固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『陰謀の日本中世史』 呉座勇一

『応仁の乱』はそれまでの著作で気さくな文体で書いていたから、学界で微妙な目で見られ真面目に書ききることにしたらしい
それがベストセラーになるのだから、分からない


陰謀の日本中世史 (角川新書)
KADOKAWA / 角川書店 (2018-03-09)
売り上げランキング: 4,088

なぜ日本の歴史は俗説で語られるのか? 学会から無視されている巷の陰謀論に気鋭の歴史学者が切り込む


著者は47万部売れた『応仁の乱』の人で、今回は源平合戦から鎌倉幕府、太平記の時代、本能寺の変から関ケ原にまで至る
本書における陰謀論の定義とは、「特定の個人ないし組織があらかじめ仕組んだ筋書き通りに歴史が進行したという考え方」で、各時代の陰謀論を歴史学の手法で実証的に分析していく
驚くのは通説と信じられている多くが、陰謀論に該当、あるいは事実誤認だったことである!
歴史オタを自認する管理人も、まんまと信じ込んでいた。開き直ると、それだけ一般社会に研究成果が広まっていなかったといえるのだろう
なので本書は、むしろ普通に歴史上の陰謀を啓蒙する通史として読めてしまった

陰謀論の特徴とはなんだろう。本書が太字で強調する部分を記していくと

1.最終的な勝者が全てを予測して状況をコントロールしていたと考える
2.事件によって最大の利益を得た者が真犯人である
3.因果関係が単純すぎる説明
4.結果から逆行して原因を引き出す
5.起点を遡ることで宿命的な対立を演出する


例えば、本能寺の変の場合。秀吉が光秀と組んでいた説だと、信長の敵討ちを秀吉がして天下人への一歩を踏み出したから最大の受益者にあたる。結果から逆行した原因ともいえ、もちろんそれ以上の根拠はない
足利義昭黒幕説だと、元幕臣の光秀が室町幕府の再興に動いたことになるが、義昭を養っている毛利家が秀吉と講和し「大返し」を見過ごしたのがおかしくなる。細川藤孝などの元幕臣が参加しないのも、解せないところだ
朝廷陰謀説だと、信長と正親町天皇の確執が実証されないどころか、信長がスポンサーそのものといえ、本能寺の変直前にも公家たちと交流している
信長が伝統的権威を省みない革命児であるというイメージから、朝廷や将軍との対立が強調され、光秀ごときが単独で信長を討ってしまったことに納得がいかないから、秀吉や家康の陰謀説が生み出されるのだ
こうした陰謀論のメカニズムは日中戦争におけるコミンテルン陰謀論などにもみられる

本書では、実際に行われた「陰謀」も分析されている
関ケ原で石田三成と直江兼続は共謀し、家康を挟み撃ちにしたのか。そして、家康をそれを読んであえて東征したのだろうか
大河ドラマや歴史小説で定番と呼べる通説だが、どちらも実際には考えにくい
「陰謀」の原則として、「秘密裡に遂行しなければならないため、参加者を限定せざるを得ない。挙兵後に石田三成と北信濃の真田昌幸は連絡を取ったが、昌幸からは「なんで挙兵を知らせてくれなかったか」と責められたそうだ
家康側からすると、三成自身の挙兵はともかく、それに毛利家が加わるのは予想外であり、とてもそれをも読んで上杉征伐に動いたとはいえない
参加者を限定しなければならないからこそ、明智光秀は自らの軍勢だけで事を起こすしかなかった
もうひとつ、陰謀のパターンとして加害者(攻撃側)と被害者(防御側)の立場が実際には逆があり、「光秀は秀吉にはめられた」という陰謀論の型にもなりうるが、史実でも謀反をなすりつけての謀殺は多発している
後醍醐天皇の倒幕計画「正中の変」は皇位を争う持明院統が大覚寺統の後醍醐を陥れる陰謀であり、豊臣秀次の失脚はまったくの冤罪で、山内一豊などの補佐役はなぜか加増されていた
こうした複雑な事例も史料を丹念に読めば、おのずと証拠は浮かび上がってくる(新史料で覆る可能性はあるわけだが)。多くの人間を巻き込む政治の「陰謀」に完全犯罪は困難であり、どこかにリスクはつきまとうものなのだ

陰謀論者の識別には、「挙証責任の転嫁」の有無が分かりやすく、根拠となる史料がないことを逆手にとって「そうでないことを証明してみろ」と「悪魔の証明を迫る。勝者が都合よく歴史を改ざんできると言ってしまえば、なんだって言えてしまうわけなのだ
論者の言っていることに、どこか飛躍やすり替えがないか。競馬予想といっしょで、「絶対」「真実」などのきなくさい文句がリトマス試験紙となりそうだ


関連記事 『応仁の乱』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ホムンクルス』 第6巻・第7巻 山本英夫

ホムンクルス 6 (BIG SPIRITS COMICS)
山本 英夫
小学館
売り上げランキング: 282,204

ホムンクルス 7 (BIG SPIRITS COMICS)
山本 英夫
小学館
売り上げランキング: 111,004



第6巻。砂の少女ゆかりとの格闘(?)はまだ終わってなかった。セックスに対する幻想を終わらせ、大人の現実を知らしめるつもりの名越は、逆に過去の女たちのイメージに襲われる
この街(=東京)に生きるには、記号に徹したほうが傷つかないと言いながら、記号で生きることへの不快さに人間は耐えられない。名越はゆかりがリストカットしたかかとを発見したことで打開し、血と匂いからゆかりを「人間化する
そして、自我に目覚めた彼女は、支配しようとする母親へ窓越しに蹴りを放つのだった

実質的にはゆかり編というより、名越の過去編という按排である
案の定、ゆかりから砂のホムンクルスを引き継いだ彼は、長期休暇中だったマンハッタン銀行(外資系か?)に辞表を出しに行く
とはいえ、モノが氾濫する消費文化の只中に生きるべきか、その外縁のホームレスに細々と生きるべきなのか。名越はまだ、どちらとも決められない


第7巻。名越は銀行マン時代に、ビルからあるホームレスを観察していたことがあった
毎日、ベンチで本を読んでいた“富田さんは行方不明になっており、気になった名越は閉め切られたテントのなかへ入り込む。そこで富田が毎日読んでいた本に、家族の写真が挟まれていたことを知った
そこでもう一つの記憶に目覚める。仕事で山形にいった際、タクシーの運転手に金融関係者と職業をあてられる。その運転手は元証券マンで、会社が破綻したことから家族にも嫌われタクシーで身をしのいでいた。その運転手の名も富田……
ビルから見下ろしてたホームレスが、実は同じ金融屋。名越は自分が自分を見下ろしていた感覚に襲われ、富田が毎日見ていた写真に落涙するのだった

木から降りられなくなった猫を救うぐらい、いい人になってしまった名越は、自分を見つめなおすため、街のホムンクルスたちと対峙する決意をする
そんな矢先、二日間、行方をくらましてた伊藤学から電話が。彼は童貞を看破されたショック(笑)からか、ホムンクルスの実験を終わらせようという
納得できない名越は報酬の金を返し、トレパテーションで開けた頭蓋の穴をふさぐように要求する。伊藤も止めるといいながら、自分のホムンクルスには感心が
次回から伊藤編か?


前回 『ホムンクルス』 第4巻・第5巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『関ケ原連判状』 安部龍太郎

隆慶一郎の後継者!?


関ケ原連判状〈上巻〉 (新潮文庫)
安部 龍太郎
新潮社
売り上げランキング: 991,174

関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)
安部 龍太郎
新潮社
売り上げランキング: 960,732


秀吉が死んだ豊臣政権では、五大老筆頭の徳川家康が天下取りの野望を明らかにし、他の大老である前田家、上杉家に圧力をかけていた。芳春院(利家の妻)を江戸へ人質に出した前田家では、反徳川派の不満が収まらず、親徳川の家老・横山大膳は、細川家の隠居・幽斎に助けを求める。皇室の伝統「古今伝授」の継承者である幽斎は、朝廷を軽視する石田三成や東国中心の国造りを目指す家康に対して、ある構想を練っていた

張り巡らされた陰謀に作者の史観が光る名作であった
細川幽斎(藤孝)は、幕臣の三淵家に生まれ和泉・細川家の養子となり、13代将軍足利義輝に仕えて、15代将軍・義昭の上洛を成功させた立役者。義昭が信長と決裂してからは長岡姓を名乗って信長に仕え、秀吉・家康と天下人を渡り歩いて九州の大藩となった近世細川家の祖である
関ケ原の戦いの際に、細川家が東軍についたことから、幽斎は丹後の田辺城に籠城し30倍の大軍に包囲された。しかし古今和歌集の解釈を伝承した『古今伝授ができなくなるのを恐れた朝廷は開城の使者を送り、ついには正式な勅使まで送るにいたった
幽斎は『古今伝授』を時間稼ぎに使ったともいわれるが、この史実に様々な俗説や仮説をつぎこんで、一大エンターテイメントとして膨らませたのが本作なのである
幽斎ともに主役を務めるのが、加賀一向一揆ともに消えた牛首の一族出身の、謎の武芸者・石堂多門『花の慶次』に出てきそうな傾奇者で、大刀「鉈正宗」を振るう
その強敵として立ちはだかるのが、実在の武将・蒲生源兵衛で、その配下には小物臭あふれる青ぶさの伊助や人間くさい悪役・小月春光が脇を固め、味方には女性であることを隠す鷹匠がいて、謎めいた侍女もつきまとう……と、往年の時代劇映画を彷彿とさせられる殺陣とドラマが展開されていくのだ

ここからは、激しくネタバレ気味に
本作の初出は1996年。90年代には本能寺の変について、朝廷陰謀説がまことしやかに語られていた。信長は朝廷を廃して独裁者を目指す、あるいは天皇をすげ替える、都を安土城へ遷すなど、朝廷の禁忌を犯したがゆえに明智光秀に討たれたとする説である
小説ではこの陰謀説を拡大して転がしていく。豊臣秀吉が明智光秀の動きを利用し、天下を争奪したとする。そして、石田三成は日本を一元支配しようとした信長の遺志を継ごうとしたから、朝廷に見放されて西軍は戦う前から転落していく
石田三成がこのような不憫な役回りをするのは、豊臣、徳川に対する朝廷を基礎とした第三極を作るという幽斎の構想を正当化させるための演出だろう。豊臣家が関白家として忠実だと、その大義名分がなくなってしまう
鳥羽伏見の戦いのような例はあるものの、戦いの勝者に権威を与えるのが朝廷の流儀。両陣営の工作は熾烈を極めただろうが、どちらが勝っても文句を言われない日和見戦略が妥当であって、自ら大領土をもって武家を掣肘するという動きは、かえって迷惑だろう
もっとも本作はこうした構想のリアリティを問うものではなく、むしろ陰謀論をエンタメとして楽しもうという風情である。そうした中で、武家が表舞台で争う戦国ですら、朝廷が培ってきた伝統と文化が隠然とした力をもっていたことを示すのが作者の本懐なのだろう
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『セイバーメトリクスの落とし穴』 お股ニキ

「おまた」というと、松嶋菜々子のCMを思い出す


セイバーメトリクスの落とし穴 (光文社新書)
お股ニキ(@omatacom)
光文社
売り上げランキング: 2,563

野球とはなんだ? 野球クラスタにおける“最強の素人”が追究する野球の新常識


新書にありがちだが、タイトルに偽りありである(苦笑)。セイバーメトリクスに対する批判は、球団経営から野球文化を語った終盤にあるだけで、全体としては野球全般について著者の見解が述べられている
そもそも日本の球界やファンにセイバーメトリクスが浸透したとは言い難く、むしろ旧態依然とする「勝利至上主義」のアマチュア野球や、古い経験則に縛られた指導法・采配を問題視する
セイバーメトリクスへの批判は、主に経営陣へ学歴エリートが入り込んだメジャーに向けられたもので、日本の野球に対しては非合理を、メジャーに対しては行き過ぎた合理主義を非難するという、二正面作戦を行うのが本書なのだ
とテーマは散漫だが、ダルビッシュも認める研究家だけあって、日米を問わない野球知識は博識で、技術論にとどまらず監督、経営論と常識にとらわれない提言がなされている

管理人が目から鱗だったのが、ピッチング論全般である
まずストライクゾーンに関するもの。ルール上、ストライクゾーンはベースの上にある長方形の空間であるはずなのだが、実際に審判が手をあげる球を分析すると、楕円形・ひし形に近い。人間の目で高速で回転のかかった球を判定するのは難しく、四隅はボールと判定されてしまうのだ
日本人が挑戦し続けたころは、日本より外に広いと言われるメジャーのストライクゾーンも、審判の正確さを判定する投球トラッキングデータが導入されてからはよりルールに近い形となり、日本より狭くなったという
変化球についてもディープに切り込んでいて、ストレートを「シュート回転しながらホップする変化球と表現する。直球と変化球を反対語と捉えると「はて?」と首をかしげてしまうが、そもそも人間は完全な真上からはボールを投げられない
なので、人が「シュート回転の少ないストレート」を投げるには、手首を立てるなどの工夫をしなくてはならない
右投手のスライダー右打者から遠ざかるように見えるのは、シュート回転するストレートを「真っすぐ」と認識しているからで、実際のスライダーは重力にひかれて放物線に近い軌道を描いていたのだ
ゲームのパワプロなどで表現されていることは、あくまでファンタジーなのである
厄介なのが、変化球の判別そのものがプロでも難しいのと(投げている本人が誤認することも!)、アメリカのツーシームが日本でシンカーと呼ばれ、日本のシンカーがアメリカではチェンジアップにあたるなど、日米で認知のされ方が違うことだ。この辺は、日米共通の「球字苑」を作れないだろうか

バッティング編では、フライボール革命からプロ野球の将来が見える
打撃技術の発達から、大柄な選手でなくても長距離打者が生まれるようになり、打撃の優勢に対して投手はより長身の選手が豪速球とスラッター、スプリットを投げ、一人の投手の投球回数は少なくなる
強打の二番バッターへの対抗策として、一回限定でパワー・ピッチャーを登板させる「オープナー」が登場し、結果的に長打か三振かという大味な野球にメジャーは回帰している
アマチュアの負けられないトーナメント制から生まれた、日本のスモールボール偏重にも問題はあるが、合理主義を追求して個人技の野球に回帰するメジャーのビッグボールも味気ない
作者よりはるかに識見に乏しい管理人の意見としては、遅まきながらスポーツ界も少子化やオリンピックをきっかけに旧弊を改める動きが出ており、周回遅れを利用してメジャーの変革の良しあしを吟味して、いいとこ取りしていけばいいのだと思う
著者が多用する大局観は囲碁や将棋などでよく使われる言葉。野球にも感想戦を話が出ていたので、将棋ファンでもあられるのかな?


関連記事 【BD】『マネーボール』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。