固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『ラブホテル進化論』 金益見

世界に冠たるラブホ


ラブホテル進化論 (文春新書)
文藝春秋 (2012-09-20)
売り上げランキング: 94,263


ラブホテルは世界に誇るべき文化である!! 日本独特の宿泊施設であるラブホの特徴と変遷をフィールドワークで追う
スマフォの記事に美人研究者がラブホを追究とあったので、つい買ってしまった(苦笑)
現役の女子大生の頃から研究を始めていて、本書が出版されたのは2008年。著者の実年齢が、実は管理人と同世代というオチ(?)はあったが、そんなことはどうでもいい
本書では戦後に始まるラブホテルの歴史を、その誕生からサービスと形態の多様化、世間や法律との軋轢、新しい時代への対応を、先人の研究を参照しつつも当事者の証言を丹念に拾い集めて活写しているのだ
著者はラブホの経営者に在日外国人が多いのではと想定していたそうだが、実際には他府県から都市部へ進出した実業家や地元の農家など、多種多様な履歴の持ち主が多く、意外と開かれた業界であることを明らかにしている
特異な進化をとげたラブホテルは世界から注目を集め、今や日本のおもてなし文化の一角なのである

ラブホテルは、戦後のいわゆる連れ込み宿として始まった
当時の家庭は平屋の大所帯であり、夫婦がエッチするにも屏風をひとつ隔てるしかなかった。焼け跡時代はカップルの〝青姦”も普通であり、「連れ込み宿」の需要は非常に高かった
高度成長期の70年代には自動車の普及とあいまって、郊外にアメリカ発のモーテルが雨後の筍のように出現する。広い大陸のアメリカではまさに旅の宿だが、日本のモーテルにはカップルが殺到した
やがてモーテルは宣伝のために派手に装飾したラブホテルへと〝発展”、互いの競争から室内の演出も進化を遂げて、浴室を覗く隠し鏡、回転や震動するベッドが登場した。ベッドのなかには、天井が開いてプラネタリウムとなるものや、10メートル前後しながら欧州の車窓が映しださえるオリエンタルエクスプレス・ベッドまで生み出された
いわゆる〝いやらしい”ラブホテルのイメージは、この頃に確立された

しかし郊外のラブホテルも、近くの住人には評判が悪かった
政府もラブホテルが違法な風俗営業に使われる怖れから、1985年2月13日に「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(新風営法)において、「店舗型性風俗」に位置付けられた。これによって、厚生省が管理していたラブホテルは警察の管理下に置かれることになる
風俗という枠組みに入ったことで、地域制限や広告規制の対象となり、立ち入り調査も拒めなくなった。そこでホテル側は煽情的なベッドや仕掛けを取り除くことで、規制を逃れる動きが生まれた。そもそもセックスを煽る演出は男側へのサービスであり、女性への配慮が欠けていて時代にそぐわなくなっていた
ラブホテルが多機能なレジャーホテルへと変貌する転機は、一般の情報誌に取り上げられることによって加速した。1994年「ぴあ関西版」において、夜遊びスポットとして取り上げられ、1995年に「行列のできる♡ホテル」というラブホ特集が組まれた
今では単なるセックススポットではなく、二人だけの空間を楽しむ最新のレジャー空間として進歩を続けている。現代のラブホはかつての‟いやらしい”だけのものではない
こうした多機能化の一方で、ホテトルなどの性風俗に特化するホテルも存在していて、ラブホ業界にも二極化が進んでいるそうだ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『避暑地の猫』 宮本輝

パソコンが壊れてブログをいじれなかったんだけど、ようやく買い替えられた( ^ω^ )
しばらくは法事がらみで忙しいので、徐行運転です


新装版 避暑地の猫 (講談社文庫)
宮本 輝
講談社
売り上げランキング: 295,433


軽井沢の別荘番の息子として育った久保修平は12歳のとき、二つ上の美しい姉・美保に恋をしてしまう。別荘の主・布施金次郎は修平の家族に親切だったが、夫人に辛く当たるのだった。ある年の夏、別荘の門柱に乗用車が衝突した際に、修平は事故を利用して思いがけない行動をとってしまう……昭和20年代の軽井沢で咲いて散る怪しい悪の華

とんでもない小説に出会ってしまった
戦前からの上流階級に加え、焼け跡から這い上がった成り金が流入する軽井沢を舞台に、大人になった修平の独白という形で、彼が体験した怪しい夏の日々とその結末が語られる
避暑地の洋館、意味ありげに隠された地下室、美し過ぎる少女、と古典ミステリーの要素がふんだんに盛り込まれて、それぞれの登場人物が独特の光彩を放つ。そうしていて、大人になってしまった修平の、人間の欲望に対する考察が鋭く、一流のミステリーでありながら高い文学性も兼ね備えているのだ
視点となる修平自身も含めて、重要人物はなにかしらの悪行に身を任せてしまうピカレスロマンで、誰かに感情移入できる小説ではない。人を選ぶのは間違いないが、それだけ人間の暗黒面を見せてくれる作品なのである

宮本輝の作品には社会的弱者は出ても、悪人が出てこないという定評があったそうだが本作はその例外で、解説いわく作風が変わるひとつの転機になったらしい
修平が独白とともに問いかけるのは、「悪」とは何かである。「悪」は“我欲”から生じるが、それは人間である以上避けられない。その“我欲”を肥大化させるともに、相手をそれに合わせた青写真を当てはめてしまうことが始まりとする
なぜ、そうなってしまうからというと、人間は自分自身を見つめることができないから。鏡を見ないと、眉毛すら把握できないのだ
本作にはそれぞれの人物が「悪」を抱える。修平は大事な女性を奪われたことへの復讐、そして裏切りへの怒りという、思春期の少年らしくストレートに突っ走った
美保の行動は、母の裏切りへの当てつけから始まり、貧乏人の子供が身一つで階級の壁を越える。もっとも華麗なる悪女であり、人の間をすり抜けていくまさに「避暑地の猫」だろう
それに比べて、母は修平から見た“聖女”を演じきるのに疲れて堕ちていった陳腐な悪女であり、父は息子の将来のために打算しつつも、悪人になりきれないからこそああいう結末を迎えた
読み始めたときは、独白する修平と少年時代の人格にギャップを感じたものの、壮絶な過程を踏まえればその変貌にも合点がいく。作中の時間は数年なのだが、まるでひと夏の悪夢のような幻想的な作品だった
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『完全なるチェス ボビー・フィッシャーの生涯』 フランク・ブレイディー

完全なる伝記


完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯 (文春文庫)
フランク ブレイディー
文藝春秋 (2015-08-04)
売り上げランキング: 170,773


チェスのチャンピオンをソ連が独占していた冷戦時代、それを覆す天才がアメリカに現われた。その名はボビー・フィッシャー。ほんの幼いときから頭角を現し、15歳にして史上最年少のグランドマスターとなる。そして、1972年にアイスランドでの世界チャンピオンをかけた戦いで、ボリス・スパスキーから歴史的勝利を挙げたのだが……

チェスの世界で疾風のごとく現われて、去っていった大天才の伝記
大学時代を将棋部で過ごしていた管理人は、カスパロフとディープブルーの対戦した際、ボビー・フィッシャーの代役にアメリカはIBMのスパコンを持ち出したと、囁かれていたことを覚えている。すでに隠遁して久しいながら、現役チャンピオンとの対戦が望まれるほどのビッグネームだったのである
1943年生まれのフィッシャーはユダヤ人の母を持ち、反ユダヤ主義の風潮に振り回されて各国を転々としていた。チェスプレイヤーになってからの彼も特定の居を定めず、そのときの志向や状況によって、各国の友人たちの家を渡り歩いた
性格は生まれながらの王様で、反ユダヤ主義の言動で周囲を呆れさせ続けたにも関わらず、必ず彼を助ける人間が現われる。フィッシャーの威名もさることながら、チェスの世界には国境がなく大らかなのである

プロの戦いにおける将棋とチェスの違いは、引き分けの多さである
グランドマスター級(国際試合)の勝負では、白番(先手番)が有利で、黒番(後手番)は引き分けを目指すのが基本。白番が引き分けを意識したら、黒番がそれを覆すのが難しいのがチェスなのだ
フィッシャーが初めて国際試合に出たときは、ソ連のチェスプレイヤーが実力的にも制度的にも有利だった。ソ連ではプロとしての環境が整備されて選手層が厚いのもしかり、世界チャンピオンの挑戦者決定戦では、ソ連のプレイヤー同士が引き分けを重ねることで、着実にポイントを引き離すことができた
またプロのチェスでは、プレイヤーは練習相手や研究・分析を担うセコンドを雇うことができ、ソ連のプレイヤーは自国の優れたプロの助言を受けることができた
世界チャンピオンをかける戦いは、冷戦時代において超大国の面子をかけた戦いにもなり、純粋な強者を決める決戦ではありえず、きわめて政治的でフェアな舞台ではなかった
フィッシャーはマスコミを通じて、ソ連有利の挑戦者決定戦の制度を変更させ、ソ連一強の時代に見事、風穴を開けて見せたのだ

どうしてフィッシャーは、ユダヤ系でありながら反ユダヤ主義にのめりこんだのだろう
管理人が思うにチェスにのめりこんで、白黒のはっきりした単純な世界を好んだのではなかろうか。選手時代には、ワールドワイド・チャーチ・オブ・ゴッドというカルト宗教にはまっており、かなりの額を寄付している。もちろん、幼少期にユダヤ人であるがために苦労したことが影響したことだろう
ソ連のプレイヤーと国際試合を重ねる頃には、自分が暗殺されるという脅迫観念を持ち始め、世界チャンピオンになった後も最初の防衛戦に様々な条件をつけて拒否してしまうのであった
冷戦時代は英雄だった彼も、1992年にサラエボでスパスキーとの再戦を受けたことから暗転する。アメリカがボスニア紛争からセルビアに経済制裁を行っており、フィッシャーの試合がそれを破るものと見なされたのだ。激怒したアメリカ政府は過去の脱税問題も蒸し返して、フィッシャーは失意のうちにアイスランドで客死する
その名声から周囲には必ずファンがいたが、勝負の世界こそが本来の居場所だったのだろう
カスパロフがコンピュータに負けたときのリアクションを書いて欲しかったけど(ないなら仕方ないけど)、本書は真摯で緻密な記述に羽生善治の解説と、読み応えたっぷりの伝記である


新装版 ボビー・フィッシャーのチェス入門
ボビー・フィッシャー
河出書房新社
売り上げランキング: 157,262
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『俺はまだ本気出してないだけ』 青野春秋

新訳Zの第1部のときに、カミーユ役の飛田さんが富野監督に「親が死んでも、腹が減るですね」といったそうで
まさに今の、私の心境


俺はまだ本気出してないだけ 1 (IKKI COMICS)
青野 春秋
小学館
売り上げランキング: 126,089

俺はまだ本気出してないだけ 2 (IKKI COMICS)
青野 春秋
小学館
売り上げランキング: 121,689


42歳のサラリーマンが唐突に会社を辞め、漫画家を目指す!? そんなダメ親父の日常と思考を軌跡を描く
2013年に映画化もされ、ネットでもタイトルをスラングとして使われている話題作である
パッと読んだところ、素人目にも絵が上手いとは言いがたく、アシスタントがいないのか背景も白い部分が多い。話の筋もメリハリがあるわけでもなく、かろうじてオチがある感じだ
作者自身の境遇に近いのではないか、と思わせる私小説的な内容ながら、いまいち真に迫るわけでもなく、帯にあるような“コメディー”といえるほど昇華しえていない
しかし、管理人が主人公の年に近いせいだろうか、不思議と琴線に触れてしまう。なまじ経験だけはあるから、“普通に”悲惨な出来事にもその場はスルーできるものの、夜道にふと真理に築いて凹む。等身大のおっさん感覚がここにはあるのだ

冷静に読むと、主人公・大黒しずおそれほどのダメ人間でもない
40代まで会社に勤め高校生の娘がいる時点で、悪くない半生である。非正規人生と独身の長い管理人には勝ち組に等しい(苦笑)
失業後の自堕落も、絶望的な就活から陥る人も多い、一般的なレベルだ。現実でもフィクションでも、もっと深刻なケースはやまほどあることだろう
むしろ、いくらボツを出されても周囲に馬鹿にされても、漫画を書き続ける執念は称えられるべきものである
いわゆるダメ漫画にしては、ダメの度合いが足りないのだ

にも関わらず惹かれるのは、他の登場人物もまた、それぞれ欠点や人には見せられない過去を抱えているからだろう
バイト先で知り合った市野沢は、26歳にして暴力沙汰を起こして職を転々としてしまう。何の目的もない彼にとって、無理矢理であれ漫画家を目指すシズオは少しうらやましく見える
いつも罵るシズオの親父にも、会社が潰れて居酒屋を始めた苦しい過去があり、辞めた当初はシズオのように引きこもって酒をあおっていた
そのほか、付き合いの長い友人・宮田はバツイチに子供に会うのは大変とか、シズオそのものというより、周囲の登場人物との触れ合いにこの作品の魅力がある
みんな、どこかがダメであり、ダメのない人間などいない。生きるのはみんな大変なのである


俺はまだ本気出してないだけ スペシャル・プライス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2015-03-03)
売り上げランキング: 84,060
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。