fc2ブログ

固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『ダンジョン飯』 第9巻 九井諒子

間隔が空いたのは、だいたい『Fallout76』ファスナハトのせい




第9巻。ライオスは、人間を誘惑する魔物、サキュバスに精気を吸われたとき、不思議な夢を見る。ひとつは、マルシルと最初に出会ったときの夢だが、2つ目は翼獅子との会合!
翼獅子は自らが魔物と迷宮を作ったといい、魔物に愛着を持ってくれたライオスに、迷宮の主になって欲しいという
一方、狂乱の魔術師を追って、迷宮の穴に落ちたカプルーは、迷宮を彷徨いながら、カナリア隊のミスルンから、かつて迷宮の主となり悪魔に魂を食われた過去を聞くのだった


”モスキート”・サキュバス

本巻のサキュバスは、相手を誘惑するところは伝承と同じだが、生態が変わっている
その正体は蚊に近い昆虫(?)であり、他の知的生命体から生気を吸い、水中に住むボウフラのような幼体を養っている
モデルが蚊であるから、伝承のサキュバスと違って、べらぼうな数がおり、生気を吸いすぎてメタボ体型になるのもまんま(笑)
それも目覚めたライオスたちの食糧になってしまうわけでありまして、まさに食うか食われるか


悪魔と迷宮の主の関係

ミスルンの、迷宮の主となった経験談から、悪魔と迷宮の関係が明かされる
悪魔のなかに“サキュバス”がいて、上述の“モスキート・サキュバス”の由来となったそうだが、悪魔と人を誘惑して餌にするというところが共通している
ミスルンは兵役に行った間、最愛の人を実兄にとられたという心の隙間を突かれ、恋人と結ばれる仮想世界を迷宮の中に作る
しかし、欲望が膨らむごとに面倒が増えて、さらなる欲求を生む。そうする内に、気力も萎え、悪魔は存在感を増し、ある日、生き物としてのほとんどの欲望を貪られてしまった
救出されたとき、最後に残っていた欲望が“悪魔への殺意”!
こういう経緯のあったので、次に“島の迷宮の主”となりそうなライオスを、殺る気満々なのである


前巻 『ダンジョン飯』 第8巻


【プライム配信】『この動画は再生できません』

とある配信で話題にのぼってましたので


『この動画は再生できません』は、テレビ神奈川で流されていた深夜ドラマ
シーズン1は、前半の“出題編“後半の“解答編”に分かれているのだが、放送された当時は、まず「問題の動画」部分だけが流されていた
4つの問題動画を4週に渡って流され、いわば、投稿動画をなんの前触れもなく、どんと視聴者に投げかけられていたのだ
その後、ヒントつきの同じ動画を流し、その後の“解答編”主演であるお笑いコンビ・かが屋が正解にたどり着くという、なんと遠大な構成だろう
視聴者は解答編が見られることで、ようやく、シリーズ全体が把握できて、いわばシリーズの構造自体が最大のミステリーとなっていた
これ、リアルタイムでちゃんと追ってハマれた人間は、かなりのカタルシスを得たのではないだろうか

配信では、“出題編”と“解答編”を合わせた各26分の尺となっている
初見だと、前振りの動画が長くて、なかなか主役が出てこないと思ってしまう
しかし、その前振りが投稿動画の体でちゃんと作られているので、どこで怪奇現象が発生するのか、と緊張感をもって見れてしまう
投稿主側のやらせや細工も混じるので、どこまでが真、なにが嘘かと考えさせられるのだ
“解答編”は、オカルトライター鬼頭(賀屋壮也)に送られた動画を、編集マンの江尻(加賀翔)が動画製作の知識と洞察力で真相にたどり着くという内容
その編集部屋の中で解決してしまうので、あっさり感じてしまうが、尺と予算を考えれば仕方なしか
真相が見えたところで、後ろでガタッと音がして、「誰か来たようだ」と思わせるところが、定番のお約束を守っていて微笑ましい

2023年にシーズン2が放送され、そこでは配信と同じ、出題と解答がまとめられた構成のよう
そして今では、劇場版の製作が発表されて、どこまで変わっていくかが楽しみだ



『鵺の陰陽師』 第3巻 川江康太

さらに登場人物が増えていく!




第3巻。陰陽師の名家から派遣された、藤野代葉は、と組んだ夜島学郎に敗北した。家に帰れば処断される彼女は、鵺は強引に引き止める
代葉に縫い付けられた呪術の枷(かせ)を解いたことで、藤野家当主は代葉の師範だった双斧(もろよき)を送り込む
双斧の攻撃に鵺の盡器(じんぎ)が破壊され、絶対絶命の危機に思えたが……

「盡」は、「尽」の旧字体

連載が続く保証がなかったのだろうか?
相手のレベル、戦闘の激しさが、さらに上がっていく
藤野双斧は、陰陽師の精鋭「討伐隊」の元隊長にして、学郎を依り代とする鵺に打ち勝ちそうになった実力者。鵺が裏技のように、2つ目の盡器を取り出してようやく退けた
後半にはさらなる急展開で、鵺を含めた災害級の幻妖“が復活するとして、陰陽寮の隊長たちが集結する
“鏖”は眠っている状態でさえ、幻妖を生み出し、目覚めれば災厄を引き起こす。千年前の日本で、人口の3分の2を葬ったという
鵺は自分を管理する隊長として学郎を推挙し、2ヶ月後に目覚める“鏖”を倒すことを条件に認められるのであった
なぜ“鏖”である鵺が、他の同類を滅ぼすのに手を貸すのか?
謎を残して、さらなる大きな戦いに続く

「鏖」は、「鏖殺」の”おう””はげしく戦う””皆殺し”の意味をし、作中では、”びょう”と呼ばせている

『鵺の陰陽師』で検索すると、「打ち切り」のワードが隣に並んでいる(苦笑)
少年週刊誌の伝統で、アンケートの順位がそのボーダーラインとなるが、単行本が出る前は苦戦していたらしい
急にジェットコースターし出した背景には、そういった事情もあるのだろう
鵺がラスボスくさくて、『呪術廻戦』との差別化に苦しみそうだが、エロラブコメを突破口に頑張って頂きたい


前巻 『鵺の陰陽師』 第1巻・第2巻

『COSMOS』 田村隆平

身内から渡されたシリーズ、その2




『べるぜバブ』(未読)の作者さんが書いたSF社会派ドラマ……なのか?
冒頭から振るっている
主人公である高校生・水森には、文字通り人の嘘を嗅ぎ分ける能力があり、同級生と距離を保った学園生活が描かれる
ということは、学校を舞台にした超能力ものかと思いきや、ここから化ける!
水森は、恋人の相澤(♂)を心配する雛川(♀)を連れて、その下宿先へ行くが、そこでようやく、本編のヒロイン(?)である穂村燐と出会う
女子高生の見た目をした彼女は、なんと銀河の全域をカバーする金融保険公社の調査員で、相澤は宇宙人だというのだ!!!

相澤はアルファ・ケンタウルス系のデデド星人で、地球に移住するにあたって、強制加入の保険から前借りしていた
その取り立てに来たのが穂村で、断固拒否の相澤と唐突なバトルが始まる
相澤は野球部のエースであることを生かし、別のマンションから遠投攻撃!
それに対して、穂村はホームラン宣言をしてのピッチャー返しで撃破する(爆
昏倒した相澤は、水森に地球の野球に憧れてきたと明かす。普通にいい人情話に、宇宙人という要素で混ぜ返し、謎の感動にしてしまうのが、この作品の面白みなのだ

第二話以降、水森はなし崩し的に保険公社のスタッフになっていき、親兄弟も登場しない
第一話の冒頭の、学園生活が良かったので、薄くなっていくとしたら寂しいが、ここからどうなっていくのか
SF『人間交差点』になるのか、『マスターキートン』になるのか、どう転がるにしても、先が楽しみな作品であります

検索フォーム
カテゴリ
SF (28)
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログへ
タグランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。