固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第42話~第44話

クエント文明が目覚めるとき


<第42話 砂漠>

結社はキリコを追いつめるべく、クエントにAT部隊を送り込んだ。ル・シャッコはホバーでクエント人の集落がある裂け目を目指すが、アランとクロンの独断でAT部隊からの銃撃を受けてしまう。諦めそうになったキリコをル・シャッコが煽り、結社のATを乗っ取って大暴れするのだった

あまり、話は進まない(苦笑)
旅の途中で、ル・シャッコ‟砂漠もぐら”を捕まえようとするが、その姿はもぐらとは程遠い。どちらかといえば、ムカデ、芋虫、ミミズといった形態であり、元ネタは伝説のUMA、モンゴリアン・デス・ワームと思われる
モンゴル語で‟オルゴイホルホイ”と呼ばれるこの幻獣は、目撃から200年経っても正体が明かされず、いろんなフィクションで題材にされているのだ(ロードス島戦記に出てきたなあ)


<第43話 遺産>

キリコはル・シャッコの集落でクエント人たちに出迎えられる。しかし、ル・シャッコに睡眠薬入りの酒を飲まされて、「手を加えられた人間」かどうか女たちによって調べられる。長老によれば、キリコは「手を加えられた人間」であり、クエント人とPSの関係は200年以上生きた老婆に聞くしかないという
一方、アロンとクランはキリーの許しを得て、クエント星に降下。裂け目深くにまで追いかけてくるのだった

200年もの寿命を誇るクエント人の老婆ネジは洞窟でミイラのような容姿ながら生きていた。クエントに伝わる伝承によると、クエント人は神と名乗る者から「手を加えられた人間」になることで、アストラギウス銀河を制しようとたぶらかされるが、それを退けて文明を放棄したという(でいいのだろうか?)
後半ではキリコは女性しか入れないクエント素子が採れる洞窟へ潜入し、超古代の都市を発見する。双子の追撃に追い詰められるも、スタンガンに反応したクエント文明の遺産によって難を逃れるのだった


<第44話 禁断>

双子はキリコを追い詰めるが、スタンガンを放ったことで遺跡から謎の力が発生。800キロ離れたゴモルの街へ飛ばされてしまう。クエントに潜む恐るべきテクノロジーに驚いた二人は、戦艦のキリー・アルベルトに報告し制圧作戦を進言する。過去、バララントの艦隊が消滅して以降、両大国が放置していた惑星クエントを恐れるキリーだったが、接近するロッチナの艦隊に先を越されるのを警戒してゴモルの制圧作戦を許可するのだった

クエント遺跡の防衛システムが、800キロ離れた転移であることにご都合感(苦笑)。なぜに、スタンガンを受けたキリコは飛ばないのか!?
防衛システムを刺激しないようにと言いながら、遺跡の制圧にAT部隊を送り込む双子もアレながら、キリコはその上を行く過激。あえてシステムを作動してゴモルの街中に転移し、そこから結社のATと大立ち回りをして双子へと追いつく。そして、そこの銃撃戦で再び、防衛システムが目覚めて……
シャッコもなんで止めないかなあ(爆)


前回 【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第39話~第41話

装甲騎兵ボトムズ DVDメモリアルボックス
バンダイビジュアル (2005-02-24)
売り上げランキング: 82,731
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ダーク・タワー 第3部 荒地』 上巻  スティーヴン・キング

Waste Landsの訳は荒野のほうが雰囲気が……


ダークタワー III 荒地 上 (角川文庫)
スティーヴン・キング
KADOKAWA (2017-04-25)
売り上げランキング: 36,808


元ヤク中のエディ車椅子の女スザンナを仲間にしたローランドは、ダーク・タワーに向かって果て無き旅を続ける。タワーに向かって伸びる‟ビーム”に沿って森を進むうちに、熊の‟守護者”に遭遇し、死闘の末に三人は打ち倒す。熊は本来、<門>の守護者であり、行く手に現実世界への扉を暗示していた。一方、ローランドがモートを殺したことで交通事故死を免れた少年ジェイクは、別世界からの声に混乱し家出を決意する

第三部はページ数が多く、うまく内容が分かれているので、上下巻ずつ感想を書く
第二部のタイトルが「運命の三人」だったのに二人しか仲間にならなかった(三人目の殺人鬼は死亡した)が、第三部でその三人目が出てくる。それはローランドが黒衣の男を追いかけるのを優先して、犠牲にした少年ジェイク
ジェイクは現実の世界で、ジャック・モートに背中を押されて車にはねられて死亡し、ローランドの世界へ飛ばされた。しかし第二部でローランドがモートに乗り移って電車に轢死させたことにより、ジェイクは現実の世界で生き続けることになったのだ
本巻では、<門>の鍵が頭に浮かんで木で彫り始めるエディと、死ななかった人生に混乱するジェイクが主役となって、現実世界と中間世界が交互に物語を進めていく

ジェイクの世界は1970年代のニューヨークであり、エディは1980年代、スザンナは1960年代の間の時代である
ジェイクの年代では、エディも少年であり兄のヘンリーとともに登場する。ジェイクはエディに誘われる形で、現実世界の<門>へ向かっていく
ジェイクは多忙のテレビマンを父に持ち、神経症気味の母に、友達感覚で接してくれるメイドさんと暮らしていて、中産階級の子弟が通うパイパー・スクールへ就学している。経済的には恵まれていながら、型にはめられた環境が面白くなく、本や外界に自由を感じる思春期の少年の心情を、小説では精緻に描かれている。年代は違うが、作者の経験とあてはまるのだろうか
映画では黒衣の男に追い込まれる形だったが、小説では自らの意志で<門>のある屋敷へ出かけた。これだけ遠大なドラマとなると、映画でかなり省略されてしまうのも止む無しだろう(一時間半では無理だって…)


前巻 『ダーク・タワー 第2部 運命の三人』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第39話~第41話

キリイ「元気なものだ。真実を知らない者の特権ということか」


<第39話 パーフェクト・ソルジャー>

キリコは淡々とATを整備し、イプシロンはヂヂリウムを浴びて最後の決戦に備える。双子の研究者アロンとグランもイプシロンを追って、惑星サンサへと降下した。決戦の場所には、ロッチナとフィアナも立ち合い、両者の激戦を見守る。ぼろぼろになっていく二人を前に、フィアナは止めようと飛び出すが……

イプシロンとの激烈な戦いのなか、ロッチナは「キリコはPS」と断定する。フィアナは内心を言い当てられたと思うと同時に、ヂヂリウムを浴びる必要がないと反論するが、ロッチナは「ヂヂリウムは絶対条件ではない」と言い切る。彼は何を知っているというのだろう
戦いを止めたフィアナも、キリコに「あなたはPSなのよ」と告げる。対イプシロン用に用意したミッションディスクは焼け焦げており、PSの反応速度についていけること自体が異常なのだ
敗北を認めるイプシロンもまた、キリコを「PSでないとしたら、おれのプライドが許さない」。本人の自覚ないまま、周囲に‟PS呼ばわりされてしまうのには苦笑してしまったが、ロッチナはキリコの知らない過去を示唆して、惑星クエントへの旅に誘うのだった


<第40話 仲間>

クメン編の最後から、サンサ編の総集編
謎の戦艦に吸収されるところから始まり、レッドショルダーの過去が明かされ、バララント軍の強襲を受ける。イプシロンの追撃に、ゾフィーの‟鉄くず屋”との遭遇、ゴウトたちとの再会と畳みかけられる
ただ、「仲間」というタイトルのわりに、ゴウトたちには「仲間はそれぞれらしいやり方で俺を迎えてくれた」クール過ぎる(苦笑)
もう一人の仲間、「本当の仲間」とさえいうのがイプシロンであり、俺もお前も同じ殺人マシーンだ。本当にキリコはPSなのだろうか


<第41話 クエント>

砂漠に不時着したキリコは、水分不足と熱射病で倒れる。そこを砂漠商人のゲッコに拾われるが、クエント人は惑星唯一の街ゴモルにすら住まないという。キリコはゲッコの制止を振り切って、ゴモルの傭兵センターへと向かう。一方、イプシロンを失った結社は、高級幹部のアルベルト・キリイが前線に出て、双子の研究者アロンとクランはキリコを捕らえるべく、ゴモルのならず者ハゼガー一家を動かすのだった

傭兵センターの高層には、街に住む唯一のクエント人がいた。クエント人とPSの関係を知らないとしたものの、クエントの社会については教えてくれる。クエント人にはかつて政府らしいものがあったが、今は部族中心の社会へ戻り傭兵団を募るときは、狼煙によって連絡をとり自由意志で集まるという
その後、一度はハゼガー一家に捕まったキリコだが、ゲッコがル・シャッコと連絡をつけたことで間一髪で助かる。街には姿を見せないクエント人だが、その影響力は絶大なのだ


次回 【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第42話~第44話
前回 【配信】『装甲騎兵ボトムズ』 第36話~第38話

装甲騎兵ボトムズ DVDメモリアルボックス
バンダイビジュアル (2005-02-24)
売り上げランキング: 70,108
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ベスト&ブライテスト』 中巻 ディヴィッド・ハルバースタム

介入以前にもう完全に失敗していた件


ベスト&ブライテスト〈中〉ベトナムに沈む星条旗 (Nigensha Simultaneous World Issues)
デイヴィッド ハルバースタム
二玄社
売り上げランキング: 250,303


なぜ、ケネディが集めた俊英たちが、アメリカを泥沼のベトナム戦争に送りこんでしまったかを追う、伝説的レポートの中巻
ケネディ政権のもとで軍事顧問団の派遣が決まり、南ベトナムの首都サイゴンに援助軍司令部が作られる。この援助軍司令部は本国にきわめて楽観的な報告を送り、アメリカ政府に情勢判断を誤らせる
しかしケネディの暗殺直前には、仏教徒のデモに弾圧で返したゴー・ジン・ジェム政権が問題視され、CIAの秘密作戦で使嗾された南ベトナム軍部のクーデターを黙認する決断をした
ダラスの暗殺事件後には、副大統領のリンドン・ジョンソンが大統領職につき、ベトナム政策を継続。次期大統領選に向けて、ベトナム問題がマイナスにならないように、トンキン湾事件から北爆を実行するのだった

タイトルにあるスマートな‟賢者”の代表格、ロバート・マクナマラが前半ではクローズアップされる
彼は第二次大戦中にアメリカ陸軍航空隊に入り、戦略爆撃の解析、立案に従事。太平洋の対日戦では、B-29の大量投入を統計学の視点から立証した
戦後は、GMに押されていた自動車メーカー、フォードの経営陣に迎えられ、赤字と不採算に悩むメジャー企業を徹底的なリストラと工場閉鎖でV字回復させた
しかし、マクナマラは民間企業に要求される人間臭さ、非合理性を嫌って、多大な役員報酬を捨ててケネディ政権に国防長官として入閣する。この統計と‟合理性”への偏愛がマクナマラと‟ベスト&ブライテスト”の特徴
マクナマラは国防長官としては異例なほど、ベトナムに足を運んだが、援助司令部の粉飾した報告を見抜けず、そのもっともらしく作られた数字から、ベトナムへの介入政策が正解であると信じてしまった
上巻でエスタブリッシュメントの長老が、‟賢者”たちを「彼らが少しでも選挙の洗礼を受けておれば、より安心なのに」と評していたことが偲ばれる

ベトナム戦争の引き金はケネディ政権の時代に引かれていたが、新しい大統領リンドン・ジョンソンはそれに拍車をかけた
実際、より強い介入を働きかけたわけではなかったが、次の大統領選で勝利するためには、ベトナム問題に腰を引くわけにはいかなかった
国共内戦を中共政府が制したことで、ときの大統領トルーマンは第二次大戦に勝利したにも関わらず、再戦を阻止されてしまい、国務長官アディソンは敗北者の汚名を負った。政治家としてそんな烙印を押されてしまうのは、避けたかったのだ
CIAの秘密作戦が誘発したトンキン湾事件から、その海上戦力へ報復する空爆を承認し、かつて院内総務を務めた上院議会からは戦争の白紙委任状ともいうべき法案を通させた
本来は人気にとぼしい新大統領は、トンキン湾事件直後には85%もの支持を集めたという。このとき、「宣戦布告なしに戦争の権利を委託してしまった」「アメリカの憲政を破壊する」と警告して反対した議員は二人に過ぎない
一度、戦時に入ってしまうと、軍部は独立した勢力として活動を始めて、あらゆる情報を自分の有利な側に管理してしまい、大統領も議会もその脚を引っ張るように見られることを恐れてしまう。文民統制は戦争が始まる前までしか機能しない、というのが本巻の教訓であり、政治家は安易に軍へ動かしてはならないのだ


前巻 『ベスト&ブライテスト』 上巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。