固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『進撃の巨人』 第19巻・第20巻 諫山創

いったい、誰が死んで誰が生き残ったのかは、次を見てみないと分かんないねえ


進撃の巨人(19) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 (2016-04-08)
売り上げランキング: 7,192

進撃の巨人(20) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 (2016-08-09)
売り上げランキング: 6,386



第19巻。ウォール・マリア奪還作戦に対して、巨人たちのリーダー格である「獣の巨人は、エレンを奪取する機会であるとして策をめぐらせる。まずは調査兵団の馬に攻撃を集中させ、機動力を奪おうというのだ。これにはエルヴィンも隊を二手に分けて対応せざる得ない
一方、鎧の巨人」=ライナーは壁の中に隠れていることをアルミンに見破られて、壁に囲まれたシガンシナ区に孤立してしまう

ひとつの決着がつくのか!?
新兵器「雷槍を使った戦術で、ライナーが追いつめられると、まるで走馬燈のような回想が(苦笑)。マルコ・ボルトの戦死は、ライナーたちの正体が巨人であることを勘ずかれそうになったからで、口封じのために高機動装備を外して放り出したからだった
今や、その報いがライナーの身に降りかかりそうなのだが……


第20巻。「獣の巨人」は戦術の詰めとして、「超大型巨人」であるベルトルトを樽に詰めて、シガンシナ区へ投てきする。巨人に変身したときの爆風で兵団を一掃する作戦だったが、ベルトルトは瀕死のライナーを見て躊躇する
一方、壁外のリヴァイたちは、「獣の巨人」の巨石を投げる戦法に太刀打ちできず、ずるずると被害を増やしてしまい……

二転三転する熱い攻防が見られた
ライナーの機転と「超大型巨人」の爆風による時間稼ぎで、「鎧の巨人」が復活。一転してエレンたちは窮地に陥ったようだが、それぞれ身を挺した攻撃によって逆襲する!
ベルトルトはアルミンとのやり取りにおいて、「壁中人類の壊滅」を大義名分として掲げており、第19巻の回想でライナーが壁の中に住む人々を「悪の民族」と断じていたことも合わせて、徐々に世界の秘密が明らかになってきた
「獣の巨人」に対しては、エルヴィンと新兵たちが決死の突撃を決行。リヴァイ隊長の一太刀にすべてを賭ける!

「獣の巨人」が岩を砕いて、散弾のように建物を破壊するのは、物理法則的に無理がありすぎる(苦笑)。いかに強肩だろうと、礫レベルの質量では壁も壊せない。まして、それが街を更地に変えていくなどありえないだろう
せめて尖った石で、ピンポイントで狙い撃ちにするとか、しておけばまだ納得はいったのだが
また、あくまで一人の巨人の投石しているだけならば、馬で普通に逃げてしまえるのではないだろうか。怪力であるだけでなく、超人的な読みで偏差射撃できるというのだろうか
せっかく、物語は盛り上がっているのに、考証が甘くて(架空世界だけどさ)香ばしい空気が漂ってしまったのが残念


前回 『進撃の巨人』 第17巻・第18巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【PS配信】『日本のいちばん長い日』(2015年版)

史実再現度は高い


日本のいちばん長い日 [Blu-ray]
松竹 (2016-01-06)
売り上げランキング: 30,191


1945年4月、小磯内閣の退陣を受けて、鈴木貫太郎(=山崎務)は、77歳にして内閣総理大臣の大命を受ける。「軍人が政治に関与すべきでない」という信念から固辞し続けたが、昭和天皇(=本木雅弘)のたっての願いだった。鈴木は同じ時期に侍従武官を務めた阿南惟幾(=役所広司)を陸相に指名し、時局の収拾に当たろうとするが……

『関ケ原』の原田眞人監督による日本終戦のドラマ
1967年版と同様に半藤一利を原作に据えながらも、その構成は1945年4月の鈴木内閣の組閣から始まるように、いわゆるリメイクではない
岡本喜八作品では宮城事件に焦点があてられていたが、本作では鈴木貫太郎と阿南惟幾の絆を軸に、近年公表された『昭和天皇実録』などの逸話を織り交ぜて、身内の軍人や国民に本土決戦を訴えつつ、裏で終戦の準備をせねばならない葛藤が主題となっているのだ

数か月の過程が描かれる分、本土決戦の計画を練り続けて腰を折られた畑中少佐(=松坂桃李)青年将校たちの焦燥と狂奔にリアリティが与えられている
その一方で、取り上げられる期間が長いわりに1967年版より短い20分尺が短いためか、細かいエピソードを取り上げては切り刻むようなカットで次に移ってしまうという、『関ケ原』でも見られたせわしなさ残念だった
これでは分かる人だけが分かる内容となっているし、見せたいドラマが圧迫されてしまう
とはいえ、3時間近い作品はいまどき作れるわけもないし、日本の映画興行の現状を考えると、大作映画として最善が尽くされた作品といえるのかもしれない


関連記事 【映画】『関ケ原』

日本のいちばん長い日 Blu-ray
東宝 (2017-11-03)
売り上げランキング: 14,924
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『中間管理職トネガワ』

初期のクロサワっぽいトネガワ


中間管理録トネガワ(1) (ヤンマガKCスペシャル)
福本 伸行 橋本 智広 三好 智樹
講談社 (2015-12-04)
売り上げランキング: 12,242

中間管理録トネガワ(2) (ヤンマガKCスペシャル)
福本 伸行 橋本 智広 三好 智樹
講談社 (2016-04-06)
売り上げランキング: 10,561



『カイジ』シリーズの利根川幸雄に焦点を当てたスピンオフ
二巻までは、カイジのカードじゃんけん編の前日譚となっていて、兵頭和尊会長の退屈を満たすべく、利根川と黒服たちが債務者たちを利用したデス・ゲームをを企画していく
本編では〝大人”の代表格として、カイジに「悪の壁」として立ちはだかった利根川だったが、本作では会長のご機嫌を取り、下の黒服たちの受けも同時に意識するという、タイトルにあるような中間管理職の悲哀がギャグタッチに描かれていて、良くも悪くも軽い!
本編全盛期の表現がそのままギャグとして多用されていて、同じ世界観のスピンオフというより、笑いに走ったパロディと見たほうがいいだろう

作画を担当している人が福本伸行のアシスタントを務めていたので、絵はなんら違和感なく安定している
本編が現在進行形とはいえ、長期連載につきマンネリ化した今となっては、それほど気にせず笑えた。好きな人が張り切って書いたエネルギーを感じるのである
第2巻の巻末には、もうひとつのスピンオフ『1日外出録ハンチョウ』が実験的にか始まっていて、『孤独のグルメ』に近い展開が(笑)
あくまで何かのパロディに留まるのかもしれないが、わかる人にはわかる笑いがここにはある


1日外出録ハンチョウ(1) (ヤンマガKCスペシャル)
上原 求 新井 和也 福本 伸行
講談社 (2017-06-06)
売り上げランキング: 7,629
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『問題は英国ではない、EUなのだ』 エマニュエル・トッド

フランス内では「左翼」の立場とか


問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書)
エマニュエル・トッド
文藝春秋
売り上げランキング: 75,663


イギリスの離脱はEUが悪い!? エマニュエル・トッドが日本で語った世界の行く末
ややタイトルに偽りありだろうか、イギリスのEU離脱について、語ったのは最初の二章までで、後はトッド自身の経歴を紹介し、おなじみの家族の在り方から世界を分析する手法が語られ、これまでの著作のおさらいのようになっている
しかし気さくな語り口で、具体的な事実から分かりやすく関係性を探り当てるのはやはり魅力的で、複雑な国際社会の構図がさっぱり見えてしまう。この人の入門書としては最適だろう
ただフランスに関しては、2016年9月の出版で、まだマカロン大統領が誕生する前。現政権に対する評価ではないことに注意

バラバラの章立てながら、ひとつのテーマとなっているのは国家の復興
グローバリゼーションによる過剰な流動性によって、世界の人々、特に先進諸国の人間は疲労しており、物や人の移動に一定の制限を与えるものとして「国家」の再興が求められるとする
イギリスのEU離脱やトランプ現象もこの表れであって、本来はグローバリゼーションの元になった新自由主義が生まれたアングロサクソンから、それを是正する動きが始まったことが重要なのだ。特にイギリスは、サッチャリズムによってアメリカに10年先んじて、その流れを作っている
新自由主義(ネオリベラリズム)の誤解は、「国家」を小さくすることが、強い「個人」を作ると考えていること。実際には、減税は貧富の差を拡大させ、貧富の差は教育格差を生み出し、統計的に小さな政府は親に依存する子を作り出している
自由に耐えうる「個人」を生むには、「国家」の役割が重要なのである
中東の混乱も「国家の不在」によって説明がつき、中東の社会はいとこ婚の率が高い「内婚制共同体家族」であるがゆえに、そもそも「国家」が成立しづらく、成立しても独裁制なりやすい。それにも関わらず、アメリカはイラク戦争で「国家」の空白地を増やしてしまったことが、混乱に拍車をかけてしまった
著者が今一番危ないのはサウジアラビアであり、出生率の減少を崩壊の予兆とする。それを支えるアメリカは、原油の価格をコントロールすることで日本とヨーロッパを縛る意図がある

専門家ではないと断りつつ、日本に対する評価は完成された「国家」と悪くない。ただ、〝完成された”という言葉に、柔軟性の無さ、保守性も含んでいて、少子化問題を解決するには、明治維新以来の変革を要するとも
日本の提携先としては、アメリカは当然として、中東では一番堅調なイラン、完全復活した大国ロシアを挙げる。このあたりは、自民党政権の外交戦略とそのまま合致しそうだ
中国に対しては、一人っ子政策による少子化と、外国からの投資に頼った経済から、先行きは不安定とする。本来の中国は父性が強く兄弟の平等性を重んじる家族観で、格差が大きい経済も社会の緊張を拍車をかけるとする
日本としては、中国のナショナリズムを煽る手法に囚われず、ポストナショナリズムを生きる国として実利重視に振る舞うべきであり、防衛力の強化も過去と結び付けられない形で実現するべきとする
やや視野が長期的過ぎる嫌いもあり、トッド自身も世界が不安定過ぎて「先のことを予想するのが困難」と断っているのだが、人口学の見地から世界への幻想を引き剥がす分析は鮮やかである
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。