固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


【ぶらり大阪観光】四天王寺

日曜日は家族で大阪へ
JR大阪駅から地下鉄谷町線に乗り換えて、四天王寺前夕陽ヶ丘駅で降りる。向かうは四天王寺


1.四天王寺

四天王寺593年(推古元年)に聖徳太子によって創建されたとされる、日本最初の官寺である
当時は単なる信仰の場にとどまらず、敬田(教育)、悲田(救貧所?)、施薬、療病の諸施設が整えられていた。仏僧を育てるだけでなく、民を物心両面で救済する政治の中心地としても機能していたという。衆生を救うという聖徳太子の理念は、「大乗仏教」へ志向を決定づけ、四天王寺は「太子信仰」の聖地となったそうだ

西重門
西重門。仁王門は取り忘れた……

転法輪
西重門には転法輪がある。インドの戦車(チャリオット)の車輪を象っており、仏の教えが広がっていくのを表すのと同時に、参拝者が回すとお経を唱えたことになるという有難いもの。まあ、ご挨拶程度の意味合いらしいけど
チベットや高野山などへ行くと、どでかい転法輪がある

五重の塔2

五重の塔は何度も焼失しており、昭和34年に再建された鉄筋コンクリートのもの。階段で登ることができ、途中の階には永代供養された位牌が安置されている。最上部には舎利塔があり、お賽銭が積まれていた
金堂には救世観世音菩薩があり、周囲には仏陀の一生を描いた壁画がある。他のお寺とは違い、仏像の背中を回っていけるのが面白い。金堂の後ろの講堂には、阿弥陀如来が置かれ、こちらには玄奘の印度への旅が壁画として描かれていた

あと気になったのは、お賽銭箱がお堂の中にいくつもあること! 大阪だからか?(苦笑)

六時堂と石舞台

六時堂では、お坊様がいて回向が行われていた
元三大紙堂では、転法輪ともにお百度参りする人もいて、四天王寺が今でも信仰の場であることが実感できた


2.一心寺

お次は骨仏の寺と言われる、一心寺

一心寺

一心寺が骨仏の寺と言われるのは、宗派に関係なく納骨を受け入れているからで、お堂には骨壺が納められた骨仏が並んでいた。建物が近代的なので、昭和に入ってからと思いきや、その発祥は12世紀まで遡る。四天王寺の別当(責任者?)だった慈円の要請で、浄土宗の法然上人が草庵を作ったのが始まりで、納骨が集められるようになったのは江戸時代になってからのようで、嘉永四年(1851年)に最初の骨仏(阿弥陀仏)が作られ、1887年から10年ごとに新たな骨仏が作られるようになったそうだ
この日も多くの人が法事に訪れていて、物見遊山に来るには、いかにも場違いで。気恥ずかしい思いがした

一心寺の仁王さん1一心寺の仁王さん2

インパクトがあったのが、この仁王さん! たまげたなあ

一心寺の扉

門には女性の彫刻が。長い歴史があるのに、攻めるお寺さんである
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『ロッキー・ザ・ファイナル』

クリードの一作目借りようとしたら、ゲオになかった


ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007-10-05)
売り上げランキング: 5,000


引退したロッキー・バルボア(=シルヴェスター・スタローン)は、イタリア料理店のオーナーに収まっていたが、妻エイドリアンを亡くし、息子ロバート(=マイロ・ヴィンティミリア)とも疎遠になっていた。そんな折、テレビの企画でロッキーと現役王者ディクソン(=アントニオ・ターバー)とコンピューターが対戦する映像が流れる。それに敗戦したディクソン陣営は、自身の不人気を払しょくすべく、ロッキーとの一戦を画策するが……

ロッキーを主役としたシリーズの最終作である
『ロッキー5』ですでにトレーナー業を退いて戦えない体になっていたはずだが、設定を変更しての『ロッキー4』からの続編であり、こういうのを“リブート作品”と呼ぶそうだ
内容は妻の死を引きずるロッキーに、新しい女性の存在、マリー(=ジェラルディン・ヒューズ)がボクシングへの情熱に火をつけ、ラスヴェガスのエキシビジョン対戦に駆り立てていくという、いわば初代ロッキーに近い流れとなっている
プロライセンスの裁定を演説でひっくり返す、親の七光りに悩んで対戦を断ってくれと頼むロバートに、「自分を信じなきゃ、人生じゃないぞ」と説教で返すなど(結果、息子は会社を辞める!)、脚本が一部脳筋だったりするが(苦笑)、いざディクソンとの対戦となれば豪華ゲストもあいまって大いに盛り上がる
『5』のストリートファイトより納得できる結末であり、作品全体も中高年となったシリーズファンへのエールとなっているのだ

なぜ『5』の続編でなく、『4』の続編かというと、身体の設定もさることながら、おそらくはロッキーの家庭事情も絡む
『5』ではエイドリアンが健在で、ロッキーがトレーナー業にかまけて息子に嫌われて和解するストーリーがすでに描かれており、これの続編にすると本作と反復してしまう
また、本作ではエイドリアンが鬼籍に入っており、その喪失から再び立ち上がる物語となっている。演じてきたタリア・シャイアは撮影シーンのないことに激怒したというが、プレミア上映に招かれてその意味に納得したそうだ
喪われたものを感じつつも、新しい家族、仲間を得て前へ進んでいく。リブートされた幕切れはかなり前向きなものだった


第1作 【BD】『ロッキー』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『競馬最強の法則』が分裂していた件

激しく今さらの話なのだが……
管理人はカレンダーに競馬雑誌『競馬最強の法則』の付録を使ってきた。土日の重賞レースと、競馬関係者の誕生日、データから汲み取った格言(?)が載っていて、にぎやかなのだ
昨年末に1月号を買おうとすると、名前が『競馬の天才』に変わっているたしばらく買ってなかったので、改名リニューアルしたのだと思っていたら

年明けにまた雑誌を買いに行くと、おやおや

競馬最強の法則2019年02月号

ベストセラーズ (2019-01-12)

競馬の天才!Vol.4
競馬の天才!Vol.4
posted with amazlet at 19.01.18

メディアボーイ (2019-01-12)


『競馬の天才』と『競馬最強の法則』が並んでいたのである
Wikipediaによると、『競馬最強の法則』2018年の8月・9月号でいったん、発行停止し、10月号で編者者を総入れ替えしてリニューアルした
さらに、元の編集者たちは、KKベストセラーズからメディアボーイに移籍『競馬の天才』を創刊したそうだ
あくまで管理人の推測だが、こうしたケースだと出版社と編集者たちの間でなんらかの路線転換や条件闘争があって決裂したと考えられる
両誌のデザインを確認してみると、カバーこそ少し違うがともに中身は旧『競馬最強の法則』とそっくり! もう完全な潰しあいなのだ
出版社が変わっても、ターザン山本のインタビューや水上学のコラムは『競馬の天才』側にあるので、従来の読者からするとこちらに親しみは湧くのだが……
読者を取り合って、共倒れにならないことを祈るばかりである
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『藤田嗣治 手しごとの家』 林洋子

連休なんて、なかった


藤田嗣治 手しごとの家 <ヴィジュアル版> (集英社新書)
林 洋子
集英社
売り上げランキング: 111,800


実家に藤田嗣治の本が一冊あったので
藤田はただ絵を描くだけの画家ではない。自分で自分の絵を飾る額縁を作り、自分のアトリエのジオラマを作り、自分と妻の衣装を裁縫で作り、食器の絵付けもしてしまう
自作の衣装とオカッパ頭の髪型には生活費を切り詰める側面もあったものの、芸術家は芸術品をまとうべし」をポリシーとして、生活のすべてに芸術家のこだわりを見せた
本書はそうした藤田の製作物と、そこから生まれた自画像などの作品を豊富な挿絵(写真)で紹介するものだ

驚かされるのは、画家という肩書を大きくはみ出す、旺盛な好奇心と探求
パリの蚤の市から二束三文の人形を持ち帰ったかと思えば、自分で修復してアトリエに飾ってしまうし、額縁職人としても玄人はだし。日本に帰った1930年代には、染め物を収集するだけでなく、自ら染織に乗り出す
その活動量に唖然とするしかない
全編に渡って藤田を映した写真は満ちているのだが、後半には写真家たちと関わりや藤田自身の写真への取り組みが盛り込まれている
カメラは絵の概念を揺さぶる存在なのだが、自分の題材に生かせるものとして活用し、戦前には最新機器だったムービーカメラを入手し南米時代の映像が残っているそうだ
一般的には『アッツ島の玉砕』やアメリカ滞在時の『カフェ』の印象が強い藤田だが、進取の気性に富み、他の分野にもとてつもない凝り性を発揮して、自身のアトリエ(と自宅)や収集物さえも作品に変えてしまう芸術家であったのだ


関連記事 没後50年の藤田嗣治展に行ってきた


藤田嗣治 手紙の森へ <集英社新書ヴィジュアル版>
林 洋子
集英社 (2018-01-17)
売り上げランキング: 119,622

シリーズになってた
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。