固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


【配信】『ザ・パシフィック』 第9話・第10話

ついに沖縄戦、そして故郷への帰還
シリーズ的には、知られざる激戦地ペリリューを取り上げた点に注目



<第9話 沖縄 Okinawa>


1945年5月ユージン・スレッジは、沖縄にいた。熱帯のスコールのような雨に悩まされ、塹壕を掘りだそうとすると日本兵の死体が出てくる。すでに戦闘が始まって一月が経ち、島全体が墓場となっていた
非戦闘員を巻き込んだ戦いにスレッジたちの精神も限界に達し、冷徹な兵士だった“スフレ”すら悲惨な状況に激高。新兵の錯乱を誘発し、戦死者を出してしまう
日本兵の皆殺しを誓うスレッジだったが、臓腑をむき出しにした女性を前にはその思いを覆さざる得なかった

原作にない演出シーンとして聞いていた、妊婦が自爆攻撃を仕掛ける場面民間人の脱出を盾に一斉掃射するという悪辣な作戦となっていて、日本軍の非人道性を印象づけている
しかし、こうした自爆攻撃は米軍の資料にも残っていないとか
製作者たちは地獄の戦場を連想させるものとして、現在の対テロ戦争、民間人の群れの中に、あるいは盾に戦うISなどを参考にしたのではないだろうか
米軍が日本兵とオキナワ人を分けて捉えているのも特徴的で、米軍の駐留が続く沖縄への配慮として、住民を保護したという部分を強調しているようにも思えた
最後の場面は「日本に新爆弾が落ちた」という話題から「国に帰る」シーンにつながり、上空にはB-29の編隊が颯爽と飛び去って行く。『バンド・オブ・ブラザーズ』を含めて、もっとも政治を感じる回だった


<第10話 帰還 Home>

1945年8月15日、日本の降伏が伝えられ、海兵隊の戦争は終わった。ボブ・レッキーはセントルイスの病院で、スレッジ・ユージンは沖縄でその知らせを聞いた。スレッジは列車から降りる戦友たちを見送りながら、故郷で親友シドの出迎えを受ける。心配していた父母たちの歓迎を受ける彼だったが、ペリリューや沖縄で受けた心の傷を引きずらざる得なかった

三人の主人公は三者三様の帰還をした
ボブ・レッキーはペリリューで重傷を負ったものの、終戦後はそのまま記者として復帰。向かいに住む幼馴染のヴェラに、海兵隊の制服を着て口説き、戦争経験のないライバルを退ける。戦争に人生の大事な時間を捧げた人間にとって、これぐらいの役得は受けるべきものだろう
ジョン・バジロンは硫黄島で戦死し、妻のリーナ・バジロンは彼の実家を訪ねる。気丈な家族たちだったが、リーナが差し出す「名誉勲章(Medal of Honor)」を前に涙してしまうのだった
スレッジ・ユージン結婚や就職に軍歴を持ち出すことに、引け目を感じてしまう。海兵隊で教わったことを聞かれると「ジャップを上手く殺す方法だ」
戦場を経験した誰しもが眠れる夜を送るものだが、彼はひときわ強かった。父エドワードと好きだったハト撃ちに出かけても、泣き崩れてしまう。作中で復調は描かれないが、史実ではバードウオッチングを父に勧められ、大学では鳥類の研究に生きる目的を見出したという
ラストには、登場人物のその後が流された。ほとんどの人が戦争から市井の人に立ち帰っていたのだった


シリーズ全体を総括すると、『バンド・オブ・ブラザーズ』(以下BOB)と比べれば、ひとつの小隊ではなく三つの主人公の視点からそれぞれガナルカナル、ペリリュー、硫黄島、沖縄と巡っていくので、自然と各主役中心のドラマにならざる得なかった
特にジョン・バジロンに関しては、切手になるほどの英雄であり、戦債キャンペーン中に有名女優と浮名を流すなど、兵士の生活中心のBOBよりも派手な演出が目立った(やけに濡れ場も多い!)
証言者が次々と他界する時代となれば、今後の戦争作品は一種の時代劇になっていくのだろう

海兵隊と日本人との対峙は、序盤は万歳突撃する理解しがたい敵として登場し、9話の沖縄戦においてようやく民間人や捕虜として直に接する。ヨーロッパ戦線のナチスに騙されたドイツ人という構図に対して、“オキナワ人”という存在を持ち出してなお消化できず、艦砲射撃や爆撃で被害を受けた女性に対してスレッジは抱き締めざる得なかった
原爆で日本を早期降伏に追い込んだという史観を保ちつつも、戦時に多大な犠牲を払い、戦後は米軍の基地が集中する沖縄に対して、それなりの敬意を払おうという製作陣の意思が感じられた


前回 【配信】『ザ・パシフィック』 第7話・第8話

関連記事 【DVD】『バンド・オブ・ブラザーズ』 第1話・第2話
     『ペリリュー・沖縄戦記』(原作本)

ザ・パシフィック コンプリート・ボックス(5枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-11-03)
売り上げランキング: 8,402
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ホムンクルス』 第1巻 山本英夫

マンガの記事が続きますが、こっちもいろいろ積んでまして


ホムンクルス(1) (ビッグコミックス)
小学館 (2015-05-15)
売り上げランキング: 69,866


『のぞき屋』『殺し屋イチ』の作者によるトレパネーション(穿頭)を題材にした不思議な人間ドラマ
作者が大麻所持で捕まりそのまま連載中止かと思っていたら、ちゃんと完結していたので読み直すことにした
物語は記憶を失った男、名越進がカーホームレスをしているところから始まる。小さい車でまるで子宮の中の胎児のように眠り、音と震動からその状態が分かるほど愛している。ホームレスのおじさんたちと付き合いつつも、それに溶け込まず豪華ホテルと路上生活者の間に住み続けていた
しかし、ガソリン代が尽きて車の暖房が利かなくなり、怪しげな青年・伊藤学の誘いを受けざる得なくなる
たらしこむ側の伊藤が意外に憶病で、はめられる名越のほうが得体が知れないという構図が面白い

伊藤学は脳神経外科を父に持つ医学生で、名越進に100万円の報酬でトレパネーションの手術を持ち掛ける
トレパネーションとは頭蓋骨に穴を開ける手術で、古代から悪い霊を吐き出す効用があると施術されており、南米のインカ帝国などでは穴の開いた頭蓋骨が見つかっているそうだ
1960~1970年代のヨーロッパでは、血流を良くして薬に頼らずハイになる方法として注目され、ジョン・レノンとオノ・ヨーコが受けようとしたことで有名になったそうだ
ドラッグほど効果が見えなかったからか、流行しなかったが、本作によって再び注目されたそうである
伊藤が仕掛けるテストに対してなんら反応しなかったものの、第一巻のラストにおいて右目を塞ぐと道歩く人間が異形の存在に変化!?
どうも人間の心の形を視覚化できる力を手にしたようだ
ヤクザの親分を正攻法(?)でいなしたものの、ここからいったいどう転がっていくのやら


関連記事 『殺し屋イチ』 第1巻・第2巻

ア・ホール・イン・ザ・ヘッド [DVD]
アップリンク (2011-07-08)
売り上げランキング: 171,290

トレパネーションのドキュメント・ビデオ。本作の重要資料だとか
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『呪術廻戦』 第2巻 芥見下々

命の安い世界


呪術廻戦 2 (ジャンプコミックス)
芥見 下々
集英社 (2018-09-04)
売り上げランキング: 3,064


特級の呪霊との闘いに、虎杖悠仁両面宿儺体を乗っ取られてしまう。宿儺は特級から呪物の「指」を回収。それを止めようとした伏黒恵はその力に圧倒され、宿儺は虎杖の心臓を抜き取って体を自分の物としてしまう
生物的に死体(!)になってしまった虎杖だったが、精神の世界(?)で宿儺と取引して息を吹き返す。宿儺は一分だけ自由に動かせる時間を求めただけで、その意図とは……
作中では比較的ドライに流されるが、二巻目で死体になる主人公とはシュールな展開である(苦笑)

敵役として、夏由(げとう)と名乗る僧侶(?)が登場。呪霊たちを焚きつけて、学園最強の術士・五条悟を殺させ、宿儺が宿る虎杖の体を奪おうとする
本巻では五条に返り討ちなったが、彼らとの闘いがしばらく続いていくのだろう
五条と呪霊の戦いに関連して、「反転術式」や「領域展開」など新たな設定が登場。今のところハンター×ハンターほど複雑でないが、設定に足をすくわれないかが心配。読みにくくならないで


前巻 『呪術廻戦』 第1巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ベルセルク』 第40巻 三浦建太郎

キャスカがお目覚め


ベルセルク 40 (ヤングアニマルコミックス)
三浦建太郎
白泉社 (2018-09-28)
売り上げランキング: 65


キャスカの正気を戻すべく、ガッツ一行は妖精の島にたどり着く。妖精の女王‟花吹雪く王”の許しを得て、キャスカの精神の中へ夢探検に出かける
“蝕”の惨劇に巻き込まれたため、その夢のなかはまさに悪夢の世界。異形の魔物たちが行く手に立ちはだかり、シールケファルネーゼは現実世界から持ち込めた“お守り”を使ってゴーレムなどを召喚し打ち払っていく
魔物たちは二人というより、キャスカの覚醒を阻止したいよう。シールケたち自身に襲い掛からないのは、女の子補正だろうか(苦笑)
悪夢の中枢にあったのは、グリフィスがフェムトとして生まれ変わったのを思い出させる光景で、一瞬、あの幼魔のように見えて近づくと心臓を形作る
キャスカの心臓にはいまだ“呪詛”の茨が巻かれていて、たとえ魂が肉体に戻ってもトラウマとの闘いが待っていると想像させる

後半にはグリフィス戦魔兵と新生“鷹”の騎士団を率いての遠征が描かれる
すでに混沌が覆う世界で、ゴッドハンドの一人たるグリフィスが異形の蛮族を倒しにいくのは、共食いにしか見えないが、ファルコニアで常人の生存を許し夢を語るのは、グリフィスが人間のころの夢だからなのだろうか
グリフィスの討伐戦は、異形の者と人間の麗しい共同作戦で成功し、巫女ソーニャの力によって高速移動の魔法陣まで作成してしまう。ファストトラベルの手段があるなら、ベルセルクの世界観でオープンワールドRPGも作れそうだ
変貌した世界でいったい何が起こっていくのか、まったく予断を許さない


前巻 『ベルセルク』 第39巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。