固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


没後50年の藤田嗣治展に行ってきた

16日の最終日に見に行った

IMG_0991

何かの規制に引っかからないか心配だけど、見えてないよね(苦笑)

IMG_0993

場所は京都国立近代美術館。これは入り口にある記念撮影用のものだ

藤田嗣治は1886年生まれの西洋画家で、波乱万丈の経歴の持ち主。1913年に渡仏し、パリのモンパルナスに居を構えたのだが、そこには都市開発が進んでおらず家賃が安いことから多くの画家が住んでいた
そのメンバーは、モディリアーニ、シャガール、ピカソ、キスリングという錚々たるもので、後世にエコール・ド・パリと呼ばれた

展示されている作品を見ると、渡仏して当初は世界大戦直後だからか、女性の目に陰影があってホラー漫画かと思わせるほど、影を匂わせる作風
しかし、大戦から立ち直った黄金の1920年代からは、白肌でふくよかな裸婦像を次々と書きあげていく。打って変わってバブリーなのである。実際、藤田は「エコール・ド・パリ」の中でも売りに売れたようで、代表的作家と見なされた
その後、男女関係の変転から南米へ行き、1933年に日本へと変える。南米での作品は、再び貧しい庶民を描くものだ

帰った日本ではすぐに日中戦争がはじまって戦時体制に入り、藤田も戦争画を書くようになる。太平洋戦争が始まるとその名声と父が軍医なのもあってか、陸軍美術協会理事長に就任。1943年にアッツ島玉砕を聞いた際には、自ら志願して壮大な大作を書きあげた
戦後はそれを戦争協力者として糾弾されたが、戦犯とは見なされず、1949年にはアメリカへと逃れる。有名な『カフェ』の絵(美術館の入り口にあったレプリカ)はそのときに書かれたものだ
1950年にフランスに舞い戻り、1955年にフランス国籍を取得。1959年には、妻の君代ともにカソリックの洗礼を受けた
戦後のフランスでの藤田は忘れられた存在だったが、旺盛に製作を続け、多くの宗教画礼拝堂そのものを設計し、さらには緻密な礼拝堂のジオラマを遺している


売れたのは戦間期のパリだけど、藤田嗣治はそれぞれの時代で面白い作品を残していった
裸婦像のみならず、オカッパ頭の自画像に、ユーモラスな少女に、随所に現れる猫!
ひと目、フランスどっぷりの作風に見えて、今の日本のサブカルにも通じるような題材が盛り込まれている。宗教画にしてもどこかたおやかさを感じさせて、和洋いいところどりした独特の作風なのだ
とにかく気に入ったので、お高い画録も買ってしまいましたがな。もう最終日なのでお薦めといってもアレながら、どこかで展示があった時に覗かれてはいかがだろうか



DVD本のほうが安いんだ……
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『旧神郷エリシア』 ブライアン・ラムレイ

巻末にて、謎の解説者「鵺沼滑奴」の正体が明らかに


旧神郷エリシア (邪神王クトゥルー煌臨! ) (創元推理文庫)
ブライアン・ラムレイ
東京創元社
売り上げランキング: 291,539


旧神たちのいる世界、エリシアへ旅立ったド・マリニーモリーンだったが、三年かかってもたどり着くことができない。再びボレアに戻り、シルバーハットアルマンドラの歓迎を受けた彼に、古時計が輝く。エリシアにいるタイタス・クロウから、「クトゥルー復活の時が近い」という知らせが届けられたのだ。一刻も早くエリシアへたどり着くべく、時空を超えたド・マリニーの旅が続く

タイタス・クロウサーガの最終章である
ついにシリーズの名を刻むタイタス・クロウが満を持して再登場するが、実質的な主役は今回もド・マリニー彼のエリシアへの旅路が物語の大半を占めるのだ
普通に考えるファンタジーの筋だと、エリシアでタイタス・クロウとド・マリニーが合流して、クトゥルーへ反撃開始と予期してしまうから、なかなかエリシアへたどり着かないことにやきもきしてしまう
これだともう一巻ないと尺が絶対的に足りないのではないか、と思っているうちに、邪神大勝利エンドまで見えてきて……
が、これこそが作者の壮大な罠!!
実はド・マリニーの右往左往する旅こそが、唯一無二の解決策になってしまうのであった

いわゆるモダン・ホラーというジャンルから大きく逸脱した本シリーズも、ここまでスケールが大きくなり、かつ描ききられているとなれば、もう降参である。クトゥルーものに何を期待していたとしてもだ
旧神クタニドが住むエリシアに、人類の夢と悪夢が同居する<夢の国>は幻想的世界の極致であるし、クトゥルー、ハスター、ヨグ=ソトースらが集結した百鬼夜行ならぬ邪神夜行は、そうした世界をぶち壊す世紀末的迫力がある
<夢の国>でド・マリニーは、幻夢卿ヒーロー流浪卿エルディンという二人の男に出会う。この両者は作者の別シリーズ<Dreamlands>の主人公であり、死者を従える魔女ズーラに、蟲軍団の女王ラティはその敵役にあたる
また、エリシアへの血路を開くきっかけを作る魔術師クムールがいた古代大陸ティームフドラは、Primal Land>シリーズの舞台であり、アルダサ=エルも重要人物として登場する。いわば、作者が想像した世界の集合体が本作だったのだ
巻末の解説によると、<Dreamlands>シリーズは他の出版社で翻訳が始まっているとか、これは期待せざる得ない


前巻 『ボレアの妖月』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ホムンクルス』 第2巻 山本英夫

年末に向けて、仕事は大忙し……ガチで忙しい人ほどではないけど


ホムンクルス 2 (BIG SPIRITS COMICS)
山本 英夫
小学館
売り上げランキング: 254,936


第2巻。トレパテーション手術を受けたことで名越進は、左目だけで見るときに奇怪な光景を目にするようになった。人間が異形化して見えるそれを、伊藤学からホムンクルスだと教えられる
単なる幻覚でないという確信を得た名越は、第1巻の最後で会ったヤクザの組長を探して盛り場へ出て、逆にその組員たちに連れ去れてしまうが……

ヤクザの組長との再戦(?)である。組長からすると、束の間とはいえ名越が心中を見られたことで、その正体を確かめたかったのだろう
まな板の鯉である名越だが、それこそ頭のネジが緩んだのか、まったく怖気づかない。組長に殴られつつも、顔を触り体にへばりつく。その光景に入ってきた組員が勘違いするほど(苦笑)
なんとも強行突破ながら、自らがボードに乗る友達に重傷を負わせたことと、組長のトラウマをリンクさせて組長の「ホムンクルス」を解消してしまう
名越自身と相手との過去を清算させていくというシリーズの方向性を示した本巻だが、普通の漫画と違うのがその解決法。その落とし前のつけ方が、ときに反社会的なのだ
トラウマを打ち払うことと、社会の倫理とは別物で必ずしも両立しないというリアリズムが、独特の人間ドラマを作っている


前巻 『ホムンクルス』 第1巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『日清・日露戦争をどう見るか 近代日本と朝鮮半島・中国』 原朗

日教組の強い学校では、“平和教育”で教えられたことだけど




日本にとっての日清・日露戦争はなんだったのか。明治・大正の歩みを検証することで司馬史観の誤謬を正す
著者は日本経済史を専門とするが、戦時経済の研究をしていたことから、本書では昭和の戦争を理解するために、まずそれ以前の明治・大正の日本を知らねばならないとして、大陸進出の過程を分析している
俎上に上るのが、司馬遼太郎の『坂の上の雲』。2009年から2011年にNHKでドラマ化され、再び日本人の歴史観に定着したことへの警戒感からなのだろう
明治を「明るい時代」日露戦争以降を大正・昭和を「暗い時代」という単純な構図に反証を並べ、日中戦争・太平洋戦争の破局にいたる要因を明らかにする

著者が感じる『坂の上の雲』に対する違和感は、朝鮮の扱いである。清朝、ロシアとの戦争で事実上の係争地であった朝鮮と日本の関係について、あまりに割かれている紙数が少ない
司馬からすると、戦前の日本がすべて悪いというイメージを覆したいというのが創作に対する動機なので、植民地支配に関してはことさら取り上げる必要を感じなかったのかもしれない
ただ、日本は日清戦争開戦時に、朝鮮王宮を占拠して国王・高宗に父・大院君の摂政を強要し、清朝への従属関係を破棄させた。日露戦争開戦時には、軍事上の拠点を利用できる「日韓議定書」を認めさせ、ほぼ全権を掌握していた
日清・日露戦争は明らかに朝鮮半島の帰趨を巡ってのものであり、著者はそれぞれ「第一次朝鮮戦争」「第二次朝鮮戦争」と呼んでもおかしくない内容だとする

日清戦争の講和条約「下関条約では、第六条第四項において「清国内で日本人が工場を作って生産していい権利」(資本輸出権)を得た。清朝は列強と「最も恵まれた国と同じ権利を獲得できる権利」(最恵国待遇を結んでいたために、自動的に日本に与えた権利を列強にも認めざる得なくなってしまった
この一件によって、下関条約は欧米諸国への「経済上の賄賂」と揶揄された
その五年後の1900年の「義和団戦争」(北清事変)では、列強八か国によって鎮圧され、その結果、多額の賠償金と各国の軍隊の駐留権が認められる。これが日本の支那派遣軍の根拠であり、日中戦争の引き金を引く盧溝橋事件の遠因となるのだ
と、記事では「暗い明治」の例を並べてしまったが、著者は同時に日清・日露戦争の戦勝が条約改正につながり、賠償金が産業革命の原資となるなど、挙国一致の戦争によって「国民」が生まれて近代化が進展大正デモクラシーに至る点も取り上げている
定期的な戦争によって近代化が進んだ点は(先進国の多くで見られることだが)暗い影を落として、徳富蘆花を引用して当時の日本の危うさを示している

著者は司馬史観の流布を心配しているだけで、小説家としての司馬を高く評価している。膨大な史料を渉猟し見事な技巧を誇るからこそ、無謬な知識人に祭り上げられて利用されることを懸念するのだ
例に挙げるのは、広瀬武夫がロシア駐在武官時代のことを「かれほど婦人たちに騒がれた日本人もない」と断定しつつ、文尾に「かもしれない」とするところ
力強い断言からの、実は断言していない(保留)という“圧倒的手のひら返し”なわけで、この独特の完結性が(完結しているようでしていないのだけど)、司馬作品の中毒性、魅力なのだろう


関連記事 『坂の上の雲』 第1巻

日本戦時経済研究
日本戦時経済研究
posted with amazlet at 18.11.30
原 朗
東京大学出版会
売り上げランキング: 1,025,164
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。