固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『軍靴のバルツァー』 第8巻 中島三千恒

近場の本屋で姿を消したので、休載かと勘違いしていた……orz
単行本中心で読んでいる人間には、突然置かなくなると判断に困る。ネットでチェックする習慣をつければいいんだけどさ


軍靴のバルツァー 8 (BUNCH COMICS)
中島 三千恒
新潮社 (2015-12-09)
売り上げランキング: 19,779


バーゼルラントの第一王子フランツは、血統の秘密を暴こうとする第二王子ライナーへのクーデターを決行。ライナーは士官学校の生徒を動員して、からくも防いだのが前巻
第9巻では、フランツ側が南の大国エルツライヒの砲兵を使っての砲撃戦を開始する
主人公のバルツァーヴァイセン陸軍の参謀長によって足止めされていた。陸軍としてはバーゼルラントが内戦状態となって併合してしまったほうが、話が早いと考えているのだ
一方のヴァイセン国王軍が政治上の主導権すら握る状況を嫌い、外交的解決をバルツァーに言い渡す。国王と軍、士官学校の生徒やライナー王子への友情と自身の将来との板ばさみに苦しむ彼だったが、政治的将校としての才能を発揮して、針の穴にらくだを通す道を選ぶのであった
ラストでは、ライナーの国の将来に対する決意も明かされ、クライマックスに向けてどう決着がつくか興味深い。いや、終わりが近いか、遠いかはまったく分からないけれど

今回の主題は、要塞を巡る近代砲撃戦
大砲の精度が低い19世紀では、見えない距離を撃つのは様々な苦労があった。まず観測兵を送り込んで目標までの距離を測定し、測量のための砲撃を行う。その砲撃を測って砲を修正し、徐々に的中を目指していく
たとえ正しく測量できたとしても、砲弾の着弾にはバラツキがあるのが当たり前。大砲それぞれの癖まであるので、演習の段階から射表を作っておいて把握し、もっとも目標から外れた弾着の4分の1以内に半数が入っていれば「命中」と見なした。範囲攻撃」がこの時代の大砲なのだ
士官学校の大砲を押さえられなかったクーデター側は、エルツライヒから馬で引いて移動できる騎馬砲兵昔ながらの臼砲(曲射砲)と持ち出したりと、様々な大砲が紹介されている
また、大砲の運用には観測を砲兵に知らせる通信手段が重要。電信がすでにある時代といえど、作中では気球から鏡で日光を反射させる原始的ともいえる手法が切り札となっていた。ほんと、勉強になる漫画である


前巻 『軍靴のバルツァー』 第7巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『LAコンフィデンシャル』

今週から、週に一本ペースでDVD・BDを観ていくことにした
やっぱ、休日にゲームばっかりでは単調になりますよ。生活が


L.A.コンフィデンシャル 製作10周年記念 [DVD]
東北新社 (2008-06-13)
売り上げランキング: 42,093


50年代のロス。暗黒街を仕切っていた大悪党ミッキー・コーエンが脱税で逮捕されると、その麻薬利権を巡って熾烈な後継者争いが生じていた。殉職した刑事を父に持つエド・エクスリー(=ガイ・ピアース)は、警官殺しの容疑者を暴行した「血のクリスマス」事件の密告して、刑事部の警部補に出世。同僚を解雇されたバド・ホワイト(=ラッセル・クロウ)に酷く恨まれていた。刑事部で孤立するエドは、カフェ「ナイトアウル」で起きた虐殺事件を上司のダドリー・スミス(=ジェームス・クロムウェル)の元で担当するが……

ジェイムズ・エルロイのLA暗黒街シリーズ3作目の映画化である
濃厚過ぎた原作小説を2時間の尺に落としこむために、大胆に設定が変更されていた。原作で殉職したのはエドの兄だったし、エドの性格も小さい賄賂も拒否するなど、最初から潔癖さも持ち合わせている
小説では最初に華々しく散るバズ・ミークスが重要な役割を果たすように(といっても、本人の出番はほとんどないが)、小説二作目『ビッグ・ノーウェア』の設定が一部流用されているかのようだ
最後の華々しい活劇も、『ビッグ・ノーウェア』の終盤でバズが見せた大暴れを思い出せば、シリーズから行き過ぎたものともいえまい。原作からして生々しい史実、リアリティとノワール的フィクションが混合しており、本作は優れた映画化作品なのだ

実は20年前に、映画館でも観たことがある
正直、初見では情報量が多くて、なかなか細部の話までは理解できなかった。改めて見直してみても、まだとまどうところもあった。かといって、小説を読むほうが覚悟がいるので、映画→小説で違いを楽しむが吉なよう
ただし、リン・ブラッケン(=キム・ベイシンガー)を巻き込むエドとバドのライバル関係は、しっかりと演出されていて、映画で見たときもそこだけが記憶に残っていた。バドに殴られて、互いに顔を腫らしたエドとリンが心配しあうシーンは、なんともいえない
悪代官ダドリー・スミスは小説の無頼漢イメージ(管理人の勝手?)ではなく、知略でコーエンの利権を乗っ取るスマートなイメージであり、ラストの所作も序盤の伏線がしっかり決まっている。台詞にないから、視聴者側が忘れちゃう恐れもあるけれど…


原作小説 『LAコンフィデンシャル』

関連小説 『ビッグ・ノーウェア』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『中国共産党の経済政策』 柴田聡 長谷川貴弘

引き返せない依存関係


中国共産党の経済政策 (講談社現代新書)
柴田 聡 長谷川 貴弘
講談社
売り上げランキング: 448,663


中共の習近平政権が狙う経済戦略とは、いったいどんなものなのか。中国の日本大使館で勤務した著者二人が、その政策と経済可能性を探る
中国批判の漫画の次は、冷静に中国経済を分析した本を手にとってみた
作者は在中国日本大使館に四年間の長期に渡って勤務した財務官僚と、調査員として在籍した大学講師で、実際の中国当局との折衝や実地における調査、統計の分析から、日本にとっての中国経済の魅力が語られている。政治については、今の政治体制でいいのか、とかそういう政治の是非には切り込まず、あくまで将来の見通しや日本への影響に留まる
自分の仕事に関しては手前味噌な部分はあるものの、中国側の論理に飲み込まれておらず、日本の官僚として独特のお国柄にどう対応するか、実践的な姿勢である
出版が2012年と習近平の党総書記就任間もない時期であり、今では本書で期待されている李克強首相の辞任説が飛び交うとか、あての外れた部分はあるものの、マクロの分析は現代中国の本質を突いたものだ

中共の体制の特徴は、一党独裁による「経政一致。他の大国とは違い、“党”が政府に優越し、日本の内閣にあたる国務院の首相より党の総書記のほうが序列は上。人民解放軍は党の統率を受けるし、司法も党の影響下にある
そうした一元的支配の体制では、危機に応じて強いトップダウンの政策がとれる。2008年のリーマンショックに対しては、短い期間で四兆元という巨大な内需拡大政策をまとめあげ、国有企業を動員した証券市場の買い支え国有銀行への公的資金注入など、日本なら国会審議などで要する手間を飛ばして、党→政府の決定だけで実行できてしまう
危機に応じて強みを発揮する「経政一致」の体制も、政府の政策を中央銀行が掣肘できないことにもつながる。この内需拡大政策も古い生産設備を更新できないなど構造改革に遅れをもたらしたり、さらなる不動産バブルを生んで庶民から持ち家が遠くなるなど、ひとつのベクトルだけの政策は副作用も大きい

成長率が6%台に落ち着いてきた中国経済は、今後どうなっていくのか
一人っ子政策による少子高齢化の進展や、農村から都市への労働力の流入が一息ついてきたのは、確かに経済成長の足枷になる
外国からの投資や公共投資に集めて成長率を作る「粗放型経済」には限界があり、中国政府も「量」から「質」への転換を旗振りする。しかし依然として外国の大企業との合弁会社で輸出に依存する経済であり、ドコモにスマートフォンを供給する「華為」などの例外を除いて中国自前の世界企業を生み出せていない
政府が後押しした製造業はともかくも、極めて強い統制下にある金融・保険商品、首都・北京すら覆う大気汚染交通インフラの貧弱さから来る大渋滞など、庶民の生活に直結する民生分野においては、多くの問題が残っている。GDP世界第1位に迫る経済大国であると同時に、一人当たりのGDPはタイやジャマイカと同等という開発途上国の側面を持っているのだ

逆にそれだけ未成熟の部分が残ってなお成長し続けていることは、中国の発展の可能性を示すものでもあり、日本が入り込む余地の大きさを示すものでもある
また、地方の格差が巨大なのも大陸国家・中国の特徴であり、基本的なインフラが未整備な内陸部では、公共投資型経済も有用になる。多角的な視点で中国にフロンティアを探すことが、日本経済躍進の礎となる。両国のつながりはすでに、政治的な対立から他へ置き換えられないレベルに進んでしまっているのだ
著者が掲げる日本側の課題は、大使館と本土政府の温度差。欧米諸国は自国の大企業を後押ししているのに対して、日本は肩入れ批判を恐れてあまり相談に乗らず、他国に差をつけられている。内外一体となった支援が成否を分けるのである


チャイナ・インパクト
柴田 聡
中央公論新社
売り上げランキング: 329,653
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【京都人による京都観光】二条城ライトアップ

先週の水曜日に、家族で二条城のライトアップを観にいった

二条城の正門 (1280x960)

ライトアップの“入城時間”は午後六時から午後九時まで(中には、九時半までいられる)。すでに六時前には行列ができていたようだが、七時ぐらいに行くと案外並びは少ない
二条城の城内が広いので、多少の人間が入っても混まないのと、ライトアップにつき長く立ち見しないように係員が声かけしていて、出ていくスピードも早いからだ

プロジェクションマッピング
プロジェクションマッピング (2)
プロジェクションマッピング5

二条城ライトアップで、最近のウリがこのプロジェクションマッピング。文化財の上に華やかな映像が踊って、春夏秋冬を現していく。実際に掘り込まれた植物や動物の紋様が生きているかのように動き、豪快に竜が流れ鶴が舞う映像美は一見以上の価値あり
ただし、家族によると一昨年に琳派400記念の際のほうが長くゴージャスであり、今年は省エネというか、パワーダウンしたとか。別にこれでよろしいやん

桜の庭5 いちおし (1280x960)

プロジェクトマッピングの次の庭には、桜の林が広がっていた。葉桜になっているものもあるが、桃源郷のような光景である

桜の庭 いちおし2 (1280x960)
桜の庭 いちおし3 (1280x960)
桜の庭4

これほど奥行きがある桜の林は、観ているだけで吸い込まれてしまいそうだ

本丸の門

本丸への門は、このとおりシンプルなライトアップ。一昨年には、ここでもプロジェクトマッピングをやってたらしい(家族いわく)
この次のところで、白拍子が影絵のように踊るプロジェクトマッピングが見られたが、行列で詰まっているわりには先ほどのようなインパクトはなく地味
食事処があるので、そこからのんびり庭を眺める場所なのだろう

桜並木 (1280x960)
桜並木2 (1280x960)

本丸への門が折り返しで、帰りには色つきでライトアップされた桜並木が鑑賞できる。葉桜も花が咲いているように色がつくので、綺麗だけど作り物感は否めない(苦笑)
これは人によって賛否両論だろう

しだれ桜 (1280x1037)

しだれ桜の下で、協賛企業である日産の電気自動車リーフが展示されていた。この電気自動車への供給システムを、ライトアップの電気に使われているらしい
最後に幻想的な光景が現実に打ち砕かれたが(笑)、供給システムの稼動音が小さくて、花見の邪魔にならないということだわな
ライトアップ自体は16日日曜日までだが、城内の桜はまだ満開でないものも多く、もう少し花見は楽しめるはずだ


関連記事 ぶらりと二条城へ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。