固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『ザ・キープ』 ポール・ウィルソン

映画はマイケル・マンが監督だったのに、原作を台無しにした駄作とか。怒りの作者が映画監督を殺す短編小説を書いたらしい(爆)


ザ・キープ〈上〉 (扶桑社ミステリー)
F.ポール ウィルスン
扶桑社
売り上げランキング: 632,118

ザ・キープ〈下〉 (扶桑社ミステリー)
F.ポール ウィルスン
扶桑社
売り上げランキング: 639,581


1941年、ルーマニア。トランシルヴァニア地方の古い城塞へ、ドイツ軍小隊が派遣された。隊を率いるヴォーマン大尉は、壁に飾られる奇妙な十字架の存在を不審に思うが、その不安は的中。宝物探しに出た部下が地下の壁を崩したときに変死してからは、毎日のように喉を引き裂かれた兵士が発見されるように。本国へ増援に呼ぶと現れたのは、ヴォーマンと因縁深きケンプファー少佐親衛隊(SS)二小隊。さらに古城へ吸い込まれるようにユダヤ人の歴史学者クーザ娘マグダ謎の男グレンが集まって……

吸血鬼物と思いきや、予想外にハッテンしていく伝奇小説であった
ときは第二次世界大戦の真っただ中、ナチス・ドイツの全盛期。まさに悪がヨーロッパを包もうとする闇の時代を舞台に、闇の帝王が目覚めて人々を襲い対立させていくという、ダークにダークを重ねるモダンホラーなのである
吸血鬼に対抗させるべく、ユダヤ人の学者クーザは古城へ連れてこられるが、彼にとって吸血鬼もナチス・ドイツも同じ悪。いや、ユダヤ人を絶滅させようとするナチスのほうが絶対悪
彼は吸血鬼をしてナチスとヒトラーを潰そうと画策する。この悪をもって、悪を制しようとする攻防が上巻までの醍醐味である

下巻ではこの悪対悪の構図がダイナミックに崩れていく。ホラーの壁が崩れて、ヒロイックファンタジーが姿を現わす
闇の帝王モラサール(ラサロム)赤毛の男グレン(グレーケン)は、<混沌>と<光>を代表する神話的存在であり、その戦いは吸血鬼対人間の枠を超えての超人バトルへ突き進んでいく
ここまで来ると、ドイツ軍だナチス親衛隊だのは、塵芥のごとし(苦笑)。世界の存亡をかけた決戦がここで果たされるのだ。たまげたなあ
上巻であれだけ描かれたヴォーマンとケンプファーの確執が、斜め上の決着をみてしまうのに良くも悪くも圧倒されてしまったが、これもアメリカの作家が書いたゆえなのだろう
下巻の展開は人を選ぶが、高いレベルのファンタジーなのは間違いない


ザ・キープ [VHS]
ザ・キープ [VHS]
posted with amazlet at 17.11.20
(1985-03-21)
売り上げランキング: 4,880


なんと、映画はDVD化されていない! どんだけ酷かったというのだろう
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『ツイン・ピークス シーズン1』 EP5~EP7

山小屋の一夜が明らかになるも、謎も増殖して……


<エピソード5 Cooper's Dreams>

クーパーはホテルの客の喧騒で目覚める。ベンジャミンの弟ジュリーが引き連れて生きたアイスランド人がお祭り騒ぎをしていたのだ。オードリーは朝食を取りに来たクーパーを誘惑するが、すげなく袖にされる
ルノー・ジャックの部屋の捜査は進み、レオの血塗られたジージャンはローラの血でないことが明らかに。クーパーは夢に見た赤いカーテンから、雑誌に描かれた小屋を連想して山へ捜索へ
途中、会った丸太おばさんから妙な暗示を受け、赤いカーテンの小屋から事件を目撃した九官鳥「片目のジャック」のコインを見つけるのだった

オードリーはアイスランドから来た客への歓迎パーティーに、ベン目当てでやってきたキャサリンを目撃。隠し部屋から痴話げんかを立ち聞きして、製材所の放火計画を知る
さらに、ローラの秘密を知るべく、香水売り場で働こうとするのだった
ドナとジェームズマデリーンを巻き込んで、ローラ殺害の犯人捜しを始める。一方、ボビイ精神科医ジャコビーの診断を受けて、ローラが深い闇を抱えていて、「彼女に乗せられて薬の売人になってしまった」と涙ながらに告白するのだった
ベンジャミンがキャサリンを別れるや否や、パッカード夫人と会って密談するとか、いろいろな物事がひっくり返る回であった。ひゃあ


<エピソード6 Realization Time>

オードリーはクーパーの寝室に忍び込むが、彼の説得で‟親友”に留まる。捜査はさらに進展し、赤いカーテンの小屋の捜索から、ルビーの九官鳥を確保し小屋の客がロネット、ローラ、レオと判明した
手配されたレオは妻のシェリーから発砲されるも一命をとりとめ、ついに浮気相手がボビイであることを知る
一方、香水売り場に出たオードリーは、責任者のバティス「片目のジャック」に売り子を送り込んでいることを知り、その売り子から電話番号を知る

放火計画を前にキャサリンには、パッカード夫人を受け取りにした生命保険の話が舞い込む。不審に思った彼女は契約を明日へ伸ばし、ベンジャミン、ハンク、パッカード夫人の計画は空振りに
カナダ国境で管轄外の「片目のジャック」に対して、クーパーはブックハウス・ボーイズのエドを連れて潜入作戦を決行する。出発前に、証拠の九官鳥をレオに射殺されるアクシデントはあったものの、無事にカジノへ入り込む
しかし、その裏ではオードリーが経歴を偽って採用。はたして次回、クーパーと鉢合わせか!?
ジャコビーの診療所に潜入したいジェームズとドナは、マデリーンにローラの振りをさせて呼び出させるのだった


<エピソード7 The Last Evening>

ドナとジェームズは、ジャコビーの診療所を探索し、ヤシの実からハートのペンダントローラのテープを入手する。マデリーンと三人でテープを聞き、ローラが恐れる「赤いコルセットの男が浮上する。ローラの性癖を知ってしまったジェームズは、彼女への思いを振り切り、ジャコビーがシロだと確信するのだった
そのジャコビーは、呼び出された先で黒覆面の男に後ろから暴行されるのであった

「片目のジャック」に潜入したクーパーは、ディーラーのジャック・ルノーと接触。コカイン密輸の黒幕を装い、山小屋への一夜を語らせる。ローラやロネット、他の女性とともに乱交パーティーが行われ、割れたコインはローラが噛んだものだった
ジャックはその後、偽の待ち合わせ場所で逮捕されて負傷(あのアンディが銃撃!)。病院で尋問を受けるが、山小屋でレオに殴られて意識不明になっていた(血濡れのジージャンは彼の返り血だった)

後半はファーストシーズンのクライマックスだけあって、次へのヒキが目白押し!
製材所に浮気がばれたシェリーがレオに縛られて放置されるが、不正帳簿を探しにきたキャサリンに助けられ放火現場から逃亡。復縁(?)した旦那のピートが決死の救援に向かう
エドの嫁ネイディーンは薬物自殺を図り、ボビイがレオに殺されかけるが寸前にレオが銃撃され助かり、リーランドは病院でルノーを殺害、オードリーは新人の娼婦を食べに来た父ベンジャミンと出会う。最後には、オードリーのカードにレオが銃撃された一報を前にクーパーが謎の男に銃撃!!!
セカンドシーズンを観ずにはいられない締めなのであった


いったい、どうなるんだよお~
ゲオにはファーストシーズンしかないので、もうBDボックスを買っちゃいます
感想の記事(単なるあらすじではあるが)はしばしお待ちを

前回 【DVD】『ツイン・ピークス シーズン1』 EP2~EP4

ツイン・ピークス コンプリート・オリジナルシリーズ Blu-ray BOX
パラマウント (2017-05-24)
売り上げランキング: 12,930
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『戦後リベラルの終焉』 池田信夫

終わりそうで、なかなか終わらない




なぜ日本の左翼は敗北したのか。朝日新聞や進歩的文化人、野党の歴史と没落を分析する
本書の戦後リベラルとは、「大きな政府」を志向する社会主義だけではなく、「平和主義」や理想的ユートピアを鼓吹する進歩的文化人に、朝日新聞などのメディアなども含まれる
東大時代の過激派テロの体験に始まり、従軍慰安婦を巡る朝日新聞の誤報から、太平洋戦争に導いた大新聞の過去、原発事故への報道が招いた二次被害へと展開して、「戦後リベラル」が語る理想主義が、言ったことに「責任を取らない」野党的姿勢から来ていることを証明していく
著者のブログやアゴラの記事を読んでいる人には、おなじみの持論が語られていて、岸信介から現代の経産省に流れる「国家社会主義」の流れを批判して、「小さな政府」論まで突き進むのはご愛敬か

安保運動を知らない世代にとって、それと連動した進歩的文化人の動きが興味深い
60年安保の時代、大学生はまだエリートであり、安保運動は知識人として大衆を指導する典型的な「途上国」型の運動だったとする
その主役であった清水幾太郎は、「今こそ国会へ」とアジテーションしたが、後に振り返って「何をやりたかったのか自分でもわからない」と語ったという。清水は戦中は読売新聞の論説委員で、戦後はマルクス主義に傾いていて、人気のなくなった共産党に入らない程度の左という立ち位置が「進歩的知識人」だったのだ
安保運動が収まると、注目を集めたい清水は「右旋回」し、論壇紙『諸君』の常連となり核武装論を説き始めた。こうした動きは彼だけではなく、朝日新聞大江健三郎もオイルショックから原子力の平和利用を唱えたという。言っている中身よりも、マーケティングと反体制ポーズが大事なのである
東大法学部から進歩的文化人が消えてからは、傍流の知識人が担当するようになり、現代では内田樹、元外交官の孫崎亨、『<民主>と<愛国>』の著者で原発再稼働反対デモの「理論的指導者」小熊英二を挙げている
今の反原発運動には、冷戦時代のマルクス主義のような思想的背景がなく、再「宗教」化とまでいう
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『多重人格探偵サイコ』 第11巻・第12巻

マンガもけっこう積んでます


多重人格探偵サイコ (11) (角川コミックス・エース)
田島 昭宇 大塚 英志
角川書店
売り上げランキング: 213,484

多重人格探偵サイコ (12) (角川コミックス・エース 23-29)
田島 昭宇 大塚 英志
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 198,110



第11巻は、まだ刑事・小林洋介の彼女が生きている時代、第一巻の前日譚である
ガクソの実験が1970年代ルーシー・モノストーンとその信者の集団自殺としてスタートし、1990年代ルーシーをカバーする‟”というアイドルを利用して計画が再開された
同じ時期に小学校のウサギ殺し笹山小林が取り組み、木戸灰人という高校生が容疑者として浮かび上がる。その裏には表ざたにはなっていない人の体を真っ二つにする猟奇殺人が隠れていて、正体が気になる木戸はその犯人・鏡男(ミラーマン)小林洋介の別人格の探偵・西園伸二に探してもらうのだった

ガクソの手に及んだ人物には、必ず表と裏の人格があり、誰かのコピーだったりする。本巻では、10巻までに語られてきた設定が分かりやすく、整理されている
刑事・小林洋介は、裏の顔として多重人格探偵・西園伸二を持つが、さらにその裏には‟サイコ”雨宮一彦が隠れている
木戸灰人伊園摩知は単純に表裏の二種類だが、ガクソのコントロールを離れて自然発生したのが雨宮一彦の人格だったのだ
アイドル℃はプロデュースする大江公彦と一卵性双生児の兄妹で、ルーシー・モノストーンのクローン。一人に二つ・三つの人格がある者もいれば、二人に一つの人格が分かれていたりする。それがサイコの世界だ


第12巻。伊園摩知はガクソの研究者・若女(わかめ)に人格が切り替わった。それでも雨宮一彦に対する執着は消えず、その人格を有する西園弖虎を追い回す
11巻でも出てきた雨宮教授は、若女をガクソの中核である地下坑道を案内するが、若女はその一方で駐日アメリカ大使になった御恵てう=ミセス・ジョークマンと接触するのだった
今まで頼もしい女性だった伊園摩知が、若女となって雨宮一彦への愛情から敵に回るという展開が衝撃的である

今回は政治ネタが多い。日本の自主独立を目指す鬼干潟首相純粋な日本人‟天孫族”を再現しようとする民族主義のプロジェクトに対して、ジョークマンはアメリカの意志として日本人の攻撃精神を奪った歴史と再び好戦的にする必要性を語る
日本を反共の尖兵するのは、朝鮮戦争が始まって以来行われているアメリカの方針で、自民党が「社会主義化してしまう」と跳ね返していたのだが、イラク戦争後の日米関係から盛り込まれたのだろう
日本の天皇制にも手を付けるべきというジョークマン。次期首相候補にもと持ち上げられた伊園若女は、これをどう考えるか
笹山たちを右翼の大物・清水に合わせて、「人間の内にある心…感情それらだけは唯一無二!」「たとえそれがコンピューターでプログラムされたり人為的に作り出された物でも」という台詞は、狂った世界で一服の清涼剤のよう。これが原作者の本音なら、右翼的な心情重視の人にも思えるがどうだろう


前回 『多重人格探偵サイコ』 第9巻・第10巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。