固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『超巨人 明の太祖 朱元璋』 呉がん

著者の結末と本書の中身がリンクしてしまう


超巨人 明の太祖・朱元璋―運命をも変えた万能の指導者
呉 〓 堺屋 太一
講談社
売り上げランキング: 593,779

14世紀中ごろ、紅巾の乱に身を投じて征服王朝である元を倒した明の始祖・朱元璋。漢の高祖と並ぶ卑賎の身から頂点を極めた彼はいかにして、大王朝を築いたのか、本場の歴史家による史伝

日本では鎌倉から室町と太平記の時代。日本人には感心の薄い時代のせいか、元末の混乱から明王朝の創始を扱った書物は非常に少ない
その数少ない朱元璋(洪武帝)の史伝が本書。著者は北京副市長を務めた歴史家の呉がん(日編に「含」)で、監修は長らく日本のオピニオンリーダーだった堺屋太一で、初出は1986年と古いが、他に代えがたい内容である
注意しなければならないのが、中国共産党政権下で書かれた史書だということ。地主対農民の階級闘争史観が持ち込まれていて、叩き台になった論文には毛沢東の指導が入ったりとか、政治指導者の伝記が世に出るために様々な修正が入れられたようだ
(その呉がん本人は文化大革命で上司に連座するように、家族ともども獄に下され非業の死を遂げている……)
そうした事情を配慮してか、堺屋太一は日本人向けの解説をつけている。一代で元末の大乱を平定し、一兵卒から小隊長、軍司令官、君主とどの段階でも有能だとして、日本でいえば信長・秀吉・家康の戦国三傑を合わせたような「超巨人」と称えている
歴史と伝統、それに基づく政治力学が異なるので一概に比較ではできないが、中国史上に残る偉人なのである

元末の紅巾の乱は、弥勒信仰の影響を受けた白蓮教が基盤となっており、指導者は王朝の命運が尽きたときに現れる明王を名乗って、困窮した農民を率いた
それに抵抗したのは元王朝の軍ではなく、むしろそれと結びついた豪族(大地主)たち旧南宋の民は民族階級の「南人」として差別的な扱いを受けていたが、豪族たちは地方統治のために権勢を保っていたので、既得権を守るために私兵を養い紅巾兵に激しく抵抗した
朱元璋は紅巾側に加わったものの、都市を略奪し続けるやり口に疑問を覚え、徐々に儒者(地方の知識人)を登用し始めて、豪族たちと妥協する戦略をとった
その一方で中国南部を平定するまでは、大義名分を確保するため「明王」を称する韓林児を保護する(後に粛清した疑惑あり)など、優れたバランス感覚で群雄割拠を乗り切った
日本人として興味を引くのは、そうした築いた王朝の秩序に江戸時代への既視感を感じるところだ。農民に対して「分を知る」徳目を解き、五人組のような相互監視の制度を整え、全国を統治するための政治哲学を用意する
堺屋太一が指摘するように、江戸初期の儒学者たちは明王朝の政治体制を深く研究したのではないだろうか。日本が近世に導入していくことを、中国では14世紀で始めていた。中国はアジアの、というか世界の先端にいたのである。このあたりまでは

政治家としての朱元璋は、荒れた耕地を復興させ、綿花の栽培を奨励させるなど優れた農政家の側面を見せたが、商業を規制して各地の自給自足を目指し、許可なく旅行を禁じて「閉じた帝国」を志向した。朱元璋の時代、銅銭は鋳造しても、民間の流通を許さなかったというから肝いりである
もっとも、そこまでして飢饉にならなかったそうだから、モンゴルの支配と戦乱でそれだけ経済が荒廃していたともいえる
負の側面としては、何度と繰り返されてきた大粛清だろう。それぞれが一族連座で数万単位に及んだから、朱元璋というとこれがイメージという人も多いだろう
解説によると、中国伝統の「一君万民」の政治思想が背景にあり、皇帝と民の間に立ちはだかる中間集団を排除することが、汚職を排除し民を救うことになる信念があったようだ。即位以前の群雄時代はともかくも、即位後に本物の謀反はほぼ存在せず、微罪あるいは冤罪だった
さらに凄まじくて笑えるのは、文字の獄。「禿」の文字が朱元璋の僧侶時代を揶揄していると、使えなくするとか、常軌を逸している
さて、こうした構図、どこか毛沢東の文化大革命にあてはまらないだろうか
著者が文革の嵐のなかに散ったのも、どこかで虎の尾を踏んでしまったのだろうか。ともあれ、歴史は違う形で繰り返されるのである


明の太祖 朱元璋 (中国歴史人物選)
檀上 寛
白帝社
売り上げランキング: 629,190
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【配信】『伝説巨神イデオン』 第1話・第2話

次は往年の富野作品観るぞ、と言っておきながら丸一年以上経ってしまった
何を観ていくかというと、この通り『伝説巨神イデオン』である。いちおう、一通り視聴済みはずなのだが、見返すと案外イメージが違う
劇場版の印象が強くて、あの結末から逆算してそういう作品なんだと固定観念を持ってしまうのだ。実際にはいろいろあって、あの結末へ至ってしまうのである
余りにも知られている作品なので、下手な概要など不要だろうけど、時系列的には『機動戦士ガンダム』続く代表作であり、コメディ調の『戦闘メカ ザブングル』を挟んで『聖戦士ダンバイン』以降の「黒富野時代」の始まりといえる
(製作期間的には、『イデオン』テレビシリーズの裏で、『ガンダム』劇場版三部作が動いていたで合ってるのかな?)


<第1話 復活のイデオン>

惑星ソロには人類の移民が始まっており、その裏では超古代文明(第6文明)の調査、発掘が行われていた。兵器らしきものが発掘されたと聞いた軍人ベスは、戦車で現場を訪れて、巨大な車両らしいものを見かける。そこには言語学者シェリル調査団長のユウキ・ロウルとその息子コスモがいて、軍の接収に反発する
一方、人類と別星系の文明人バッフ・クランも宇宙船を展開し、軍司令ドバの娘カララがソロへ偵察を強行するのであった

記念すべき第1話なのに、いきなりOP。そして、特に世界観を語るナレーションも入らずに、戦車を走らせるベスの場面から始まる
額面的な主人公はアフロのユウキ・コスモだが、マシンが絡まないところではベスがクローズアップされる。カララを捜索するために地球軍とバッフ・クランの遭遇戦が始まった際には、二足歩行ロボ「カダック」に対して歩兵用のライトサーベル(?)でその脚を切断、撃破してしまう
それに対してカララからは「あれが男か」と感心させる伊達男ぶりである

イデオンは三台のタフな車両として戦場から逃げるのだが、爆撃を受けている間にゲージが溜まり、勝手に巨大人型ロボットへ合体!
素早い戦闘機に対して、井上尚弥ばりの右ストレートで粉砕するのであった
操作したというよりは、操縦者の意志に呼応したかのようで、人間から自立した不気味な存在感を見せる
カララはその在り様に、「伝説の巨人であるはずがない」と恐れて見せた


<第2話 ニューロピア炎上>

戦闘が終わるとイデは、勝手に分離してしまった。戦力として働いてしまった以上、シェリルもイデが軍に接収されるのを容認せざる得ない
車両となったイデから降りたベスは、森でカララと遭遇。半ば、冗談気味にデートの約束をする
一方、バッフクラン調査隊のギジェ副官のダミドと相談し、カララの捜索と地球軍への報復を決める
惑星ソロ唯一の都市ニューロピアには空襲警報がなり、住民たちは森へ避難することになり、再びイデは巨人となる

イデが分離する前、コスモの弟分デクが外への扉を開けて、その高さに驚く場面がある。下には鳥が飛んでいて、高層ビルの屋上からのぞいたような光景で、100m越えのでかさが強調されていた
また、警報が鳴る前、赤ん坊パイパー・ルウとその母、パンダ・ロッタたちが畑で昼食をとる場面が非常に牧歌的で、少ない尺でそこに住む人の生活を感じさせる
いきなり戦争状態へ突入してしまう展開ながら、こういう細かい演出が目を引いた
そして早くも、イデに避難してきたルウの泣き声が、イデオンゲージとリンクし始める。彼が落ち着くとイデオンも戦闘態勢を解き始めるのだ。コスモたちはまだ気づかないが……


さて、エンディングである。戸田恵子の『コスモスに君と』ともに、登場人物が静かに佇んで流れていくところは、どこか『発動編』のラストと重ねてみてしまう。目の錯覚かもしれないが、キャラクターの輪郭が薄く半透明気味に見えるのだ
開始の時点でその結末は想定されていたのだろうか?
その一方で、アイキャッチの「イッデオ~ン」が妙に浮いていて、作品を少しでも陽気なSFにしようという意図を感じた。「明るいイデオン」という、どこかで聞いたキャッチコピーを思い出させる

2019年秋にはいよいよ『Gのレコンギスタ』の劇場版が始まり、2020年には『閃光のハサウェイ』の劇場版がある
監督的には「まだ宇宙世紀で稼ぐつもりか」という嘆きはあるかもしれないが、令和元年は富野作品が再評価される元年には違いないので、当ブログもマイペースながら注視していきたいと思います



↑BDプレイヤーの規格によっては観れないらしいので注意
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「下鴨納涼古本まつり」へと行ってきた

下賀茂神社の古本まつりへ行ってきた。毎年、行きたいと思っていて行けてなかったのだ

下賀茂神社下賀茂神社 古本まつり

古本まつりの会場は、“糺の森”がそのまま使われている
若手古本屋(?)が集まった京都古書研究会が主催していて、研究会は春と秋にも古本まつりをやっているそうだ

古本まつりの様子

行列ができるって感じではないが、それなりに人が集まっていた。灼熱の熱さでこれだから、本来はもっとにぎわっているのだろう
書店によって、古い単行本・専門書を前面に出しているところもあれば、懐かしい漫画や文庫本を並べているところもあり、多種多様。古い雑誌やペーパーブック、CD、レコードまで置いてあるから、それ目当てで顔を出すのもありか
お値段的に突き詰めると、とうぜんながらチェーン店に軍配が上がる。〇ッくオフなら100円ものやろ、という品が400円ぐらいで置かれていたりする
利用するなら、気になっている作家のなかなか手に入らない本とか、こういうのが欲しいと想定しておくべきだ
絶版かどうか怪しいのに、定価以上の値段がつけられたりして、けっこう油断がならない。まあ、これを見抜いて目当ての本を格安で買うのが醍醐味というものなのだろう

で、購入した本はというと

購入した古本

・アーサー王シリーズ 全三巻 ローズマリー・サトクリフ
・『メディチ家の興亡』 中田譲治
・『タントラ 東洋の知恵』 アジット・ムケルジー
・『東洋旅行記』 オドリコ
・『中央アジア・蒙古旅行記』 カルビニ、ルブルク
・『初心者のための「文学」』 大塚英志
・『コーパスへの道』 デニス・ルヘイン
・『大東亜戦争こうすれば勝てた』 小室直樹 日下公人
・『批評とポストモダン』 柄谷行人
・『マヤ・インカ神話伝説集』 松村武雄(編)
・『世界の書物』 紀田順一郎
・『日蝕』 平野啓一郎


単行本は管理人的に当たり。ローズマリー・サトクリフの三部作を手に入れたのは大きい
二つの旅行記はモンゴル帝国に布教へ赴いた宣教師たちのもの。ルブルクはルイ9世の使者であり、カルビニは教皇使節として、オドリコはそれより後の時代にフランシスコ修道会士として布教に赴いた。岩波文庫にありそうだが、まあロマンである
文庫本は半ば衝動的。積み読している人間としては、紀田順一郎は押さえておきたい存在だ(あんまり読んでないけど)


秋の古本まつり(京都古書研究会)は、10月31日~11月4日の知恩院であるとか。ただでさえ、積み読が多いので、行ってしまっても冷やかしどまりになりそう(汗
ちらしをもらって驚くのは、こうした古本市の多さ9月27日~29日には「京都まちなか古本市」があるし、大阪だと8月31日からツイン21(京阪・JR京橋駅)10月4日から四天王寺に、10月11日から北野天満宮、で行われる
濃い古書のワールドが広がっているのである
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ホムンクルス』 第11巻・第12巻

終わりそうで終わらない


ホムンクルス 11 (ビッグコミックス)
山本 英夫
小学館
売り上げランキング: 265,387

ホムンクルス 12 (ビッグコミックス)
山本 英夫
小学館
売り上げランキング: 248,467



第11巻。伊藤学のホムンクルスを矯正した名越進だったが、自身の問題はなんら解決しない。他人のホムンクルスを見ながらさすらうも、ホームレス仲間のケンさんに咎められた
下を向いて自分のなかに閉じこもっていると、自分がどこにいるか分からなくなる。そして、自分が存在していることにも不安になって、かといって鏡を見る勇気もないから、せめて足元と地面が繋がっているのを確認して歩くことしかできなくなる……

気を取り直した名越はたった一枚、残していた昔の自分の写真を思い出す。自動車のエンジンルームに隠した写真から、ついに自らの隠していた過去と向き合う
なぜ、顔を整形して過去を捨てたのか。それは足元を見つめる以外に何もなかったから
しかし顔を整形して金も女も手に入ったが、今度は彼女たちが自分か金かどちらを見ているのかが分からなくなった。結局、何か生きている実感を得られるわけではなく、中途半端なホームレス生活に向かっていったのだ
同じく自分を取り戻した伊藤と冬の公園を歩く場面はシリーズのラストに相応しいものながら、物語はまだ続いてしまう。ある日、ホムンクルスが見えなくなって混乱した名越は、伊藤の手術室からトレパテーションのキットを持ち出して……


第12巻。名越にとって気になるのは、かつてただ一人、自分を肯定してくれた女。それはホムンクルスが見える女だというのだが、それを思い出すためにも再びホムンクルスを見る能力を取り戻すしかない!
というわけで、自ら公園のトイレでトレパテーションの手術を行ってしまう。伊藤の開けた3㎜を超える7㎜の穴をあけたことで、ホムンクルスを見る能力は取り戻された

手術後の貧血気味の名越に、かつて付き合っていた女たちが声をかける。名越にはそれがどの女だったのか区別がつかず、片目でみると色々な女に顔が変わっていく
しかしある女には、奇妙なやり取りが成立する。百面相のような様々なホムンクルスを見せた先に見えたその正体とは……


本来は自らを取り戻すためのホムンクルスを見る能力がだったはずが、いつの間にかその能力そのものが自分のアイデンティティともなっていた。自分探しをしても仕方ないと振り切ったはずが、何かにすがらないと生きていけないという人間の弱さ
人間、そう簡単に真人間になれない、どこか歪んでいるものというリアリティは、『殺し屋1』にも通じる人間観である
作者が大麻所持で逮捕され、ちょうどこのあたりで一年間の休載期間があったそうなので、違う構想が湧いたのかもしれない


前巻 『ホムンクルス』 第8巻~第10巻

関連記事 『殺し屋1』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。