固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


【ぶらり滋賀観光】安土城跡 その2

いよいよ、天守閣跡まで登っていく


1.羽柴秀吉邸跡地

摠見寺本堂の手前に、羽柴秀吉前田利家の屋敷跡がある。親友がお向かい同士なのは微笑ましいが、大手門に近い場所に共に配置されたのは、それだけ信長に頼みにされていた証拠でもある

秀吉邸の跡
秀吉邸の跡2

城内に建てられた屋敷であっても、武将の邸宅は単独で砦として機能するように設計されている。有事の際には、小さい曲輪となって敵兵の侵入を防ぐのだ

ミストで水を吸う蝶

あんまり暑いので、蝶がミストの下で水をすすっていた。帰りにも同じ蝶がすすっていて、どんだけ暑いんかという
また、石垣の隙間に住んでいるのか、やたらトカゲを見かけた


2.本丸~天守閣

石段は最初こそ直線だったけど、途中からジグザグになり斜面に緩急がついてくる
おそらく、大手門を突破した敵が一直線で本丸に突入できないように工夫されているのだろう。もう山頂が見えるところで、遠回りするので精神的なダメージが大きい(苦笑)

二の丸だっけ

写真があってるか自信がないが(汗)、本丸の手前には信長の嫡子・信忠の邸宅があった

本丸への階段
本丸への石段

天守閣への道
天守閣への道2
一の丸から天守閣への道

天守閣へは一の丸からしか行けない。この上が天守閣が

天守閣跡

もちろん、登った先には土台しか残っていない。兵どもの夢の跡

山頂からの光景
伊吹山かな

山頂からは琵琶湖や伊吹山(?)などが一望できる。琵琶湖の手前には、西の湖と呼ばれる大きな池(?)や川が屈折してできた沼があったりして、安土城の近くから琵琶湖への水運みたいに使われたのではと妄想。特に「西の湖」は琵琶湖と勘違いしそうなくらい広い!
琵琶湖から北陸へ出れば、当時は有力な航路である日本海を利用できる。近江の地は、東西北につながる交通の要衝だったのである


3.摠見寺跡、その他

帰りは百出橋口のほうへ回っていく

総見寺跡

元の摠見寺本堂があった場所。三重の塔は現存しているが、修復中なのかシートに覆われていた

総見寺の仁王門

摠見寺の仁王門。これはそのまま残っている。なかなかの迫力
本堂跡から百々橋口へは、閉鎖されているので降りれない。あとちょっとで下が見えているのだから、なんとかして欲しい気もするが、受付所を設置するコストという点もあるのだろう

さて、安土城について総括。戦国大名が所領の大規模化と経済重視から、山城から平城への転換をはかったという通説があるが、安土城については双方のいいところ取りをしている
小高い山に高層の城を築き、いくつもの階層に大名屋敷があって、それぞれ有事の防衛拠点となるなど、戦闘になったときのことがかなり重視されている。信長の住居のある天守閣へは、ぐるりと回りこんでいかないと踏み込めない
天皇の行幸を想定したといっても、都が有事のときに連れ込むことを想定していたのかもしれない
もし、天下統一されたなら、また他に本格的な居城を築いたことだろう


前回 【ぶらり滋賀観光】安土城跡 その1
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【ぶらり滋賀観光】安土城跡 その1

連休は安土城跡を見に行った
京都からだと、JR琵琶湖線(東海道線)の、ずばり安土駅が最寄で、そこから徒歩で30分ばかり歩いた。駅近くで自転車がレンタルできて、それだと10分足らずだろうか
城までの風景を楽しみたいから歩いたのだけれど、気温が38℃近くまであがって後悔。ペットボトルを何本飲んでも、お腹がタプタプにならない(苦笑)


1.安土城郭資料館

安土城郭資料館

まずは駅前の「安土城郭資料館に。拝観料は200円で、休憩所とささやかな資料室を兼ねている。この際、冷房が効いているだけでありがたい

安土城のレプリカ

ここの売り物が、20分の1スケールで再現された安土天守閣のレプリカ
安土城の天守閣は地階に世界の中心を表す宝塔が築かれていて、四階までの吹き抜けとなっている。ビデオで説明を聞いたけど、なんだか現代建築のような豪快な構造である

安土城のレプリカ2

グッズに関しては、天下布武Tシャツみたいなものが多く、安土だからというものは特に。簡単なパンフレットのみを購入

安土城跡の遠景

遠くから安土城跡の山を見る。これが施設で埋め尽くされて、天守閣が乗っかっているところを想像すると、かなりの迫力である
城下町が広がっていたことを抜きにすると、難攻不落の山城なのではないか


2.新宮大社

安土城までの間で、見かけたのがこの新宮大社

新宮大社

歴史は平安時代にまでさかのぼり、信長が城下を構える以前に建立されていたようだ

新宮大社2
奉納された絵2

拝殿には、信長が楽しんだという、地元の竹相撲の絵が奉納されていた
このあたりは、瓦屋根に木造、土壁といった古い家が残っていて、風情がある。さすがに城下町の名残みたいな感じではないが


3.安土城周辺

安土城の出入り口は、二か所ある。織田家の菩提、摠見寺を通じて本丸に至る百々橋口と、正門である大手門

百出口

百々橋口は工事中のためか、閉鎖中。大手門からしか入れない

石垣2
石垣

大手門までぐるりと回っていると、石垣が山を囲うように積まれていた
この上に防壁があり、要所には櫓が張り巡らされていたのだろう。内堀と外堀のあとは、石垣沿いに走る車道の向こうにあり、実際の防衛施設はさらに長大だったはずだ

大手口

大手口からはこの急斜面! 普通の大手門は門が一つだが、信長は将来の天皇行幸を想定してか、平安京の御所を意識した三つの門を用意したという
拝観料は、城跡のみで700円摠見寺込みで1200円

総見寺

摠見寺本堂。摠見寺は安土城落城後にも、一度焼失していて、今はこの位置に本堂がある
中ではお茶を頂けたけど、抹茶も普通の茶も熱い(苦笑)。汗をかいて冷やすのが、昔の流儀なのだろうか。おいしかったけど
庭の池が手入れされていなかったりと他にも残念な部分もあるけれど、あくまで織田家の菩提で檀家もいないとあっては、寺を保つだけでも大変なのだろう


もったいぶるようだけど、天守閣跡は次回に


次回 【ぶらり滋賀観光】安土城跡 その2
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『血と暴力の国』 コーマック・マッカーシー

シュガー「死ぬぜ。おれを見た者は!」


血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)
コーマック・マッカーシー
扶桑社
売り上げランキング: 231,356



猟に出かけていたモスは、メキシコ国境付近で銃撃されたトラックを発見する。麻薬密売人が残した大金を見つけてしまった彼は、若い妻を持ちながらも浮かび上がれない生活を変えるべく、持ち逃げしてしまう。その後を追うのは、見る者すべてを殺してしまう‟殺人鬼”シュガー。そして、そのシュガーが残していく陰惨な殺人の山を初老の保安官ベルが追って……

救いはないんですか~
物語は麻薬の受け渡しに使われた大金を巡る追いかけっこなのだが、単なる犯罪小説にとどまらない
基本となる文体が、本来なら台詞を挟む「」がなく(原文でも引用符‟”がない)、登場人物の動作と境目がなく連動している。考えれば「しゃべる」という行為も動作のひとつであり、何でもないやりとりは雲のように消えてしまうものだと言いたげだ
視点キャラの心理描写は外観の微妙な動作などから想像させるなど、最低限に抑えられていて、その中でのベルの語りは独特の位置を占めている
娯楽小説ならグッドエンドもありうるところ、なんでこうなってしまうのか。国の荒廃と、故郷の喪失は、日本人も無縁ではなく、「身捨つるほどの故郷はありや」と問いかけられる小説だ

モスはベトナム戦争を、保安官のベルは第二次世界大戦のヨーロッパ戦線を経験している
保安官ベルは軍曹の地位にあったが、自分の小隊が全滅してしまい、作戦の失敗を隠すために勲章をもらう。本人はそれが重荷になっていて、傷ついた心を取り戻すために保安官の職についた
戦争と愛国が結び付き(と信じ)、守るべき故郷があると、信じられた世代
しかし、モスが経験した戦争はベトナム戦争であり、映画『ランボー』のように参加してしまったことがまるで罪のよう。もはや住んでいる場所への愛着もなく、目の前の大金に目がくらんで、人生を狂わしてしまう
ベルとモスには大きな世代的な断絶があるのだ

そして、三人目の視点キャラである殺し屋シュガー。彼にはモスやベルのような背景すら語られない。死神のような殺人鬼である彼は、一人で社会の裏にうごめく暴力を象徴しているようだ
訳者は解説で、「ギリシア神話のネメシス」に喩える。いわば神話的な「純粋悪」の存在を放り込むことで、単なる社会小説に落ち着かせない
「昔は良かった」「帰れる故郷があった」と時代の問題に終わらせず、西部開拓が血と暴力によって行われたという土地に染み付いた歴史性を照らし出して、最後の無頼に生きた父とベルの和解に結びついているのだ


関連記事 【DVD】『ランボー』

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【DVD】『仁義なき戦い 広島死闘編』

あれが千葉真一だったとは


仁義なき戦い 広島死闘篇 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2013-11-01)
売り上げランキング: 34,339


昭和25年、山中正治(=北大路欣也)は賭場で暴れ回り刑務所に入ったが、そこで広能昌三(=菅原文太)と知り合う。出所した山中は、上原靖子(=梶芽衣子)の店で大友組の者と揉めて、村岡組の組長・村岡常夫(=名和宏)と杯を交わす。やがて靖子に惚れて関係を持つ山中だったが、彼女は特攻隊員の未亡人という立場で正式には結婚できない。その微妙な関係に目をつけた村岡組長は、組のヒットマンとして山中を動かしていく……

『仁義なき戦い』のシリーズ第二作
主要な戦場は呉から、広島市へと移る。前作の主人公、広能昌三は抗争に脇から巻き込まれる狂言回しであり、主役は「殺人鬼」の異名をとったヒットマンがモデルの山中正治と、小勢ながら広島を恐怖に陥れた博徒大友組の大友勝利(=千葉真一)である
老獪な村岡組長に転がされる山中と対照的に、グラサンにパンチパーマと派手派手に飾る大友は、親も大勢力も警察も恐れない狂犬。その一党は西部劇に登場しそうな愚連隊であり、野望と欲望のままに突き進んでいく
これが現実におこった抗争をモデルにしているというのだから、驚きである

ヤクザの源流は博打系とテキヤ系に分かれるが、作中では村岡組が博打大友組がテキヤで住み分けていた
村岡組は組長を競輪場の理事とし、その警備の利権を得たことで力を増し、蜜月だった大友組との格差が拡大。実の親に絶縁された大友勝利は、時盛勘市(=遠藤辰夫)の跡目を引き継ぐことで賭博大友組を結成して、博打のシマを持つことで、村岡組と競合関係になった
これが抗争の引き金となるが、昭和も30年に入り闇市が姿を消していくと、警察権力が整ってヤクザの力を借りる必要がなくなり、厳しい取り締まりが始まる
無期懲役から脱走した山中に村岡組長も、以前にはない追求を受けてしまうのであった
物語のラストは、前作のテンドンのようにお葬式。祭壇の近くで開かれる賭場で、山守組長(=金子信雄)が広能に聞こえるように、山中を孝行息子と褒め称える
『仁義なき戦い』シリーズは子殺しの物語なのだ


前作 【DVD】『仁義なき戦い』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。