固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


【ぶらり滋賀観光】彦根城

過ごしやすい季節になったので、朝早くからお出かけ
京都から日帰りで行けるお城ということで、彦根城へ行ってみた


井伊直政像 駅前の井伊直政像

JR彦根駅から、彦根城は近い!

駅から見える石垣

駅からこのとおり、本丸の石垣が見えてしまうのだ。逆に言えば、周囲を見下ろせるように城が建てられたということでもある
彦根城の主、彦根藩徳川四天王の一人、井伊直政が関ケ原の戦功から、近江15万石に封ぜれたことに始まる。石田三成の過ぎたるものと言われた佐和山城が当初の居城とされたのだが、中世的な山城であったことと三成との関係性を嫌って、彦根山に新城を築くこととなった
築城が始まる前に直政は病死してしまうが、幼主・井伊直継を支えた家老・木俣守勝が、幕府と相談して1603年に築城開始東海・北陸の諸大名が手伝う天下普請として、1606年に完成した

佐和山城を嫌ったのは、石田三成が民政に力を入れた大名だけに、そのつながりをリセットしたかったのだろう。関ケ原直後から大坂の陣までの間に完成されたことは、徳川幕府がいかに大阪方と西国大名の逆襲を恐れたのが分かる。京都は守りにくい土地なので、近江で戦線を膠着させ、東海、関東の応援を待つ戦略なのだ

外堀から天守を見る 外堀から見た天守閣

天下普請で築かれた城だけあって、その規模は巨大である。これは二の丸を囲む外堀なのだが、当時はさらに有力な商人や奉行所、武家屋敷を囲んだ”三の丸”が広大な敷地をとっており、それも外堀に囲まれていた。日本に一般的な城下町ではなく、城中町になっていたのである
さすがに”三の丸”の外堀は残っていないが、そこかしこに江戸時代から残ってそうな家屋や遺構を見かける

大手門口

大手門から”二の丸”へ。”二の丸”の中には、なんと高校がある! 彦根東高等学校は赤鬼魂(!)を受け継いで、国際的に通用する人材育成を目指しているとか

馬小屋跡
重要文化財という馬小屋。城の施設で馬小屋が残っているというのは、極めて珍しいとか
明治維新後にしばらく陸軍の管轄として扱われたことと無縁ではないだろう

表関橋

表関橋から本丸へ。内堀もまた、でかい
本丸に入ると、元藩庁の博物館受付・売店がある。入場券を買って進むと、曲がり続ける坂道を登り、かつて知らせの鐘が置かれたという「鐘の丸」、最初の関門となる天秤櫓にたどり着く
「鐘の丸」は当初、様々な合図に使う鐘楼が置かれたが、城中に聞こえないと判明し、太鼓櫓に移されたとか

天秤矢倉正面

天秤櫓は正面から見た形でなく、上か見下ろしたときに「コ」の字=天秤に見立てて名付けられたとか。橋の下はここに至る通り道。つまり、敵軍は橋の下を登ってくる形なので、櫓と橋、鐘の丸から、集中砲火を浴びせられる設計になっている

太鼓門櫓

天秤櫓の次に待ち構えるのが、太鼓櫓。天秤櫓ほどではないにしろ、天守閣から遠ざかるように曲がり、やはり周囲から飛び道具を浴びせられる地勢となっている
そして、いよいよ

天守閣

天守閣へ。城のシンボルであり、最後の決戦の場として立て籠もる場所
天守閣の前には本丸のなかの本丸というべきか、各方面を支援するための物資が集積するためにか、平らに開けている
実際の天守閣はというと……

武者だまり1階天守閣の鉄砲狭間、矢狭間

内部の階段は傾斜60度を越える急勾配!!! 階段の幅も小さいから、滑るのが怖いほどだ
こんな登りにくい天守に実用性は……と思ってしまうが、天守は本来、非常時に立て籠もるもの。下から登る敵を突き落とすための急角度なのだ。降りるときも、怖かったよ……
外目からは分からない銃狭間、矢狭間も四方に張り巡らされ、最後まで抵抗するという強い意志を感じる天守閣なのであった

本丸からの湖 本丸から見た琵琶湖


彦根城は元の佐和山城よりも琵琶湖に近く、近世的な平城と経済的な実用性も考えられているようだけども、実際に登ってみたところ、かなり実戦を考えられた城郭だとわかった。まだ関ケ原直後に戦国の気風を色濃く残す時代、堅牢な城塞を作る実用性は高かっただろし、天下普請させられた大名も、徳川の本気を感じたことだろう

【プライム配信】『ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪』

今年9月にアマゾンのプライム・ビデオにて始まった『ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪』を遅ればせながら見た
第1話はまず作品世界の紹介ということで、冒頭のナレーションが長い。なにせ、『指輪物語』から数千年前(中つ国第二紀)の時代の設定であり、話さなきゃいけないことが多いのである(苦笑)
トールキンが遺した未発表作品をまとめた『シルマリルの物語』あたりが対象の年代で、第一紀で悪の根源モルゴスが滅ぼされ、勝利者であるエルフ中つ国のヘゲモニーを握り、モルゴスに味方した中つ国南方の人間たちを監視している
しかし、モルゴスに仕えた魔術師サウロンオークの残党を集めて、逆襲を企んでいるという情勢だ


<第1話 過去の影>

ヴァリノール(中つ国の西端)で育ったガラドリエルは、サウロンの追跡のなかで命を落とした兄フィンロドの遺志を継ぎ、極北の地フォルトワイヌまで赴く。その痕跡を見つけるも、上級王ギル・ガラドの命令と部下の反発にあって帰還を余儀なくされる。王はガラドリエルの独断専行を不問にしつつ、エルフの故郷、不老の国バリノールへの帰還を許されるが、サウロンへの恐怖がやまないことから、兄の言葉を胸に、1人海へと飛び込んでしまう
一方、シルヴァン・エルフの戦士アロンディルも同じく帰還命令を出されるが、好意を持つ監視先の村の治療師ブロンウィンと異変を感じてホルデルンの村へ向かうも、すでに村は焼き払われていた。その裏では、ブロンウィンの子テオが倉庫でサウロンの紋章を見つけてしまって……
そして、草木に隠れて暮らす種族ハーフットの娘“ノーリ”(本名エラノール)は、赤い隕石をたどり、落ちた先で謎の男を見つけるのだった


エルフの長命ぶりがすさまじい。『指輪物語』にも登場するガラドリエルエルロンドは数千年前から指導者の地位にいて、特にガラドリエルは序盤に雪トロール相手に段違いの戦闘力を見せるなど、早くも彼女の物語として動いている
日本では『ロードス島戦記』の影響で、人間より小柄で魔法に長けるイメージだが、『指輪物語』の世界では鎧を着て堂々とオークたちと闘う。精神的にも高潔で、各種族のなかで指導的な立場にいるのが当然という、貴族、エスタブリッシュメントという描かれ方
その中で物議をかもしたのが、アロンディル役にアフリカ系プエルトリコ人の俳優が起用されたこと。むしろ管理人に意外だったのは、彼以外のエルフにアフリカ系が使われていなかったことだ(1話まででは、他に見かけない)
人間やハーフットにはアフリカ系の役者が目立つので、なんで彼だけエルフで使われたかがかえって問われてしまう。ガブリエルの配下には1人もいないのだ
それほどポリコレと寝たというわけでもなく、文句を言われないための最低限の配慮がかえって仇になったというか
シルヴァン・エルフはみんな、地黒なんですと決めてしまったほうが分かりやすかったような。そこらへん、どういう事情でそうなったのか、作品内でどうフォローされるかに注目したい


シリーズは見ていきますが、その都度、記事にするかは未定



『スタンド・アローン』 川本三郎

積み読も今のうちに消化せねば



コメディ、映画、メジャーリーグ、音楽、文学と様々なジャンルで、「わが道をいく」23人の異端児の物語

タイトルに「スタンド・アローン」となっているが、ただ“自立”しているというだけではない。自分の世界を作り、自分にしか従わない、そんな孤高の狼たちの物語なのだ
23人のラインナップも知る人知る人物たちで、一般受けするメジャーな人はあまりいない。あえていえば、『ティファニーで朝食を』作家トルーマン・カポーティ映画監督エリア・カザン『ロッキー』の由来(モデルではない)となったプロボクサー、ロッキー・マルシアーノぐらいだろうか
あの時代にこんな男たちが生きていたのか。そんな驚きに満ちた23篇の人物評、エッセイなのである

国籍でいうとアメリカの人が多く、ヨーロッパはだいたい映画人なので、なんだかんだアメリカに絡んでくる
とりあえず、23人の名を書いてしまおう

W・C・フィールズ(チャップリン、キートンと並ぶ三大喜劇人)
ブランチ・リッチー(ブルックリン・ドジャーズの名会長、黒人メジャーリーガーのジャッキー・ロビンソンを採用)
リング・ラードナー(スポーツ記事の地位向上を促したスポーツライター・作家)
B・トレヴン(映画『黄金』の原作小説を書いた謎の作家。その正体は……)
ハリー・クロスビー(1920年代ジャズエイジの詩人。31歳で心中自殺)
ノエル・カワード(同じくジャズエイジのイギリスで活躍し、アカデミー脚本賞ももらった華麗なる作家)
フランク・キャプラ(ロードムービーの元祖『或る夜の出来事』の監督)
ジョージ・ラフト(マフィアとの交際を隠さない名脇役)
マイク・トッド(超大作『八十日間世界一周』を実現した“山師”プロデューサー)
エリア・カザン(マイノリティを題材にしながら、“赤狩り”で仲間を売った名監督)
マルカム・ラウリー(メキシコで名作『火山のもとで』を書き上げた作家)
ピーター・フィンチ(『日曜日は別れの時』で同性愛役を演じた俳優)
ロバート・ミッチェム(アカデミー賞に喧嘩を売り続けた“バッドボーイ“俳優)
ジャック・ケルアック(ヒッピーの聖典『路上』を書き上げた“ピート”作家)
トルーマン・カポーティ(『冷血』でノンフィクション・ノベルを確立した上流作家)
ゴア・ヴィダル(性転換した女優志望者を描いた『マイラ』を描きつつ、自称“貴族”作家)
サム・ペキンパー(『ワイルドパンチ』などで知られる妥協知らずの“ハリウッドのアウトロー”)
ロッキー・マルシアーノ(49戦49勝!イタリア系のヘビー級絶対王者)
ミッキー・マントル(全盛期のヤンキースを支えたオクラハマ出身の朴訥な強打者)
バディー・ホリー(プレスリーと同時代のメガネの元祖ロッカー)
エリック・バードン(黒人のR&Bに学んだアニマルズのボーカル)
ピエロ・パエロ・バゾリーニ(最底辺の血と暴力にこだわったイタリアの映画監督)
R・W・ファスビンダー(バイセクシャルでパートナーたちや自分すら追い込んだドイツの映画監督)


誰もが個性的過ぎて、何か共通点があるわけではない。あえていえば、家庭人としてまともなのが、ほとんどいないぐらいか。でもそれは、海外の有名人なら不思議なことでもない
自分の思うままに破滅へ突き進んで夭折した人もいれば、体制に順応しながら“王様”であり続けた人もいる。一つ言えるのは、とにかく自分を曲げないということだろう
著者のあとがきに小津安二郎の言葉が引用されていて、「自分の生活条件として、なんでもないことは流行に従う、重大なことは道徳に従う、芸術のことは自分に従う」。これを120%実行してしまったのが、彼らではないだろうか
ここに書かれていることは、WIKIPEDIAでも記述されていないことばかり解説の鹿島茂氏どこかのゴシップ誌までかき集めたのでは言っているが(苦笑)、知られざる噂を含めて、逆立ちしても真似できない人間模様が面白い

『ツイン・ピークス クーパーは語る』 スコット・フロスト

ゲ○で痛恨の延滞! 料金で借りたDVDを買い取れそうなぐらいだったので、これからの映画鑑賞は配信中心にしたいと誓った今日このごろ




『ローラの日記』に続き、クーパー捜査官が自身の半生をテープとともに振り返る22年間
テープレコーダーをプレゼントしてもらった13歳(1967年)から、ローラ・パーマー殺人事件の解決に旅立つ1989年2月24日まで、テープに記録されたクーパーのモノローグとして、彼がその時々に体験したこと、学校生活、男女関係、怪奇現象、旅行、FBI、宿敵ウィンダム・アールとの出会いと暗闘が赤裸々に明かされる。著者はメインの脚本家マイク・フロストの実弟で、シーズン2の脚本にも参加したスコット・フロスト
シーズン2ですら明かされなかったFBIの助手、ダイアン・エヴァンスが実在の人物として姿を現すが、クーパーとはあくまで仕事上の関係にとどまり、言及は少ない。その点では肩透かしでも、やはり彼女あてに告白せずにいられない、困った女性を助けたがる騎士道に生きるクーパーをして、依存できる存在というのはたしかで、リミテッドシリーズでの重要な役割を担うのも分からぬでもない
本書は日本での発売が1991年で、劇場版の公開1992年に先立つもの。そのせいか、劇場版でのテレサ・バンクス事件の扱いと異なり、最初に捜査へ出たチェスター・デズモンド捜査官とフィリップ・ジェフリーズの存在は完全に割愛されている
その点が考察に扱う資料(!)としては、『ローラの日記』と同じで微妙なところなのだ
とはいえ、変人の貴公子クーパーがいかに生まれたか。偏執的な好奇心がニューエイジと結びつき、初恋の人がドラッグ中毒の果てに自殺するなど、その過程が興味深い

クーパーの少年時代にも、奇妙な悪夢を見ている
14歳のときに、自分の部屋に知らない男が押しかけてきて、「お前が欲しい」と大声で叫ぶという。彼の母親も同じ夢を見ており、夢見の能力を受け継いでいたのだろう
この時点で、“ボブ“のような悪霊に遭遇していたのである
また、母親が死んだ後に、若い母親が出てくる夢を見ており、彼女に金の指輪を渡される。これがツイン・ピークスで“巨人“に謎掛けとともに取られ、後に返ってきた指輪だ
誘拐事件で犯人を射殺せざる得なかった後には、夢で緑の椅子に座る“脚のない男”と対面し、「おまえは走れない。あいつはすぐ後ろに迫っていて、お前を殺そうとしている」と哄笑する
後のことを考えると、おそらくウィンダム・アールに殺されかかったことを暗示しているのだろう。ツイン・ピークス以外にも「赤い部屋」に相当する異界は存在し、精霊たちがうごめているのだ

ウィンダム・アールとキャロラインを巡る因縁については、詳述されている
後ろ手を縛られた状態で両手を切断、頭に一発撃ち込んだ変死体が発見されたとき、アールは4日の間、姿を消す。キャロラインに対しては、電話で「おれは沈む、沈む」というメッセージを残していた
おそらく、ブラックロッジへの潜入するためのある種の儀式だったと考えられる
キャロラインいわく、これより前のある時点でアールの人柄は変わったらしく、ブラックロッジに触れて“ボブ”のような悪霊に取り憑かれたか、あるいはドッペルゲンガーにすり替わられたのか
本書には上述のとおり、劇場版での重要事項がすっぽり抜けている。逆にいうと、リンチ監督はシーズン2のラスト2話分と劇場版をもって、幻のシーズン3への設定を盛り込んだといえ、リミテッド・イベント・シリーズまでの全貌を捉えるには、それを重視すべきなのだろう


関連記事 『ツイン・ピークス ローラの日記』



カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
SF (27)
RSSリンクの表示
はてな
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
FC2 Blog Ranking
検索フォーム
タグランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。