃ってもいいよと直子へ拳銃を渡し、彼女は……
ラストに鳴海は時計屋へ訪れるが、気のある女店長(=森下愛子)に目もくれない。「最も危険が危ないよ」
ここまで男のやせ我慢を美しく描く映画もそうない


前作 【DVD】『殺人遊戯』

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【BD】『007 サンダーボール作戦』

2、3作目は借りられていた。みんな、考えることは一緒




NATO空軍のヴァルカン爆撃機が訓練中に消息を絶った。国際犯罪組織‟スペクター”が搭乗したダーヴァル少佐を、偽者とすり替え強奪したのだ。スペクターは英米に対して1億ポンドのダイヤモンドを要求し、英国情報部は00要員全員に秘密命令「サンダーボール作戦」を下した。ジェームズ・ボンド(=ショーン・コネリー)は、ダーヴァル少佐の妹ドミノ(=クローディーヌ・オージェ)がいるバハマのナッソー諸島へ飛ぶ。くしくもドミノは、スペクター幹部ラルゴ(=アドルフォ・チェリ)を後見人としていた

シリーズ4作目を借りてしまった
2、3作目からシリアス路線から回帰したそうだが、これが分からない
療養先の看護婦とセクハラからチョメチョメへ発展させ、スペクターの美人幹部とも罠だと知った上でフィニッシュに到るという次第だ(笑)
テクノロジー的にも、冒頭のフランスでの活劇でジェットパックで飛び立つとか(80年代に実現したが)、追撃する車を放水して撃退するとか、やりたい放題である
007におけるシリアスとは何かを考えさせられるが、最近のシリーズのほうがテロ時代を反映してか、かなりのド真面目に思えた

最大の見所はカリブ海での水中戦!
オープニングロールからそれが匂わされていて、ボンド自身も早々にラルゴの部下と水中銃を撃ち合うのだが、クライマックスではアメリカのCIA(?)の部隊が空挺で降下して、ラルゴたちと集団戦を交える
やるかやられるかの戦いなのに、水中ゆえ動きがスロー。必死の格闘がどこかユーモラスで、なおかつそれが複数の人数で展開されるから不思議な壮観さがある
ジャンル関係なしに、魅せられる構図なのだ
あと、シリーズが続いたからか、美人幹部のフィオナ(=ルチアナ・パルッツィ)がメタ発言。「あなたの神通力も衰えたのかしら? あなたと寝るとどんな女も改心するというけれど」
フィオナとの関係を「うぬぼれるな。任務のためにやった」と答えたことへの返しなのだが、結局、純粋に女のためには動けないボンドのヒーロー性の限界に触れたように思えた
ボンドガールより、仇側の女とのやり取りに惹かれるのは、僕だけだろうか


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『アイヌ学入門』 瀬川拓郎

そろそろ『ゴールデンカムイ』も読まねば




アイヌというと、蝦夷地と呼ばれた北海道の狩猟生活をもっぱらとする先住民で、本土人に浸食された可哀そうなマイノリティ。そんなイメージが広がっている
本書は、そんなステロタイプのアイヌ像を覆していく
帯にある「海のノマド」という表現には語弊があるが(苦笑)、アイヌはひとつの地域に住み続けた閉鎖的な民族ではなく、長い歴史のなかでいろんな民族、文化と交わりつつ、独自の文化、アイデンティティを築いてきた
古代の昔から、北海道を中心にサハリン、千島列島、本土の東北・北陸に渡る人々の交流がアイヌの歴史に刻まれているのだ

アイヌのルーツと考えられるのは、和人(本土の日本人)と同じく縄文人。縄文土器で知られる縄文文化の範囲はほぼ現在の日本の領土と重なる
縄文時代において、琉球列島、北海道においても他地域の影響は見られず、独特の文化が発達した
朝鮮半島から弥生人が渡来し、縄文人を征服、同質化するなか、弥生文化が到達しない東北、北海道で縄文文化の伝統を保ったのが、古代アイヌだそうだ
琉球列島も事情は同様で、アイヌと琉球には入れ墨を施す文化があり、近代にいたるまで女性の入れ墨は大人になった証とされていたなど、共通点も多い
本土で律令国家が固まっていくと、それに服さぬ東北の民は「蝦夷(エミシ)と呼ばれたが、アイヌと弥生人が混交した人々と考えられる
アイヌが一つの国家は作らないまでも、サハリン、千島列島へも移住し、サハリンでは大陸から渡ってきたオホーツク人と接触する
オホーツク人から大麦の農耕を取り入れ、時には争って大陸の沿海州まで遠征した。いわば、日本版ヴァイキング、北海の倭寇ともいうべき活発な時代があったのだ

中世以降もアイヌは活動的で、本土との交易も盛んだった
アイヌの衣服のなかでも、アットウシと呼ばれる樹皮衣(オヒョウという木の繊維で編む)は漁師の労働着として人気で日本へ輸出され、矢羽根になるオオワシは武士の必需品として珍重された
15世紀には、奥州藤原氏が砂金とオオワシを富の源泉としたことから、北海道へ移住が始まったと考えられ、特に砂金の利権を巡って現地のアイヌとの争い、和人同士の抗争も激しくなった
1550年蠣崎家(後の松前藩)は、アイヌと和人の交易を松前に集約し、1604年には交易の独占権を認められる
しかし規制の網を逃れて、アイヌ居住地に和人の漁民、猟師、砂金堀りが流入。アイヌの生活が脅かされ、体制への不満から1669年にシャクシャインの戦いが起こる
今の通俗的なアイヌ像が生まれたのは、この時代から。和人の業者によるアイヌの強制労働、差別が生まれ、明治政府ができるとアイヌの日本化政策が始まった。北海道開拓史によって、アイヌの土地が民間に払い下げられ、狩猟を制限した結果、飢餓が生じたとも……
本来、アイヌ独特とされる儀礼にも、日本の呪術、中国由来の陰陽術と共通するところは多い。アイヌの文化はかつての日本、大陸渡来の文化の集積であり、歴史の宝だと考え、敬意をもつべきものなのだ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
SF (26)
RSSリンクの表示
はてな
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
FC2 Blog Ranking
検索フォーム
タグランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。