固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『呪術廻戦』 第4巻 芥見下々




呪術廻戦 4 (ジャンプコミックス)
芥見 下々
集英社 (2019-03-04)
売り上げランキング: 5,515



順平との決着編。結界を張られた学校に突入した虎杖悠仁は、学園内で順平と対面する。順平を説得しようとする虎杖だったが、その寸前に特級呪霊・真人によって呪霊へと変えられてしまう
怒りに震える虎杖は、自身に宿る両面宿儺が協力することで真人と互角以上の勝負を繰り広げる。二級呪術師・七海建人の身を挺した行為で撃退したものの、痛み分けという結末は、キャラ立ちした悪役を殺したくない打算を感じてしまった
完全決着を想像させるほど、苛烈な戦闘描写があっただけに

後半は、京都の姉妹校との交流会。管理人も京都へ行くもんだと思っていたが(苦笑)、「東京」で東京チームと京都チームに分かれての呪霊狩り対抗戦が始まる
その裏には京都校の校長による虎杖抹殺指令が下っており、それを無視して京都の東堂は突進してきた。はたして、交流会の行方は…といったところ
ちなみに交流会の会場が東京になったのは、ゼロ巻に登場した乙骨優太の活躍によるもの。何気なく前日譚がつながるのがうれしい


前巻 『呪術廻戦』 第3巻

関連記事 『呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校』 第0巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『考えるヒット』 近田春夫

TWO-MIXにも高い評価


考えるヒット (文春文庫)
近田 春夫
文藝春秋
売り上げランキング: 784,337


あのJポップは、なぜ妙なのか。他称“歌謡曲評論界の小林秀雄”によるヒット曲解体エッセイ
本書は週刊文春で長期連載されている名物コラムで、タイトルはもちろん小林秀雄「考えるヒント」のもじり
著者は1970年代に内田裕也や谷啓らのバンドメンバーとして参加し、1977年にはオールナイトニッポンのパーソナリティを務めるというキャリアの持ち主で、『気分は歌謡曲』というエッセイで脚光を浴びるなど、多才な人である
その文章はとにかくフリーダムで面白い! こういう風にブログの記事を書けたら、どれだけ楽しいだろうか
今井美樹の『PRIDE』「布袋寅泰とのSMにしか思えない」ときわどく下世話な解釈をしたと思えば、小沢健二を技術的に歌が下手なのではない(下手うまでもない)と分析してみせる
本書には1997年1月から12月までの回が収められていて、巻末には今は亡きナンシー関との対談も。懐かしす

1997年というと、まだCDが売れまくる時代。コラムをにぎわすのは、当時絶頂期だった小室哲哉とそのファミリーである
著者の分析によると、小室哲哉は「電脳ヤンキー。自分の完成された世界を作る芸術家というより、その音楽活動で人を動員し人気と金を手にしたい野心家だとする。「売れなくても自分の地位が侵されない」の坂本龍一とは、対照的な存在だ
安室奈美恵を除く、ほとんどのファミリーは小室を離れると曲の売り上げはがた落ちするように、小室が作った曲は歌手の作品ではなく、小室の作品としてしか認知されない。たとえ、歌手を入れ替えたとしても、そのまま成立する曲が多い
特筆すべきはその多作ぶりであり、まるで週刊連載の漫画のように飽きられる前に次の作品を提供する。一曲外しても、数作前の曲の余韻が残っているので、なんとなく通用してしまう
もちろん、多作なのでCDの売れ行きも爆発的なものとなった
しかし巻末の島森路子との対談では、絶頂でも「小室が幸せに見えない」と指摘も。お金というデジタルなものを追いかける、「現代版成り上がり」の後ろ姿は、どこかIT業界の実業家が漂わせる焦燥を感じさせる

他に評価されるミュージシャンは、ディスコミュージックの原点回帰した電気グルーヴ(『Shangri-la』)、ビートルズを独自にねじまげる奥田民生、現代的なコンビニの青春があるB'z、あたりだろうか。たまにドラッグネタが挟まるから、タイムリーにヤバい(苦笑)
GSの時代から音楽に関わり、内田裕也の影響を受けた著者は、最初は洋楽を取り入れて新しい音楽を志した者が、凡庸な歌謡曲に堕ちていくのが許せない。あくまで現代と勝負してほしいのだ
ニューミュージック出の人間がアイドルにベタな曲を作ったときはけちょんけちょんだ(広末のデビュー曲とか)。しかし、歌謡曲を否定するわけでもなく、ジャニーズアイドルの楽曲(Kinki Kidsとか特に)が高評価だったりする
アイドルグループがやけに歌謡曲ぽい歌を歌うのは、少し上の世代までをターゲットしているからなのだ。これは今でも、定跡として通用している
ポップの世界は人が入れ替わっても、同じことが繰り返されている。懐かしいだけでなく、今の音楽への見る目も変わるエッセイである


定本 気分は歌謡曲
定本 気分は歌謡曲
posted with amazlet at 19.04.14
近田 春夫
文藝春秋
売り上げランキング: 745,647
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『完本 1976年のアントニオ猪木』 柳澤健

伝説の実像


完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫)
柳澤 健
文藝春秋
売り上げランキング: 77,353


1976年、なぜ猪木はアリにリアルファイトを仕掛けたのか。日本プロレスの発祥から、四つの異種格闘技戦、そして総合格闘技時代までを展望する格闘通史
タイトルこそ、1976年と銘打ってあるが、実質プロレス史なのであった
ボクシングなどの打撃系はリアルファイトのみ(八百長を除く)で興行を続けられたが、レスリングはそうはいかない。攻防が素人には地味過ぎて客が決着を分かりづらく、1920年代にはすでにフェイク(ケツ決め)が主流となっていた
力道山に始まる日本のプロレスもそれが前提で発展していき、その弟子であるジャイアント馬場アントニオ猪木も当然それを引き継いでいた
しかし、アントニオ猪木はアリ戦において、なぜかガチンコ勝負を挑んだ。それが本書のテーマである

当時の新日本プロレスは、馬場率いる全日本プロレスとの長い冷戦が続いていた
自分にとって猪木が危険な存在となると考えた馬場は、アメリカのプロモーター連合NWAと結びつき、新日本プロレスに一流の外国人レスラーが流れるのを止めた
猪木はそれに対抗して、二流の無名レスラーだったタイガー・ジェット・シンを凶悪なヒールレスラーに仕立て上げ、国際プロレスのストロング小林を抱き込んで当時としては禁断の日本人エース同士の対戦を実現する
それでも馬場の牙城は崩せない。それを打破すべく飛びついたのが、モハメド・アリへの挑戦だった
フェイクとされるプロレスに比べ、ボクシングのヘビー級チャンピオンの地位は果てしなく高い。なぜアリがその挑戦を受けたかというと、ずばりアリ本人がプロレスが好きだったから(爆)
力道山に大流血させた「吸血鬼」フレッド・プラッシーとの交流から、ボクシング界に対戦相手を煽るプロモーションを持ち込み、ボクシング人気を飛躍的に高めたのだ
実際にアリはレスラー相手のプロレスを経験しており、猪木との対戦もフェイクの予定だった。しかし、猪木は途中でリアルファイトを要求。急遽、特別ルールが決められ、あの立ったままのアリに、スライディングする猪木という試合が生まれてしまう

異種格闘技戦はアリの前の、柔道金メダリストのルスカ戦があり、それはプロレス的な試合に終始していた。それをリアルファイトに変えた理由は、格闘界のキングオブキングスと呼ばれるボクシングに対して、「何でもありならレスリングが強いんだぞ」というレスラー側の鬱積したジェラシー。そして、どこか予定調和を嫌いそれを認めさせてしまう猪木のキャラクターだった
もっとも、レスリングの師カール・ゴッチから、タックルを教わらなかった猪木は、アリをテイクダウンできず試合を膠着させてしまった。いわゆる塩試合の原因について、総合格闘技のない時代の技術不足と指摘されている
完全版である本書では、朴正煕政権を結びついた、大木金太郎こと金一に代表される韓国プロレスの興亡とアリ戦に続くセメントとなったパクソンナン戦、猪木最後のリアルファイトであるパキスタンのアクラム・ペールワン戦の真実にも触れられており、プロレスファンなら必読の一書といえよう

猪木とアリの戦いは何を残したのだろうか。「プロレスは最強の格闘技である」という神話を残し、後輩たちは格闘技ぽいプロレス、UWFなどの諸団体を立ち上げた(それには猪木本人も絡んでいる)
しかし、興行面においてリアルファイトでは試合数が限られてしまい、ルールや技術が整備されていない時代においては怪我で選手を失いかねない。純粋な格闘技では運営できず、プロレス足らざるを得ない
著者は文庫版のあとがきにおいてUWFインターと新日本プロレスの対抗戦を、格闘技を装った異種格闘技的プロレスと生まれ変わった純粋なショープロレスの対決と評し、プロレスと格闘技が混在した時代の終わりとする
ちょうど、アメリカではUFCが立ち上がり、グレイシー柔術が旋風を巻き起こしていた。そのグレイシーを倒した桜庭和志は、その神話を復活させたかのように思われたが、それは卓越したレスリング技術で総合格闘技に適応したということに過ぎない
格闘界における猪木の功罪は、プラスとマイナスが大きすぎて測りかねる。莫大な借金を残したアリ戦についても、WWEのビンズ・マクマホンの目に止まり、新日本に外国人レスラーの調達ルートをもたらした側面がある
ファンに多くの幻想をもたらし、異種格闘技戦から総合格闘技への端緒を作り出した点で、著者も世界最高のレスラーと結んでいる
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『炎の戦士クーフリン / 黄金の騎士フィン・マックール』 ローズマリー・サトクリフ

アマゾンの設定価格が高い件(ブログ投稿時)。書店購入なら、千円以下で




イギリスの作家ローズマリー・サトクリフによる、ケルト神話の物語である
本巻の題材となるのは、代表的な英雄であるクーフリンフィン・マックール。初出がそれぞれ1963年1967年で、いちおう児童向けの文学作品に分類されているが、実際の内容は普通の小説にそん色ない
ブンガク的に英雄たちの内面を描かず、あっさり風味なぐらいで、両英雄の伝承をそれぞれを栄枯盛衰の物語として再編している。読後感は吉川英治の講談小説に近いだろうか
舞台となるのは、まだエリンの古名で呼ばれる時代のアイルランド。ローマ帝国の支配が及ばなかった地域であり、小説ながら土着のケルト人たちの王国が統治してグレートブリテンやバイキングの勢力としのぎを削り、ときには名誉をかけて氏族間の抗争が行われた歴史を感じられる


<炎の戦士クーフリン>

クーフリン太陽神ルグとアルスター(北アイルランド)の王女デヒテラの間に生まれ、その名は氏族(clan)の猛犬に由来する
神族の血を引くことから、その容姿や能力は尋常ではない。ひとたび戦場に立つと筋肉が盛り上がって、顔は怪物のような異相になり、頭のてっぺんから怒髪冠を衝くどころか、体をたぎる黒い血が額から立ちのぼり霧となる(!)。そのモードに入ったクーフリンからは、赤いオーラ(英雄光)が噴き出して遠くからでもわかるほどなのだ。もはやラ王である

しかし、その性格は鼻っ柱の強く誇り高い、素朴で好色という、人間味のある戦士である。乳兄弟の「勝利のコナル」「栄光のライリー」ら赤枝騎士団とともに冒険や合戦を繰り広げていく
物語で特徴的なのは、マッチョな英雄譚なのに女性の存在が目立つところ。クーフリンの槍の師匠は「影の国」を治める女戦士スキサハであり、その宿敵であるアイフェとは恋仲になって、悲劇の子コンラをもうける
アルスター氏族のライバル、コナハトの女王メイヴは、武力ではアルスターにかなわないものの、その魔術によってクーフリンを何度も苦しめ、悲劇的な結末をもたらすのだ
クーフリンの時代には、ダナン神族や妖精が身近に存在し、魔術を振るうドルイドが王族と同等の地位についている


<黄金の騎士フィン・マックール>

フィン・マックール父クール・マックトレンモーフィアンナ騎士団長という、有力者の息子。しかし、クールは隻眼の戦士ゴル・マックモーナに殺されてしまい、フィンは隠れて育てられる
成長したフィンは毎年王宮を焼く「炎の息のアイレン」を倒すことでフィアンナ騎士団の団長の座を取り戻す。ここから彼の物語が始まる
面白いのは、父親の敵討ちに走らず、ゴル・マックモーナをそのまま頼れる部下として従えてしまうところ。武功と度量、自らの氏族の力で団長の地位を不動のものにしたのだ
このフィアンナ騎士団とは、エリンを外敵から守る氏族を越えて編成された防衛部隊であり、氏族の王国からの指示を受けず、その上に君臨するエリンの上王にのみ忠誠を誓う組織である
フィンの時代では、クーフリンの時代にはなかったある種の封建制が定着している

フィンの相手となるのは、巨人を別にすれば、たいがい普通の人間である。それはその出自がクーフリンと違い、神族に由来しないからだろう
それと対照的に魔法絡みの相手を務めるのが、ダナン族の血を引くディアミッド・オダイナ。どんな女性も惚れる超絶イケメンの彼は、窮地に陥ったフィンを何度を救い出す
しかし、ディアミッドがフィンの再婚相手グラーニアと駆け落ちしたことで決別。一度は和解したものの、彼はフィンの怨念が晴れないことから非業の死を遂げてしまう
解説では、ディアミッドとグラーニアの物語を「トリスタンとイゾルデ」の原型とされていて、管理人はこのカップルとフィンとの三角関係を、アーサー王とグィネヴィア、ランスロットを連想した
ちなみにフィンの物語には、ブリテンの王子アーサーが登場。フィンの騎士団に潜入しており、詭計を使っての侵略をもくろむが阻止されている。アイルランドからすれば、アーサーもヒールなのだろう
晩年のフィンは親の仇を許したころとは違い、自らの地位と実績にしがみつく老人と化しており、代替わりした上王との間で氏族を分けた内戦を引き起こしてしまう。その栄光からの転落は、まさに諸行無常を感じさせる


あくまで神話は神話、それを作家によってアレンジされた物語であるのだが、節々の情景は日本の講談と比較したくなった
ケルトの戦士たちは討ち取った相手の首を戦功として持ち帰ったり、自らの陣地に飾って相手を威嚇したりする。『Fallout』のレイダーを思わせる血なまぐささであるが(苦笑)、平安時代の荒武者を連想してしまった
キリスト教以前の妖精が身近な世界は、同じ島国の日本人になじむのだ
ローズマリー・サトクリフの作品は何冊か翻訳されているので、手の届く範囲で読んでいくつもり


第九軍団のワシ (岩波少年文庫 579)
ローズマリ サトクリフ
岩波書店
売り上げランキング: 76,251

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。