固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


【京都人による京都観光】祇園祭り

競馬仲間と餃子巡りツアー(!)をしていたら偶然

IMG_1222

四条通から新町通を北へ歩いていると、祇園祭の山車にを見かけた

南観音山

南観音山だ。ペルシャ風絨毯が下げられて、異国情緒をかもしだす
印度のイメージなのだろうか

南観音山02南観音山03

山車へは保存会の二階から乗り込む構造
後祭の宵山に「あばれ観音という、独自のムーヴ(?)があるそうだが、平日だとまず見れないなあ


北観音山01

さらに北へ進むと今度は北観音山

北観音山2北観音山3

北観音山と南観音山は、明治初頭までそれぞれ交互に巡行していたらしい
南観音の「あばれ観音」は、「北観音への恋心を覚まさせるため」という説も。観音同士の恋愛とはまた


巡った餃子店は三店

・餃子処 亮昌 (最寄り駅 地下鉄烏丸線四条)
・餃子と小籠包 風枝 (同上)
・京GYOZA杏杏 (阪急河原町)


亮昌はぎょうざ専門店。ぎょうざは一種類というこだわりの店である
風枝はカウンター席が多いものの、本格的に蒸した餃子が食べれる店。1800円の特製から揚げがうまい!
杏杏はいろんな種類のぎょうざがあり、味噌風味の特製タレが特徴。ラー油の入ったタレと食べ比べが楽しい


もうひとつ気になっていけなかったのが、

祇園にある「歩兵」。夜遅くなっても客が並んでいた。一度、確かめてみたいところだ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『吸血鬼ジュヌヴィエーヴ』 ジャック・ヨーヴィル

京アニの一件は筆舌に尽くしがたし。管理人の住んでいる地域に近いのだ
なぜ……


ウォーハンマーノベル 吸血鬼ジュヌヴィエーヴ (HJ文庫G)
ジャック ヨーヴィル
ホビージャパン
売り上げランキング: 781,280


ドラッケンフェルズ事件後、劇作家デトレフ吸血鬼ジュヌヴィエーヴと帝都アルトドルフに戻り、由緒ある劇場で新作『ジークヒル博士とカイダ氏』に取り組んでいた。しかし、ドラッケンフェルズ城の跡地から、その元主人の“遺志”を受け継ぐ仮面が人から人へ乗り移り、復讐を果たさんと迫るのであった。(見かけは)美少女吸血鬼ジュヌヴィエーヴの不思議な冒険の三編

この前読んだ『ドラッケンフェルズ』、『ベルベットビースト』の後日談となる三編が収められている
『ベルベットビースト』はまだ手に入れていないが、とりあえず『ドラッケンフェルズ』を読んでいればついていける内容だった
どの話もウォーハンマーの世界観を生かしつつ、独特の輝きを持つミステリーであり、意外な謎と結末が待ち構えている。ダークファンタジー好きにはたまらない、絶品である


<流血劇>

ドラッケンフェルズ城から生還したデトレフは劇作家として本格復帰。一座は伝説の魔術師を倒した名声から、帝国の貴顕を招けるほどの盛況を見せる
新作が『ジークヒル博士とカイダ氏』と元ネタがこれ以上なく分かりやすい(『ジキル博士とハイド氏』)。劇場の主であり異形の存在“落とし戸の悪魔は、新進女優エヴァに助言するなど『オペラ座の怪人』を彷彿とさせる存在であり、地下に謎の地下空間が広がるとか、これまた分かりやすい
ただしラストへの畳み方は、ドラッケンフェルズの復讐が絡まって怒涛の展開だ
『ドラッケンフェルズ』を読んだ人間なら、あの惨劇を生き残った者たちのその後の群像劇としても楽しめる


<永遠の闇の家>

ジュヌヴィエーヴが登場するものの、彼女の記憶が混乱しているので、出だしではいつの時代なのか分からない。管理人は最初、彼女が吸血鬼に成りたてのころと勘違いしてしまった(苦笑)
彼女が囚われているのは不思議な力を持つ館であり、中の住人は120歳を超える老人メルモス・ユードルフォの遺産を巡って血で血で洗う戦いを繰り広げていた。相続人たちは死んでは、何度でも蘇って戦い続ける
その不毛な惨劇に風穴を開けるのが、貴族出身ながら階級闘争を唱える革命家クロソウスキー大公と、かつてデトレフの劇団で女優もやっていたというアントニアで、この二人が主役を務める

訳者のあとがきによると、登場人物の多くは往年のゴシック小説から来ているとか。挙げられたところでは、アン・ラドクリフ『ユードルフォの謎』、C・R・マチューリン『放浪者メルモス』、マシュー・グレゴリー・ルイス『修道士(マンク)』
日本で需要が少ないからか、映画化された『マンク』ですらお高い! 参ったぜ


<ユニコーンの角>

ジュヌヴィエーヴは、不覚にも帝国の財務大臣ティバルトに囚われてしまった。自身のことだけでなく、かつての愛人デトレフを持ち出された彼女は、ティバルトの政敵であるルディゲル・フォン・ウンハイムリッヒ伯の暗殺を命じられる
傲岸な貴族であるルディゲル伯は、幻獣ユニコーンの“雌”を求めて狩りに出る。伯の息子ドレムス、親友のドレムス伯に、大臣の密偵バルトゥスとジュヌヴィエーヴが同行するが…

ルディゲル伯の城に招かれたオト・ヴァールニクは、アルトドルフ大学の学生クラブ“カール・フランツ盟友会議長”で、伯の息子ドレムスアルトドルフ大学の学生。二人は『ベルベットビースト』にも登場するらしい
本作も禁断のユニコーン狩りと、ドレムス出生の秘密、ジュヌヴィエーヴによる暗殺作戦が混じりあって、誰がどういう結末をたどるのか最後まで引き込まれた


関連記事 『ドラッケンフェルズ』

マンク 破戒僧 [DVD]
マンク 破戒僧 [DVD]
posted with amazlet at 19.07.20
角川書店 (2012-09-07)
売り上げランキング: 189,510
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ホムンクルス』 第8巻~第10巻 山本英夫

伊藤編、展開が遅い描写が濃いから三巻同時に


ホムンクルス(8) (ビッグコミックス)
小学館 (2015-05-15)
売り上げランキング: 52,386

ホムンクルス(9) (ビッグコミックス)
小学館 (2015-05-15)
売り上げランキング: 52,486

ホムンクルス(10) (ビッグコミックス)
小学館 (2015-05-15)
売り上げランキング: 52,463



第8巻。名越進伊藤学に頭蓋の穴をふさがせようと、手術台に乗る
しかし、それは名越の仕掛け。手術の寸前に伊藤にそのホムンクルスの実態を知らせ、動揺を誘って正体を暴こうとする
名越の言葉に興味を示した伊藤は、傷の消毒だけに済ませて、名越の“診察を受ける。伊藤のホムンクルスは、全身が水で小さいグッピーが泳いでいるというものだ
名越の“診察”は、例によって理屈ではなく触診(苦笑)。伊藤が良く付き合ってくれると思うが、水を覆っているものが父親のフレームであり、外からの攻撃ではひびも入らないことを知る。まるでグッピーの入った水槽のようだ


第9巻。伊藤は名越の一方的な“診察”に対して、言葉による反撃に出る
伊藤のホムンクルスは名越の思い込みであり、名越のトラウマを投影した幻影に過ぎないのではないか。性同一性障害という推測が正しければ、名越も同様ではないのか
名越はすべての問題をリンク=共有しているわけではないと退ける一方、伊藤が無色の水であるように名越も自分自身に生きる実感が湧かないことを認める
伊藤が見抜いたのは、名越がほぼ顔全体を整形していたこと
追い込まれたような名越だが、よくぞ見抜いてくれたと抱き締める。そして、自分自身にウソをついているという問題は伊藤も共有していると指摘するのだった
そして、名越は伊藤を食事に呼び、女装をさせて本当の自分を見つけさせようとする。名越自身の本当の姿を見つけるためにも


第10巻。女装した伊藤は反発しつつも、人前に出ればそれらしく振る舞ってしまう
名越はホムンクルスの中にいたグッピーのことを聞きだすが、伊藤は「なぜ隠した」と怒り出し自分にそんな記憶はないと言い出す。それは名越の記憶であって、親父に捨てられたのではないのかと
名越は伊藤が自分の過去のことを吐き出していると悟る。彼が自分自身を完全に取り戻しており、片目を閉じてもホムンクルスは見られない
一方、伊藤の問題を解決しても、名越は自分の元の顔すら思い出せないことに愕然とし、ホテルを後にするのだった

次の日、伊藤は父の病室へ見舞に行くが、偶然に小学生時代のアルバムを見つける。それは伊藤の記憶にない、女の子のような恰好をした写真が貼られていた
伊藤の父は息子の女装癖を嘆き、彼のお気に入りのグッピーの水槽を壊そうとした。実際には猫の悪戯で砕けたのだが、息子は父のせいだと憎んだ。父は涙ながらに、グッピーの件を息子に詫びる
伊藤は記憶に奥底に隠された過去を知り、ただただ涙するのであった


伊藤の一件は解決したようだが、名越の過去に関してはむしろ闇が深まるばかり。帯には最終章突入とあっても、休載期間もあって完結には15巻までかかっている。はたして何が待っているのやら


前巻 『ホムンクルス』 第6巻・第7巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『昭和の怪物 七つの謎』 保阪正康

半藤一利より、護憲ありきな姿勢


続 昭和の怪物 七つの謎 (講談社現代新書)
保阪 正康
講談社
売り上げランキング: 7,561

戦争の時代、その渦中にいた人物たちは何を考えていたのか。昭和史の大家が4000人を超える取材体験から探る昭和の影

御年80になろうという著者が、平成が30年で終わり、つまり昭和から30年過ぎたのを機に、ライフワークであった動乱の時代を振り返ったのが本書だ
東条英機、石原莞爾、犬養毅、渡辺知子(5・15事件の被害者・渡辺錠太郎の娘)、瀬島龍三、吉田茂の6人から、知られざるエピソードを切り抜き、歴史の深層に迫っている
取材者対象が吉田茂の娘・麻生和子(財務大臣・麻生太郎の母)など本人に極めて近い、歴史の立会人といっていい人たちばかりであり、その生々しい証言から歴史の劇的な瞬間と、その裏側にうごめく“昭和の暗部を引き出しているのだ
吉田茂の章で「非武装」の構想にこだわるなど、反自民・反安倍のバイアスはあるのだが、長きにわたる蓄積があるからこその味わい深い歴史の光景を拝むことができる

タイトルの『昭和の怪物』は半ば釣りで、それに当てはまるのは石原莞爾ぐらいだろうか
東条英機は石原莞爾が小馬鹿にする「無思想」の人間であり、総理になっても精神論を鼓吹する「陸軍軍人の典型であった。サイパンが陥落して絶望的な状況となっても、「これで日本人の精神が目覚める」と言い出すのだから、国民はたまらない
こういう人間がトップのほうが参謀は操りやすいと考えていたのだろうか
作者によると、東条の過ちは日米開戦を防ぐため首相に任命されたのに、戦争が避けられなくなってからも引責辞任しなかったこと。東条は「敗戦によって国体が損なわれるのを防ぐ」という政治家の視点を持てず、ただ軍人として戦争に勝つことだけを考えてしまった。昭和天皇並びに内大臣・木戸幸一の賭けは外れたのである

石原莞爾に関しては、戦後の活動から戦前の「世界最終戦論」に遡るという、時系列と逆に珍しい試みがされている
石原は戦後、「世界最終戦論」を「はなはだしい自惚れ」と撤回し、東京裁判を否定しつつも、新しい憲法は将来を反映している、と評価していたそうだ

「われわれは、歴史は今重大な転換期に来ているものと見、後の鳥が先になる機会が与えられているものと考えている。血なまぐさい時代ではあるが、世界は正に人類のあこがれである永久の平和が実現しようとしているのだ。日本はちょうどマラソンで一番ビリになった選手のようなものだが、コースが変われば逆に最先頭になる可能性がある。コースは現に変わりつつある。決して落胆する必要はない」(p56~57 「新日本の建設とわが理想」)


作者は「非武装」「戦争放棄」の理想から、吉田や石原の平和憲法支持を持ち上げるが、それぞれ「戦前の軍隊の影響を徹底排除したい」「国が貧しくては軍を維持できない」など現実的な視点があったことを忘れてはいけないだろう
「世界最終戦論」は日蓮主義がベースとなっており、立正安国の教えが日本で確立したのちに、インドなど広まっての永久平和の実現が、最終戦争後の平和に変わっている。米ソの冷戦を「最終戦争」と仮定すると、趣き深い史観なのだが、多極化時代のテロや地域紛争、米中冷戦をみれば、それもまたユートピア的ったということか
それはさておいて、石原は満州事変を起こしつつも、アジアの盟主たるには「日支提携」が不可欠と日中戦争には大反対し、太平洋戦争を論外とした。その先見の明から当時も戦後もファンが多く、本書では幻の東条暗殺計画や倒閣との関わりを追求し、2.26事件、トラウトマン工作(日中の和平案)への関与も分析される
東条とは対照的に、軍人としての立場や発想に縛られない「怪物」は、多くのシンパを得つつも組織からははじき出され、その主流になることはできなかった
自らの経歴を改竄しようとした瀬島龍三しかり、東条のように体制に順応し、その枠内でしか行動できない官僚エリートたちが国を滅ぼしたという歴史の教訓が本書を貫いている


関連記事 『陸軍軍務局と日米開戦』

ある歴史の娘 (中公文庫)
犬養 道子
中央公論社
売り上げランキング: 73,815
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。