固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


『わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方』 池上彰

まあ、当然のリテラシー





増える情報バラエティ番組、SNSを通じて広がる真偽不明の情報、「わかりやすさ」から何が抜け落ちるのか。「わかりやすいニュース解説」の第一人者が語る負の側面と、その罠を打ち破る「知る力」の鍛え方
限られた番組しか見ない派の人間だが、いつのまにやら四六時中、情報番組が溢れている。その裏事情が知りたくて、ミーハーに買ってみた
著者は25年前に『週刊こどもニュース』の企画・キャスターを勤め、今でもいくつのものレギュラー番組を抱える、いわばわかりやすく説明する名人
そんな著者も自らの「ニュース解説」を、英語講座で言えば中学一年生向けの「基礎英語」「続・基礎英語」のレベルであり、あくまで知識の“導入”と位置付けている
しかし視聴者の側には、それで「わかった」気になってしまい、それ以上は求めない。社会人は忙しいから仕方ないと言ってしまえばそれまでだが、テレビの数十分で済ませてしまう「わかりやすさ」への追及が、不確かな情報バラエティの氾濫を生んでいるのだ
そうした「わかりやすさ」の免疫の無さは、「ワンフレーズポリティックス」をはびこらせ、ニュースの裏に隠された負の側面を見抜けなくし、トランプ大統領のようなポピュリスト政権の誕生につながってしまうというわけだ

著者はニュースの情報源としては、断然オールドメディアである新聞・雑誌を推奨する
なぜなら、こうしたメディアには「校閲」という工程があり、誤字脱字や文章の不備のみならず、事実関係の誤りまでが大人数でチェックされるからだ
テレビのニュース(報道部)でも人数は違えど同様であり、記者が取材してできた文章をデスクがチェックし、アナウンサーに手渡される
日本のテレビでは裏方の記者と番組に出るアナウンサーとはっきり役割分担がなされているが、欧米だと記者から這い上がった人間がキャスターを務める。若い頃にローカル放送でリポーターや記者を続けて、大手メディアにビデオやレポートを送り、目に止まるのを待つ。圧倒的に叩き上げなのだ(FOXテレビを除く)
そんなわけから有働由美子の「ジャーナリストを目指す」発言にも辛辣である(先輩の激励込みであろうが)
となると、お笑い芸人やアイドルが“キャスター”を名乗る情報バラエティなどは論外。報道部ではなく、バラエティの班で作っているので自然と「校閲」も甘くなってしまう
まして、SNSのやり取りなどは個人の判断に委ねられているわけで……

そうした「わかりやすさの罠」を突破するには、どうすればいいのか。それには「知る力」を鍛えることである
まず、著者の一日を具体例に紹介されるが、これは普通の人間では真似できない(苦笑)
毎日13紙もの新聞(!)を取っていて、朝はうち「朝日」「毎日」「読売」「日経」の4紙を確認する
朝の短い時間に見出しだけに注目して通し読みしたり、両極端の立ち位置の新聞を読み比べるのは実行している人もいるのではないだろうか
もっとも新聞でも下段にある広告は怪しいものが多く、特に健康関連は薬事法にかからないギリギリの書籍が載っていたりするので、注意が必要だ
そして、特に力点を置くのは読書。ネットでの購入より、本屋回りするのがお薦めで、意図しない良書に遭遇する楽しみがある
「迷ったら買え」が鉄則で、たとえ部屋で積読の柱ができようとも、そのタイトルの並びを眺めるだけで、知識と知識を結びつけるアイデアが浮かぶから無駄にならない
とまあ、とにかくアナログ一徹である。これを実行するには、とにかく金と書籍なり雑誌を置く場所が必要となる
それができないから、ネットで流れる情報を拾い上げる人が多いのだろうが、ネットの記事もその発祥が新聞や雑誌の記事だったり、その元記者が編集に関わったりしているわけで、情報の上流をチェックする意味は大きいだろう


「分かりやすさ」の罠―アイロニカルな批評宣言 (ちくま新書)
仲正 昌樹
筑摩書房
売り上げランキング: 46,097


似たようなタイトルの新書があった件。気になったら買えか?
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『義経』 司馬遼太郎

司馬版平家物語


新装版 義経 (上) (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 38,686

新装版 義経 (下) (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 196,619


平治の乱で討たれた源義朝の子たちは、平清盛の母、二位の尼の慈悲で命だけは助けられた。清盛は卑賎の生まれながら絶世の美女である常盤御前を愛人とした後、平凡な貴族・藤原長成の妻にした。義朝と常盤の子、牛若は武家の片鱗を見せたことから鞍馬寺に預けられるも、出自を元源氏の坊主から聞いて脱走。打倒平家の旗揚げを期して、奥州で時を待つ

源義経の栄光と挫折を描いた大河小説である
吉川英治『新・平家物語』への対抗心からか、義経は“悲劇の英雄”の虚像を剥がされ、合戦の天才であるが人柄は非常に好色で甘ったれ、政治的センスや気遣いが壊滅的という“喜劇の英雄になっている
だいたい序盤の展開から生々しい。鞍馬寺では、師の覚日に掘られてしまい、お稚児さんに仕立てられるのである(爆)
平家全盛期の源氏の立場はつらく、源氏の所縁が深い関東の豪族に立ち寄っても、逆にだまし討ちに遭いかかって、相手の屋敷を燃やすことになる。生きる天地そのものがなく、消去法で奥州藤原へ行く
その奥州での立場は、都生まれの源氏として地元の女子と子作りに励む“種馬”(!)。ここにおいて好色一代男として開眼するが、平家打倒の志を持つ義経にとっては地獄でもある

義経が平家を壊滅できたのはなぜか
作中では、個人技対決の平安武士の合戦に「戦術」を持ち込んだからだとする。武家にとって、一番乗りや名のある武士を討ち取るのが功名であるのだが、義経は合戦全体の勝利を追求する
そのためには敵本陣を一直線で落とすことであり、一の谷や屋島の戦いでもそれをもって大軍勢相手に勝利した。それを可能にしたのは、馬産地として有名な奥州・関東の、機動に特化した騎馬戦術である
対する平氏の総帥・宗盛は、伝来の扇子を相手に射らせるという“占い”で進退を決める(那須与一の件)など、古代的価値観に囚われていて、簡単に拠点を放棄して一族の滅亡を招く
もっとも、義経の「戦術」も坂東武者たちに全く理解されず、電撃的勝利も功名を独り占めするものと総スカンを食ってしまう。あまりに早すぎた戦術家だったのだ

義経は奥州で自害し、その首は鎌倉に届けられるのだが、頼朝はその首に対して「悪は、ほろんだ」という。いったい、何が「悪」だったのか
全国の武家、特に坂東武者たちは、自らの土地を保証されるために朝廷の摂関家、平家にただ働き同然の奉公や貢物を出し続け、屈辱的な扱いを受けていた
頼朝は武者たちにそうした状況の改変を託されていて、武家が武家自身を治める新体制(幕府)を作ろうとしていた
そこへ行くと、義経は鎌倉に断りなしに朝廷から官位を受けるなど、台無しにする行動を取ってしまう。都では常識的な価値観ながら、この時代を逆戻りをさせる点が「悪」なのだろう

本作では頼朝の微妙な立場にも触れている。源氏の棟梁という貴人ながら、流人であるがゆえに寸土の領地も持たず、実質的に夫人・政子の実家・北条家へ依存せずにいられない
鎌倉幕府で頼朝の子孫ではなく、北条家が中枢を握り続け宮将軍を奉る体制が続いたのも、源氏が貴人ゆえに都とのつながりを断ち切れず、土着の元勲である北条家こそが武家の権利を保障しうると考えられたからだろう
ここらへんのところは、最近出ている「承久の乱」の新書で確かめてみようと思う


承久の乱 日本史のターニングポイント (文春新書)
本郷 和人
文藝春秋
売り上げランキング: 2,442
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』 磯田道史

今日もテレビにご出演


「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)
磯田 道史
NHK出版 (2017-05-08)
売り上げランキング: 19,245


司馬遼太郎は日本人に何を伝えたかったのか。テレビでも有名な歴史学者による、司馬作品の学び方講座
ブームを起こした高度成長期も遠い昔となり、史料の研究も進んで史観への批判も出そろった現在、司馬小説から学べるものは何なのか。作品やエッセイで語られた言葉からそのエキスを取り出そうというのが本書
全編に渡って各作品からポジティブに教訓なり、法則なりを取り出すことに専念しているので、作品への考証を期待すると肩透かしするだろう。あくまで“小説”なのだから、虚実の検証など野暮なことはせず、歴史に対する捉え方を学ぼうというのだ
司馬の言葉を自身の史観へ手繰り寄せている面はあるものの、ファンでも新しい視点に気づかされる万人向けの一書である

著者がまず進める作品は、『国盗り物語』
司馬は旧陸軍などの日本型組織の発祥は、尾張・美濃の濃尾平野にあると考えていたとして、斎藤道三から信長・秀吉・家康への継承を重視する
この戦国三傑の役割も、思想家→実行家→権力家を新しい体制ができるパターンとし、それを明治の吉田松陰(思想)→高杉晋作(革命)→山県有朋(権力)に当てはめている
司馬が歴史小説を書き始める動機は、なぜ国を滅亡に追いやった日本陸軍ような組織が生まれたのかという問いかけにある。この三段階革命論は、新しい組織がいかに生まれ、育って腐敗していくかを説明している
著者が一番好きな作品とするのが、大村益次郎を主役とした『花神』日本陸軍の生みの親なのだが、無私の精神(公共性)と目的を達成するためのリアリズムを持ち合わせていた
それが失われたり、バランスを崩したときに組織は腐敗し暴走するのだ

亡くなる連載されていた『この国のかたち』からは、日本を滅亡に追い込んだ原因として、ドイツへの傾倒を掲げる
伊藤博文などは自由民権運動に対抗する形で、国王の権威と軍隊の独自性を重視するプロイセンの体制を選択した結果、内閣の統制を受けない統帥権が輸入された
この統帥権によって陸軍参謀本部は、それを拡大解釈することによって国家そのものを乗っ取るに至ったとする
実際のところ、統帥権のみでは軍事費が確保できないので、現役の軍人でなければ陸軍・海軍の大臣に就任できない軍部大臣現役武官制が決定的だったのだが、そういうことまでは書かれていない
司馬作品を若い世代へ勧めるのはいいけども、それだけだと鵜呑みにして終わる“素朴な信者”を増やしかねないので、脱出口になるような批評性があって欲しかっただろうか


関連記事 『花神』 上巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『宿敵』 遠藤周作

非英雄の物語


宿敵 上巻 (P+D BOOKS)
宿敵 上巻 (P+D BOOKS)
posted with amazlet at 19.02.24
遠藤 周作
小学館
売り上げランキング: 168,653

宿敵 (下巻) (P+D BOOKS)
宿敵 (下巻) (P+D BOOKS)
posted with amazlet at 19.02.24
遠藤 周作
小学館
売り上げランキング: 167,423


同じ秀吉の近侍として大名へ上り詰めた小西行長加藤清正堺衆をバッグに交易・外交で頭角を現す行長に対して、清正は武人として功名を立て“商人”の行長を侮蔑していた。秀吉の天下統一の後、朝鮮出兵において共に先陣を命じられ、二人のライバル関係は激烈なものに。しかし、行長は朝鮮出兵そのものに反対で、詭計をもっての和平を目指していた……

小西行長と加藤清正に焦点を当てた歴史小説。遠藤周作はカソリックの信者であることから、近世のキリシタンを題材にした作品が多い
タイトルは「宿敵」とあるが、実質的な主人公は小西行長堺の商人・小西隆佐の息子として生まれ、そのバッグと要領の良さをもって出世するが、決して格好よくはない
頭の回転では石田三成に及ばないし、戦においては加藤清正にまったくかなわない
行長の武器は何かというと、商人らしい柔軟性。秀吉に棄教を迫られれば、表向きは従って裏では宣教師を救う“面従腹背”の姿勢でしのぐ
こういう姿勢を一本気な加藤清正は許せない。朝鮮出兵では、行長・三成の和平工作を暴こうと熾烈な暗闘が繰り広げられるのだ

小説での小西行長は、信仰に目覚めてキリシタンになったわけではない
むしろ、南蛮貿易の利を求めてのことであり、秀吉の怒りにはあっさり引き下がってしまう
それと対照的なのは高山右近であり、領国や家臣よりも己の信仰に殉じる道を選ぶ。その純な生きざまに行長は感動と劣等感を抱き、裏では宣教師やキリスト教信者たちを支援するようになる
同じ信仰の妻を同志とするものの、純粋な信仰者としては生きられない。正しいと思ったことをするために、ある部分では社会的にだけでなく宗教上の罪を抱えて、「汚れた人間」として生きざる得ない。右近のような信仰者にも清正のような英雄にもなれず、行長はきわめて等身大の、普通の人間として悩み行動する
最大の見せ場は、朝鮮出兵の和平工作で、明には秀吉が冊封を受けるとし、秀吉には明が折れてきたと偽装する。嗅ぎつけた清正を讒言で謹慎させ、和平に応じない朝鮮側の使者を卑賎の役人から仕立ててしまう
そうした平和のための詭計の顛末は、再度の出兵という悲劇に終わった
いかなる功名も栄光もいつかは消えてしまう。「空から空へ」という章立てがあるように、作者の宗教観にはキリスト教のみならず、日本の風土にある仏教の無常観を感じた
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。