固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『スパイダーマン』 第4巻 池上遼一

救いはないんですか!





第1話「ストレンジャース」
街を歩いていた幸薄そうな少女にスパイダー感覚を感じたユウは、その後をつけた。すると、3人組警視副総監を誘拐している現場に遭遇し、少女ともども拘束されてしまう。3人組のリーダーは副総監に過激派の釈放を要求し、キューバへの出国を考えていた

前回に女性の超能力者が出てきたから、最初の幸薄い少女も思いきやフェイク
普通に誘拐事件に巻き込まれて、副総監ともども監禁されてしまう
当時の過激化する学生運動を反映して、過激派を名乗る3人組が登場するが、その正体にユウは驚愕する。実際には左翼活動家でもなく、スパイダーマンに触発された英雄志願者に過ぎなかったのだ
そして、幸薄そうな少女は助けたスパイダーマンより、英雄志願の青年に駆け寄り「あたしもこの人のように弱い人間なのよ。あなたのつよさにはついていけないわ」と突き放されてしまう。むしろ、青年のほうに人が集ってしまうのだ……
ユウも「ばかやろうううっ!!」と叫んで副総監を釈放するのだった。「おれだって、同じことを何度考えたことか……」


第2話「狂魔(くるま)」
ゴーゴー喫茶で働いていたルミは、不良少年たちに拉致され車中で襲われてしまう。そこに謎の暴走車に衝突され、車は横転。瀕死の重傷を負ってしまう
ユウは伯母とともに病院に駆けつけるが、あえなく死んでしまう
その後も暴走車の犯行は続き、ユウは復讐のためにプロのレーサーに弟子入りする

ヒロインとして登場し、夜の街に消えていったルミちゃんが、まさかの交通事故死!
しかも話の山ではなく、敵と戦う動機に使われてしまうとは……
その割に敵の暴走車を運転していたのは、実は知り合いというパターン。レーサーの世界は弱肉強食で、それを高速道路で体現するのが生き甲斐になってしまっていた
なぜ、そうせざる得なかったが語りきられていないので、その結末も空振り気味。ルミちゃんがただただ不憫である


第3話「スパイダーマンの影」
電車の脱線事故が起こり、数百人の負傷者が出た。ユウは珍しいAB型だったことから、重傷の少年・北野光夫に輸血する。光夫は街の不良だったが、ユウを兄貴と慕うようになり、その姉・雪子とも知り合いとなる
しかし、光夫はスパイダーマンの血を輸血したことで超能力が開花。ビルを飛び回り頑健となった肉体を生かして、強盗事件を働くようになる

今回はなかなか気合の入った神回
以前にもスパイダーマンを名乗る騙りは現れたが、今回は知り合いでしかも堂々とスパイダーマンのコスチュームをパクられての同キャラ対決である
ユウと光夫はともに両親をなくした紙一重の境遇で、ユウは伯母さんがいたから学校に通え、光夫は保護者がいないばっかりに雪子は夜の街に働いている。性格も家族構成も違うが、ユウのもうひとつの可能性未来を生きている、まさに「影」のような存在なのである
ユウは光夫を救った後に、スパイダーマンのマスクを剥いだ際に、しわがれた顔になる悪夢を見る。その伏線は見事に回収されて……
ルミと似ていて好きになった雪子には、光夫の犯罪に絶望して闇落ちして「抱きたいなら金を払ってくださいな」と突き放される始末。この夢も希望のなさもシリーズらしいが、主人公に生きる目的が奪われていくのが辛い!


前回 『スパイダーマン』 第3巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【映画】『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』

最高にして最低の男




世界的に有名なバンド「オアシス」は、ギタリスト兼ボーカルのノエル・ギャラガーがいきなり脱退したことで解散した。実弟のリアム・ギャラガーは、残されたメンバーで新たなバンド「ビーディ・アイ」を結成するも、興行は振るわない。オアシス解散を引きずらざるえないリアムだったが、新たなパートナーのデヴィーに励まされて、ソロ・デビューを決意する

職場の若手が前売り券が余ったというので、一緒に観にいった。管理人は洋楽の門外漢だが、「オアシス」の名前だけは知っている
本作は、リードボーカルだったリアム・ギャラガーがバンドの解散から、初のソロアルバム『アズ・ユー・ワー』がヒットするまで追ったドキュメント映画だ
冒頭にノエルとリアムの兄弟喧嘩からコンサートが中止になったところから始まる。ファンは中指を突き立てた喧騒状態で、なぜノエルが姿を消したか分からず焦燥するリアムらメンバーの姿が生々しい
そこからは時々のリアムの姿とインタビュー、その兄ポール、母、公私のパートナーであるデヴィ―の証言ハイペースに挿入されて、1時間半ばかりの尺が埋まった
映画として見ると、緩急の「急」の比率が多くて一本調子。それほど長い時間ではないのにしんどくなってしまった。「急」の部分が多いのは、ロッカーを題材としただけに致し方ないとしても(苦笑)、編集には工夫が欲しかった
ともあれ素材は超一流。リアムのインタビューを聞いているだけで、楽しいことは楽しい

あくまでリアム側の視点なので、ノエルの脱退については彼の一方的なものとして捉えられている。ノエル側の言い分というのは、まったく出てこない
オアシス時代のリアムは大変な問題児であり、バンドの20年間で溜まったうっ憤も想像できなくもない。といって、ライブ直前に姿を消すというのは、許されることではないが
やたらと会話にドラッグネタが仕込まれるのはお約束として(笑)、ソロに転じて本格的なシンガーソングライターとして進化し、一人の男としても成熟していく
ノエルとの和解は「ドラマではない」から上手くいかないが、今なお階段を登っていく姿は痺れるものがある



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『信仰の王権 聖徳太子』 武田佐知子

評価が人によって膨らんだり、縮んだりする代表選手




タイトルからは想像しづらい内容だった(笑)
聖徳太子はあまりに後世の太子信仰が篤いせいでその伝説が膨れ上がり、厩戸皇子の実存すら疑われるようになってしまった。著者は玉ねぎの皮をむくように、太子の実像が小さくなっていき、むしろ今に伝わる「太子像」の興味が向いたという
本書は太子のイメージを決定づけた「唐本御影」(聖徳太子二王子像、中央に太子が立って、童子二人に挟まれた絵図)をはじめとする太子像が、どう扱われてきたかを追っていく
冒頭は聖徳太子のお札の話から始まる。昭和5年(1930年)百円の高額紙幣として登場し、「唐本御影」がそのモデルに選ばれた
敗戦後、聖徳太子は十七条憲法の「和をもって尊しとなす」から平和主義者と日銀の一万田総裁がGHQを説得し、軍国主義の排斥から免れる。こうして、千円札→五千円札→一万円札と最高額の紙幣に位置し続けることとなったが、昭和56年7月の改正で、一万円札が福沢諭吉に代わることとなる
そのキッカケと噂されるのが、今枝愛真の「唐本御影」が太子ではなかったという説。御影に川原寺と読める部分があることから、法隆寺にあったものではないと推測されたのだ
これが本当に最高額紙幣の交代を呼んだかは定かではないが、太子像を探る旅がここから始まる

唐本御影は廃仏毀釈が吹き荒れた明治維新で、皇室ゆかりの品が紛失することを恐れた明治政府が、伽藍の修理費を下賜した上で、他の宝物とともに法隆寺から引き取ることとなった。戦後はある程度、法隆寺へ宝物が返納されていったが、御影は特別な「由緒物」として皇室の手元にとどめる状態になった
そのため、東大史料編纂所長だった今枝愛真でさえ、眼を触れることは容易ではなく、御影が聖徳太子ではない説が提唱される原因となった
実際のところ、川原寺と読めるところは、江戸時代に張り替えられた表装部分であり、それも著者が推測するところ、違う文字が書かれていたのがすり減り「川原寺」と読めただけではという。「唐本御影」が太子像ではないと、積極的に否定する理由はないのだ
それはともあれ、「唐本御影」が作られたのは奈良時代ながら、それが有名になったのは平安時代後期。ちょうど藤原氏による太子信仰が最盛期に高まっていた時だった
そして、「唐本御影」にとって大きかったのは、鎌倉時代における法隆寺僧侶・顕真の活動。当時、太子信仰の中心地は四天王寺であったが、顕真は聖徳太子の奴婢だった調子丸百済の宰相の息子であると位置づけ(でっち上げ!)、自らをその子孫であると称したのだ
さらに御影の作者が百済の阿佐王子として、その格式を高めた。ちなみに、この阿佐王子は実在するかは怪しい(爆
ともあれ、顕真の運動はときの皇室、藤原氏の人々の心を動かし、法隆寺の格式をグッと引き上げたのだ

平安時代後期以降、信仰の高まりとともに多くの太子像が作られた
面白いのは、播磨(兵庫県)の斑鳩寺にある勝髻経講讃御影が、後醍醐天皇の像と似ていることだ
網野善彦が「異形の王権」と評した後醍醐天皇は、帝位の象徴である冕冠を被りながら、袈裟を掛け密教の法具を手にしていた
いわば、王法と仏法を統合する象徴として描かれたのだが、「勝髻経講讃御影」はその先駆を為すという
密教の開祖である弘法大師は聖徳太子の生まれ変わりという伝承があり、後醍醐帝は聖徳太子→弘法大師の後身であると称する意図があったと思われる
法隆寺の救世観音には聖徳太子の等身像という伝承もあり、聖徳太子は仏教を日本へ広めた功績から、俗人の身でありながら仏として扱われていた。後醍醐天皇はそうした特別な地位を得て、日本を統治したかったのだろう
というわけで、タイトルの「信仰の王権」はここにおいて、ようやく回収された。混迷する中世の人々にとって、いろんな意味で聖徳太子は理想とされる存在だったのである
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『伝説巨神イデオン Ⅰ 覚醒編』 富野由悠季

カバーのあらすじ、巻頭の資料には「第3文明人」とありますが、「第6文明人」が正解




過去か未来か、今からはるかに離れた時代。宇宙に進出した人類は、新しい植民星「ソロ星」へ植民し、そこでは「第6文明人」の遺跡が発見されていた。流星の被害に悩まされるバッフクランは、その源とみられるソロ星へ調査団を派遣。遺跡を自らの文明を救うイデの無限力に関係すると見ていた。人類とバッフクランはほとんど変わらぬ容姿、精神文化でありながら、その接触は最悪の軍事衝突で始まってしまうのだった

『伝説巨神イデオン』のノベライズ小説。もちろん、作者は富野監督
アニメとは冒頭の入り方が違う。バッフクランの調査隊の視点で始まり、彼らの抱えている事情、社会に触れられているのだ
バッフクランの母星には、トダイ、キョウ・ダイという大学があり、コダン・シャア、イワン・ナミという出版社が存在し、イデの伝説のひとつは『コ・ジッキ』という文献に載っている(爆)。監督なりのサービス精神にしても、バッフクランのモデルは戦前の日本を戯画化しているのは間違いない
アニメの設定とどこまで同じかは分からないが、ギジェはカララの許嫁。イデの調査隊を成功させて、下級武士出身では不可能な、将官への身分上昇をかけていた。それもカララの単独行動から、全てが崩されてしまう
原作で二枚目軍人だったベスは、イデオンに軍を進駐させる際に、シェリルへ「意外とおっぱいが大きい」とかセクハラ攻撃を仕掛ける。清濁併せ持つともいえるが、正直がっかりなハンサムである(笑)
この時点で、バッフクランは流星で数千万人の被害を出していた。ズオウ大帝の築いた階級社会への逼塞感もあって、無限力を欲しがる背景が伝わってくる
本作はアニメで語り切れなかった世界観もフォローされていて、正しくノベライズ小説なのだ

途中で打ち切りとはいえ、39話を3巻にまとめようとするのだから、かなりのハイペースで異なる展開も見られる
ギジェの同僚&ライバルとして登場したダミドは、最初に巨神へ仕掛けた時に戦死!
ソロシップがデスドライブしてソロ星を離れる際には、惑星の数分の1が破壊されて球形を維持できなくなっている。アニメではとんでもない被害が出たのは分かるけれど、生態系壊滅、居住不能と文字で示されると衝撃は大きい
逃げるためとはいえ、イデオンとソロシップがしでかしたことは序盤からすさまじかったのである
デスドライブしたソロシップは、早くも前線基地ブラジラーに到着。アニメでコスモに母性を見せたカミューラ・ランバンは、特にそうした素振りも見せず、ベスの教官という設定もオミットされている
ブラジラーにはハルルの艦隊が押し掛けて、大きな被害を出すがカミューラの生存は不明だ
特筆すべきはイデオンの戦い方。重機動メカを含むハルルの部隊を一瞬のうちに壊滅させてしまう。ミサイル一斉発射でもなく、イデオンソードに近い光線が全方位に放射されたようなのだ
これを見たハルルは即座に撤退を決定、本国への報告を行う。小説のハルルは冷徹ながら優れた指揮である
そして、戦闘を終えたソロシップで起こるのが、パンダ・ロッタによるカララ狙撃事件。ここはアニメ同様の展開を遂げて、バッフクランに爆撃された地球人の感情がある程度、清算される
こうした愛憎入り乱れる修羅場を文章でとらえ直せるのも、ノベライズの醍醐味


テレビアニメ 【配信】『伝説巨神イデオン』 第1話・第2話
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
SF (26)
RSSリンクの表示
はてな
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
FC2 Blog Ranking
検索フォーム
タグランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。