固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『愚民社会』 大塚英志 宮台真司

両者の最大の違いは、安全保障に対する認識


愚民社会
愚民社会
posted with amazlet at 17.07.21
大塚英志 宮台真司
太田出版
売り上げランキング: 386,653


日本は既に終わっていた!? 東日本大震災時の直後に、日本社会の問題点を再確認する
何度となく行われてきた宮台真司と大塚英志の対談集である
三段構成に分かれていて、一番最初に載っている対談が震災直後の2011年。その後の二つは、大塚氏が責任編集のムック『新現実』に収録されていたもので、既読の人にはすこし勿体ない内容である
それでも、ゼロ年代から10年代における両氏の活動の変化、震災が起こっても変わらない現状認識を見比べることができる
大塚氏側からのインタビューという形式をとっているがゆえに、「なぜ宮台氏はそんなことをやっているのか」という対談者個人の問題からスタートしてしがちなのがやや迂遠ながら、両氏しかぶつけられない問答が展開されている

まえがきにあるように、震災後の対談が一番刺激的である
宮台氏が2011年3月16日における天皇の「おことば」を、持論である田吾作による天皇利用と見なすところから始まるのだが、大塚氏が即位20周年記念の式典に秋元康によってプロデュースされたことを怒り、日本人は年号を変えることでチャラにしてしまう前近代的時間観念の持ち主であるとして土人」と規定してしまう
本書のタイトルである『愚民社会』も、この「土人」発言からくるのだろう
昭和天皇崩御のさいに記帳し(このとき、浅田彰は「土人」と評したそうだが)、戦後民主主義を擁護するとしてきた姿勢からは驚きだが、三本目にある対談によるとそれは改憲を警戒してのポーズだったそうだ
「土人」というと、最近では沖縄で大阪府警の機動隊員がデモ隊で浴びせた言葉として記憶に新しい。「田吾作」(=田舎者)には「自分も元はといえば」という含みがあるが、「土人」には発言している側と断絶があって、‟あえて”という枕詞をおいたとしてもどぎつさが残る

大塚氏のどぎつい表現はともかくも、一見は欧米化したように見える日本社会が、実は空気で動いてしまう「土俗的」なもので左右されてきたのは事実。ハレもケもなくなったはずの近代で「祭り」を求めてしまうから、知っている「歴史」がせいぜい戦国や幕末といった動乱期に偏ってしまうという指摘は耳に痛い
しかし、民主主義の母国であるフランスがカソリックから「人間の平等」という伝統を受け継いだように(『シャルリとは誰か?』エマニュエル・トッド)、近代化に前近代以前の伝統文化が影響するのは避けられない。そういう伝統のない日本で、同じような経路の近代化はそもそも困難なはずだろう(志賀直哉はフランス語を公用語にしようといってたそうだけど)
「空気」で動く社会も、前近代では諸藩による地方分権の時代があったわけで、天皇を祭り上げる形で作られた「明治国家」から全国化したように思える。日本の時代を遡れば、日本人にもいろんな可能性があるのではないだろうか


大塚氏が参照する柳田国男については、こちらでも他の人の本もあたってみます


関連記事 『シャルリとは誰か?』

新現実 Vol.2 (カドカワムック (178))

角川書店
売り上げランキング: 457,892
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第9話~第11話

徐々に、ペースを戻しますよ


<第9話 救出>

ファンタム・レディの手によって再び捕らえられたキリコは、治安警察に連行される。警察から大金をせしめたゴウトバニラは、ほくほく顔で帰途につくが、ココナに「本当の人でなし」とまで罵られて、救出作戦を立てるのであった

なんの見返りもなく、しかも命を賭けてまでキリコを救う理由とは何か?
今回もゴウトとバニラの二人が保身と人情の間に揺れるわけだが、キリコ本人に対する友情というより、暴走するココナを放っておけないからこそ動く。男ども同士は、お互いそこまで助ける義理はないだろうと、綺麗に割り切っている
救出ために最後は大金まで失った3人だが、キリコから「おかげで助かった」という言葉を得て、ようやく仲間意識が育ってきたようである。そこにここまで時間をかけるアニメも珍しい


<第10話 レッド・ショルダー>

キリコを逃がしてしまった治安警察は、もはや尋問を諦めて抹殺作戦を始める。スクラップ置き場へローラー、爆撃、火炎放射と物理的に生きられる空間を無くすという容赦ない攻撃に対して、キリコはバニラの顔を張ってまで脱出口を掘らせるのだった
治安警察との決着にこだわるキリコは、訝しる3人にファンタム・レディとの因縁を明かす

キリコは治安警察との一戦のために、いまは封鎖中の「バトリング」会場を襲撃、突貫でATの改造に励む。またもまたもココナに引きずられる形で、ゴウトとバニラも協力する
バニラがさりげなくATの肩を赤く染めたところ、泣く子も黙る特殊部隊「レッド・ショルダー」の一員であったことが判明するのだった


<第11話 逆襲>

ATに乗り込んだキリコの逆襲に、再び署長はファンタム・レディを駆り出そうとするが、レディは出撃を断ってしまう
司祭(?)ボローは、ファンタム・レディがキリコに微妙な感情にあることに気づき、彼女の精神を調査させる。数値化されたレディの記憶を探るうちに、パーフェクト・ソルジャー(PF)としての訓練を受ける前に、キリコとの出会いがあったことを確認するのだった
「欠陥兵器ではないか」と憤るイスクイ署長に、ボローは「まだ使いようがある」となだめる。署長のみならず、この親父もなかなかの策士だ

ボローとイスクイはレディに「キリコを殺さない」と約束して、PF専用機であるブルーティッシュ・ドッグに乗り込ませる
レディは再びキリコを追い詰めるが、ここで一策。自らへの殺意のないことを見抜いてか、機体を停止させてコクピットを確認しにきたところを捕らえてしまうのだった
「プロト・ワン」と名乗る彼女に、「それは人の名ではない」とキリコ。早くもただならぬ仲であり、キリコに「はじめて、もっと生きたいと思えたとさえナレーションで言わせてしまう
次回予告では、「いよいよキャスティング完了!」とアナウンス。いよいよ大舞台へ漕ぎ出すのか


キリコとレディの会話からは、『Zガンダム』のカミーユとフォウを連想してしまった
レディもフォウも機械的に付けられた名前しか持たず、戦いのために生み出された存在だ
とくにレディは、その発祥からして完全クローンの生体兵器らしく、キリコが絡まないとまったく人間味がない。まさに戦闘のための人形であり、戦争で青春を費やしたキリコと似た境遇でもある。果たして、彼女はどういう道を歩むのだろうか


前回 【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第6話~第8話

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI
バンダイビジュアル (2010-02-23)
売り上げランキング: 15,649
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『進撃の巨人』 第9巻・第10巻 諫山創

引っ越しのためにも、積読解消せねば


進撃の巨人(9) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 (2012-12-07)
売り上げランキング: 2,395

進撃の巨人(10) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 (2013-04-09)
売り上げランキング: 2,227


第9巻。崩れた壁のなかに巨人が埋もれていたことで、調査兵団はウォール教の司祭ニックに説明を求めた。しかし、第二の壁である「ウォール・ローゼ」内に巨人が出現したことで、各兵団は騒然とする。メガネっ子分隊長ハンジ・ゾエの分析により、壁の材料と巨人の組織に共通点があることから、エレンの巨人化をもって穴を塞ぐこととなるが……

安全地帯のはずの壁の内側に巨人たちが出現したことで、各地で攻防戦が展開される
不気味なのが、人間くさい巨人たちが増加していくことだ
コニーが里帰りすると、彼の母親くさい巨人が壊れた小屋でひっくり返っていたし、雪男のように剛毛に覆われた巨人は、人間のように巨人たちを統率し、手練れの兵員を討ち取っていく


第10巻。「ウォール・ローゼ」内の混乱を垣間見た司祭ニックは、巨人と壁の秘密を明かせる血族の名を明かす。調査兵団は慌ててその血族を確保しようとするが、立てこもっている古城には、夜間にも関わらず巨人たちが殺到し、ピンチに陥ってしまう。そこで104期生のユミルが巨人と化して、我が身を顧みない獅子奮迅の戦いを見せるのだった

エレン、アニに続いて第三の元人間巨人が登場!
巻末でも、第一巻に登場した「鎧の巨人」や壁を壊した「超大型巨人」がカミングアウトするという衝撃の展開を遂げる。剛毛の巨人もその知者ぶりから元人間は確実であり、巨人対巨人が当たり前というデビルマンのような様相を呈してきた
「鎧の巨人」は進撃の巨人の代名詞的存在であり、そのあっさりとしたネタバレには茫然としてしまったが(苦笑)、特撮要素が濃くなったおかげで、作者が何をやりたいか、明確になったのは良かった


人間から変身する巨人が登場したことで、巨人の素性が見え始めた。なんであれ、人類は人類と戦っていたのである
人間社会に〝巨人”が潜入していわりに、「剛毛の巨人」が人間側の基本戦術を知らないなど、巨人側がどれほど連帯しているかは微妙なものの、これからは巨人対巨人、組織対組織の戦いが普通に展開されていきそうだ
どの〝巨人”もうなじに本体の人間がいるのが原則らしく、巨人の体が傷つくと人間も連動してダメージがいくとか、エヴァとか『獣神ライガー』を思い出させる(懐かしい)。そういうものとして、読めばいいのだ


前回 『進撃の巨人』 第7巻・第8巻

獣神ライガー  [マーケットプレイス コミックセット]
永井 豪
勁文社
売り上げランキング: 276,233
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『戦争にチャンスを与えよ』 エドワード・ルトワック

徳川家康を希代の戦略家として、高く評価


戦争にチャンスを与えよ (文春新書)
エドワード ルトワック
文藝春秋
売り上げランキング: 453


紛争地で下手な停戦は命取り。現代での戦争の必要性を問う異色の書
著者は別に戦争好きではない。ルーマニアのトランシルヴァニア地方でユダヤ人として生を受けながら、イギリス軍で軍隊を経験し、アメリカなど各国の大学で博士号をとるプロの「戦略家」である
本書はいくつかの論文とインタビュー(?)をまとめたものだが、シリア情勢やISに対しての戦略に、尖閣諸島をめぐる中国と日本北方領土問題を抱えるロシアと日本の問題に触れられていて、日本人向けの内容となっている
ユダヤ人だけあってイスラエルの体制と国民を理想的な国民国家とし、「男は優れた戦士に憧れ」「女は強い戦士を好む」という「戦士の文化」を称揚するなど(ハインラインかよ!)、すがすがしいほどのマッチョぶりには引くものの、生易しい人道主義を退けて冷徹な紛争地の力学を容赦なく語ってくれる

著者の持論は、「政治」は「戦闘」に勝り、「政治」は「戦略」が規定する。そして、「戦略」のレベルでは平時の常識が反転する「パラドキシカル・ロジック」(逆説的論理)がものをいうだ
第二次大戦のドイツ軍は、その末期においても三倍の連合軍と互角に戦えたが、敵が多すぎてどうにもならなかった。直近の「戦闘」で強くとも、周囲に敵を抱える「戦略」で敗北しているからだ
その「戦略」の法則に関わる「パラドキシカル・ロジック」とは、戦争が平和を呼び、平和が戦争を呼ぶ原因になるという。なぜならば、すべてのものには「限界点」があって、例えばアメリカで弱腰の政権が続き過ぎれば、相対的に中国のパワーが増大し、ロシアは好むと好まざるに関わらず中国に近づかざえるえなくなり、パワーバランスが崩れてしまう
なんだ「過ぎたるは及ばざるが如し」かと思いきや、氏によるとそれだけではない。「戦略」の法則では、ドイツ軍がいくら細かい戦闘で勝利しても最終的に負けたように、「成果を積み重ねることができない」、そして、正面からの決戦ではなく相手の不意を衝く「奇襲・詭道(マニューバー)を絶えず狙うべし」とか、いろんな法則がある
まさに〝孫子の兵法”で、この一冊の、一章では語りきれるものではなく、詳しくは他の著作を当たるしかないようだ

著者は実地で軍務を経験しただけあって、イデオロギーや政治用語をあまり使わない。ベースはギリシアの古典時代に始まる欧米の歴史だ
特に千年続いた特別な帝国、ビザンチン帝国の「戦略」は読みごたえがある
「戦争は可能な限り避けよ。ただし、いかなる時にも戦争が始められるように行動せよ。訓練を怠ってはならず、常に戦争準備を整えておくべきだが、実際に戦争そのものを望んではならない。戦争準備の最大の目的は、戦争開始を余儀なくされる確率を減らすことにある」。なんだか、山本五十六の言葉を思い出させる
「戦略」で勝利を収めるために、同盟国の存在を重要視する。外交は戦略そのものといってもいい。「戦争」よりも、政権転覆」が勝利への安上がりの手段として薦める
大事なのは、こうした「戦略」のために安易な人道主義にこだわらないことだ。ISを倒したいなら、アサド政権を認めるか、圧倒的な武力で短期間で制圧するか、この点において、どっちづかずのオバマ政権を手厳しく批判する
センセーショナルな表題も、受け狙いの理想主義から国連・NGO・外国の介入がかえって紛争の長期化を招くことを批判したものだ。著者自身は「戦争」を一度始めてしまったら簡単に終われないことを肌で知っており、だからこそ途中で中断させるだけの〝生地獄”を警告している
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
SF (23)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。