固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『呪術廻戦』 第9巻・第10巻 芥見下々

10巻の作者のコメントで「まるで成長していない」とあるのは、台詞を「言った、言わない」のところかなあ
整合性より、勢い重視がジャンプの伝統だと思っているので、適当でいいのですが


呪術廻戦 9 (ジャンプコミックス)
芥見 下々
集英社 (2020-01-04)
売り上げランキング: 6,482

呪術廻戦 10 (ジャンプコミックス)
芥見 下々
集英社 (2020-03-04)
売り上げランキング: 1,792




第9巻。謎の男“伏黒”は呪力を持たないがゆえに、高専の結界を突破。二年生で特級クラスの五条悟をも倒してしまう。天内理子を連れた夏油は、人身御供が嫌なら掟を破って連れ帰ってもいいと言うが、その返事を聞いた刹那に伏黒の襲撃を受ける。天内理子は呪具の銃で射殺され、転生は失敗したかに見えた
が、ぎりぎりのところで術式を進化させていた五条が盤星教の教会に現れ、伏黒にリベンジを果たしたのだった

過去編に登場した“伏黒”とは、伏黒恵の実父「伏黒 甚爾。元は“呪術御三家”禪院家の出で、再婚で伏黒姓になったらしい。呪術を持たないゆえに実家で冷遇されたためか、金儲けと同時に盤星教の企てに乗ったようだ
呪力を持つは禪院家に引き取られる予定だったが、五条が高専に来るように手を打ったらしい
後半では五条が「最強の呪術師」として単独行動を取る傍ら、非術者のために術者が犠牲になる現実に悩む夏油が、術者の倫理から外れていく過程が描かれる
世の中から呪いを無くすためには、呪力を操れる術者だけの世界を作ればいい。盤星教を乗っ取って、それを基盤に活動を開始したのだ
……と、五条と夏油の因縁がスマートにまとめられた。一巻そこそこでは、勿体ない内容かな


第10巻。交流会で夏油一派に内通したメカ丸こと与幸吉は、呪霊・真人に肉体を回復させてもらう取引をしていた。夏油、真人も用済みのメカ丸を殺すつもりであり、直した直後に真人との一騎打ちに入るのだった。エヴァンゲリオン(笑)と化したメカ丸は真人を追いつめるが……
後半は夏油たちが五条悟を標的に動き出す
ハロウィンの渋谷に結界を張って一般人を閉じ込めて人質とし、五条を引っ張り出そうというのだ。花御、漏瑚といった特級呪霊に、呪胎九相図の長兄・脹相、さらには真人も動員して必殺の陣を敷いていた

メカ丸、意外に強かった。お互い違う強みを持ち、相手の知らない能力をもつことで優位に立つ異能力戦の醍醐味が味わえた。単純な不等号ではなく、紙一重と感じさせる演出がうまい!
逆に五条の戦いぶりは、「何やっても死なないんだろ?」と思わせる安定感だが、真人による呪霊のおかわりが入ると、さすがに何かが起こるのだろうか
渋谷の地下鉄を舞台にした殺しっぷりが凄まじく、『多重人格探偵サイコ』真っ青のグロ展開である。まあ、ジャンプにはたくさん前例があった気もする、『うしおととら』とか


前巻 『呪術廻戦』 第7巻・第8巻

関連記事 『多重人格探偵サイコ』 第1巻・第2巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【配信】『伝説巨神イデオン』 第21話~第23話

ダラム 「そうだ。核の直撃を受けて、尚、無傷でいられる巨神でなければ、手に入れる価値はない……」


<第21話 敵戦艦を撃沈せよ>

からくもギャムスの襲撃を退けたソロシップは、水の惑星を脱出する。ハルルは本国へ報告すべくドロワ・ザンバッフクラン本星に帰還させようとするが、イデオンとソロシップに力に引き寄せられて、同じ亜空間にDSドライブしてしまう。ドロワ・ザンの消耗を看破したソロシップは総攻撃を仕掛けて追いつめるが……

イデオンとソロシップは前回の戦いで傷ついたにも関わらず、「生き物のように生き生きしている」
ゲージが上がっていることから、ベスたちはドロワ・ザンの追撃を決意させた
しかし余りにパワーが増したせいか、イデオンは吠え声をあげて、ドッキングを解いてしまう。その様は野獣のようであり、エヴァンゲリオンがいかにインスパイアしたか分かる(苦笑)
シェリルの分析では、ソロシップのクルーの戦闘意欲と連動したわけではないらしい
追いつめられたハルルのもとには謎の通信が。言われるようにDSドライブをついたドロワ・ザンはソロシップとの白兵戦の末に轟沈するが、謎の重機動メカにハルルは助けられる。ハルル因縁の男、ダラム・ズバのもとには、ギジェも加わっていた


<第22話 蘇る伝説>

22話目にして総集編回。イデが発見された1話から、ソロシップが発進する3話までで、すべての始まりであるソロ星のエピソードに集中している
3話だけの総集編なのに、理不尽な強襲とそれにともなう犠牲、丈夫過ぎるイデオン、荘厳な脱出と作品の要素がほぼ詰まっている。これで1話として見せてしまうのが、監督の編集ぢからである
ベスへのシェリルのビンタが声優さん的にセイラさんを思い出させたり(笑)、パイパー・ルウの一家が車を出すところでは、片づける暇がないので食器やテントが散乱してしまうとか、再見だからこそ気づかされる場面もあった


<第23話 戦慄・囮の惑星>

ソロシップは目指していたキャラル星から救難信号を受けた。偵察に出たイデオンのメカたちは準光速ミサイルの爪痕に愕然とするが、コスモとデクはビル街に生き残りを発見する。そこへダラムのガンガ・ルブが登場!
バリア封じの粒子「ドノ・バン」でイデオンの合体を阻止し、ギジェの機体とともにコスモたちを苦しめるのだった

コスモを銃撃したのは、子供たちを守るキッチ・キッチン えらいネーミングだが、ルックス的には新ヒロイン登場である
デクが早まって撃ったミサイルを撃墜するなどコスモの対応は大人「あんたたちのおかげで、バッフクランは攻めてきたんじゃない?」「肉親を殺された人はあなたたちも敵だと思っているわ」と言われても、「苦しんでいるのはあなたたちだけじゃない」「殺し合いが好きな奴が、いるもんか!」
一方、キャラル星を半壊させたオーメ財団のダラムとギジェ冷酷で官僚的である。ギジェはイデオンに核爆弾を仕掛けたことに「巨人が破壊されてしまう」と心配するだけだし、ダラムは「我々の戦いが善き力か」と疑うもののズオウの独裁体制を倒すためと大義を信じるのみ。やれやれである


前回 【配信】『伝説巨神イデオン』 第18話~第20話

Space Runaway Ideon [Blu-ray]
Space Runaway Ideon [Blu-ray]
posted with amachazl at 2020.03.28
Yoku Shioya, Yô Inôe, Hideyuki Tanaka
Section 23 (2019-02-05)
売り上げランキング: 18,663
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『シュマリ』 下巻

日本帝国主義の黎明期


シュマリ (下) (角川文庫)
手塚 治虫
角川書店 (1995-04)
売り上げランキング: 469,082


アイヌ人を追う和人開拓者との死闘で、十兵衛は戦死し牧場は失われた。傷心のシュマリ先妻・お妙を心の拠り所とするが、彼女は北海道庁で働く華本男爵と再婚していたのだった
数年後、ポン・ションは札幌の農学校に入り、好青年に成長した。シュマリにお妙を諦めさせようとするが、北海道の開発を巡り人間関係は錯綜。お妙は北海道にいたい一心で太財炭鉱の弥七に体を売り、夫の華本に射殺されてしまうのだ
シュマリは弥七を殺そうとするが、炭鉱は弥七の政敵となった北海道炭鉱鉄道の手のものが包囲。はたして、男たちの行方は……

そもそも時代についていく気のないシュマリは当然として(苦笑)、高いプライドを持つ太財炭鉱の弥七公家出身の華本男爵にも、時代の流れは押し寄せる
お妙の再婚相手の華本は、近代文明を夢見てアメリカのカリフォルニアへ留学していた。しかし実際のカリフォルニアには、アジア系移民が奴隷のような扱いを受けており、華本自身も厳しい蔑視の眼にさらされた
そうした欧米の価値観を身に着けたゆえに、帰国してから近代化を金科玉条としてお妙へ習慣を無理強いし、かえって嫌われてしまう。この華本の劣等感から来る欧米化こそ、近代日本の病弊なのだろう
本シリーズには北海道の開拓史を帝国主義の視点(マルクス史観?)から眺めており、開拓者たちがアイヌ人を虐殺するなど過激な描写がある。アイヌに対する迫害は江戸時代の松前藩から続いており、明治以後はポン・ションに召集令状が来たように、強制的な皇民化政策がとられた。さすがに、大規模な虐殺はなかったようだが……

本作を総括しよう
シュマリは全身、胆というべき豪傑である。直情的な行動で人を殺めていく様は、水滸伝の李逵を思わせるが、なぜか女にはもてる。まあ、これは青年漫画のお約束であろうか(笑)
それでも女性に口答えされると平気でぶん殴る本命の彼女のそっくりさんと子供をなすなど、今風に受け入れられる主人公ではなく、かなり業深き男である(同時代の男の放埓さ、道徳観に忠実ともいえるが)
それと対照的なのが生涯のライバル、太財一族の弥七。きわめて理性的であり、何事にも冷徹に対応する。シュマリの嫌がる顔みたさにお妙を寝取るなど、陰険な仕打ちもする。その反面、実妹のお峰には優しいし、シュマリ本人には惚れ込んでいる
蝦夷のアイヌに溶け込むシュマリに、鉱山を開発し利益を追求する弥七とその価値観も対照的に見えるが、実際のところどうだろう
和人であるシュマリの牧場も一種の開発であり、近代化を嫌ってフロンティアを追い北海道→朝鮮→満州へと移るルートは、そのまま日本帝国主義の行く先なのである
本作を読んで思い出したのは、安彦良和の『王道の狗』
安彦良和はギャグもテーマも手塚の歴史物を継いでいると思われるが、いかがだろうか


前巻 『シュマリ』 中巻

王道の狗 全4巻 完結セット (JETS COMICS) [コミックセット]
安彦 良和
売り上げランキング: 153,290
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『北辰群盗伝』 佐々木譲

北海道で西部劇


北辰群盗録 (徳間文庫)
北辰群盗録 (徳間文庫)
posted with amachazl at 2020.03.21
佐々木 譲
徳間書店 (2009-02-01)
売り上げランキング: 326,599


箱館戦争が終わってから5年後、開拓が進む北海道で「共和国騎兵隊」を名乗る盗賊団が姿を現した。頭領の兵頭俊作は、「まだ戦争は終わっていない」と主張する。元同僚の矢島従太郎は、江戸の酒場で管を巻いていたが、新政府の士官にスカウトされ、盗賊団討伐の相談役に就任する。はたして兵頭の狙いとは……

『シュマリ』つながりで、積み読から手に取ってみた
主人公は箱館戦争を旧幕府軍として共に戦った兵頭俊作矢島従太郎。この二人が「共和国」の建設を巡って、共和国騎兵隊」とそれに対する討伐軍に分かれて戦う筋書きで、内地にもない近代都市を建設中の札幌石狩の荒野で激しい火花を散らす
諸外国の技術者が流入して異国情緒あふれる居酒屋に、出稼ぎ労働者や囚人をタコ部屋にいれて働かせるヤクザ者、それを取り巻く厳しい自然と、当時の北海道がよく描写されている一方、主人公たちの人物像に関しては元侍というには近代的過ぎ(苦笑)
刀より銃の腕前が目立ち、作者のマカロニ・ウエスタン好きがあらわに見えてしまうのであった。あまり時代小説としてこだわらず、19世紀の北海道を舞台にした西部劇と割り切ったほうが読みやすい

兵頭俊作は、箱館戦争で榎本武揚が掲げた「共和国」建設を大義名分と掲げる。その「共和国」では身分の隔たりなく「入れ札」(選挙)によって、役職が選ばれる公正な共同体であり、アイヌの青年やロシア人とのハーフ女性も「騎兵隊」に参加している
実際に榎本武揚は、北海道を根拠地とした独立を考えたのだろうか?
史実はそうではないようだ。「入れ札」はあまりに雑多の集団をまとめるために借用したものであり、箱館に籠ったのも幕府崩壊で職を失った旗本たちに蝦夷地開拓をさせたかったからだ
兵頭の語る構想のように、ロシアから武器を借りて新政府と戦うなどという分離独立はまったく考えていない
作者の年代からだろうか、10人足らずの集団からの武力闘争という無謀な行動は、1960~1970年代に退潮していく日本の学生運動が連想され、終盤の内ゲバなどはまさにその結末を語っている。「理想もいいが、ひとりひとりの生活や人生も大事だ」という矢島の兵頭に対する説得も、その文脈から分かりやすい
兵頭の理想の空虚さもそれを現わしてるのだろう
とはいえ、基調はエンターテイメント。タランティーノの映画のように銃撃が続き、意表な結末が待っているのだった


関連記事 『シュマリ』 上巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (26)
RSSリンクの表示
はてな
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
FC2 Blog Ranking
検索フォーム
タグランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。