固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『球団と喧嘩してクビになった野球選手』 中野渡進

昔のやきゅつくだと、140キロ後半の速球投手だった。現実には、140台前半しか出なかったというのが意外


球団と喧嘩してクビになった野球選手 (双葉文庫)
中野渡 進
双葉社 (2014-03-13)
売り上げランキング: 71,033


四年間、実働1年間ながら、横浜には語り継がれる野球選手がいた。その名は中野渡進。歯に衣着せぬ男の半生
タイトルの「球団と喧嘩してクビになった選手」やや偽りあり。本気で喧嘩しそうになったのは、肘のリハビリを終えたあとに戦力外を通告された際であり、喧嘩したからクビになったわけではないのだ
自他ともに認める口の悪さが評判で、知らぬうちにフロントに嫌われたのはさもありなんだが(苦笑)、不思議と直接に被害を被った先輩や同僚に親しまれるキャラクターの持ち主。引退後に開いたもつ鍋屋にはいろんなチームの選手や野球ファンが集い、現役後の身の振り方を考える相談室の役割を担ったという
選手時代から料理には一家言あり、まるでもつ鍋屋になるために野球をやっていたかの如し……
が、少し調べたところ驚愕の事実を掴んだ。本書が出版された数ヵ月後に「もつ鍋わたり」が閉店していたのである

関連記事 ありがとう、そして……さようなら名店「もつ鍋わたり」

今はもの作りの職人を目指しているという。本書は一区切りつけるつもりで書いたのだろうか

プロには四年間しかいなかったからか、当時の横浜ベイスターズのことについてはイマイチ分からない。中継ぎとして活躍した2000年には、98年の日本一メンバーが数多く残っていたものの、その後に谷繁をはじめ多くの選手が流出したことが触れられるのみである
球団の暗黒時代の告白を期待すると、肩透かしだろう
むしろ興味深いのは、高卒後の社会人時代のことだ
“ミスター社会人”西郷泰之との対談では、社会人野球の実態が赤裸々に明かされる
高卒で入社する人間の手取りは十数万、下手すれば10万を割る。その待遇で我慢するのは、プロの目にとまることを期待してだ
しかし野球チームを持つ会社からすると、有力選手が流出して戦力ダウンするのは避けたい。チームが都市対抗などで活躍することで、会社の知名度やモチベーションにつなげる狙いがある
そのために会社側はスカウトの連絡を選手に伝えなかったり、とプロ野球への入団を妨害するケースもあったそうだ。世話になった会社の慰留を突っ切って、プロへ行くのは尋常な覚悟ではできないことであり、会社を辞めてプロテストを受けた著者の勇気を社会人時代の仲間は称賛する
その一方で社会人野球には独特の一体感があり、熱烈な応援ともに負けると会社の顔に泥を塗ったと手厳しい反応に出会うことも
都市対抗野球独自の制度として、敗退したチームから同大会のみ、選手を補強できる「補強選手がある。西郷泰之東芝など三菱自動車以外のチームで都市対抗野球の優勝に貢献し、「優勝請負人」の異名を持ったそうだ
著者本人もさることながら、登場する有名選手がみな個性的。巻末の小宮山悟による中野渡評がやけに冷厳で、野球選手のいろんな側面が見られる一書である
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『らせん』 鈴木光司

『らせん』の映画は小説に近かったかと


らせん (角川ホラー文庫)
鈴木 光司
角川書店
売り上げランキング: 107,999


幼い息子を亡くした監察医・安藤満男は、かつて大学で同窓だった高山竜司の遺体を検視解剖した。高山の遺体の内部からは謎の暗号が現われ、安藤はそれが「RING」であると解き明かす。一方、高山の恋人でその遺稿をまとめていた高野舞は、謎のビデオテープを見たあとに消息を絶ってしまう。舞の美貌に惹かれていた安藤は、彼女のマンションを探るうちに、ただならぬ気配を感じるのだった

いわずとしれた『リング』の続編
映画では『リング』と『らせん』が同時上映されていたが、小説は1995年の出版『リング』から4年の間隔が空いている
作者が4年かけた続編だけあって、前作の世界観を大きく膨らませる大作へ変貌していた。ロッグキャビンと一本のビデオテープから始まったホラーが、世界の存亡を賭けたSFになるなど、誰が想像するだろうか
『らせん』からがSFとしての本編であり、『リング』はいわばその前日譚……というか、読み終わった後にはその『リング』こそが、『らせん』作中に出てくる小説になってしまって、その結果……(以下略)。続編によって前作の立ち位置が変わるのは、アゴタ・クリストフの『悪童日記』の三部作を思い出す
本作の貞子は映画のようなモンスターではなく、科学現象で生まれた突然変異に過ぎず、憎むべき存在になりえないことも作品を薄気味悪いものにしている

しかし、ホラーでなくなったかというと、まったくそうではない
ありふれた都市の光景の中から、ふとしたことで感じてしまう違和感や見えないものへの怯えを拾い上げていて、それが読者の日常に重なっていくのだ
そして、それに人類社会そのものを揺さぶる“サイエンスホラー”が加わっていく
安藤の同僚である宮下がやけにオカルトへ傾倒するとか、前作にも見られたご都合はある(苦笑)。普通なら「ばかじゃねーの」とオカルト的発想を止めにかかる人が出てくるものだろう
が、読者の視点に近い生活感と、DNAと遺伝子の関係から生物誕生の謎にまで行きつく薀蓄の積み重ねが、香ばしくぶっとんだフィクションを厚く包みこんでいる。読者にやぼな突っ込みをさせない強固な作品世界を作り上げているのだ
ラストにとる主人公に迫られる選択とその決断も、“サイエンスホラー”に相応しい迫力と後味の悪さ


前作 『リング』

関連記事 『悪童日記』

らせん (Blu-ray)
らせん (Blu-ray)
posted with amazlet at 17.01.15
ポニーキャニオン (2012-04-27)
売り上げランキング: 78,954
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『シャルリとは誰か?』 エマニュエル・トッド

レイシズムVSテロリズム


シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 ((文春新書))
エマニュエル トッド
文藝春秋
売り上げランキング: 8,943


2015年1月7日にパリで発生したシャルリー・エブド襲撃事件。その後に起こった「わたしはシャルリ」と掲げたデモには、いかなる意味があるのか。シャルリが行っていた風刺とそれに対するテロの社会的背景を読み解く
フランスのことなので、だいぶ読むのに時間がかかった… ただ、その社会分析は今の日本にも通ずるものがある
シャルリー・エプドについては、テロの被害者という側面で注目されていて、日本の報道でも「表現の自由」VS「テロリズム」という単純な図式で伝えられきた
本書では、シャルリー・エプドがそれまで行ってきたイスラム教への風刺画から、フランスの中産階級が抱くにいたった移民やムスリムへの恐怖を読み取る。さらには左翼陣営による「ライシテ=世俗主義」の立場からの差別主義まで見出すのだ

フランスの社会分析に関しては、かなり専門的なので管理人が把握するのは大変であるが(苦笑)、要所で著者がまとめてくれるので内容はおおよそ理解できる
フランスの近代社会は、フランス革命で生まれた「ライシテ=世俗主義」だけでなく、地方で根付いたカソリックの伝統との両輪で回ってきたという。フランス革命の「博愛」の源泉も、カソリックの「すべての人間は平等である」という原則に発している
しかし、事件を受けた「私はシャルリ」のデモを分析したところ、本来はカソリックの伝統を継いでいた地域から、その平等主義の残滓すらなくなっていたことが判明する
そうした最近になって世俗主義に染まった地域でこそ、宗教への警戒感が高まっていて、かつての反ユダヤ主義に連想させる反イスラムの声が上がっているというのだ
むしろ、早々と世俗主義に染まったパリ郊外では、外から人が流入する都市環境に慣れているからか、冷静さを保っている

なぜ「ライシテ=世俗主義」が差別主義を生んだのか?
それにはEUがドイツ主導の経済圏となり、ドイツ型の市場経済が形作られたことが経済の格差、特に若年層へ厳しい結果を招いたと著者の持論が展開される。若者に福祉国家の負担を押し付ける政策は、なかでも立場の悪いマグリブ(=北アフリカ)からの移民層を直撃し、路頭に迷った彼らをISに向かわせたとする
そうした政策を主導したのは、従来の「福祉国家」を維持したい中産階級=中年以上の年齢層であり、世俗主義=無神論の立場を楯にムスリムへの幻想ともいえる恐怖心を持つに到った
著者はこの世俗主義と差別主義=不平等原則が結びついた立場を「ネオ共和主義と名づけて、ナチスが生んだヴィシー政権の系譜につなげる

重要なのは、実際に移民たちのなかで閉鎖的なムスリム社会が醸成されているわけではないことである
移民たちはフランス社会へ適応しようと努力しており、むしろ適応するスピードが早すぎて、共同体が持てず無秩序(アノミー)な状態に陥っているのが問題だったりする。襲撃事件を起こしたグループがいたベルギーでは、逆に閉鎖的な移民社会が生まれていたが、フランスではまったく事情が違うのだ
著者はイスラム教の持つ女性への差別を問題としつつ、かつてのカソリックのように平等主義を持つことに着目。お互いが歩み寄ることで、良き影響をフランスへもたらすことに希望を託す
本書は襲撃事件からIS空爆につなげたオランド政権を、左翼の殻をかぶった差別主義と看破。実は、平等主義の原則を実は極右といわれる国民戦線(FN)の支持層のほうが保っていると驚愕の結論を導きだす
左が右より不平等によりおかしくなる転倒は日本でも起こっていて、在特会周辺が盛り上がったのも、共同体の喪失や格差問題にあったのではないかと思う
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『マグノリア』

蛙と犬が可哀想なラスト


マグノリア [DVD]
マグノリア [DVD]
posted with amazlet at 17.01.09
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-12-17)
売り上げランキング: 3,336


自己啓発セミナーの名物講師フランク・マッキー(=トム・クルーズ)クイズ番組のベテラン司会者ジミー・ゲイター(=フィリップ・ベイカー・ホール)とその娘でヤク中のクローディア(=メローラ・ウォルターズ)、その彼女と恋に落ちる警官ジム・カーリング(=ジョン・C・ライリー)、ジミーのクイズ番組で活躍する天才少年スタンリー(=ジェレミー・ブラックマン)とその父親リック(=マイケル・ボーウェン)、元天才クイズ少年で今は冴えない営業マンのドニー(=ウィリアム・H・メイシー)瀕死の大富豪アール・パートリッジ(=ジェイソン・ロバーズ)とそれを介護する妻リンダ(=ジュリアン・ロバーツ)看護士フィル(=フィリップ・シーモア・ホフマン)。サンフェルナンド・バレーで、無関係だった彼らが「ありうべき偶然」で交錯する

三連休でないと観れない映画であった。なにせ、三時間を超える大長編なのだ
どこかでダレるのでは思えたが、上手い具合に人物の視点が切り替わるので、まったく飽きない! ちょうど人間の目の高さにカメラを回しているから、視聴者の生理になじんで情報量や場面転換の多さが負担にならないのだ
10人前後の主要人物は、全てが直接関わるわけではない。危篤に等しい状態の大富豪アール周辺、そして余命2ヶ月を告げられた名司会ジミーと出演するクイズ番組が、ストーリーは大きな二つの塊に分かれて、そこから個々の人物につながっていく
思わぬところで出会うと思えば、背景はあるのに交わらないとか、冒頭に掲げられるようにありうべき偶然が人々をぶつからせる。中盤まではそれが自然で生々しく、グッとドラマへ没入させてしまう

中盤以降にそれぞれのドラマがヤマを迎えると、一気に芝居気が増していく。元天才少年がバーテンに愛の告白をし、警官がデートで有頂天後に拳銃を無くして、マッキーが実父との面会に逡巡するなど、畳み掛けられていくので見る側は「いったいどうなっていくのか」と圧倒されざる得ない
すべての物語が上手く転がるわけではない。むしろ、上手く転がらない話ばかりである
正直、「ここまで懺悔させておいて、なんでハッピーエンドにしないのか」と呻きたくなる結末もちらほら。「ありうべき偶然」の象徴として蛙の雨を降らせるぐらいなら、みんな丸くまとめても良かったのではないか
ラストこそ違和感を残したものの、そう上手くいかないのが人生というのも、またしかりか。「好きに生きた人生に悔いが残らないなんて、嘘だ」「悔いを土台にして、その次を生きるのだ」「人生はいまいましいほど長い」、意識が定かでないアールの口からこぼれる言葉は重く、さりげなく流れるエイミー・マンの歌はそれなりに生きてしまった人間を慰撫する力がある
コンセプトからしてエイミー・マンのPVになってしまうのはぬぐえないのだが、それでかつ名作である


マグノリア <OST1000>
マグノリア
posted with amazlet at 17.01.09
オリジナル・サウンドトラック
ワーナーミュージック・ジャパン (2014-07-09)
売り上げランキング: 15,800
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (20)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。