固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『アベニールをさがして』 第2巻 富野由悠季

ロボットもの文学


アベニールをさがして〈2〉 (ソノラマ文庫)
富野 由悠季
朝日ソノラマ
売り上げランキング: 287,240


アラフマーンで宇宙へ飛び立った笛吹たちは、スターバスタープロジェクトシャトル“キャロル”に救助された。テンダーギアの襲撃者には、プロジェクトの一部局である“ネフポ”の元隊員たちが参加しており、その異様さを感じたキャロルのスタッフともに策源地とされる月の裏側にあるプロト・フロンティアへ向かう。しかし、彼らを迎え撃つコンラッド・ヘイヤーガン大佐はアラフマーンの同型機を持ち出すのだった

普通のテンダーギアに対するアラフマーンの実力は絶大である
捕虜にしたゲイズ・カレッカとアラフマーンの奪還にきたテンダーギア12機を、一瞬に葬ってしまう。ただし、インティパの作用により、キャロルの各クルーに敵パイロットの感覚が飛び込んできて、それぞれの飛散する意志を感じさせる
ニュータイプは個人の資質で意志疎通ができるものだったのを、アラフマーンのインティパ効果は強制的に現象として体験させてしまう。自意識を強制的に解放してしまうのは、大麻パーティというか、ニューエイジ的なものを連想させてしまうが、各人の個性は残るし意識を統合させようというわけでもないようだ
このアラフマーンと対峙できるのは、やはり同じアラフマーン・タイプのみということで、プロト・フロンティアに迫る笛吹たちに対して、宇宙帝国建設を狙う首魁コンラッド・ヘイヤーガン大佐メッサードという先行機を駆る
アラフマーンとメッサードの関係はどこか、ターンエーとターンエックスを思わせるのは偶然だろうか

アラフマーンが普通のテンダーギアに対して一方的に狙撃してしまうので、戦闘の描写はあっさりである
本巻のだいご味は、捕虜にしたゲイズ・カレッカまでも交えたサロンのような会話ベストン・クーリガが感じたアベニールとは何なのか? スターバスタープロジェクトとインスパイアーエンジンを生み出したという秘密結社ネオ・フリーメーソンの関係とは? コンラッド・ヘイヤーガン大佐の目指すものとは?
まるで『魔の山』などの西洋文学を目指しているかのように、それぞれの立場で変わりゆく情勢のなか、想像を巡らしていく。さらには科学技術の発達、政治の民主化が人間に何をもたらせたのか、と文明論も問いかけられる
前巻の最後ではコンラッド・ヘイヤーガン大佐の思想現状の人類にインスパイア・エンジンの獲得させると、今まで以上に地球で腐敗した社会を作るから、新しい時代に見合った政治組織によって統制せねばならない……に対して、笛吹は「それはサージェイの日本と同じではないか」人間の集団である以上、組織が腐敗することを計算に入れていないと吐露した
ならば、それ以外にどんな選択肢がありうるのか、問われることになる
小型のスペース・コロニー、フロント1にはアベニールを名乗る教主の新興宗教コスモ・クルスがあって、宇宙において地上のコピーのような環境をこしらえていた。宇宙で地上と同じことをするのなら、なぜ地球に住める努力をしないのか、『ガイア・ギア』と同じ視線を感じた


前巻 『アベニールをさがして』 第1巻

関連記事 『ガイア・ギア』 第1巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【映画】『スター・ウォーズ エピソード9 スカイウォーカーの夜明け』

なんだかんだ、楽しめた




自らの師スノークを斬り、ファースト・オーダーの最高指揮官となったカイロ・レン(=アダム・ドライバー)は、死んだはずの皇帝パルパティーン(=イアン・マグダーミド)の声を聞いた。シスのレーダー“ウェイファインダー”をたどった彼は皇帝と会い、強力な艦隊“ファイナル・オーダー”を編成されていることを知る。一方、レイ(=デイジー・リドリー)も皇帝の生存を聞かされ、かつて師のルークが探し求めた“ウェイファインダー”を探して砂漠の惑星に降りるが、そこにはレイを殺すように命じられたカイロ・レンが追ってきた

意外や意外、シリーズの最終作に相応しい作品に仕上がっていた
その勝因は、ヒロインであるレイに焦点が絞られたことだろう。旧作のキャラクターを除くと新シリーズは、デイジー・リドリーの可愛さ、健気さが最大のストロングポイントなのである
本命くさいカイロ・レンと一直線に引っ付かず、元クローン兵のフィン(=ジョン・ボイエガ)宇宙の運び屋ポー・ダメロン(=オスカー・アイザック)がそれぞれ良さげな女性を振り切って参戦してくるから、三角関係どころか三国鼎立状態!
誰と引っ付くか、寸止めで泳がしてくるのだから、これは楽しい。まさか、日本的なラブコメが展開されるとは思わなかったよ
その煽りをくらったのが、前作でフィンの相手役で押されていたローズ(=ケリー・マリー・トラン)であり、世論にはばかったのか、モブに近い端役に降格していたのであった(苦笑)。ローズは可哀そうだが、これにより新作のキャラクターたちに喝が入り、一気に華やいだ
ラスボスがパルパティーンであるなど、旧作のキャラクターに依存しているには違いないが、レイア役のキャリー・フィッシャーの急死をうまく悼む形で乗り切り、要所に爽快なアクションを盛り込んで、うまく締めくくれたのではないだろうか

突っ込みどころはたくさんある
ストームトルーパーがかかし以下の戦闘力と索敵能力で、ヒロインたちが力押しで戦艦を暴れまわれるとか、クライマックスでも「パルパティーンを殺せば、逆に魂が引き継がれて新しいシスになってしまう」というジレンマがあったはずが、力づくで倒して解決したりとか、抜けているところは多い
管理人が気になったのは、ファイナル・オーダーがこれまでにない大艦隊をこしらえていたところである。いかに未開の宙域であったとしても、それだけの資材と兵員を集めているのなら、共和国は察知しえたのではないだろうか
これはファースト・オーダーに対してもいえたことである
最後の戦闘でその疑問はいちおう氷解した。レジスタンスへの増援に対して、プライド将軍は「レジンスタンスに艦隊はないはずでは」と部下に聞くと「あれは人民の船です」という
これは製作陣がアメリカ独立戦争になぞらえたということではないだろうか。新シリーズにおける「帝国」とは、かつてのイギリス、スペインなどの植民地帝国であり、外部に大艦隊を備えても不思議ではない
新共和国はあまり常備軍をもたない素朴な議会政治の合衆国であり、外敵に対してその都度、民兵が組織されるといった世界観と考えると合点はいく
EP1~3がローマ帝国に範をとって共和制から帝政への変質を描き、ネオコンに振り回される現実のアメリカを反映させ、EP4~6が冷戦時代の二項対立を思わせたことに比べると、作品世界に断絶を感じざるを得ない
今の世界に対するメッセージ性という意味では、たしかに物足りないのだろう。『指輪物語』の影響もうかがわせながら、パルパティーンに代表される「“悪”とは何か」の問いかけにも迫ってはいない
ともあれ、娯楽作品としてはシリーズの名に恥じず、少々のいい加減さを勢いで押し流す快作である。どうせなら、映画館で見るべし


前作 【映画】『スターウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『進撃の巨人』 第21巻・第22巻 諫山創

ついに明かされる世界の真実


進撃の巨人(21) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 (2016-12-09)
売り上げランキング: 13,123

進撃の巨人(22) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 (2017-04-07)
売り上げランキング: 15,662


第21巻リヴァイ隊長は獣の巨人を退け、ライナーベルトルトは再生不能にまで痛めつけられた。しかし調査兵団も多くが犠牲になるとともに、団長のエルヴィンにアルミンも死に瀕していた。希望は巨人化する薬を注射し、捕らえた巨人の髄液をすすって再生すること。だが、薬は一人分しかなく、その使用はリヴァイに託された。エルヴィンとアルミンどちらの命が救われるべきなのか!?

ともあれ、ウォール・オブ・マリアまでの地域が解放されて、エレンの実家へとリヴァイ、エレン、ミカサは向かう。その地下には、エレンの父グリシャが遺した手記が残されていて、作品も過去の回想へ突入する
グリシャはもともと、壁の外の住人だった。かつて巨人化する力をもつエルディア人(「ユミルの民」大陸に帝国を築き、栄華を誇っていた。しかし被征服者だったマーレ人がエルディアの内紛を利用して独立し、エルディアの王はバラディ島に逃れて三重の壁を築いて立てこもっていた
グリシャは逃げられなかった「ユミルの民」であり、ユダヤ人のゲットーのような収容区に隔離されていたが、妹を殺されたことから地下組織「エルディア復権派」に加入し、「始祖の巨人」の血を引くといわれる王家の娘ダイナ・フリッツと結婚、ジークという息子をもうける
しかし、マーレ人がエルディア人の子を徴兵し始めたときにジークを差し出し、その仕打ちにジークはグリシャが「エルディア復権派」に属していることを密告してしまうのだった


第22巻。グリシャは反逆罪で妻とともに「楽園送り」が確定する。「楽園」とはエルディア人の王国が残るバラディ島、今のエレンたちがいる地域である
そこで反逆者は巨人化する注射を受けて、知性なき「無垢の巨人」としてさまようこととなる。エレンたちを壁に閉じ込めていた無軌道な巨人たちはこうして生まれたのだ
ちなみに、巨人には9つの血筋があって、知性ある巨人は知性のない巨人を操ることができる。マレー人はそのうち、7つの巨人を手駒にして「巨人大戦」に勝利しエルディアの支配を覆したのだ

グリシャも「無垢の巨人」化されかかるが、復権派を援助していた謎の男“フクロウに助けられる。“フクロウ”はエレンという名の軍人で、マーレ政権に食い込んだ「ユミルの民」だった
巨人の能力を受け継いだ者はそこから13年で寿命が尽きる。終わりのときが近づいている“フクロウ”は、グリシャに食べられることで巨人の能力を託すその異名が「進撃の巨人」!!!
エレンの中には「始祖の巨人」と「進撃の巨人」のふたつの力が宿っていることになる

とまあ、ぐだぐだとネタバレを書いてしまっているのも、明かされた真実がそれだけ複雑だから。グリシャは「始祖の巨人」を奪うことでエルディアの復興を測る派で、「鎧の巨人」ライナー「超大型巨人」ベルトルト、そしてそれを率いる「獣の巨人」はマーレ人によって「始祖の巨人」を奪いに来た部隊ということになる
「獣の巨人」の人間としての名はジークで、エレンに投げつけた言葉から想像すれば、エレンの兄弟ということになる。グリシャやジークが教えられていた歴史とエレンたちがお知られた歴史観は違い、たとえ事実をすり合わせたとしてもも何が正義かは180度違う歴史は人が語るものである以上、立場の違いからは逃れられないそれを超えて殺し合いを止めるのに何が必要かということも、作品のテーマになっていくのだろう
巻末ではハンジ・ゾエを新団長とした調査兵団は、とうとうバレディ島の海岸へ進出して、海に驚き大陸を望む。ということは、作品の舞台も……


前巻 『進撃の巨人』 第19巻・第20巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『アベニールをさがして』 第1巻 富野由悠季

オノレがバルザックからだったなんて


アベニールをさがして〈1〉 (ソノラマ文庫)
富野 由悠季
朝日ソノラマ
売り上げランキング: 496,082


軍国主義に陥った近未来の日本に、謎の人型マシーン「アラフマーン」が舞い降りた。そのパイロット、ベストン・クーリガアベニールのメッセージとして“日本への懸念”を伝えたのち、アウトサイダーのフール・ケアに撃ち殺された。事態の収拾に動いた“サージェイ”の笛吹少年・日向オノレは、その死に際に妖精が羽ばたくの見た。その直後にアフラマーンを追撃してきた部隊の攻撃を受けて……

ミノフスキー粒子があるのにモビルスーツはない! 宇宙世紀とはまた別の未来を描いた富野小説である
宇宙に進出した人類は、太陽系が流星群に襲われることを感知し、地球に落下する隕石を核で粉砕するスターバスタープロジェクトを立ち上げていた。そのプロジェクトに使われる人型マシーンが「テンダーギアであり、兵器としても使用される
日本では旧来の民主主義だと天変地異などの非常事態に対応できないとして、自衛隊が改称した“サージェイ”中心の独裁政権が成立しており、他国から軍国主義の再来として批判されているという作品世界だ
初出の1995年には阪神淡路大震災が起きており、村山政権の対応が批判されていて、そこから日本の近未来を思考実験してみたのだろう
主人公はサージェイの軍人笛吹彗と、テンダーギアを動かせてしまった少年オノレの二人なのだが、第一巻ではオノレが一般的な日本人の視点を提供する役割を担っており、笛吹が主役機アラフマーンを動かすエースパイロットと、綺麗に分担されている
と、視点においては気を利かせているものの、展開がぶっ飛んでいる。驚異的なマシーンが登場するのはロボットアニメのお決まりながら、そのパイロットが自殺同然の死に方をし、そこから主要人物が一気に宇宙にまで上がってしまうとか、疾風怒濤というほかない

アラフマーンガンダム世界で考えても驚異的なマシーンである
単に大気圏突入してくるだけであれば、初代のガンダムでもできる。しかし逆に地球の重力を振り切って、宇宙に上がるモビルスーツなど聞いたことがない。シャトルやロケットに乗るか、ブースターをつけなければ無理だろう
それを可能しているのが、究極の粒子インティパを利用したインスパイアー・エンジン! なんとこれをもって、ほぼ無限の航続距離と驚異的なパワーを有しているのだ
それだけでなく、レーダーを殺すミノフスキー粒子の散布下でも敵を感知し、相手からほぼ見えないパルスレーザーで一方的に射撃できる。それどころか、笛吹が行った宇宙戦闘では相手の攻撃をパイロットが反応できる以前に回避して見せた
まるで自分の意志を持っているかのようで、笛吹は自分がマシンに操られているのではと戦慄する
また、この機体は戦闘で絶対的なだけでなく、ベストン・クーリガの死に際に妖精が見えたように、周囲の人間の精神面にも働きかける。人々に共通体験をもたらすある意味、ニュータイプにしてしまうのだ
それが「アベニール」なのか、なんなのか、オノレたちはああでもない、こうでもないと模索し、世界の問題の原点に近づいていくのである


次巻 『アベニールをさがして』 第2巻


宇宙エネルギーの超革命―地球を救う新発見 (広済堂ブックス)
深野 一幸
廣済堂出版
売り上げランキング: 566,968

巻末に掲げられた参考図書。探してみるか
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
SF (26)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。