固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『ポル・ポト<革命>史』 山田寛

現在のカンボジア政府にも元ポル・ポト派の人間が…



なぜポル・ポト政権は歴史に残る大虐殺を起こしたのか。リアルタイムで取材し続けた記者がその悲劇の実像に迫る

ポル・ポト政権(「民主カンボジア」)は、1975年から1979年までカンボジアを統治し、政策的な大量虐殺で人口の33%を死に追いやったといわれる
本書ではポル・ポトをはじめとする指導者層の来歴に、第二次大戦後のカンボジアの情勢に触れ、苛烈な内戦を経て過激化していく過程を描いている
革命の指導者が労働者というより、ブルジョアに近いというのはよくある話だが、ポル・ポトの場合はそれどころか王族に近い身分! 姉が国王の夫人の一人となり、兄も王家に関わるという名家に生まれていた
最高幹部もほぼそれに列する家柄であり、貧農から這い上がったメンバーは登りつめずに粛清される側に回っている
そして、ポル・ポトたちはカンボジアの最高学府を卒業し、フランス留学、元教員とインテリの代表格だった。この肉体労働と無縁の身分が、農業の実態とかけ離れた政策につながったと考えられる

驚かされたのは、ポル・ポト政権後に民主化のシンボルに祭り上げられていたシアヌーク国王が50年代まで独裁者として君臨していたこと
シアヌークは第二次大戦中に日本軍がフランスを追い出すと「独立宣言」を行い、日本の敗戦後には「フランス連合」内の独立を認められる
その際に、限定的な主権のもと、憲法制定、議会政治が許可され、王族の一人が民族独立、民主主義を掲げる「民主党」を結成した
しかし、1952年6月シアヌークが内閣を罷免して民主党を解散させ、全権力を握るクーデターを起こす。53年にフランスから完全独立を勝ち取ると、翼賛組織「人民社会主義共同体(サンクム)」を立ち上げて、議会の全議席を独占した
著者はこのシアヌーク翼賛体制が、民主主義の芽を摘み、ポル・ポト政権へのレールを敷いたとする
シアヌークはベトナム戦争が始まると、共産陣営について北ベトナムの共産軍の国内駐留・移動を認め、中国と友好不可侵条約を結び、アメリカと断交にまで及んだ
やがて共産軍の駐留が負担になってくると、アメリカに寝返り、国内の共産軍への爆撃を認めるようになる。この節操の無さに左右の政治勢力から信用を失い、CIAによるロン・ノル首相のクーデターを招くことになる
外遊中のシアヌークは文化大革命中の中国へ逃れ、ロン・ノル政権打倒のために統一戦線の傀儡となり、カンボジアはポル・ポト派(クメール・ルージュ)の手に落ちることとなる

ポル・ポト政権の地獄は、1975年1月のプノンペン陥落から始まった
数百万人の市民をすぐさま地方へ強制移住させ、病人や老人、子供にも容赦しなかった。移動中に死ぬ者も多く、軍人、役人はそれ以前に殺された
この政策には毛沢東主義の影響から都市生活を憎んだこともさることながら、ポル・ポト派が根拠地とした「解放区」に住んでいた農民を「基幹人民」とし、強制移住された人々を「新人民」と呼んで最下層とした。その間に「準完全市民」を置く三つの階層の階級社会では、「基幹人民」が「新人民」を使い捨ての奴隷として扱った
また、文革の紅衛兵にならって、「資本主義にまみれていない子供」を重用し、少年兵はおろか、こども看守による刑務所、こども医者による原始医療の導入は、さらに膨大な被害者を生むこととなった
そんなポル・ポト政権は統一したベトナムが介入するや、あっけなく崩壊するものの、タイ国境を中心にゲリラ勢力としてしぶとく生き残る
そうできたのが、大虐殺を知りつつも諸外国が後援したから。隣国のタイも、ポル・ポトを支援しベトナムへ懲罰の戦争まで起こした中国も、中国へ接近したアメリカベトナムの伸張を喜ばなかったからだ
そうした各国の相克が解けるのは80年代末で、ポル・ポトは裁かれることなく枕の上で死に、一部の幹部がかなり高齢になってから終身刑の判決を受けたにとどまるのだった
終章では、ポル・ポトたちが国民の「家族」関係を崩壊させようとした一方、自分の親戚に粛清が及ぼうとすると最大限介入する‟矛盾”を指摘。また幹部たちの葬式が「宗教」を根絶しようとしながら仏式だったことも、革命の敗北、無意味さの証とする


関連記事 【DVD】『キリング・フィールド』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『呪術廻戦』 第13巻・第14巻 芥見下々

人が死ぬ死ぬ




第13巻。五条悟救出に動く禪院真希たちは、謎の呪霊「陀艮」に遭遇。海辺に領域展開されて苦戦する。助けに来た伏黒恵を加えてすら打ちのめされるが、降霊した伏黒甚爾が乱入して滅多打ちに。虎杖は呪胎九相図長男・腸相との戦いで重傷を負ったが、夏油の信者のコギャル(死語)に助けられ、特級呪霊「漏瑚」から指を何本も食わされ両面宿儺としての覚醒を促されるが……

なかなか楽しい回だった
呪霊「陀艮」(だごん)は、クトゥルフ神話のダゴンが由来。口がタコ足の触手になっていて、大いなるクトゥルフによった外見をしている
世界的に有名なホラーだけあって、一級術士が束になってかかっても、なかなか勝てない。それに終止符を打ったのは、降霊した術士が死亡し暴走する伏黒甚爾で、その後には親子対決は……意外にも人情で終わった
そして、巻き起こるのが、意識を失った虎杖の両面宿儺としての覚醒。しかし、漏瑚の誘いに両面宿儺は乗らず、相手をボコボコにしてしまうのであった
今回も関係者が腕を失ったり、コギャルがバッサリやられたり、血の雨が降り注いだ。術者には家入梢子という反転術式で治療できる人がいるから、大丈夫なんだけど……




第14巻。宿儺は返礼とばかりに漏瑚を葬ってしまった。さらに伏黒恵が決死の思いで呼んだ式神「魔虚羅」を相手の呪術師もろとも倒すのであった。しかし、宿儺には宿儺の計算があるようで、不意に現れた下僕(?)裏梅を退け、伏黒を生かし虎杖に自我を取り戻させる。宿儺としての記憶に愕然とする虎杖だったが、呪術師としての本分に立ちもどり、最凶の呪霊「真人と対戦する

両面宿儺が大暴れの回
対漏瑚、対魔虚羅の戦いは、DBというか、怪獣映画のようなレベルで、ビルからビルへと突き抜ける! やはり主人公がラスボスになってしまうのだろうか
その一方で、虎杖に宿儺としての業を背負わせるところで、「このままじゃ俺は ただの人殺しだ」という台詞は、人を簡単に殺していく作風にかろうじて楔を打ち込んでいる
正直、地下鉄でジェノサイドするのは、管理人の年代だと地下鉄サリン事件を連想してしまうし、アニメで出たときに叩かれないかが心配(汗
あと、呪霊が人の恐怖から生まれるなら、人の命そのものを消してしまうと力の源泉を失うと思うのだけど、どこで整合性をもたせるのかに注目したい


前巻 『呪術廻戦』 第11巻・第12巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【BD】『ヴァン・ヘルシング』

この出来でも、ハリウッドでは低予算とか




1887年、トランシルヴァニアではドラキュラ伯爵(=リチャード・ロクスバーグ)フランケンシュタイン博士(=サミュエル・ウェスト)の研究を支援して人造人間(=シュラー・ヘンズリー)を作り出した。ドラキュラの狙いは、自らの子孫を人造人間のエネルギーによって孵化させることだった。ローマ教会の秘密組織に雇われる凄腕の怪物ハンター、ヴァン・ヘルシング(=ヒュー・ジャックマン)は、吸血鬼退治を誓った一族の末裔、アナ(=ケイト・ベッキンセイル)と合流するが……

かなりポップなアクション映画だった
冒頭からドラキュラ伯爵がフランケンシュタイン博士に人造人間を作らせるとか、もう設定がぶっとんでいる(笑)。主人公のヴァン・ヘルシングは30代の肉体派で、登場シーンでハイド氏になったジキル博士とどつきあうとか、狼男が現れるとかゴシックホラーのクロスオーバーが激しいのだ
さらにはアクションの連続から、ぽんぽんと話が転がっていくジェットコースターに、軽快なBGMが二時間超の尺と感じさせない
その一方で、トランシルヴァニアの古城、ブダペストの仮面舞踏会、スチームパンクなトンデモ機械と、ディテールには凝っていて、あくまでゴシックホラーの枠組みを保ったうえでのお遊びをしている
結末こそ、なぜかシンミリだが、80年代風のイケイケ娯楽作品なのである

作品では吸血鬼の天敵として、ウルフマン(狼男が設定されている
共にモンスター界の重鎮(!)だが、伝承の世界では対立する存在というより、同一視されることが多い。吸血鬼には蝙蝠だけでなく、狼に変身する能力もあるとされ、狼の群れを操るなど、共通点もあるのだ
ヴァン・ヘルシングをドラキュラ伯爵は、聖書の天使である「ガブリエル」と呼び、ともに古代からの仇敵関係を匂わせるあたりは、小説『キープ』を思い出させた
まあ、いろんなネタをごった煮にしているので、どこから引っ張ってきたのか判然としない(苦笑)。その未消化ぶりもB級感を漂わせて香ばしいのだ


関連記事 『キープ』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『炎立つ』 第5巻 高橋克彦

ドラマのほうが艶っぽかった




1174年、奥州藤原家当主・秀衡が東北の諸国を治め、王道楽土を実現していた。朝廷では平家の天下が続き源氏は往時の面影はなかったが、秀衡と義父の藤原基成は源義朝の九男・牛若丸(義経)を引き取ろうとしていた。平家に陰りが出た際に、義経を源氏の棟梁に立てて「俘囚」「蝦夷」の立場を払拭しようとしたのだ。後継者の泰衡は中央への介入が独立王国を危うくすると憂えるが……

100年続いた王国に終焉の幕があがる
小説が大河ドラマに追い抜かれることになり、ドラマとは違う場所が多いようだ。ただ大筋は同じようで、最後の当主・藤原泰衡は藤原常清と瓜二つとされ、実際にドラマでは同じく渡辺謙が演じている
前九年の役のさいに、安倍頼時中央での地位向上を図り、次男の安倍貞任朝廷からの独立を目指した親子の路線対立が、秀衡と泰衡の間にも起こる。地方政権が中央とどういう距離間を保つかの葛藤がテーマとなっている
作者によると源平と奥州藤原を巡る争いは、合戦というより朝廷に対する「政」を巡る闘争であり、いかに武士が朝廷の枠外で独自の立場を築けるか、武家政治の在り方がかかっていたのだ
主人公の泰衡は常清のように、頭が回るわりに善良さを抜けきれない人物に描かれる。私欲であれ義憤であれ、それぞれが良かれと思って行動し、極端な悪人はいない。合戦シーンも少なく、良くも悪くも等身大の渋いドラマに徹している
それでも物語にはひとひねり。奥州に義経がやってきた際に、物部の末裔である金山衆を継ぐ女性・吉次が、神がかりの幻視で泰衡と義経の血塗られた結末を見る。終盤にその伏線を使われ方が見事で、泰衡と義経を時を超えた常清と義家の再会に重ねた描写が見事だった

源平合戦を奥州から見ると、普通の日本史と違った光景が見えてくる
平家が朝廷をおさえて西日本を代表し、源氏は東国に恩顧の武家団をまとめて対抗するのだが、奥州藤原は「俘囚」とはいえ東日本の北半分に勢威を振るっている
実際、源頼朝と藤原泰衡が争った阿津賀志山は現在の福島県であり、関ケ原の徳川家と上杉家の地理的関係と似ている。頼朝から見れば、目の上のたんこぶどころか、のど元に刃を突きつけた状態といえよう
その一方で、朝廷の埒外に武士の政権を築きたい頼朝からすると、奥州藤原は独立王国の先輩。そこから地方行政の手法を学んだとするのも、ありうる話に思う
ただ、奥州藤原があっけなく滅んだことを民を想う泰衡の潔さとするのは、さすがに美化し過ぎか(苦笑)。管理人の記憶はあやふやだが、大河ドラマでは和平派の泰衡と抗戦派の国衡に二分されていて、秀衡死後に家中の統一が取れなかったのが現実だと思う。広大な領土を一人の人間が当主として相続するのは、当時としては一般的でなかったろう
さらには作中にもあるように、王道楽土を築いてしまったことが、上方以上に人間を洗練してしまって、武家としての蛮性を失ったというのが真相ではないだろうか


前巻 『炎立つ』 第4巻

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
SF (26)
RSSリンクの表示
はてな
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
FC2 Blog Ranking
検索フォーム
タグランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。