固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『パラケルススの魔剣』 山本弘

ゲームはPC98のみの発売なので、今となっては幻の一品
ニコ動の生主さんで、近々やってみるという人がいるので楽しみにしている





ラプラス事件から7年後、1932年。フリーのライターであるモーガン・ディランとその旦那である探偵アレックスは、イギリスの心霊研究会に招待された。そこで市井の発明家ビンセントと再会した二人は、研究会のスポンサーである出版社の社長フィリップ・A・スミス氏に本物の霊能力者である少女フランカに引き合わせる。彼はフランカの幻視を調査すべく、モーガンたちにヨーロッパ大陸への取材旅行を持ちかけるのだった。モーガンにパラケルススの短剣を魔除けとしてプレゼントして……

『ラプラスの魔』から続く、ゴーストハンターシリーズの続編である
本作もまずゲームの企画から始まって、そのノベライズという形なのだが、ゲームの製作が終わるまで連載が延びた関係で、上下二巻のスケールの大きい長編小説となっている
前作の生き残った主要人物、結婚したモーガンアレックス、奇抜な発明家ビンセントに、あの魔術師、草壁健一郎も登場。新たな仲間として、強力な超能力者である少女フランカ、「神聖なる獣」の一員だったゲルハルトが加わり、敵役はナチスの親衛隊に守られたオカルト集団!
そして、その裏にはヨーロッパ大陸を越えて地球圏全体に関わる謎の黒幕がいるという、1930年代の情勢と当時もてはやされたオカルティズムや奇抜な定説を盛り込んで壮大なスケールの冒険小説となっている
その一方で、ライトノベルの範疇に入るコミカルなキャラクターと活劇に、作者入魂のエロティシズム(!)もあって、入りやすい作品となっている

作品世界の材料となっているのは、20世紀初頭から流布されたオカルティズムである。もっとも、この頃は相対性理論や量子学がまだ一般に理解されていない頃であり、今から見ればオカルトとしか思えない、突拍子もない学説が一部に信じられた時代でもあった
冒頭の心霊研究会(SPR)は実在の組織であり、イギリスの首相を務めたA・J・バルフォアが会長を務めていたり、作家コナン・ドイルルイス・キャロル心理学者のカール・ユングが会員になっていたこともあった
先史思想研究会のヘルマン・ヴィルト、作中のダッハウで会うカール・マリア・ヴィリグート、生体実験に手を染めるジクムント・ラッシャーは実在の人物であり、太陽系の起源を高温の天体に巨大な氷がぶつかったことから生まれたというヘルビガーの宇宙氷理論はナチスに支持され、ドイツで支配的な地位を築いてしまった
他人の批判を受け付けない独善的な世界観が、とんでもない悲劇を招くという警句は、トンデモ本批判で有名な作者の面目躍如だろう


前作 『ラプラスの魔』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【映画】『ダーク・タワー』

雰囲気は良いのだが


父を失ってから内気になった少年ジェイク(=トム・テイラー)は、絵を描くのが得意。しかしその絵は、自分の悪夢を題材にしたために周囲に気味悪がられていた。母ローリー(=キャサリン・ウィニック)が息子の精神療養に読んだ施設関係者を、悪夢で見た‟偽皮の者”と勘づいたジェイクは逃亡し、悪夢の世界=中間世界へとたどり着く。そこでやはり夢に見た‟最後のガンスリンガー”ローランド(=イドリス・エルバ)と出会うのだった

久々にやらかした映画を観てしまった。これから原作を読んでいくというに……(苦笑)
序中盤の雰囲気、展開は悪くない。ジェイク異世界(中間世界)のことが夢で分かってしまう異能者であり、その‟輝き(シャイン)”の力を奪うために「深紅の帝王」(クリムゾン・キング)に使える‟黒衣の男”ウォルターが組織の‟偽皮の者”たちを放つ。中間世界には世界を支える‟ダーク・タワーがそびえており、ジェイクら‟輝き”を持つ少年少女の力を利用して破壊するのが、ウォルターの野望だ
原作はスティーヴン・キングだが、光と闇の戦いをモチーフにした王道異世界ファンタジーなのである。指輪物語の影響が強いらしい

そのダーク・タワーを守る側がガンスリンガー(拳銃使い)の一族であるローランドであるが、父を殺され一族が滅亡の淵に立たされていることもあって、本来の使命でなくウォルター個人への復讐に燃えている
その心の闇をウォルターに突かれるのだが、純粋なジェイクの影響でガンスリンガーへと再生するのが、中盤までの物語となっている。暗い世界観ながらドラマは熱く、ここまでは良かった
しかし、終盤に近づくにつれ、荒々しくなっていく。全七巻のシリーズを90分足らずでまとめようとした(?)からか(管理人はまだ原作を一巻も読んでいないのでよくわからないが)、力業が目立つのだ
クリムゾン・キングの強力な妖魔を一蹴したはずのジェイクが、ウォルターに何ら不思議な力を見せられずに連れ去られるし、ローランドは復活したとはいえ拳銃で自動小銃の弾幕に対抗し、セガのベヨ姉さんかというアクションで粉砕していく
もう呆れるほど、ゲームリアリズムなのである

あげくの果てに異世界とつながるポータル(門)とダーク・タワーを攻撃する装置が近い謎配置(!)のおかげで、一瞬でジェイクは脱出してしまう。製作者側の都合が見え見えで笑ってしまった
そして、ローランドの銃弾で装置は爆発を起こして、ウォルターの基地も大崩壊!!! 組織に連れ去られたはずの多くの少年少女の犠牲を生んでしまうのだ(助けられたという言及はない!)
こんな酷い幕切れはセガールの『沈黙の要塞』ぐらいでなかろうか(爆)
だが、主人公たちの物語はちゃんと収束しているので視聴後の気分は悪くない。それだけ、清々しいやっちまいぶりだったのだろう


*『ダーク・タワー』の世界観はスティーヴン・キングの諸作品とつながっていて、諸悪の根源が『深紅の帝王』(クリムゾン・キング)とされるらしい。映画『ミスト』では、それを受けて冒頭にガンスリンガーを描くシーンから始まっているそうな


関連記事 【DVD】『沈黙の要塞』
     【BD】『ミスト』


ベヨネッタ2 - Switch
ベヨネッタ2 - Switch
posted with amazlet at 18.02.18
任天堂 (2018-02-17)
売り上げランキング: 19
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【PS配信】『ヒミズ』

ヒミズとは、モグラの一種。浅い地中に住み、夜は地表を歩くこともあることから、日を見ない=「日見ず」と名付けられた


ヒミズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2012-07-03)
売り上げランキング: 55,324


震災から復興しつつある福島。大きな池で母親(=渡辺真起子)とボートハウスを営む住田祐一(=染谷将太)は、ただただ‟普通の人生”を望む変わった少年だった。しかし、借金を背負った父親(=光石研)と貸したヤクザに暴行され、ある日父親を殺してしまう。住田に片思いの茶沢景子(=二階堂ふみ)の心配をよそに、住田は包丁を片手に‟悪党”を探して街を彷徨する

この監督らしい(?)壮絶な作品だった
製作準備中に東北の震災があり、舞台が被災地に変更されていて、住田の友達が原作の同級生ではなく、家を失ってホームレス化した被災者となっている。住田と茶沢の家庭は崩壊しているが、そこに震災が加味されて親が子に「死んでほしい」という異様な状況を少し視聴者の側へ引き寄せられている
本来の作品のテーマは「普通に生きたい」と願ってそう生きられなくなった少年が、「せめて世の中の役に立って死にたい」と包丁を持って街をうろつくという彷徨える良心、正義。修羅場にかかるテレビで宮台真司氏が出演したのも、これが本題ゆえだろう
こうした重たい作品ながら、一点に陽気を背負うのが二階堂ふみ演じる茶沢さんの存在だ。到底、中学生とは思えない豊満な肉体と色気なのだが(笑)、彼女が動き回るだけで雰囲気が一変するのである。改めて、すごい女優さんだと思った
茶沢さんの死を望む両親がわざわざ苦労して赤い絞首台を作るとか、彼女におよそ中学生らしからぬ長台詞を吐かせるとか(Vガンのウッソかよ!)、演劇的な要素が目立つものの、長い尺が気にならない名作である

住田は父親を殺したことから「普通の人生」に戻れないとして、この先は「おまけ人生」と称し、せめて世の中の役に立とうと‟殺していいクズ”を探して街へ出る
が、実際に街には殺してよさそうな悪党にはなかなか出会えない
最初は親父の借金を取り立てた闇金融を尋ねるが、借金はすでにホームレスの夜野によって返済されていた。自分の計画をダメにした夜野に対して、住田はキレて絶交する
次は罪のない人を襲う通り魔を殺そうとするが、通り魔事件を防げただけで‟ただのいい人”に終わってしまう。そして、クズだと思った通り魔が、実は自分と同じく「何をやっていいか分からず、彷徨っている人間」だと気づいてしまう
同じような通り魔になるには、彼のプライドが許さない。結局彼は回り回って、ボートハウスへ帰ってくる
彼を自殺の衝動から救ったのは、ストーキングともいえる茶沢さんの愛。しかしこれ、裏を返すと、彼女ぐらい強く引き留める人間がいないと「普通の人生」に引き返せないということでもある
ホームレスのおっちゃんたちとの温かい宴会はともかく、彷徨える男たちがそうそう、そんな存在に出会えるはずもなく、希望あるラストの裏に絶望も感じてしまった


終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアル (ちくま文庫)
宮台 真司
筑摩書房
売り上げランキング: 153,865
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『多重人格探偵サイコ』 第13巻・第14巻

弖虎が主人公ぽくなってきた


多重人格探偵サイコ(13) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-09-01)
売り上げランキング: 62,233

多重人格探偵サイコ(14) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-09-01)
売り上げランキング: 62,173


第13巻。西園弖虎は自らの精神に宿る雨宮一彦の人格を、伊園若女から守るために、刑事・笹川天馬うらん雨宮のスペア捜索を依頼する。驚異的なハッキング能力を持つ‟アオシマ”こと、うらんは、アメリカ国防省経由でガクソのコンピュータへ侵入するのであった(なぜ、ネットカフェから入れるかは謎)
一方、伊園若女も弖虎を追って、VRゴーグルのような装置を各地の実験体に配布し、彼らをサイコ化させてしまう

弖虎は大物右翼の清水から、ガクソの陰謀を止めるべく花咲官房長官の暗殺を求められ、鬼干潟首相が入院する病院へと潜入。清水によると、ガクソと若女が仕掛けるのは‟ミカド”のすげ替えであり、それに代わるカリスマのモデルになるのが雨宮一彦の人格だという
鬼干潟の民族主義に対して、花咲はアメリカの手先となり阻止しようとしていたのだ
ちなみに鬼干潟のスペアとして育てられていた鬼頭刑事は、放射能漏れ事故(元ネタは東海村の臨界事故?)と見せかけたテロを弖虎と起こしていて、その内臓は被爆したままだと脅す。ちょっと出来過ぎの後付けである(苦笑)


第14巻。花咲を始末した弖虎に、若女が放ったサイコたちが襲い掛かる。なぜ精神が転移したぐらいで、いっぱしの戦闘力を身に着けるのか謎だが(苦笑)、これがこの作品の世界観なのである
前巻から弖虎にエンジンがかかってきた

「…人の心ってのは…誰のモンでもね― その心がどんな生まれ方したにせよ そいつだけのモンだ…」
「他の誰かがどうこうしていいモンじゃね~んだよ」
「人の人生で遊んでいるんじゃねーよ」

愉快犯的な殺人鬼から、ダークであれヒーローらしい叫びを上げだしたのだ。まあ、このシリーズだと、これ自体フェイクの可能性もなくもないが(笑)

その一方で、ルーシー・モノストーンの実態も明らかになっていく。1970年代に集団自殺事件を起こした彼には娘がいて、それが伊園若女というのだ!!
ルーシーは最初、冴えないミュージシャンに過ぎなかったが、若女という娘ができていこう急速に人を惹きつけるカリスマとなり、ガクソの実験として集団自殺を起こす
いわば、ルーシーのカリスマ性は娘の若女こそが本体であり、彼女こそがカリスマを受け継ぐ存在だったのだ

というわけで、物語も終盤に向けて転がしだしたといいたいが、このシリーズ、後十巻はある。何回、どんでん返しがあるのかなあ



前回 『多重人格探偵サイコ』 第11巻・第12巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。