固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『プロ野球 堕落論』 野村克也

ノムダスは永遠なり


プロ野球 堕落論 (宝島社新書)
野村 克也
宝島社
売り上げランキング: 49,554

2019年の巨人独走Ⅴは、“プロ”の監督が原因!? 今こそ求められる名将の条件

2019年のシーズン終盤に執筆された新書で、内容はセ・リーグが中心。原監督が三年で復帰し、本来、不向きとされる外野手出身の監督が増えたのは、「球界に監督になるべき人材が枯渇しているからだ」と警鐘を鳴らすものだ
特に紙数が割かれるのは、巨人と阪神である
原監督に対しては、かなり辛口。四番・岡本にバントさせるのを、セオリーを無視した監督のスタンド・プレーであり、選手より目立とうとしているのではないかと指摘する
矢野監督に関しては、捕手出身として好意的なのだが、矢野ガッツは全否定(苦笑)。監督には適度な距離間が求められ、媚びても憎まれてもダメなのだ。選手を率いるには、若々しさより落ち着いて老成した風格が求められるとする
他球団にもそれぞれ項が立てられていて、ヤクルトでは小川監督に殉じる形で宮本慎也ヘッドコーチが辞任することを惜しんでいる。なぜ、球団は引き留めなかったのか!?
ラミレス監督をデータ重視も現実の状況が理解できていないと一刀両断、意外に与田監督を起用した選手が目を出したと評価し、「おまえ騒動」だけが残念としていた

野村監督が手本として掲げる昭和の名将5人が、南海の鶴岡一人、西鉄の三原脩、巨人の水原茂と川上哲治、阪急・近鉄の西本幸雄
近鉄に悪い伝統を残したという西本さん(ノムさんの偏見だけど)が入っているのは意外だろうか
直近で接したのは、「グランドに銭は落ちている」の鶴岡監督で、なかなか褒めてくれないので少し声をかけられただけで自信を持てたという。有名な育成の三段階「無視、称賛、叱責」は、ここから来ているのだろう
指導者になって意識したのは、V9の川上監督。現役最後の球団、西武ライオンズで同世代の名捕手・森祇晶から、ミーティングで人生哲学を語っていたと聞き、「野球選手である前に人間である」という人間教育の重要性を学んだという
それだけに、2016年の野球賭博事件で巨人の選手が関わったのには怒っている
最後の章では最近の野球についてもアレコレ。「リクエスト」は野球の流れを断ち切るし、「申告敬遠」はドラマを奪う
ちなみに新庄の敬遠球を打ったサヨナラヒットは、新庄が事前に打撃コーチ・柏原純一に話して「おれはホームランを打った」と聞き、野村監督に許可をもらったあとに敬遠球を打つ練習をしていたそうだ
何事も準備が大事なのである
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『とびきり愉快なイギリス史』 ジョン・ファーマン

MTGアリーナしながら読めた


とびきり愉快なイギリス史 (ちくま文庫)
ジョン ファーマン
筑摩書房
売り上げランキング: 657,419

本場のイラストレーターが書き下ろした、笑いたっぷりのイギリス史

積み読解消のために手に取ったら、意外に面白かった
著者は人気のイラストレーターであり、歴史は学生時代に落第生だったという素人。そんな学問としての歴史が苦手な人たち向けに、面白おかしく語り下ろしたのが、本書だ
そんなわけで厳密な考証には基づいていないし、ギャグに関してもイギリス人でないと分かりにくく、訳者がかなりフォローして読めるものにしたと思われる
ではどこに値打ちがあるかというと、ちゃんと歴史の転換点を捉えているところ。かなりシンプルな表現で流して読めてしまうのに、グレートブリテンの成り立ちから発展、変質が分かってしまうのである
原題は「THE VERY BLOODY HISTORY OF BRITAIN」。最初期に近代、工業化を迎えたのに、血なまぐさい歴史を背負っている

ヨーロッパ大陸からドーバー海峡を隔てているだけあって、古代から様々な民族が流入する。土着の“ブリトン人”に、ケルト人、カエサルの遠征に始まるローマ人、北欧からきた“バイキング”ノルマン人デーン人、と支配者はくるくる入れ替わる
国家としての原型を作り出したのは、フランス北部に領地を持っていた“征服王”ノルマンディー公ウィリアム。奪った土地をノルマン人貴族を封じ、さらに貴族はノルマン人騎士に貸し、現地人(ケルト人、サクソン人)の農奴がその土地を耕す封建制度を確立した。これが11世紀で、日本でいう鎌倉時代より1世紀前
フランスのアンジュー家を継承したヘンリー2世の代で、国王を中心とした行政組織が整えられ、裁判官と陪審制の司法体制が誕生する(裁判のスタイルは神明裁判なわけだが……)
リチャード“獅子心王”を継いだジョン王の代に、王権を制限するマグナ・カルタが成立。憲法の草分けとも言われるが、実際には国王たちの暴走は続く!
プロテスタント、カソリック、イギリス国教会と宗教問題が絡んで、幾度となく血を吹くのであった

クロムウェルの清教徒革命に比して、1688年のオレンジ公ウィリアムの即位は「無血革命」「名誉革命と称賛されるが、それは結果論。1万4千の軍団ともに上陸しており、ジェイムズ2世の対応次第では内戦となっていた
1707年にスコットランドとの連合協定が結ばれ国旗はユニオンジャックに、南海バブル事件(1720年)の収拾に初めて「内閣」が組織された
実際に国王が「象徴君主」となり議会政治が成立したのは、アメリカ独立戦争で新大陸東部を失ってからで、下院の多数政党が首相を輩出することとなった(1782年)。ここからようやく、近代的な議会政治の歴史が始まる
ちなみに政治家に歳費が支払われるのは、世界大戦直前の1911年。それまでは貴族か実業家といった資産家にしかつけなかった
本書はグレートブリテンの歴史=イングランドの歴史というオーソドックスなスタイルで、独自の伝統をもつスコットランド、アイルランドは添え物状態。アジアに関しては(アヘン戦争すら)あまり触れられず、日本は第二次大戦で負けたことにしか出てこなかった。あくまでイギリス周辺の歴史なので、より幅広い視点、あるいは細かいところは他の本をあたるべきだろう
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『勇魚』 下巻 C・W・ニコル

『盟約』『捜敵海域』『特務艦隊』の三つの作品へ続く


勇魚(いさな)〈下巻〉
勇魚(いさな)〈下巻〉
posted with amazlet at 20.02.08
C.W. ニコル
文藝春秋
売り上げランキング: 670,003


琉球から上海に渡った甚助は、イギリス人船長フォガティーの信用を得て、一流の船乗り“ジム・スカイ”として活躍していく。その一方で、日本は風雲を急を告げ、大老・井伊直弼が暗殺されたことで松平定頼は再び浪人の身となり、攘夷の同志・伊藤をすすめで薩摩に身を寄せることとなる。絵師として有名になった三郎は太地村の不漁から仕事が激減し、慣れない船仕事に取り組むこととなった

上巻は片腕を失った刃刺・甚助の悪戦苦闘が中心だったが、下巻では甚助が栄光の階段を登っていくのと対照的に、時代の波に取り残されていく定頼と三郎の悲哀が目立つ
定頼は長州過激派の暴走による禁門の変を、体制を守る薩摩藩士として参加するが、戊辰戦争では官軍として幕府軍と戦う。松平定信の子孫である彼にとって、自らのアイデンティティを破壊する行為であり、外国から流入した銃器で日本人同士が殺し合った現実に打ちのめされて心に深い傷を残した
西南戦争のとき、定頼は新政府についていけない伊藤ともに、西郷のもとを目指す。その旅路を運ぶのは、ジム・スカイ”こと、かつての甚助。いつ交わるかと期待した二人がまさか、こんな邂逅を果たすとは……

太地村は海流の変化、外国の捕鯨船の活動から、鯨の獲れ高が下がり寂れていく
絵師として生計を立てていた三郎も、描く船がなくなってきたことから、自ら鯨取りとして船上の人となる
甚助への遠慮から、妻のおよしと距離を置いていた彼だったが、絵を通して愛情が高まり二人の子をもうけるように
そこに来て甚助が突然の里帰り!
甚助は三郎とおよしの関係にショックを受けるが、およしが三郎を立て、三郎が甚助の生き方を認めたことで、兄弟の溝は一瞬で埋まる。甚助はフォガティー家のスーザンと結婚すること決め、アメリカ国籍をとることを決意したのだった
しかし、その十数年後に太地村に悲劇が襲う。不漁からタブーである鯨の母子をとりに出かけたことから嵐に巻き込まれ、太地の鯨取りは壊滅する。1878年(明治11年)の大背美流れである
太地村は400年続いた古式捕鯨の担い手を失い、近代捕鯨に転換せざる得なくなった。そして、三助は……(泣

下巻における甚助は、ジム・スカイの名を得たことで日本人離れした活躍を見せる。まるでメジャーへ行ったプロ野球選手の如し
その豪快な生き様は、作中にも登場するジョン万次郎に近く、同時代に外国へ出たまま帰れなかった者もいたことだろうし、各国を渡り歩いた作者の人生とも重なって見えた
甚助の不屈の闘志は、イギリス的なのである
それとは対照的に、伝統を重んじる弟の三助や定頼は桜のようにはかなく散っていく。この二つの精神を雄大に描き切ったことが何より素晴らしい


前巻 『勇魚』 上巻

深重の海 (集英社文庫)
集英社 (2018-09-07)
売り上げランキング: 234,430

太地村と大背美流れに触れた小説
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『アベニールをさがして』 第3巻 富野由悠季

自民党の憲法改正に大規模災害時の緊急事態要項あり。まさかのサージェイ誕生あるか


アベニールをさがして〈3〉 (ソノラマ文庫)
富野 由悠季
朝日ソノラマ
売り上げランキング: 1,220,210


プロト・フロンティアに迫るショウカクに、迎撃に来るコンラッド部隊。意識不明の笛吹彗に代わり、ヒューガ・オノレはアラフマーンに乗るが、脱出したゲイズ・カレッカも同タイプのリック・メッケードに乗って立ちはだかる。なんとか退けたオノレたちは、プロト・フロンティアに到着。巨大コロニーに圧倒されるながら、新興宗教の巫女と対照的なストリップ・ダンサーのアベニールにも遭遇するのだった

早くも最終巻である
三巻構成は予定されていたのだろうけど、前巻・前々巻のペースに比べると疾風怒濤で、展開が早い!
スターバスタープロジェクトは、ネオ・フリーメーソンが宇宙に新天地を建てるべくでっち上げたものであり、世界から集めた資金と月から採取した資材で巨大コロニー「プロト・フロンティア」が作られ、そこは次世代を支えるインスパイアー・エンジンの開発と実験場となっていた
ネオ・フリーメーソンがコンラッド・ヘイヤーガンの行動を認めたのは、外敵があったほうがなにかと口実ができるからで、彼らにインティパ・タイプの機体を与えて実験台にも仕立てていたのだった
その事実に怒ったヘイヤーガンは蜂起し、ショウカクを包囲していたネフポと戦闘を起こして、三つ巴の戦いが始まる

本作は、ガンダムの宇宙世紀を一度解体して組み直したかのような世界観である。音楽でいうセルフカバー、セルフ換骨奪胎とでもいうべきだろうか
意志疎通、体験を共有する現象に対して、ニュータイプの代わりに、究極の粒子“インティパ”の作用という科学考証を施して、すべての人が体感できるものとしている
人類そのものが宇宙で進化するのではなく、インスパイアーエンジンに触発される形で、元来持っている能力が発現するイメージ
本作の最後ではガンダム・サーガのように死んだ人間との交感まで描かれ、クライマックスは仏教でいう仏とその弟子たちが迎えに来る“來迎図のよう。アベニールは人が無意識のなかにもっているイメージ(ユング心理学でいう集団的無意識)の中にあり、肉体は欲望を呼び起こす檻、鎧であり、インティパはそこから解き放つ鍵となる
この精神優位の思想には、ニューエイジの匂いがぷんぷんする。そもそも“アウトサイダー”のフール・ケアの在り様は、70年代のヒッピーそのものである。とするとインティパは一種のドラッグとも……
それはさておいて、肉体が過ちを生むのなら、なんで肉体を持って人は生まれてくるのか。“真のアベニール”はそれを修行という形で表現し、世界を豊かにするものとした
このまとめ方は「バイストンウェル」とのつながりを想像させられた

理知的なコスモ・クルスのアベニールに対置させる形で、肉体で思い向くまま表現するダンサーのアベニールが登場する
彼女はコスモ・クルスやネオ・フリーメーソンのインテリぶりをあざ笑い、フール・ケアのマインドコントロールに全身のピアスの理由を言い当てる。『閃光のハサウェイ』のギギ・アルダルシアのような、野生のニュータイプを思わせるが、彼女もまた肉体に縛られた限界があるとする
インスパイアー・エンジンのような人を滅ぼす力を持つ科学技術に対して、ヘイヤーガンのようなマッチョな野望、ネオ・フリーメーソンの欺瞞的な知性でもない、生命に宿る健全な精神を得なければ、人類の未来は危うい。そんな危機感がスピチュアルなものを待望させたのか
とはいえ、100%そんなベクトルに傾かないのが富野作品
新世代であるオノレはプロト・フロンティアやインスパイアー・エンジンの可能性を信じる一方、旧世代の笛吹は「今の人間の手に余る」と往生しながら怒り狂うのであった
結局、一体どっちなんだ……(苦笑)。自ら精神優位の路線を敷いておいて、大いなる違和感を感じたのかもしれない。この揺らぎ、試行錯誤の道程こそ、本作の醍醐味といえるだろう


前巻 『アベニールをさがして』 第2巻

関連記事 『閃光のハサウェイ』 上巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
SF (26)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。