固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第30話~第32話

キリコ、結社、バララントの三つ巴


<第30話 幻影>

キリコバララントの追撃に対して、徹底抗戦。フィアナの援護もあって、20機ものATを撃墜した。しかし当然、バララント側にもそのことは察知され、PSが同行していることまで知られてしまい、さらなる追跡を呼ぶ。一方、ロッチナ大尉バッテンタイン中将からPSの確保が進まないことから更迭を命じられるが、ギルガメスを見限るような捨て台詞を吐いて退室するのだった

戦いの連戦とレッドショルダーの映像でキリコは、心身ともに追い詰められていく
精神が錯乱したのか、死者の声が聞こえたように訴えて、艦の壁越しに宇宙を見る。どこかガンダムのニュータイプ描写を思わせて、戦艦に仕掛けられたとおぼしき監視装置と考えれば、まったくの‟幻影”というわけでもないようだ
ミリタリー要素が強かった本作に、神秘主義の要素が加わってきた


<第31話 不可侵宙域>

追跡するバララント軍との闘いは続く。キリコとフィアナは二人でなんと40機のATを撃破!!
しかし爆発で投げ出された死体から、キリコは昔の自分を思い出して隙を突かれてしまう。後手に回ってしまい、フィアナにかろうじて救われた
フィアナは艦内への侵入を許しつつも、心身ともにボロボロのキリコを必死に看病する。ぎりぎりのところで、戦艦はギルガメスとの不可侵宙域に入り、バララント軍は一時撤退。窮地を脱する

再びのフィアナ無双の回である。あれほど戦いを嫌っていた彼女が、キリコのために冷徹な戦士に戻った
バララント軍の兵士はPSの捕獲を命じられているのにも関わらず、対AT用の兵器でフィアナを狙ってくる。フィアナがATに向かって走っているのに、ATではなく彼女を狙うのは、どうにも命令を無視した頓珍漢な攻撃としかいいようがない(苦笑)
後半には、キリコの乗る戦艦を追う結社の戦艦が登場。そこにはアランとグラン兄弟と、イプシロンが乗っていた。気になるのは、意外にもキリコの戦艦が結社と直接関わりなかったという点。謎の結社が知らない謎とはいったい何なのか。それこそ謎が深まるばかりである


<第32話 イプシロン>

懸命の治療もキリコの容態は戻らない。フィアナはバララント軍に投降を条件に、キリコの助命を願い出る。しかし、バララントの戦艦へ着艦しようとするや否や、結社のミサイルが突き刺さり撃沈! 結社は死体たりとも残したくはないと、フィアナを処分から捕獲に目標を切り換えて、惑星へと不時着する船を攻撃してくるのだった
キリコはフィアナから結社の戦艦をテルタインと聞き、第一話の作戦で使われた船と知る

今回も重体のキリコを救うため、フィアナが動き回る
結社側がバララントに素体の痕跡を残したくないと、フィアナの捕縛に目標を切り換えてしまう。このせいで、結社のAT隊はフィアナに大損害を被ってしまうわけで、二人を生き延びさせるための露骨な転換である
イプシロンが出動することで、一度は彼女を捕らえてみせるものの、なぜか武装解除はせずに自力で脱出されてしまい、重傷だったキリコが戦艦が大破されたショックで蘇るとか(!)、あまりにご都合の展開だ
とはいえ、ベタながらロボットアニメの中で、ここまでストレートに男女の絆が描かれることはそうなく、艶っぽい回だった


前回 【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第27話~第29話

装甲騎兵ボトムズ DVDメモリアルボックス
バンダイビジュアル (2005-02-24)
売り上げランキング: 42,318
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ダークタワー 第2部 運命の三人』

単なる仲間探しにあらず


ダーク・タワー〈2〉運命の三人〈上〉 (新潮文庫)
スティーヴン キング
新潮社
売り上げランキング: 395,220

ダーク・タワー〈2〉運命の三人〈下〉 (新潮文庫)
スティーヴン キング
新潮社
売り上げランキング: 492,180


黒衣の男の予言から、ローランドは西の海を目指す。海辺にはロブスターに似た奇怪な怪物に、謎のドアが浮かんでいた。ドアの向こうにあるのは、ヘロイン中毒者の男、両脚を失った黒人女性、子供を突き落とす快楽殺人鬼の人生。片手の指を失い、敗血症にかかったローランドは、現代の人間世界の住人に乗り移り、生き延びることができるのか

第一巻とは、まったく違った冒険が待っていた
冒頭にローランドは黒衣の男が言っていた海に到着するが、ロブスターのような化け物に片手の指を落とされて、両手拳銃ができなくなってしまう。劇場版のような神がかりアクションが、いきなりできなくなってしまったのだ
そこから始まるのは、新しいガンスリンガーを募る旅である。海辺に佇む三つのドアを通じて、現代の世界でそれぞれとある人間に乗り移って、自分の世界に引き込んでいく
特徴的のは、細かく視点を切り分けているところで、章ごとにローランドと乗り移る対象のみならず、端役の視点にも立ってどう見えるかまで描かれている。上巻は少しかったるいぐらい細かいが、作家の腕力を感じる趣向である

ひとつ目のドアの向こうでは、薬の運び屋をやるヘロイン中毒者エディーに乗り移り、彼のピンチを切り抜けることで仲間にする
しかし、二つ目のドアにいたのは両脚を失って車椅子の乗る黒人女性だったが、これが二重人格。電車に突き落とされたのをきっかけに、淑女のオデッタ悪女のデッタに人格が分かれた多重人格者であり、デッタが万引きで追いかけられているときにローランドは連れ込んでしまった
……と、どれも一筋縄ではいかないし、そもそも味方にしてどうするんだという人物ばかりなのだ

物語は進むごとに、単なる仲間集めではなくなってくる
エディはまた、まともに協力するが(かなり毒づくのだけど)、オデッタ=デッタはどの人格が出るかで正反対。デッタのほうが出現するや、白人二人を悪党扱いして敵視するして、お荷物以上の爆弾と化す
そういう存在だと分かっているのに、頼れる相棒となったエディーがオデッタの人格に惚れてしまい、とんでもない窮地を呼んでしまうのだ
それを解決するのが、三人目の快楽殺人鬼。彼は第一部の少年ジェイクを殺して、オデッタを電車に突き落とした張本人なのである。彼のような人物をどう使って危機を乗り切るか、終盤のジェットコースターな展開が凄まじい
第一部が19歳の作品をリライトしたものだが、第二部は1987年、40歳と脂が乗りきったときに書かれたものであり、いよいよローランドの奇妙な冒険が始まるといったところだ


前巻 『ダーク・タワー 第1部 ガンスリンガー』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『多重人格探偵サイコ』 第15巻・第16巻

ガクソ、意外に戦闘力なし?


多重人格探偵サイコ (15) (角川コミックス・エース 23-32)
田島 昭宇 大塚 英志
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 97,501

多重人格探偵サイコ (16) (角川コミックス・エース 23-33)
田島 昭宇
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-11-02)
売り上げランキング: 94,481


第15巻。鬼干潟首相が入院していた病院は、警察の対テロ部隊に包囲されていた。しかし、西園弖虎のなかの雨宮一彦を確保したい伊園若女は、部隊内の実験体に騒動を起こさせ、別にヤクザや院長といった実験体を迫らせる。笹山が頼まれた犬山犬彦によって、弖虎はかろうじて脱出できたのであった

右翼の大物・清水義秋と笹山の話は続く。清水の推測では、若女は人間にある二つの衝動「生」と「死」のうち、「死」だけに異常に偏った存在であり、ガクソやアメリカ、日本政府を利用して世界中に「死」を蔓延させようとしている。もはや、誰にも若女は止められず、「人間という種の天敵」とまで言う
それを止められるのは、ルーシー等の予言に翻弄されずやるべきことをやること弖虎が雨宮一彦を生かしたいという「生」の衝動のみが、若女に対抗しうるのだ
が、その清水老人自身の「やるべきこと」が、駐日アメリカ大使となった御恵てうに特攻テロすることであり、まさに「死」の衝動で……


第16巻。笹山は清水から雨宮一彦のスペアの居場所を京都だと知らされ、脱出した犬山犬彦と弖虎も京都へ向かう。その途中、犬彦のもとへ伊園若女が姿を現す。ルーシー・モノストーンが日本に隠し子を残しており、それが犬彦だというのだ
ガクソの施設に戻った若女は、てうを失って悲しむ全一を取り込み、ガクソの強襲部隊ともに京都へ送り込むのだった

若女が犬彦の居場所を把握しているのが謎で、ならば弖虎の捕獲を邪魔した彼を防ぐことができそうなものだ。彼女は合理性の超人ではなく、若女に目覚めたあとも多重人格の狂人なのだ……とでも解釈しなければならない(苦笑)
清水の自動車事故で爆発した御恵てうが、焼死体となりながら生きている(ガクソ脅威の科学力!)というのが一番のホラーで、若女は念入りに硫酸をかけて溶かしてしまう。密室で硫酸を使用して若女が平然としている(ガスが拡散した様子がない!)とか、同じくガクソ秘伝の再生能力を持つ全一がてうの生存を諦めているとか、アラ(?)も少なくないのだが、怒涛の展開と絵の勢いで引き込まれてしまう


前巻 『多重人格探偵サイコ』 第13巻・第14巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第27話~第29話

宇宙を二分して戦っていたのが、ギルガメスとバララントで、メルキア軍とはギルガメスのメルキア方面軍を指す


<第27話 暗転>

キリコは離宮の地下でボローを追い詰めた。ボローによると、フィアナやイプシロンを神聖クメンに置いたのは、PSの心理テストのためだという。完全な兵器にするためには、人間的な感情が残り過ぎていて純粋な憎悪をもつことが望ましいという。そうしているうちに、イプシロンが地下には到着して、さらにはゴン・ヌー将軍、カン・ユー、そしてロッチナ大尉率いるメルキア軍が空爆を始めて……
目まぐるしく状況が変わって先を読ませない、クメン編のラストに相応しい出来の回だった

冒頭にボローが連絡をとっていた結社の戦艦が登場!
先に顔出ししていたのは、結社の最高幹部アルベルトで、クラン、アロンの双子の兄弟がPSの研究者らしい。双子は携わった素体として気になるのか、欠陥品の烙印を押されたフィアナに興味を持つ
離宮の地下ではチヂリウムが貯蔵されていて、PSの運用のみならず生産も計画されていたようだ(キリコの推測だが)
クメン編に登場した様々な人物が命を落としていった。死んだ場面がないキャラクターはどこかで姿を現すのだろうか


<第28話 運命>

再び総集編の回。ウド編のみながら、第20話とは違った視点で再構成されている
キリコはPSを奪った結社を追うために、ロッチナ大尉に泳がされていて、ウドでの行動は絶えず衛星によって監視されていたことになっている。ロッチナからすれば、キリコは結社の構成員であり、解き放てば自然と結社とコンタクトをとるであろうと考えたのだろう
管理人が鈍くて見逃していたのかもしれないが、キリコが新任の治安警察署長イスクイをあの秘密作戦を担当した‟少佐”と認識していて、この時点でPS及び結社との関係をキリコは詰問する
ラストでキリコはロッチナの手のひらの上で踊っていたことに気づく。結社を追う猟犬として利用されたことは、クメン編と同じなのだ


<第29話 二人>

クメンから宇宙へと飛び出したキリコとフィアナ。二人は目覚めると、謎の宇宙戦艦の中にいた。船のなかには誰一人として乗員はおらず、なぜかたくさんのATが残されていた。仕方なく、無人のブリッジで乾杯する二人だが、そこへけたたましいファンファーレが流れる。音源を追いかけると、そこにはかつてキリコが所属したレッドショルダーの映像が流されていたのであった

いつのまにか、無人の宇宙戦艦に連れ込まれるというスペースホラー回である
フィアナが望む平穏が訪れて、キリコは実は酒が飲めないという意外な素顔を見せる(笑)
が、そこから始まるのが、キリコにとって悪夢の展開。メルキア軍の特殊部隊「レッドショルダー」の記憶が掘り起こされて、「自分が愛されていい存在なのか」と疑ってしまう。レッドショルダーでは、民間人を巻き込む非人道的な作戦が行われていたのだ
フィアナもキリコの過去が自分のPSでの体験より苛酷ではないか、と恐れて二人にわずかながら距離が……。どこへ向かっているかも分からない宇宙船に、バララント軍との交戦。キリコの行く先は相変わらず、前途多難だ


次回 【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第30話~第32話
前回 【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第24話~第26話

装甲騎兵ボトムズ DVDメモリアルボックス
バンダイビジュアル (2005-02-24)
売り上げランキング: 7,937
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。