固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


【PS配信】『フランス外人部隊 アルジェリアの戦狼』

ジャケットに偽りあり? そこまで爆発はしないし、戦車の種類も違うとか
今や売れっ子のトム・ハーディが際立ち、主役が必要以上に地味なんだなあ


フランス外人部隊 アルジェリアの戦狼たち [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2015-01-09)
売り上げランキング: 155,121


イギリス人のサイモン・マレー(=ポール・フォックス)は、自国の陸軍を入隊拒否され、フランスの外国人部隊に入隊する。五年契約で北アフリカのアルジェに送り込まれたが、外国人部隊のしごきは過酷であり、脱走兵はときに銃殺された。そんな環境のなか、親しくなったパスカル・デュポン(=トム・ハーディ)ともに正式な新兵となり、アラブ系民族主義者との地獄の内戦を体験する

実業家サイモン・マレーの自伝をもとに、フランスの外国人部隊とアルジェリア戦争を描いたイギリス映画
マレーが入隊した1960年のアルジェリアは、アルジェリア民族解放戦線(FLN)とフランス軍の内戦末期で、外国人部隊(Legion)はその最前線に立たされていた
前半は外国人部隊における過酷な新兵訓練がメイン。旧日本軍もかくやという体罰が横行し、夜の点呼では外に荷物を放り投げられたあげくに、違反者には営倉スペースが足りないのか、地面を掘らせて裸で寝かせ朝までカバーをかけて放置する「墓」という罰まである。外国人同士だけに力づくの上下関係なのだろうか
後半は一人前の兵士となったマレーらが出会う内戦の実態。民族主義者との関係を疑う現地民の家は焼くし、洞窟では子供の管理する武器庫にも遭遇し、射殺することにも。解放戦線側の〝犯罪”を立証するために、相手兵士の首を切り取るなど(さすがに映像にはなっていない)、トラウマになるようなエピソードが頻出する
まるで、ボトムズのレッドショルダーなのだ
映画としては構成がいまひとつで、ラストにいきなり入隊前に真剣交際していたジェニファーが姿を現すなど(実際のサイモン・マレーも、除隊後にジェニファーと結婚している)、原作者自身が制作に関与したからか、締まりのない部分も多い。パラシュート部隊に配属されたはずが普通に歩兵とか(予算の都合か?)改変もあり、映画ならでは演出も多いと考えるべきだろう

フランスのアルジェリア統治は19世紀にはじまり、127年間に及んでいた。そのため、フランスから入植して世代を重ねて定着した「ピエ・ノワール」(フランス語で「黒い足」の意)たちがおり、アルジェリアの独立運動に対しては他の植民地よりも強い抵抗があった
フランスがアルジェに文明をもたらしたという自負から、その支配を自明のものとしていたのだ
しかし、マレーが入隊した1960年は独立戦争の末期であり、軍事的に負けていなくても国防軍は消耗し、中央政府の財政赤字が問題になっていた。そこで軍部の統制を期待して送られた新大統領シャルル・ド・ゴールは、他のアフリカ植民地と同様にアルジェリアの独立を認める宣言を出した
これに対して、ピエ・ノワールたちと軍部の一部は、反乱を起こしてド・ゴールの失脚を狙った(1961年4月、〝将軍達の反乱”)。作中でも外国人部隊が空港を制圧して、しばらく占拠する
クーデターは政権側の素早い対応により失敗したが、首謀者と一部の部隊が秘密軍事組織OASに参加し、アルジェリアの独立を目指したテロ行為を繰り返した(有名な大統領暗殺未遂事件まで!)
公式ではOASが反乱以後、組織されたとされているが、マレーの恋人が商店街の爆発に関わったり、僚友が部隊を離れて肩入れするなど、映画ではそれ以前から存在してたかのように描かれていた
列強の帝国主義の闇を知らされる作品である
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『多重人格探偵サイコ』 第23巻・第24巻

It’s beteer to burn out than to fade away


多重人格探偵サイコ (23) (カドカワコミックス・エース)
田島 昭宇
KADOKAWA/角川書店 (2016-06-02)
売り上げランキング: 42,095

多重人格探偵サイコ (24) (カドカワコミックス・エース)
田島 昭宇
KADOKAWA/角川書店 (2016-06-30)
売り上げランキング: 41,158



第23巻。亡者の群れに対して、西園弖虎は伊園美和と合体! 美虎・モノストーン・パープルとなって突っ切ってしまう
伊園摩知の人格が囚われたタワーの頂上へ、一気に飛び立ち開放するものの、すでに摩知のほとんどは若女に乗っ取られていたのだった
巨大な人面ヤドカリ(?)に変化した若女と最後の死闘が始まるが、圧倒的なパワーに美和が犠牲に……。絶体絶命の危機を救ったのは、あの男だった


第24巻。弖虎の奮闘によって、ついに現実世界で摩知が意識を取り戻す。若女を殺せなかった笹山を慰めつつ、自らの頭に引き金を引くのだった
弖虎が摩知のなかで死滅したことにより、弖虎の肉体では今まで保存されていた雨宮一彦の人格が蘇る。これまでの出来事に呆然とする雨宮を、笹山は「だからこそ、お前は生きなきゃいけないと崩壊するガクソ研究所から連れ出すのだった

最終巻の後半は後日譚である。鬼干潟首相は、放射能汚染のスペアから臓器移植したことで死亡する
笹山は警察を辞め、摩知の遺志を継いでか、犯罪研究所を開く。そこに雨宮一彦が居候し、回りまわって多重人格探偵が復活した
雨宮の肉体は弖虎であり、首都圏をにぎわせた怪事件の重要参考人として追われる身であり、かつガクソの残党にもマークされているようだ
雨宮は何人もの人格と〝同居”してきたが、失われた人格たちも大事な思い出として頭のなかに残る。表現の限界に迫るグロ描写とは対照を為す、しんみりとする締めだった


総括すると、本作は陰謀論のマトリョーシカ人形のようだった
謎めいた猟奇殺人は、精神操作・精神転移の実験であり、その研究母体であるガクソは国家と深いつながりがあり、その日本国とガクソの研究成果をアメリカが接収しようと計画する
そして、そうした動きを利用した有史以来の闇の存在が!
まあ、ラスボスに関しては物語を締めるために投入された感があり、原作者的には15~16巻あたりでやり尽くしていたと思う
人の精神が転移でき、何人もの人格に運命を左右される主人公は、近代人の前提である理性の存在を揺るがす。責任を取れる主体など、そこにあるのだろうか?
と、原作者の近代主義的な言論を相反する作品世界で、常識人である笹山の苦悩にそれが現れているようだった


前巻 『多重人格探偵サイコ』 第21巻・第22巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『日本人は思想したか』 吉本隆明 梅原猛 中沢新一

ひとつのタイトルに収まらない鼎談


日本人は思想したか
日本人は思想したか
posted with amazlet at 18.09.15
吉本 隆明 梅原 猛 中沢 新一
新潮社
売り上げランキング: 486,957


日本人の根底にある思想とはなんなのか。三人の知識人が突き詰めた古代から現代にまで至る鼎談
『共同幻想論』の吉本隆明『神々の流竄』の梅原猛に、当時気鋭の宗教学者だった中沢新一がホスト役を務めた鼎談で、初出は文芸誌「新潮」の平成六年(1994年)。ちょうど、阪神淡路大震災とオウム事件の直前であり、中沢新一は麻原彰晃が著書を座右の銘としていたこと、過去にオウム擁護の言論を繰り返していたことから、強い批判にさらされるのだ
良くも悪くも、そうした波風が立つ前に収録されたので、純粋に日本の精神史が主題となっている
日本の古代に関しては梅原猛の独壇場であり、吉本隆明も仮説を披露しながらも大人しく聞き役に回っている。そこを中沢新一が整理するという流れで、日本に欧米のようにかっちりした近代思想はないものの、茶道や短歌など芸能からにじみ出るものとして紹介していく
文字の記録以前の、古代の精神を遡るには、わずかな物証から想像を広げるしかない。メンバーでお察しのとおり、一般の研究から逸脱する部分も多く、自由奔放に展開される

語られる事柄は多岐に渡るが、管理人が興味を引いたのは、東北、北陸で「あの世」の思想が根強いというところ
東北は坂上田村麻呂の遠征まで中央政権の支配を全くうけなかった土地であり、北陸も辺境であり流刑地にもなっていた。親鸞が越後(新潟県)に配流されたとはいえ、戦国時代に加賀で一向一揆の国ができたのは、死者が「あの世」から往還してくるシャーマニズムと浄土思想に親和性があったと考えられる
北陸の門徒の仏壇には、中央に阿弥陀如来、脇になぜか聖徳太子がある。そこには親鸞が聖徳太子の生まれ変わりである宗教観があるのだ
仏教的に生まれ変わりはありえないのだが、いわば日本に来て変質した部分にこそ、日本人の思想があるわけで、この鼎談ではそうした雑多な部分がむしろ評価されている。これが中沢新一の仏教観なのだろう
また、多神教→一神教に宗教は進化する通説は、戦前の宗教学者W・シュミットを引いて否定されていて、部族社会の素朴な信仰にも一人の神がすべて作ったという一神教は存在していて、多神教は社会が複雑化して一神教が弱体化して生まれたものとしている。が、多神教にも神々の父など、より大きな神の意志が織り込まれていたりして、一神教と多神教は対立概念でもないそうだ

鼎談の最終章では、悪名高い「近代の超克」が冷静に評価されている
近代の超克」とは、太平洋戦争中の昭和17年に文芸誌「文学界」において開かれた座談会であり、日本がその軍事力を根拠に欧米の影響をアジアから排除した(とされた)状況下だった。欧米化=近代化だったものが、日本が近代化できたことで「近代」や「東洋」の定義が問われた
吉本隆明西田幾太郎らの京都学派の系譜に自らを位置しているとして、「現代の超克」(!)をやっているという。戦前の軍事力ではなく、経済力を根拠に世界史に何の役割を担っていくのかを問いたいのだ
デフレに苦しむその後の日本経済を省みると肩透かしかもしれないが、そこを中国に置き換えると現代的な課題となるだろう
「原子力の問題も科学の力で解決する」など今となっては科学信仰が見えるものの、科学技術の発達なくして放射能のカスも処理できないし、地球上の人口を養え切れないのもまたしかり。より「現代」を進むことと、「近代」の弊害を逆方向に抜け出す二正面作戦が吉本の「現代の超克」のようだ
それに対して、京都学派の直系にいる梅原猛「近代の超克」は近代の国家を全肯定しながら、それを超克しようとするのが矛盾だと指摘。近代の発想の原点はシュメール文明の自然破壊に端を発していて(!)、東洋のコメ文化や狩猟採集時代の思想(アボリジニー、アイヌ、ネイティブ・アメリカン)にまで遡ることが未来のヒントになるとしている
梅原猛の短歌や物語の持論、吉本隆明の近代文学論と、ひとつの記事に書ききれない様々な話題が取り上げられ、二十数年経っても色あせない議論だった
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【配信】『ザ・パシフィック』 第5話・第6話

第一海兵師団が唯一、壊滅認定を受けた戦い


<第5話 ペリリュー 前編 Peleliu Landing>

戦債キャンペーンのために帰国したジョン・バジロン軍曹は、女優ヴァージニア・グレイと親しくなり、有名人の階段を上り始める。そのホテルに出征する弟が姿を現すと、「いいところを見せようとするな」と忠告する。そのころ、迫撃砲の訓練を終えたユージーン・スレッジはようやくソロモン諸島のパヴヴに到着。1944年9月に、ロバート・レッキーの第一連隊らとともにペリリューの戦いに臨むのだった

ペリリューの上陸戦はノルマンディーもかくや、という激戦である
日本軍のトーチカの前に海兵隊が死屍累々を築き、上陸艇からの重機関銃も艦砲射撃も目立った効果はない
日本の九五式軽戦車も、歩兵の突撃を支えて活躍する。が、海兵隊の中隊ごとに配備されたシャーマン戦車には一蹴されてしまう。さすがにこれは手合いが違い過ぎたか(苦笑)
新兵であるスレッジは、先輩兵士のスフレにこき使われるが、戦場では一転して頼りになる。その後、そのスレフが日本兵の死体から金歯を抜く光景を見てしまう。あまりに戦場へ適応してしまい、人としての倫理が飛んでしまっているのだ


<第6話 ペリリュー 中編 Peleliu Airfield>

一夜明けて海兵隊は、ペリリューの空港確保に向かうことになった
しかし、日本軍は廃墟のビルから待ち伏せ攻撃を行い、地下に隠れた伏兵が背後から銃撃してくる。レッキーの中隊は激しい砲撃に進路を阻まれ、大隊本部への連絡も途絶してしまう
レッキーは仲間を救うべく、衛生兵と空爆を要請するために無線を探すが、その味方の空襲を受けて負傷し気絶してしまう。レッキーは担架に運ばれて収容され、彼の戦争は終わった。瀕死の僚友が生きていたことだけが救いだ

冒頭では、スレッジの故郷であるアラバマ州モービルに、友人のシドニーが帰郷。スレッジの両親へ、入れ違いになった複雑さを隠し切れずも気丈に元気づける
実際のスレッジは狂気の戦場でぎりぎりの状態だった
戦闘の激しさもさることながら、前線で夜襲を警戒しているときに味方の一人が発狂! やむを得ず上官は頭を殴って黙らせる
一夜明けると、殴った兵士は死んでいた……
物資が豊かなイメージの米軍だが、ペリリュー戦は水を確保するのも大変で、死んだ味方の水筒を取ろうと躊躇する場面も。日本軍が水源に毒を投じたりと、まさに地獄である


前回 【配信】『ザ・パシフィック』 第3話・第4話

ザ・パシフィック コンプリート・ボックス(5枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-11-03)
売り上げランキング: 8,957
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。