固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『平和主義とは何か』 松元雅和

護憲派、というわけでもない


平和主義とは何か - 政治哲学で考える戦争と平和 (中公新書)
松元 雅和
中央公論新社
売り上げランキング: 195,915


平和主義は理想論に過ぎないのか? 政治哲学で考える非平和主義との論争と現実での実践
平和主義とは、「暴力を使わず非暴力で問題解決をはかる姿勢」である
平和主義には二つの種類があって、国内外問わずあるゆる暴力の使用を拒否する「絶対平和主義」と、例外を認める「平和優先主義(条件付き平和主義)」がある。著者は後者の立場であり、日本では両者が混同された形で扱われているのを整理しようというのが、本書の目的のひとつでもある
非暴力への「愛する人が襲われたら」という批判に対して、「平和優先主義」は国内と国外は別という立場で迎え撃つ。国内の暴力行為には、当事者より上位の公権力と司法による判断がなされるのに対して、国外の軍事行動は国家より上位の権威が存在しないので、「正統性」が担保されない
とはいえ、「平和優先主義」は原理主義ではない。その代表格のバートランド・ラッセルからして、第一次大戦で反戦の立場をとりつつ、第二次大戦ではナチスとの戦争を肯定した
いくら非暴力といっても、公私ともに自然権に基づく自衛権は放棄できない。自らや隣人の生命を軽視することは、人命を軽視することだからだ
「平和優先主義」は、正戦論や絶対平和主義から日和っているように見られる灰色の道なのである

平和主義の対極に位置するものに、正戦論がある。戦争には「正しい戦争」と「そうでない戦争」があるという考え方だ
「正戦論」は、何が正しいかを誰が判断するかという問題がある。戦争では当事国がともに正義を主張するのが通例だからだ
湾岸戦争では安保理での態度が一致したが、アフガン戦争ではアメリカの自衛権で行われ、イラク戦争では有志連合で攻撃が始まった。そして、アフガンでは多くの民間人が巻き添えでなくなり、イラク戦争は今では戦争目的の正当性が疑われている
しかし、国連という組織そのものは、侵略戦争を違法化しながら、それを止めるための個別自衛権や集団安全保障を認めており、実は「正戦論」にのっとっている
実は日本国憲法の「平和主義」と「国連中心主義」には、緊張関係にあるのだ

もうひとつの対極が国際政治学の主流である「現実主義マキャベリに始まる近代現実主義は、世界を無政府状態として国家のみをプレイヤーとし、その安全保障が最優先課題となる
「古典的現実主義」(冷戦時代のモーゲンソーまで)の問題は、国家の生存欲求が自然であるとしながら、自国の生存を最優先しろと勧めるところ。生存欲求が自然ならば、あえて勧める必要があるのか。過去の事実とあるべき姿が判然としない
もっと直接的な問題は、勢力均衡を目指した軍事力の増強がお互いの軍拡を招く「安全保障のジレンマ。防衛用のパワーと攻撃用のパワーは、他国からは区別しがたいから、生じる悲劇だ
とはいえ、「現実主義」が「平和主義」と相いれないわけでもない。イラク戦争の際にはアメリカの国家安全保障にそぐわないという立場から批判がなされた

著者がもっとも難敵とするのが、人道介入主義である
冷戦崩壊後の民族紛争、ボスニアヘルツェゴビナやルワンダの悲劇は、国連に平和維持活動の見直しを迫られた。第二次国連ソマリア活動(1993年~)など、当事国の反対を押し切って、“平和強制”に踏み込むようになった
「人道介入主義」は他国で起きている人権侵害を阻止するために、ときに武力も辞さない姿勢が必要とする
「人道介入主義」の問題は、無辜の人民を助けようとして軍事行動の結果、犠牲が出てしまうことだ。介入しなかったことで起きる犠牲とどちらが重いかを、誰が判断できるというのか
当事国の同意を押し切る軍事介入は国際法の精神と相いれないし、暴力による制圧はそれに対抗する暴力を誘発する(暴力の再生産)。軍事介入が必要な事態は救済ではなく、悲劇なのだ
ことが他国(他人)だからこそ、行動しないという「平和主義」の選択は風当りは良くない。「平和主義」側は非暴力の姿勢を保ちながら、何ができるかを追求しなければならない

「平和優先主義」の立場は「絶対平和主義」ではないので、「正戦論」「現実主義」と交わるところがある
著者自身、日本国憲法とその前文の精神を尊重しつつも、教条的に護憲にこだわって国民的議論を凍結することには反対する
フランス革命がナポレオンの帝国を生んだように、民主主義が必ずしも平和を呼ぶわけではない。著者は「平和優先主義」が正義で万能とは考えておらず、違った立場と対話していくことが、変わっていく国際社会を乗り切っていける知恵を導き出せると考えている
ネットでも紙面でも、憲法が絡むと不毛な論争に陥りがちだが、ひとつの基盤となってくれそうな一書である
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『軍靴のバルツァー』 第10巻 中島三千恒

ドラマCDは出たらしいけど、さすがにアニメ化は厳しいか?
宮崎アニメばりにモブを動かす必要ががが


軍靴のバルツァー 10 (BUNCH COMICS)
中島 三千恒
新潮社 (2017-07-07)
売り上げランキング: 45,058


クーデターを決行した第一王子フランツは南部の貴族たちを動員して、王城を包囲。第二王子ライナーバルツァーは、士官学校の生徒たちと籠城し、切り札の気球でライナーと病気の国王を逃がそうとする
そこにヘルムート率いる騎兵隊が乱入。訓練されていない南部貴族連合を蹴散らすのだった。しかし南部貴族側の騎兵には、幼馴染のユルゲンがいて気球を巡る熾烈な追撃戦となるのだった
ヘルムートは技術と戦術の進歩によって、女性が男の領域で活躍できる近代を夢見る一方、ユルゲンは陳腐化する騎兵や無惨に殺される戦死者の姿から、来るべき近代を悲観的にみる。お互いに好意をもつ二人には、悲劇的な結末が……

今度の技術的テーマは、ひとつは気球の実際
当時の気球は巻末の解説にあるとおり、高度さえ上げてしまえば離脱は難しくない。問題は気流や強風で思ったふうに運行できないことだ。目的地にたどり着くのが大変なのだ
なので、本巻ではヘルムートが馬を走らせて後を追い、最後はロープをもってもらっている
もうひとつは、活躍の場が失われていく騎兵の役割
ユルゲンは王都を奪還して大部隊で追撃してくるライナーたちに対して、物資を運ぶ輜重隊に狙いを絞って後方攪乱に専念する。これにより部隊の半数の行軍速度を落とさざる得なかった
『坂の上の雲』でも問われた騎兵の存在価値は、機動力においてのみ認められるのだ。ちなみに、「dragoon」は英語の「dragon」を元にしているわけでもないらしく(諸説あり?)、「竜騎兵」の訳は正確とはいえないそうだ

今回はヘルムートがヒロインというか、主人公だった
その活躍ぶりは男性を圧倒し、絵的にも男キャラと見極めがつきにくいところもあった。展開されるドラマも劇的すぎて、あまりに酷な結末。いったい今後、誰が彼女をフォローできるというのか
あと、気になったのはアウグスト王子をはじめ、戦闘に突入すると一気にパクリと口を開き、端正な顔を崩して雄弁になるところ。一見、悪役のようですらある
これが戦場の高揚であり、戦争が人の負の側面を引きずり出す怖さを意識されているように思えた


前巻 『軍靴のバルツァー』 第9巻

関連記事 『坂の上の雲』 第1巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『軍靴のバルツァー』 第9巻 中島三千恒

間違えて先に10巻、読んじゃった


軍靴のバルツァー 9 (BUNCH COMICS)
中島 三千恒
新潮社 (2016-11-09)
売り上げランキング: 86,248


第一王子フランツのクーデターにより、バーゼルラントは内戦に突入した。病気の国王を確保した第二王子アウグストは士官学校に籠城し、フランツ側は南の強国エルツライヒのフレデュリック大佐が加勢。巨大な臼砲による砲撃で、城壁に穴をあけるのだった
臼砲に気球からの観測射撃で対応できないことから、バルツァーは地上に降りて砲台を解体。こちらも仰角をつけて砲撃し、破壊に成功するのだった
しかし、それをいち早く読んだフレデュリック大佐は、穴の開いた城壁に対して歩兵を展開し突撃させるのだった

息をのむ攻防戦が続く
歩兵の突撃に対してジグザグの塹壕を掘り、かつ電気を使った地雷を活用! バルツァーの頭脳から生まれたイノベーションの前に、フランツの歩兵は撤退を余儀なくされる
ドラマ的な山場は、フレデュリック大佐との交渉だろう。バルツァーは戦場のルール」を設定することで、時間稼ぎし態勢を立て直そうとする。他国から攻めてきた相手に遺体の回収と負傷者の帰還を認めるのだ。これこそ、戦争を政治の延長につなぎとめる行いだろう
その交渉の場において、フレデュリック大佐はバルツァーの能力を評価しつつも、戦争の歴史の歩みを確実に早める存在だと突きつける。もはや一介の士官というには、影響力が大きすぎるのだ
それでも、アウグスト王子はあくまで士官学校の教官でいいのだと、言ってくれるのだが……

休戦中に女記者アンネリーゼは、国王が士官学校に保護されている状況を広めるべく、外へ抜け出す
一方、ヘルムートは父親の外出中に実家に戻り、召集された騎兵を集めて日和見の貴族に対して第二王子につくための運動を開始。まるでバルツァーのような立ち回りで、次巻でユルゲンがひがむのが分かる変化であった


前巻 『軍靴のバルツァー』 第8巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『もうひとつの「バルス」 宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代』 木原浩勝

バルスはトルコ語で「自由」だが、作品の設定ではラピュタ語の「閉じよ」からとか




『天空の城ラピュタ』製作の裏には、いったいどんなドラマが隠れていたのか。当時のジブリスタッフによる回想
タイトルから宮崎作品の評論かと思いきや、そうではなかった(苦笑)
著者はスタジオジブリで製作進行を務めたあと、1990年にジャパニーズホラー・ブームの端緒になったと言われる『新・耳・袋』で作家デビューし、『空想科学読本』などやり手のコンセプトライターと名をはせた人である
宮崎駿に憧れてアニメ業界に飛び入り、できたばかりのスタジオジブリへ入社した経緯から、劇場アニメ第一作の『天空の城ラピュタ』(以下『ラピュタ』)で「製作進行として関わった現場の光景、とくに宮崎監督の言動を事細かに、手際よくまとめている
「製作進行」とは、原画・動画などの作画、色を塗る仕上げや背景、背景にセルを重ねた撮影、現像、編集などアニメ制作の多くの工程を橋渡しする役目で、外注先が多いのでスケジュール調整からフィルムの運搬までに関わる。アニメの現場が激務ならば、とうぜん「製作進行」も激務となる
著者は「『ラピュタ』に関わる間は、一日も休まない」とストイックな決意をしており、筆は取らないといっても情熱がなければ務まる仕事ではない

アニメは、絵コンテがなければ始まらない。絵コンテ「作品そのものの設計図」であり、それぞれのカットの演出、台詞などすべての情報が詰め込まれる
その絵コンテを宮崎監督は一人で手掛ける。本来は絵コンテを全て描き上げてから、原画・動画に回されるが、『ラピュタ』では作品の半ば(シータが要塞から救出されるまで)の絵コンテができた段階で、原画マンと打ち合わせが始まった
設立したばかりのジブリでは、全員が作品契約であり、自分の受け持ちが終われば元のスタジオへ帰っていく。スケジュールの厳しさから、原画マンの空き時間を少しでもなくしたいからだ
こうなると、後半の絵コンテができた段階で、前半のカットを追加や変更が出るリスクがあり、上映時間や予定作画枚数に影響でてしまうかもしれない
しかし、結果的には二か所の作画が追加されたにとどまった。それは宮崎監督の頭の中に、ストーリーが明確に出来上がっていて、経験則で尺や作画枚数が分かっているから。著者は絵コンテの天才と称える
上映時間や作画の手間を考えて詰まったとき、細かい考証よりノリや勢い重視の解決を選ぶあたり、表現重視のアニメーター出身の監督らしい

宮崎監督というと、すべての作画を直して自分色に染めてしまうイメージだが、実際にはそこまで手が届かない
例えば悪役のムスカ大佐は、登場するタイミングが離れているために、よく見ると一貫性がなく、なんだかんだスタッフの個性を残されている
「原画頭」の金田伊功、小林一幸、二木真希子ぐらいの優れたアニメーターとなると、その腕を信頼して修正されなかったそうだ
2時間4分という微妙な尺になったのは、製作資金や人員の問題ともに当時最新だった新メディア「レーザーディスク」が2時間までしか入らないから。2時間を越えると二枚組になって値段が大きく変わってしまう
しかし、宮崎監督はどうしてもその4分を削り切れず、ドラマの質を落とさないことを優先した(4分を切らずにいられる立場にあったことになる)
撮り終えた後には、頭がきれいな白髪に変わってしまうほど、『ラピュタ』は心血を注いだ作品だったのだ

本書ではドーラ一家の小型飛行機「フラップラーSF小説『デューン/砂の惑星』の「オーニソプター」に着想を得つつも、乗り心地を想像して昆虫型の羽ばたき式に変更したとか、「ロボット兵」がアニメ版『スーパーマン』(フライシャー兄弟作)の「メカニカルモンスター」からと元ネタを明かしたり、上映時間がおしていなければありえた展開などが裏話が明かされている
WIKIに載っている話と微妙な違いもあって、美化されているところもあるかもしれないが、アニメ好きなら一度目を通してみたい一書である


ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代-
木原 浩勝
講談社
売り上げランキング: 315,942
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。